カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

投資信託 テッテイ 攻略法 (ドルやユーロを保有するだけで資産運用と云えるのでしょうか?)

カテゴリー: 2008年01月16日
■■■■■■■■■■■■■■
  カン・チュンド の                         337号
 投資信託 テッテイ 攻略法     ・・・・・・・・・・・・・・・・
■■■■■■■■■■■■■■■                         2008/01/16
  


        07年の最優秀ファンドはこれだ!
        という記事を、引き出しの中に
          しまったりしないように・・。   
       

                 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ このメルマガ が「目指すところ」・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● はじめて当メールマガジンをご覧になる方へ。

当メルマガは 日本中のどの専門家よりも 投資信託のエッセンス を、

1.やわらかく 
2.わかりやすく 

お伝えすることを目的としています。
(メルマガ内容も それに沿っているはず!?)

(日本という社会では)投資 を行うには「特別な才能」や
「大きな決心」や「物おじしない度胸」が必要かのように
云われていますが、それは × です。

◆ 投資 とは私たちの日常生活の中に含まれる「行為」です。
その 投資 を行うための【便利な道具】が 投資信託(ファンド)
というわけです。

このメールマガジンでは、投資信託 を皆さんの身近なパートナーに
していただくための「ノウハウ」を具体的にお話してまいります。


    弊所の【ミッション】
    シンプルで継続しやすい資産運用を啓蒙すること。

    晋陽FP事務所 代表
    インデックス運用アドバイザー
    カン・チュンド(姜 忠道) http://www.sinyo-fp.com/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 毎日暖かくしていますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● こんにちは、カン・チュンド です。
@毎日寒いですね・・。
(皆さん、風邪など引いていませんか?)

神戸にいますと「東京はちょっと寒いなあ・・」
と感じるのですが、長野の人にとっては、

「東京? うんと暖かいですよ」
ということになるのでしょうね。

(やっぱり北海道に住んでいるあなたは すごい!)


さてさて、
先週はこんなお話ををしました。


◆ 【信託報酬】に関して、
「債券ファンドの場合、1%以下」
「株式ファンドの場合、1.6%以下」であるべきです。 

◆ 外国債券ファンド、外国株式ファンドを買えば、
 皆さんの 円という【資産】は、
 外貨に「変換」されます。

(基準価格が円建てとか、円建てで購入できたよ、
 というのは関係ありません・・)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ あなたの円 ⇒ アメリカドル ⇒ 「債券」を買う
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 外国債券ファンド を買うとは、
あなたの「円資産」が ドルとかユーロに変換されて、

そこから「債券」という資産を買う ということです。

つまり、長い目でみると、
外国債券ファンド を購入することで
期待できる【収益】は 2種類 あるのです。

1.債券 そのものに投資することで期待できる収益 
2.為替が将来的に「円安」になることで期待できる収益


んー、でも
2.の場合、

為替が将来的に「円高」になることで
【損失】が発生する危険性もあります。

そう、「為替リスク」が存在するのです。


【具体例】

外貨建て債券ファンドの
「パンフレット」をよ〜く見ると、

例えば、
「アメリカ債券○○ファンド Aコース」
「アメリカ債券○○ファンド Bコース」

という 分け方 をしている場合があります。

・Aコースが 為替ヘッジあり、
・Bコースが 為替ヘッジなし、

 という場合が多いです。

--------------------------------------------------------------------

● では【為替をヘッジする】って
  一体どういうことなのでしょう?

外国債券ファンドを買うときに、
あなたがもっとも恐れること、

それはファンドを保有していて、

最終的にその外国債券ファンドを売却し
【円】に戻す時、ファンドを買ったときより
「円高」になっていることですよね。 

例えば、
1ドル 110円 の時に買った ドル が、

円 に戻す時に、1ドル 103円 になっていたら、
1ドルにつき 7円 の【差損】です。


【為替をヘッジする】とは、
「一定の手数料」を払って、

◆ 将来の決められた時点で、例えば、
  1ドル 106円 というレートで、
  ドル を 円 に戻す【予約をすること】なのです。 


そうすることによって、

1ドル 106円 以上の「円高」になった場合の
【リスク】を回避することが出来ます・・。 

んー? 


ということは、

当初の1ドル 110円 より【円安】になっている場合は、
(逆に)そのメリットを 受けることはできません・・。 


(世の中うまくできている・・。)


【為替をヘッジする】とは、

「一定の手数料」を払って、
◆ 将来の決められた時点で、
  ドル を 円 に戻す【予約をすること】ですから、 

(まあ)決して 万能 とは言えないのです。

【為替ヘッジをしている】= 
「ぜったい得」というわけではありません・・。


現に例えば(以前ご紹介した)
「グローバル・ソブリン・オープン」などは、
原則【為替ヘッジ】を行っていません。

もちろん【為替をヘッジする】ためには、
手数料(コスト)を払う必要があることを
どうかお忘れなく・・。

(その手数料は、ファンド保有者である
 私たちが負担することになります・・)


念のため・・)

外貨建て預金、外貨建てMMF なども、
【為替ヘッジ】は行っていませんよ・・。


◆ 私見ですが、
【長期投資】を貫いていけば、

「円高」になったり「円安」になったりという
為替のリスクの大きさ より、

債券、あるいは 株式そのものに投資することで
期待できるリターンの方が
うんと大きいと考えます・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ あのー、外国籍ファンド と、外国ファンド は違いますよ・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● このメールマガジンは、
 早く進むことを「良し」とはしていません。

3歩進んだら1歩下がって、
「おさらい」(復習)をしながらゆっくり進めてまいります。

で、「おさらい」です(笑)


ヨーロッパ債券ファンド でも、
◆ 日本国内で「設定」されていれば・・、
それは【国内ファンド】ですね。
      
 (つまり【外国籍のファンド】ではない・・)


◆【外国籍ファンド】とは、
「海外で 設定された」ファンド を指します。
(生まれが ルクセンブルクとか、アイルランドとか・・)

【外国籍ファンド】は、
「海外で設定された」ファンドを
日本 に持ってきている、

(言ってみれば)『輸入品』なのです・・。 


例えば、アメリカドル建てMMF は
「外貨建て債券ファンド」ですが、
【外国籍ファンド】でもあるのです。

生まれは?

ルクセンブルク籍 とか、アイルランド籍 が多いですね。
(税法上の ↑ メリットがあるからでしょう・・)


 < だいじな基本 >

◆ 外貨建てMMFは すべて【外国籍ファンド】です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ さて、本質 に戻ります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 弊所のお客様から、

「カンさん、通貨の分散に気を配りながら 
 資産配分するのはタイヘンですね・・」

というお話をよくお聞きします。


えー、単刀直入 なのですが、

外貨を保有することって、
果たして 資産運用なのでしょうか?

(別の言い方をすると)

私たちは外貨を保有するために
資産運用しているのでしょうか?

例えば、

・アメリカドル を保有することと、
・アメリカドル建て債券 を保有するのは、

 同じことですか?

(いいえ、)


わたしは、

・アメリカドル を保有することと、
・アメリカドル建て債券 を保有することは、

その意味合いが まったく異なると考えます。

< あなたの円 ⇒ アメリカドル ⇒ 「債券」を買う >

          Step 1     Step 2


アメリカドル建て債券を保有するということは、
円 を ドル に替え、

そこから【債券】という資産を買って
運用を行うことです。

(Step 1、2 を踏んでいる・・)


広義 に考えれば
(資産運用 とは)

あなたの 現金 を、
ある【資産】に 変換させて、

その【資産】が持つ、
潜在成長性(つまり 収益力)に賭ける 行為 です。


アメリカドルそのものを保有しているだけ より、
アメリカドル建て債券 に投資するほうが、

期待リターンは高いと考えるのが
自然ではないでしょうか・・。


また、

債券 や 株式 といった
収益力 がある【資産】に投資を行うのが
資産運用の「本質」ですよね。


この場合、

たったひとつの国の債券、
たったひとつの国の株式 に
すべての現金を託すのが

(あまりにも)リスキーであるため、

世界の債券、株式 に
広く分散して投資をしましょう、

というのが【分散投資】の考え方 なのです。


そして、

その【分散投資】の結果として、

通貨の分散 も(ほら、)
自然に出来てしまいますよね・・

というのが、
まっとうな資産運用の「流れ」となるのです。


つまり、

資産運用における【通貨分散】とは、
広く【分散投資】を行った

(あくまで)結果 なのですよ・・。


 それでは、また来週!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ もぎたて ETF(上場インデックス・ファンド)情報 ♪
                   ( 上級者向けです )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 本日は BRICs のETF を
いくつか比較してみたいと思います。 

バークレイズ・グローバル・インベスターズの基幹ブランド
 iShares の【日本語ホームページ】を見ていただくと、

プロダクト・リスト というページがあります。
http://www.ishares.co.jp/product/list.html 

その中に、

iシェアーズ FTSE BRIC 50 というETF が
リストアップ されています。


(わたくしが知る限り)当ETF は
日本の証券会社で
まだ扱っていないと思うのですが、

iShares 日本 の「プロダクト・リスト」に
載っているということは、

BGI が金融庁への届け出をすでに終えている
ということだと思います。

(ということは、)

いつ、どこの証券会社が
取扱いを始めてもおかしくない、ということ・・。


さて、

・iシェアーズ FTSE BRIC 50(銘柄コード BRIC)
 ロンドン市場上場
http://www.ishares.co.jp/product/stocks/bric.html 

ですが、年間経費率は 0.74%
組み入れ企業数は(名前の通り)50社 です。


国別の組み入れ割合は、

ブラジル  35.29%
ロシア   27.99%
中国    25.42%
インド   11.30%

となっています。

(ブラジルが 大きいですね・・)


また、以前に弊所ブログでご紹介しました

・SPDR S&P BRIC 40 ETF (銘柄コード BIK)
 アメリカ市場上場
http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-344.html

は、年間経費率は 0.5% なのですが、
国別の組み入れ割合は、

中国    43.78%
ロシア   27.35%
ブラジル  21.47%
インド    5.77%

となっています。

(インドが 少ないですね・・)


あるいは、

・MSCI BRIC Index Fund (銘柄コード BKF) 
 アメリカ市場上場
http://www.ishares.com/product_info/fund/overview/BKF.htm 

というETF もあります。
(年間経費率は 0.75%)

国別の組み入れ割合は、

中国    約36%
ブラジル  約28%
ロシア   約20%
インド    約16%

となっています。

(現時点では いずれのETF も、
日本の金融機関を通じて購入できません・・)

 
上記いずれのETF も、
2007年に運用を開始しています。

このように、
同じ「投資対象」で、
複数のETF が登場してくるということは、

それだけETF という商品の
【厚み】が増している 証拠 だと思います。

(私たち投資家にとっても、
 商品の【選択肢】が増える ということ・・)


 あっ、今日は宣伝があります。 ↓ ↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  あのセミナーが再び登場・・
  【08年 最新版! 海外ETF全貌セミナー】

    2月23日(土)東京・浜松町
      3月1日(土) 大阪産業創造館
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
  お待たせしました!
  昨年好評を博しました
  【海外ETF全貌セミナー】を再び開催します。

   この海外ETF全貌セミナーの【テーマ】は
   大きく3つに分かれます。 


 1.日本で購入できる海外ETFのラインナップを 
   その特徴とともにお伝えします(最新版で!) 

 2.海外でのETF情勢、最新情報 を分析し、 
   (日本での)今後のETFトレンドを占います。

 3.さまざまなケースを想定して 
   ETFを用いたポートフォリオを複数紹介 & 解説します。     

 
   当セミナーの詳細 & お申込みは【こちら】からどうぞ!

    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_8.html
     
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■     7時間があっという間でした。
                       滋賀県 35歳 男性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      
       1/27(日)in 東京  残席 1 
   〜 人生デザインと運用スタイルを学ぶ【入門講座】 〜

      第43回 マネーの缶詰めスクール 
          スタンダードコース 
    【トウシとの初恋を成就させる 黄金ルール17】 
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04.html   

 
       2/16(土)in 大阪  残席 6 
   〜 人生デザインと運用スタイルを学ぶ【入門講座】 〜

      第44回 マネーの缶詰めスクール 
          スタンダードコース 
    【トウシとの初恋を成就させる 黄金ルール17】 
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_a.html 


       2/17(日)in 東京  残席 7    
  〜 ポートフォリオで自身を規定する【実力講座】 〜
         
       第21回 アドバンスコース 
  【最初だけ手間ヒマかける ポートフォリオ創作教室】 
   http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_10.html 


    ⇒ お申込みはお早めに!

 
    ※ マネーの缶詰めスクール主催者は、
    金融商品の販売・仲介・斡旋に一切関わっていない
    完全独立のファイナンシャルプランナー事務所 です。 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■    〜 カエルのぴょん太がお迎えします 〜
     【投資の「基礎体力」を高めたいあなたに】  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    カン・チュンド が2000年から書き綴ってきた
      資産運用アドバイザーとしての足跡です・・。

            本格ブログ          
    【カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!】
       http://tohshi.blog61.fc2.com/
     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カン・チュンド の                      投資信託
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
         ( ご意見・ご感想 は こちらへ  )     
         (      どうぞ!!     )     
          \______ ______/          
                 ∨     
             info@sinyo-fp.com 
テッテイ                           攻略法
           (お名前をご明記願います)
--------------------------------------------------------------------

【編集後記】

・本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
最近「サンドウィッチマン」にはまっています。

このように洗練された掛け合いコントを見るのは
ほんとうに久しぶりです。
(あっ、こう見えてもけっこうお笑い好きなのです・・笑)

彼らのコントは その型が完成されているので、
ネタ作りさえしっかりすれば、
もっとうまくなるのではないでしょうか・・。

(才能が花開くとは、まさにこういうこと!)

ちなみに ネタ とは、
漢字で 根多 と書くのだそう・・。


それでは、また来週!

--------------------------------------------------------------------

【マネーの缶詰めスクール 日程です!】

 ▲ 当スクールの 理念

   マネー教育を通じて、
     資産運用を気軽に語り合える世の中にすること。

 ▲ 当スクールの 使命

   シンプルで継続しやすい資産運用を啓蒙すること。            
          
        
         ・2/16(土)in 大阪  
      
         マネーの缶詰めスクール 
          スタンダードコース 
    【トウシとの初恋を成就させる黄金ルール17】
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_a.html

         ・2/17(日)in 大阪  
 
         マネーの缶詰めスクール 
           アドバンスコース 
    【手間ヒマかけて作る ポートフォリオ創作教室】
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_10.html

         ・3/15(土)in 東京  
      
         マネーの缶詰めスクール 
          スタンダードコース 
    【トウシとの初恋を成就させる黄金ルール17】 
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04.html   

         ・3/20(祝)in 東京  
 
         マネーの缶詰めスクール 
           アドバンスコース 
    【手間ヒマかけて作る ポートフォリオ創作教室】
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_10.html

         ・3/23(日)in 大阪  
 
         マネーの缶詰めスクール 
           ファンド特化コース 
    【自分の物差しを持とう! 投資信託テッテイ攻略法】
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame04_d.html 



  ■ 弊所の【投資ポリシー 1〜13】→ 骨太方針 です 
    http://www.sinyo-fp.com/contents/main02_07.html 
  

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【発行部数】まぐまぐ 2276部   メルマ 253部 

  /\☆ カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法 337号 
 / \    
 / \     2000年来の【バックナンバーは こちら】
 ~~‖~~      http://blog.mag2.com/m/log/0000051074/  
  ‖ 

■ 【解除】を希望される方は
  下記ページにて 購読解除 の手続きを行ってください。
   <登録されたメールアドレスを入力してください・・>

  まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000051074.html 
  melma   http://www.melma.com/backnumber_38160/ 

■ 発行者 あなたのお金が 世界を旅します...☆
  【晋陽FP事務所】http://www.sinyo-fp.com/

■ 編集者 インデックス運用アドバイザー
      カン・チュンド(姜 忠道)

  ブログ【カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!】
       http://tohshi.blog61.fc2.com/
  
--------------------------------------------------------------------

     プロの力を借りることは 節約の道 です。

      【お試しコンサルティング】受付中♪
    http://www.sinyo-fp.com/contents/frame02.html 

      < 運用の方針が明確になりますよ! >

--------------------------------------------------------------------

  < ブログ 拾い読み・・ > 
 
■ 金融機関にモノ申す
  http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-category-1.html 

■ 運用者の感情リスク
  http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-category-12.html 

■ 投資の発想法
  http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-category-6.html  

■ ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた  
  http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-category-14.html 

--------------------------------------------------------------------

■ 【カン・チュンドの 横顔】は こちら です。
   http://www.sinyo-fp.com/contents/main01_04.html
 
【ご注意】

当メールマガジンは、情報の提供を目的としたもので、特定の株式・投資信
託の購入、また特定のポートフォリオを推奨するものではありません。 
提供する情報については主観の要素を含んでおり、その完全性を保証するも
のではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、
当事務所、また私個人がその責任を負うものではありません。 投資のご判
断は、皆さんご自身の責任でなさるようお願いします。

Copyright(C)SINYO FP OFFICE All rights reserved


ついでに読みたい

カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/03/20 部数:  5,900部

他のメルマガを読む