カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

投資信託 テッテイ 攻略法 (アップとダウンは表裏一体?)

カテゴリー: 2008年02月21日
■■■■■■■■■■■■■■■
  カン・チュンド の                         342号
 投資信託 テッテイ 攻略法     ・・・・・・・・・・・・・・・・
■■■■■■■■■■■■■■■                         2008/02/21
  
  
             インフレは、
          忘れた頃にやってくる・・。


                 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ このメルマガ が「目指すところ」・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● はじめて当メールマガジンをご覧になる方へ。

当メルマガは 日本中のどの専門家よりも 投資信託のエッセンス を、

1.やわらかく 
2.わかりやすく 

お伝えすることを目的としています。
(メルマガ内容も それに沿っているはず!?)

(日本という社会では)投資 を行うには「特別な才能」や
「大きな決心」や「物おじしない度胸」が必要かのように
云われていますが、それは × です。

◆ 投資 とは私たちの日常生活の中に含まれる「行為」です。
その 投資 を行うための【便利な道具】が 投資信託(ファンド)
というわけです。

このメールマガジンでは、投資信託 を皆さんの身近なパートナーに
していただくための「ノウハウ」を具体的にお話してまいります。


    弊所の【ミッション】
    シンプルで継続しやすい資産運用を啓蒙すること。

    晋陽FP事務所 代表
    インデックス運用アドバイザー
    カン・チュンド(姜 忠道) http://www.sinyo-fp.com/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ すみません、今日はもう木曜日ですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● こんにちは、カン・チュンド です。
ところで今日は何曜日ですか?
(カンさん、木曜日ですよ!)

いやはや、失礼いたしました。
コンサルティングや、セミナーの準備やらで
曜日感覚が正常でなくなっているような・・。


さてさて、先週は、

・ニワトリ が大きくなれば、
 タマゴ は自然と大きくなるのです。

・タマゴをもらう「しくみ」は
 自分で作ればよいのです。

とお話をしました。


皆さんの投資元本を【ニワトリ】、
分配金や配当を【タマゴ】と捉えると、

資産運用するとは(結局)
◆ ニワトリ を大きくすることでしたね。

あなたは、半年後の50万円のために、運用を行いますか?
それとも、20年後の 5,000万円のために 運用を行うのですか?


「ニワトリ本体」が大きくなった時、
そのニワトリは安定的に、それなりの大きさの「タマゴ」を、
産める体になっているのです・・。

資産運用の途上で迷うことがあったら、ぜひ
ニワトリとタマゴ を思い出してみてください・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ リスク と リターン はつながっている?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 債券に投資するのであれ、株式であれ、不動産であれ、
資産に投資するカタチとしては
パック商品(投資信託)がベストだとわたしは思います。

ファンド の形であれば、

・「少額」から投資が可能 ですから、
・資産家でなくても かなり本格的な「分散投資」が可能になります・・。

でも、パック商品の形にしたとしても、
【元本保証】はそもそもありませんね。

よく、リスクとリターンは
「コインの表と裏」と言われます。

リターンは「収益」と訳されますが、
(正確に言いますと)
・期待される「収益」の平均値 が【リターン】なのです。

??

どういうことかというと、
○□△ファンド の【未来のリターン】は、

+8%にもなれば、+15%にもなり、

また −9%にもなり得ますよね。

(ハイ、)


この ○□△ファンド の【潜在リターン】は、
かなり幅広いのです。


でも、
平均すると、これくらいのリターンが期待できるだろう、
という意味で【リターン】と呼ぶのです。

(正確には 【期待リターン】と云います)


(実は)まだ確定していない【リターン】は、
 すべて【期待リターン】なのです。


そして、
○□△ファンド の【潜在リターン】の、
「振れ幅の大きさ」のことを【リスク】と云うのです。


そうです、
◆「リターン」と「リスク」はつながっているのですね。


期待できる「収益」の 平均値 が高い、
ということは、

【潜在リターン】の 振れ幅そのものも 大きい。

ということです。

これを、
ハイリターン・ハイリスク と呼びます。


期待できる「収益」の 平均値 が低い、
ということは、

【潜在リターン】の 振れ幅そのものも 小さい。

ということなのです。

これを、
ローリターン・ローリスク と呼びます。


◆ ハイリターン・ハイリスク、ローリターン・ローリスク は、
  投資の【鉄則】です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ さて、皆さんにとっての「リスク」は、
   やはり元本割れになることでしょうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お金を育てる世界 では、
◆ リスク とは【リターンの振れ幅の大きさ】のことです。

つまり、そのファンドの「価格」が上がったり、
下がったりという【振れ幅】が大きいほど、
「リスクが高い」と見なすのです。

(リターンの「ぶれ具合」ともいいます・・) 


  ですから、値段が下がるのはもちろん リスク ですが、
◆ 値段が上がりすぎることも 立派な リスク なのです。
                    (ふ〜ん)


< 販売会社は 視覚 に訴えます・・>

わかりやすい例として『株式ファンド』を挙げましょう。

例えば、バイオテクノロジー関連の会社に投資する
「株式BBBファンド」というものがあるとしましょう。

日経新聞 や、
マネー雑誌の『広告』によく載っている「騰落率グラフ」で、

右肩上がりに勢いよく【折れ線グラフ】が伸びています。

「ただ今、絶好調です!」


(たいてい)

< 設定来 騰落率 ○○ %! > という見出しが付いています。


「あら、このファンドすごくよさそう・・」と、

【グラフ】でファンドを買ってしまって、
果たしてよいのでしょうか? 

(なるほど)成績が上がるのは良いことです。 

でも、例えば、たった数ヶ月で
【基準価格】が 20%も30%も 上がっているファンドを見たら、

「このファンドは、どれくらいのリスクを取っているのだろう・・?」
と疑ってみる必要があります。 

--------------------------------------------------------------------

● なぜなら(一歩間違えば)

元本から 20%、30% ダウンするかもしれない「大きなリスク」を、
そのファンドは取っているかもしれないからです。 

◆【基準価格】が急激に
20%、30% も上がるということは、

同じように 20%、30% ダウンするリスクを内包している、
ということ。 


ファンドの基本は、

「ある一定のリスクの下で、いかに大きなリターンを獲得するか」という、
深〜い深〜い 悩み と共にあるのです。


リスクをコントロールしないで、
大きなリターンだけを求めるのであれば、

それは単に【無謀】でしかありません。 

くれぐれも、目先の上がった、下がったで
ファンド を決めてしまわないようにしましょう!


(それから、)

広告などで出てくる「騰落率のグラフ」は、
ファンドを販売する側で、操作することが可能 です。

どういう意味かといいますと、

きれいな右肩上がりのグラフに見せるために、

「2001年の11月から、2006年12月末までの
 騰落率のみをグラフ化する」

 ということが(実際)できるのですから・・。

(私たちは、グラフひとつとっても、
 注意して見ないといけないのです)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ いちばの中の「物差し」とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● もうひとつ、具体例 です。

日本の大企業を中心に組み入れている、
「株式GGファンド」があるとしましょう。

例えば、株式GGファンド の【基準価格】が 30% 上昇した時、
「日経平均株価」が(同じように)35% 上昇していたとしたら、

「このファンドの運用はすばらしい!」 と言えるでしょうか?


言えないですよね・・。 

(この運用成果は)
GGファンド が上手に運用したからではなく、

株式市場(つまり、いちば全体)が上昇したから
達成できたに過ぎません・・。


◆ 日経平均株価 とは(カンタンにいえば)

日本の株式市場という【いちばの平均値】を示す
「物差し」のことです。

ファンドの運用成績は、
単に名目上の数字を見るのではなく、

【いちばの平均値】と比べてどうだったのか?
 
という視点が必要になってくるのです。


続きは 来週に!


 私たち運用を行う者にとって最大のリスクは、
 私たち自身の中にあります。

 それは【感情リスク】です。


■ ポートフォリオを着替える 
http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-205.html 

■ ポートフォリオを着替える その2) 
http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-204.html 


もぎたて ETF(上場インデックス・ファンド)情報 ♪
はお休みします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  カンさん流儀のインデックス運用は、
      とってもシンプルでした。
                       静岡県 52歳 女性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
      
       3/15(土)in 東京  残席 4 
   〜 人生デザインと運用スタイルを学ぶ【入門講座】 〜

       第45回 マネーの缶詰めスクール 
           スタンダードコース 
    【トウシとの初恋を成就させる 黄金ルール17】 
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04.html   


       3/20(祝)in 東京  残席 2    
  〜 ポートフォリオで自身を規定する【実力講座】 〜
         
       第22回 マネーの缶詰めスクール 
           アドバンスコース 
  【最初だけ手間ヒマかける ポートフォリオ創作教室】 
   http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_10.html 


       3/23(日)in 大阪  残席 8    
    〜 ファンドをテッテイ解明する【職人講座】 〜
         
       第6回 マネーの缶詰めスクール 
           ファンド特化コース 
  【自分の物差しを持とう! 投資信託テッテイ攻略法】 
   http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_d.html 


    ⇒ お申込みはお早めに!
 
    ※ マネーの缶詰めスクール主催者は、
    金融商品の販売・仲介・斡旋に一切関わっていない
    完全独立のファイナンシャルプランナー事務所 です。  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■    〜 カエルのぴょん太がお迎えします 〜
     【投資の「基礎体力」を高めたいあなたに】  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    カン・チュンド が2000年から書き綴ってきた
      資産運用アドバイザーとしての足跡です・・。

            本格ブログ          
    【カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!】
       http://tohshi.blog61.fc2.com/
     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カン・チュンド の                      投資信託
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
         ( ご意見・ご感想 は こちらへ  )     
         (      どうぞ!!     )     
          \______ ______/          
                 ∨     
             info@sinyo-fp.com 
テッテイ                           攻略法
           (お名前をご明記願います)
--------------------------------------------------------------------

【編集後記】

・本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

(意外に思ったのですが)20代の男性って、
けっこう「甘いもの」好きなのですね。

日経新聞によりますと、
チョコ菓子を月2回以上食べる人は、
20代男性で 約34.8%、
30〜50代の男性を7ポイント以上、上回っているのだそう。

特に驚いたのは、
職場などでお菓子を食べる人もけっこういる、
ということです。

えっ、わたしですか?
んー、お菓子はほとんど食べないですね。
(家に帰っての晩酌が何よりの楽しみ?)

それでは、また来週!

--------------------------------------------------------------------

【マネーの缶詰めスクール 日程です!】

 ▲ 当スクールの 理念

   マネー教育を通じて、
     資産運用を気軽に語り合える世の中にすること。

 ▲ 当スクールの 使命

   シンプルで継続しやすい資産運用を啓蒙すること。            
          
        
         ・3/15(土)in 東京  
      
         マネーの缶詰めスクール 
          スタンダードコース 
    【トウシとの初恋を成就させる黄金ルール17】 
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04.html   

         ・3/20(祝)in 東京  
 
         マネーの缶詰めスクール 
           アドバンスコース 
    【手間ヒマかけて作る ポートフォリオ創作教室】
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_10.html

         ・3/23(日)in 大阪  
 
         マネーの缶詰めスクール 
           ファンド特化コース 
    【自分の物差しを持とう! 投資信託テッテイ攻略法】
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_d.html 

         ・4/12(土)in 大阪  
      
         マネーの缶詰めスクール 
          スタンダードコース 
    【トウシとの初恋を成就させる黄金ルール17】
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_a.html

         ・4/20(日)in 大阪  
 
         マネーの缶詰めスクール 
           アドバンスコース 
    【手間ヒマかけて作る ポートフォリオ創作教室】
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_10.html


  ■ 弊所の【投資ポリシー 1〜13】→ 骨太方針 です 
    http://www.sinyo-fp.com/contents/main02_07.html 
  

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【発行部数】まぐまぐ 2379部   メルマ 256部 

  /\☆ カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法 342号 
 / \    
 / \     2000年来の【バックナンバーは こちら】
 ~~‖~~      http://blog.mag2.com/m/log/0000051074/  
  ‖ 

■ 【解除】を希望される方は
  下記ページにて 購読解除 の手続きを行ってください。
   <登録されたメールアドレスを入力してください・・>

  まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000051074.html 
  melma   http://www.melma.com/backnumber_38160/ 

■ 発行者 あなたのお金が 世界を旅します...☆
  【晋陽FP事務所】http://www.sinyo-fp.com/

■ 編集者 インデックス運用アドバイザー
      カン・チュンド(姜 忠道)
  
--------------------------------------------------------------------

  < ブログ 拾い読み・・ > 
 
■ 金融機関にモノ申す
  http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-category-1.html 

■ 運用者の感情リスク
  http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-category-12.html 

■ 投資の発想法
  http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-category-6.html  

■ ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた  
  http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-category-14.html 

--------------------------------------------------------------------

■ 【カン・チュンドの 横顔】は こちら です。
   http://www.sinyo-fp.com/contents/main01_04.html
 
【ご注意】

当メールマガジンは、情報の提供を目的としたもので、特定の株式・投資信
託の購入、また特定のポートフォリオを推奨するものではありません。 
提供する情報については主観の要素を含んでおり、その完全性を保証するも
のではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当事務所、また私個人がその責任を負うものではありません。 投資のご判
断は、皆さんご自身の責任でなさるようお願いします。

Copyright(C)SINYO FP OFFICE All rights reserved

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ・
               ・
               ・
               ・
               ・
               ・
      <以下は、まぐまぐさんからのお知らせです>   


ついでに読みたい

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/03/20 部数:  5,900部

他のメルマガを読む