609studio

609studio No.624 ◆現代時評「ナチスの手口と改憲」:井上脩身

─────────────────────────────────
  【609 Studio】メール・マガジン 2013/9/3  No.624
─────────────────────────────────
   フリージャーナリスト片山通夫のメールマガジン。Lapiz編集長・井上
  脩身氏の現代時評、ロシア唯一の韓国語新聞「セ・コリョ」の日本語翻
  訳版、ロシアやサハリンの話題編集長のコラムなど多彩な話題満載!
─────────────────────────────────
                  Graphic Magazine「Lapiz」情報
 
       Lapiz2013秋号(9月1日)好評発売中!!
 
              お買い求めは
             http://www.lapiz.bz/
─────────────────────────────────
            FaceBookをはじめました。
 
      http://www.facebook.com/#!/michio.katayama.5
 
─────────────────────────────────
               新刊書紹介

  《ふるさとはポイズンの島 ビキニ被ばくとロンゲラップの人びと》
 
電子雑誌 Lapizで活躍中の渡辺幸重さんがこのほど上梓されました本
  を紹介します。
 
渡辺幸重 (著), 島田興生 (写真)
  価格: ¥ 1,575
  発行 旬報社
 
旬報社ホームページ
http://www.junposha.com/catalog/product_info.php/products_id/808
 
─────────────────────────────────
          Graphic Magazine「Lapiz」β版
 

  *東日本大震災*Portrait of Sakhalin*自然遺産 屋久島
      以上3点をDLマーケットにアップロードしました。
 
         販売スタンドなど詳しくは下記へ。
                     http://www.lapiz.bz/
 ─────────────────────────────────
                        【著書案内】
 
     「追跡!あるサハリン残留朝鮮人の生涯」
 
 日本の植民地統治が生んだ一家離散「二重徴用」「急速転換」「樺太
   への逆密航」を語る貴重な証言!!
   片山通夫 著
   凱風社 刊 http://www.gaifu.co.jp/index.html
 
           定価 1900円+税
─────────────────────────────────
◆現代時評「ナチスの手口と改憲」:井上脩身
─────────────────────────────────
 麻生太郎副総理兼財務相は8月1日、講演の中で改憲問題に絡んで、
ヒトラーがワイマール憲法を骨抜きにして独裁政権を確立した点をとら
え、「あの手口、学んだらどうか」と語った。安倍晋三首相は「現政権
の意向ではない」としているが、ナチスが憲法をなし崩しにした手口は、
安倍首相が狙う「憲法改正」手口とそっくりである。

 ワイマール憲法は、第一次世界大戦の敗北を契機に1918年、「内外の
平和に貢献し、社会進歩を促進するために」制定された。国民主権を基
本として生存権などの人権保障規定を置く、当時としては世界で最も民
主的な憲法だった。

 1933年、ヒトラーが内閣を握ると選挙に打って出て、ナチ党288議席、
連立を組む国家人民党52と与党が過半数を確保。ヒトラーは授権法の制
定に乗り出した。同法は立法権を国会から政府に移し、憲法に反する行
為もできるという政府に絶対的権限を与えるものだ。

 ワイマール憲法によって、改正には議員の3分の2以上が出席する議
会で、3分の2以上の賛成が必要だった。与党の議席は3分の2に達し
ていなかったが、政府は欠席議員も出席扱いできるようにする議会運営
規則の修正案を提出。すでに共産党議員の多くを拘禁しており、彼らの
口を封じたうえ、臨時議会場に周辺に突撃隊を配備して採択した。

 この授権法の結果、ワイマール憲法は完全に骨抜きにされ、ナチスに
逆らう者は「公益を害する者」として弾圧された。ナチスの人権否定は
とりわけユダヤ人に及び、ホロコーストで600万人以上(1000万以上との
説も)が虐殺された。
 ワイマール憲法の平和主義と民主主義をさらに進めたのが、第二次大
戦後に生まれた日本の憲法である。

 麻生副総理はこの憲法について「護憲と叫んで平和がくると思ったら
大間違いだ。改憲の目的は国家の安定と安寧だ」と述べたうえで「ドイ
ツのヒトラーは、ワイマール憲法という当時ヨーロッパで最も進んだ憲
法の下で出てきた。『静かにやろうや』ということで、ワイマール憲法
は誰も気がつかないうちに変わった。あの手口、学んだらどうかね」と
語った。(8月2日付、毎日新聞)

 麻生副総理は、日本の憲法をワイマール憲法と重ね合わせて考えてい
ることが、この発言からうかがえる。「ワイマール憲法も日本の憲法も
いい憲法」→「いい憲法だけでは平和はこない」→「ヒトラーは静かに
憲法を変えた」→「だから日本も静かに憲法を変えよう」という論理だ。

 麻生副総理が目指す日本の憲法の目的は「国家の安定と安寧」であり、
「国民の人権保障」ではない。ナチ授権法が、国策を最優先にして人権
を圧殺してきたのと基本構造は同じだ。
 それだけではない。政治状況まで似通っている。自公両党は過半数を
確保しているが、それだけでは改憲に必要な3分の2に達しない。ナチ
スは規則を変え、安倍政権は「総議員の3分の2以上」と規定された憲
法96条の改変を目論んでいる。
 
 こうしてみると、麻生副総理の講演は「ナチスの授権法も知らない軽
薄発言」と笑って済ませる話しではない。自民党政権の真の狙いが、戦
前の帝国憲法的な国家主義憲法であることを示しているのである。
─────────────────────────────────
◆セ・コリョ新聞日本語翻訳版:
─────────────────────────────────
 届いておりません。
─────────────────────────────────
 ◆「ロシアの声」が伝える「ロシアからみた日本・世界」>>>
           引用元 http://japanese.ruvr.ru
─────────────────────────────────
◆日本関連

◇ロシアと日本の留学生が増える
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_26/120235945/

◇ウクライナと日本 チェルノブイリとフクシマを共同で衛星監視へ
ウクライナと日本はチェルノブイリおよびフクシマ地域を監視するため
、小型衛星を打ち上げる計画を進めている。日本の岸田文雄外相が明ら
かにした
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_26/120243884/

◇日本 潘基文国連事務総長の発言の真意説明を待つ
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_27/120257933/

◇福島第一原発 汚染土壌撤去の範囲拡大を決定
福島第一原発の事故収束担当者達は、地上タンクから漏れ出た放射性物
質を含んだ水によって汚染された土壌の上層部を取り除くゾーンを拡大
する決定を下した。東京電力が伝えた。
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_27/120259131/

◇交渉での勇み足は禁物
サンクト・ペテルブルグのG20サミット開催まで残すところわずか1
0日となった。開幕日の9月5日にプーチン大統領と安倍首相の首脳会
談が予定されている。全体から見ると、プーチン大統領も安倍首相も会
談を実りの大きなものにしようとしているようだ。しかも首相会談は相
互の信頼のために計り知れない意味を持つが、これについてはプーチン
大統領は今年4月に行った安倍首相との会談の席でも指摘し、次のよう
に語っている。
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_27/120280946/

◇日本、領土問題解決に1000万ドル投じる
日本の外務省は領土問題に関して日本政府の立場を推進するために1030
万ドル以上を求めている。背景には尖閣・竹島をめぐる中国・韓国との
対立の先鋭化がある。
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_28/120339635/

◇日本、インターネット依存症の児童を特別キャンプで治療
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_28/120349780/

◇チュフライ監督、サハリン強制連行朝鮮人の映画撮影へ
ロシア人映画監督のパーヴェル・チュフライ氏はサハリンで朝鮮人の青
年の運命を描いた映画「復讐」の撮影を開始する。舞台は1940年代
初頭。青年は日本の強制連行で同胞らとともにサハリンへとつれてこら
れる。
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_29/120351483/

◇韓国、東シナ海大陸棚境界線の延長を求め国連に書類を提出
韓国政府は国連に、東シナ海における韓国の大陸棚境界線を沖縄海淵ぎ
りぎりまで拡張すべきだと主張する書類を提出した。29日、国営テレビ
放送KBSが報じた。
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_29/120392888/

◇日本政府 シリア情勢悪化の責任はアサド政権に
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_30/120457622/

◇元クリル諸島問題担当大臣、クナシルに出発
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_30/120461682/

◇新党大地 鈴木宗男代表へのインタビュー
近くペテルブルグで開催されるG20サミットの枠内では安部晋三首相とウ
ラジーミル・プーチン大統領との日ロ首脳会談が予定されている。長年に
わたってロシアとの関係に真摯に取り組まれている新党大地・鈴木宗男代
表に、VOR「ロシアの声」安本浩祥アナウンサーがお話を伺った。
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_30/120463610/

◇福島第一原発から10kmの汚染、基準値の160倍に
福島第一原発から10kmの地点の海底の放射線濃度が基準値を160倍上回った
。30日、日本の環境省が発表した。海水からは放射線は検出されなかった。
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_30/120489822/

◆国際───────────────

◇モンゴルの湖岸で巨大爬虫類の痕跡発見 (写真)
モンゴルでは、ヒャルガス-ヌウル湖の岸辺に定期的に現れる謎の痕跡が一
体何なのかを明らかにする試みがなされている。最初にその痕跡が見つかっ
たのは、1980年代の中頃で、当時のソ連・モンゴル合同地質調査隊のメンバ
ーがこれを発見した。今年の夏、問題の湖へは、作家で社会活動家のイーゴ
リ・グリシン氏をリーダーとするマチュアの研究グループが訪れ、調査を続
けている。
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_31/120523940/

◇スノーデンの新暴露、国際組織を追う米国の姿
独の「シュピーゲル」誌は数日前、エドワード・スノーデンが新たに暴露し
た情報を公表した。これから、米国の諜報機関は駐米EU代表、国連本部、
国際原子力機関(IAEA)本部の追跡していたことが明らかにされた。し
かも、米国国家安全保障局のエージェントらには情報収集を行うべき最優先
リストが渡されており、そのなかでロシアはイラン、中国、朝鮮民主主義人
民共和国と同列に並んで最高の数値を獲得していた。
http://japanese.ruvr.ru/2013_09_01/120565033/

◇スノーデン氏 米国諜報機関の「影の予算」を暴露
米国の新聞「ワシントンポスト」は、元CIA職員エドワード・スノーデン
氏が暴露した米国特務機関の所謂「影の予算」の数字を公表した。英国のT
Vラジオ局BBCが伝えた。
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_31/120517701/

◇チュニジア、野党が現政権の即時退陣を求め、デモ
チュニスでは数千人の反体制派が通りに出、イスラム主義者のアンナハダ(
復興)党率いる現政権の即時退陣を求めた。
http://japanese.ruvr.ru/2013_09_01/120574338/

◇インドネシア沿岸でM6.5の地震
http://japanese.ruvr.ru/2013_09_01/indoneshia-jishin/

◇リオ五輪 崩壊の危機
http://japanese.ruvr.ru/2013_09_01/rio-orinpikku/

◆ロシア国内───────────────
 
◇カニがパスポートを受け取る
このたび、日本と中国に輸出されるロシア産水産物の原産地の合法性が確認
されるようになる。ロシア政府は、全ての種類のカニとカニ製品の合法性を
証明する文書の発給権限をロシア連邦漁業庁に与えた。
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_22/120046859/

◇ロスネフチ、サハリンでの石炭採掘に着手
ロスネフチはサハリンにおける石炭の採掘に関するライセンスの取得を検討
している。
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_27/120271628/

◇プーチン大統領「シリア政府が化学兵器使用との主張は挑発行為」
プーチン大統領は、ウラジオストクで記者団に対し「化学兵器を使用したと
してシリア政府を非難する人々の主張は馬鹿げている」と述べ次のように続
けた
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_31/120529192/

─────────────────────────────────
  ◆[編集長から]              片山通夫
─────────────────────────────────
 9月最初のメール・マガジンとなります。今年の夏は暑かったですね。
気象庁の予報では9月も残暑が厳しいということです。ご自愛ください。

 到底先の見込みが見えないのが、フクシマの汚染水漏れ。
国会議員は党利をむき出しにして、何の手も打たないようです。政府は
予算をつけて後は東電任せのつもり。規制委員会も調査や対策は東電任
せ。これで収束できるのか不安になるのは当たり前。

 漏れた汚染水を海に流さないようにするだけでこれだけの騒ぎ。毎日
たまる汚染水は400トンだとか。持って行き場のない汚染水。
 
 仮に汚染水処理がうまくいっても、単にメルトダウンした原子炉を冷
やすことができるというだけ。まだまだ手つかずの問題が山積なのがフ
クシマ。

 東京オリンピックなんてやってられないのじゃないの?
─────────────────────────────────
  発行     2013年9月3日   No.624
  編集・発行  609studio Michio Katayama
  発行     毎週火曜日  購読料無料
  配信 まぐまぐ配信システム ID:0000052236
  MailuX配信システム ID:MM3E1B97842E020
  contact us http://www.609studio.com/html/mailform.html
  website  http://www.lapiz.bz
  投稿   http://www3.ezbbs.net/06/609studio/
  購読 解除 http://archive.mag2.com/0000052236/index.html
 
           ◇禁・無断転載◇
─────────────────────────────────

ついでに読みたい

609studio

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/19 部数:  210部

他のメルマガを読む