609studio

609studio No.810 ◇現代時評《韓国大統領選の結果と北朝鮮情勢》:片山通夫

──────────────────────────────────────
【609 Studio】メール・マガジン 2017年5月16日 No.810
──────────────────────────────────────
   フォト・ジャーナリスト片山通夫のメールマガジン。Lapiz編集長・井上脩身
氏の現代時評、ロシアやサハリンの話題、編集長のコラムなど多彩な話題満載! 
──────────────────────────────────────
                 
──────────────────────────────────────
                 好評発売中!
             
          《サハリン逍遥》 片山通夫写真集

 サハリン残留朝鮮人の取材のため15年間サハリンに通った写真家が自然や人
々の暮らしを折にふれて撮りためた素顔のサハリン。さり気ないアプローチでと
らえた被写体にユーモラスな文章をそえた魅力的な写真集。

        群像社刊 モノクロ152ページ、予価1800円+税

        群像社サイトからお買い求めいただけます!!
       http://gunzosha.cart.fc2.com/ca8/198/p-r-s/

        サハリン逍遥が電子ブックになりました!
       http://www.shinanobook.com/genre/book/3775
──────────────────────────────────────
                         【著書案内】

     「追跡!あるサハリン残留朝鮮人の生涯」 片山通夫 著

  日本の植民地統治が生んだ一家離散「二重徴用」「急速転換」「樺太
    への逆密航」を語る貴重な証言!!

    凱風社 刊 http://www.gaifu.co.jp/index.html

           定価 1900円+税
──────────────────────────────────────
◇現代時評《韓国大統領選の結果と北朝鮮情勢》:片山通夫
──────────────────────────────────────
 周知のように、韓国ではリベラル派の大統領が誕生した。早速トランプ米大統
領は、新大統領に「会いたい」とメッセージを送った。現実的にみて、北朝鮮が
中国の庇護から離れて「暴走」するのを抑止するには、韓国にリベラルな政権が
生まれることが重要だ。

 韓国の前政権の様に、ぎりぎりのところで軍事衝突を避けるような政策は、決
して朝鮮半島の安定にはつながらない。そういう意味でも今回の文在寅氏の当選
は大きな第一歩だと言えるのではないか。また韓国からの報道によると《「光化
門大統領時代」を力強く語った。文大統領は就任の辞の中で「まず権威的な大統
領文化を清算する」とした上で「準備が完了すれば現在の大統領府から出て光化
門時代を切り開きたい」と述べた》とある。

 簡単に言えば権力をかさに着た大統領ではなく、国民と共に歩むという意味
だろう。そして閉鎖的な前政権とは一線を画するということになろうと考えられ
る。
 ただ、大統領はやはり大統領であり、現在抱えている北朝鮮との問題や韓国経
済などの諸問題を、どのように具体化できるか今後の手腕にかかってくることは
言うまでもない。

 北朝鮮からは今のところ論評はないようだ。しかし同国の経済状況や同国を取
り巻く国際情勢を鑑みると、韓国の新大統領の考え方や最近のトランプ政権から
のメッセージに、悪い感情を持つとは思えない。直ちにどうなるものでもないだ
ろうが、38度線をはさんだ直接の会話や交渉、太平洋をまたいで米朝の会話が
実現するのはそんなに夢物語だとも言えないのではないか。

 ロシアや中国は韓国の新大統領の政策を支持するだろう。何しろ朝鮮半島でこ
とが起これば、難民問題など直接的な影響を受けるのは韓国以外ではこの両国だ。
 「北朝鮮が…」、「ミサイルが・・・」と「散々危機をあおってきた安倍政権
」の立場がおかしくなってきている。
 おまけに最近ではローマ法王が仲介した可能性が取りざたされているが、アメ
リカと北朝鮮がノルウェーで接触したようだ。

 まだまだ混とんとしている国際情勢だが一時も目を離せない事だけは事実のよ
うだ。
──────────────────────────────────────
◆「スプートニク」 >>> 引用元    http://jp.sputniknews.com/
──────────────────────────────────────
◆情報通信・ラジオ「スプートニク」(HOME)
 http://jp.sputniknews.com/

◆日本関連
 http://jp.sputniknews.com/japan/

◆国際───────────────
 http://jp.sputniknews.com/world/

◆ロシア国内───────────────
 http://jp.sputniknews.com/russia/
──────────────────────────────────────
読書《なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか》
               西洋と日本の歴史を問いなおす
関曠野 著
聞き手 三室勇
発売日:2016.05.30
定価:2,592円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-4346-3
http://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100002384
 ──────────────
新刊ガイド《「大大阪」時代を築いた男 評伝・関一(第7代目大阪市長)》

 大山勝男 著                         
定価(本体2,600円+税)
2016年2月10日発行
http://koujinnotomo.com/
──────────────────────────────────────
◆《News Digest》:609studio編集部
──────────────────────────────────────
◇◇ニュースな言葉、一口メモ 【光化門大統領時代】
⇒文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任演説で最も頻繁に登場した言葉は「対話
」だ。原稿用紙17枚の分量の長くない演説文に「対話」という表現が4回も使用
された。近い意味の「討論」、「疎通(コミュニケーション)」という言葉もそれ
ぞれ2回、3回言及された。一方、選挙運動期間によく口にした「積弊」という
言葉は一度も登場しなかった。「清算」という表現も「権威的な大統領文化を清
算する」という部分で1回使用するに止まった。文大統領の就任演説は、「国民
向けコミュニケーション宣言」と呼んでもよさそうだ。(ハンギョレ新聞))
 】http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27313.html

◇◇News Digest◇◇

◇きな臭い話、こぼれ話

デモの現場に響くバイオリン、ベネズエラ
https://www.cnn.co.jp/video/16254.html?tag=top;topVideos

欠航で怒った乗客が乱闘騒ぎ 米
https://www.cnn.co.jp/video/16256.html?tag=top;topVideos

米FBI長官解任、トランプ大統領が決断した本当の理由とは
https://www.cnn.co.jp/usa/35100984.html?tag=top;subStory

米CIA、北朝鮮の専従組織を新設 核・ミサイル情報の分析強化
http://www.afpbb.com/articles/-/3127834?cx_part=txt_topics

FBI長官の電撃解任が呼び起こした「土曜日の夜の虐殺」の記憶
http://www.afpbb.com/articles/-/3127820?cx_part=topstory

◇ロシアからのニュース

中国 新型ミサイル発射実験に成功
https://jp.sputniknews.com/asia/201705103620663/

THAADで米中と協議=文在寅新大統領
韓国の文在寅大統領は10日、韓国で米ミサイル防衛システムTHAAD配備を
巡り「米国、中国と真摯に協議する」と語った。
https://jp.sputniknews.com/politics/201705103620408/

金正恩氏、日用品工場を見学
https://jp.sputniknews.com/asia/201705103620356/

韓国 文在寅氏が19代大統領就任
https://jp.sputniknews.com/politics/201705103620008/

米、北朝鮮渡航禁止か
https://jp.sputniknews.com/us/201705103620142/
────────────────────────────────────
◆編集長から:片山通夫
────────────────────────────────────
 連休も終わってやっと一息つかれていることだろう。いやいや、仕事が山積?
それもつらい状況だ。御身大切に、としか言葉はない。

 いよいよ共謀罪が現実味を帯びてきた。しっかりと反対の意思を示さなければ。
考えてみれば、実にいい加減な内閣だ。散々「安倍一強」とか言われて、野党も
国民もなすすべがない。まるで北朝鮮の国民が泣き寝入りしているようだ。一部
のエリートが甘い汁を吸っているところなどもそっくり!
 こんな日本に誰がしたなんて嘆いている場合じゃない!
───────────────────────────────
  発行    2017年5月16日 No.810
  発行   毎週火曜日  購読料無料
  FB  https://www.facebook.com/michio.katayama.5
 配信 まぐまぐ配信システム ID:0000052236
  MailuX配信システム ID:MM3E1B97842E020
  contact us http://www.609studio.com/html/mailform.html
  website  http://www.609studio.com/
      投稿   http://www3.ezbbs.net/06/609studio/
   購読 解除 http://archive.mag2.com/0000052236/index.html

           ◇禁・無断転載◇
────────────────────────────────────

ついでに読みたい

609studio

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/19 部数:  210部

他のメルマガを読む