それでも公立トップ高校を目指したい!

それでも公立トップ高校を目指したい!


カテゴリー: 2018年04月27日
■■■■【 第699号 】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
       [それでも公立トップ高校を目指したい!]       [527部配信]
+++++++++++++++++++++++++++2018/4/27+++
公立トップ校(or上位校)を目指している生徒とそのご父母の方に。英語と数
学を中心に社会、理科まで、その学習のしかたや問題点、テスト結果などを鋭
く分析。そのなかで如何にほんものの実力を養成していくか、受験に必要で役
立つ情報を配信。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ◆□◆ <中1英語通年用問題集について
          (be動詞をまず徹底的に攻略せよ!)> ◆□◆
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
**********************************************************************
◆◆目次とご案内◆◆
 1.E-juku1st.Com の情報 NO.699
 ●<中1英語通年用問題集について(be動詞をまず徹底的に攻略せよ!)>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 2.★ゴールデンウィーク特別企画★● 
   4月27日(金)~5月5日(土)まで全問題集を10%OFFの特別販売!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*********************************************************************
※地道に進めると確実に実力がつく、通年用数・英問題集<中1・2・3>
    http://www.e-juku1st.com/indexcontents1.htm.htm 
・「<新版>入試社会の攻略」<中3生対象>
  URL:http://www.e-juku1st.com/referencebooks/shakai-new-index.htm
・「<新版>入試理科の攻略 by Toppo 」問題集<中1・2・3生対象>
  URL:http://www.e-juku1st.com/referencebooks/rikaindex.htm
・ 「入試国語の実践演習 by Toppo」<中2・3生対象>
  URL:http://www.e-juku1st.com/referencebooks/kokugo-index.htm
※実力テスト対策問題集<中2&中3生用の数学・英語もあり>
・「中1英語の実力をつける問題集」で、確かな実力形成を!
  URL:http://www.e-juku1st.com/referencebooks/eigojituryoku1.htm
・「中2数学の実力をつける問題集」中1と中2数学の実力を鍛える。
  URL:http://www.e-juku1st.com/referencebooks/mathjituryoku2.htm
※学力補強・復習対策問題集<数学とまた英語の中2生用もあり>
・「中1英語REVIEW(復習) 問題集」で、英語やり直しor実力強化!
  URL: http://www.e-juku1st.com/review/english1.htm
※入試対策問題集<英語もハイレベルまでいろいろあり>
・「入試図形問題の攻略」で入試数学の半分を占める図形の力を磨く
  URL:http://www.e-juku1st.com/basetoppo/geoindex.htm
※高校英語&小学生用算数問題集
「算数の図形教室問題集」【小学生用&中学生用あり】で図形能力を開発!
  URL :http://www.e-juku1st.com/referencebooks/sansuu1.htm
**********************************************************************
 =================================
 1.E-juku1st.Com の情報 NO.699
  <中1英語通年用問題集について(be動詞をまず徹底的に攻略せよ!)>
 =================================
<be動詞をまず徹底的に攻略せよ!>

 わたしの作成した中1英語(通年用)問題集をもとに、中1英語について思う
ところ書いてみます。

 英語の勉強をする場面というものを考えてみると、それは大きく別けて、学
校の授業や塾の学習で先生から内容を教わりその場で問題を解く場面と、自分
でワークやその他問題集を使って問題を解いたり、わからないところを理解し
たりする場面の、ふたつがあるでしょうか。

 ふつう、問題集というものはもちろん後者になるわけですが、わたしの問題
集の場合、このふたつの場面を想定し作ってあるので、基本的にまったく自分
の力で勉強できることになります。
  
 その場合、生徒はまず「問題で勉強する」ことになりますが、実は「解答で
勉強する」ことも大いに大切なことなのです。しかし一般に生徒は、解答は○
か×の判断材料に過ぎない意識がつよく、○なら頭はすぐ次の解答へと移るで
しょうし、なぜマルであるのかその理由や知識の確認はまずしません。いわん
やマルを取り巻く関連の知識や、過去に習った覚えておくべき知識の整理やく
り返しによる暗記を高める作業と確認を、まずやらないのが生徒の現実の姿で
す。

 解答を見てバツであったときだけ、なぜバツであったのかの理由を解答の説
明を見て考えます。考える生徒はまだましなのですが、考えない生徒も実は不
思議なことに、想像する以上に多くいるのもこわい現実です。

 また解答そのものが入試の応用問題ならいざ知らず、ふつうの演習問題のな
かではいちいち詳しい説明なんかは併記されていませんから、説明箇所を見直
す必要があります。これがきちんとできる生徒もいれば、できない生徒もいま
す。

 これとは別に、英語の場合はとくにバツの原因がケアレスミスであることが
とても多いわけで、つまり、理解してじゅうぶんわかっているつもりでも解答
を見てついミスをしてしまったことに気づくことがけっこうあります。

 しかし、気づいたからといって、そのミスが直せて次に出ないようになるか
というと、とんでもありません。またくり返すのです。これを「解答で勉強す
る」ことができるように、至る所で注意喚起の説明をしておかねばなりません。

 こうした解答での勉強が、○であるにしろ×であるにしろ、生徒が学習を進
めていくなかで、知識を深めたしかな実力をつけていくひとつの大きなポイン
トといえるので、その目線のもと問題集を作ってあります。

 しかし、英語学習(ここでは読み書きの力だけに限定しますが)のなかに占
める割合でみれば、やはり「問題で勉強する」ほうが数倍大きいわけです。

 問題をやりながら理解する、そしてじわじわ理解を深める。問題をやりなが
ら何が大事なのかを学ぶ。問題をやりながら単語や熟語そして重要構文を暗記
する。問題をやりながらケアレスミスを減らしていき、そして最終にはなくし
てしまう。問題をやりながら前に習った知識の点検をし、くり返しの勉強をす
る。

 こうした英語の勉強のしかたにこそ、一歩一歩ですがほんとうの実力が養成
されると考えています。そして誰にでもできるわけです。ただ、相当な演習問
題が必要ですし、その演習内容も単純なだけの問題ではいけません、つねにす
こし考える問題を演習をすべきであり、そして上の視点がすべて入り込んだ統
一性のある問題構成と編集であることが求められます。こういう目線に立った
問題集は、世のなかに捜しても見つかりません。よって、作りました。中2英
語、中3英語の問題集も同様の観点からであります。
 
 さて、これから中1英語を勉強していく生徒とそのご父母の方に、英語学習
の基本とは何か、また英語を学ぶ以前に当然持っていて当たり前のこと、そし
て読み書きの上で必要なものとは何かを、以下に列挙してみます。

 <A>英語を学ぶ以前に知っておくべき常識。
1.主語と述語(or主部と述部)ぐらいは、ふつうに判別できる。
2.名詞と動詞、そして形容詞の3つの品詞は、最低何であるかを知っている。
3.文の種類(肯定文・否定文・疑問文)を識別する。

 <B>学習上の作業の基本。
1.宿題は、帰ったらすぐにする。
2.字はていねいに書く。
3.間違いの上に訂正を書かない。行間に赤で書く。
4.ノート直しは詰めて書かない。
5.ノート直しはほんとに気を入れてやる。さらなる間違いを書いて練習しない
 こと。
6.日本文はやたらとひらがなばかりで書かない。適切に漢字を用いる。

 <C>1学期の英語を習得する上で。
1.主語(or主部)の人称が区別できる。
2.単なる疑問文の最後は揚げて読む。疑問詞のある疑問文は下げて読む。
3.分かち書きをする。
4.単語と単語の間は1文字分あけて書く。
5.肯定文・否定文なら文の終わりにピリオド、疑問文なら?マークをつける。
 また文頭は大文字から始める。
6.単数なら冠詞をつける。
7.習った単語は必ず覚える。
8.音読する。大切な文は暗記してしまう。
9.bとdをはじめとするスペルの単純ミスは、5月末くらいまでに無くしてしま
 う。
10.イディオムとは何かを知る。
11.前置詞を知る。
12.日本文をみて、be動詞の文か一般動詞の文かをすばやく掴む。
13.設問の主語に対し、代名詞で答える。また、二度目は代名詞に転換する。
14.同じ間違いは3回までに止める!

 これ以外にもあるかと思ってますが、一応3つに別けて挙げてみました。英
語を学習するのだから、当然最初はアルファベットの練習をして、単語の発音
やその覚え方を習い、挨拶などの文句を耳にし、そして文法に移って行きます
ね。ただその際、この1から14まで挙げた項目の、まさに反対のことをとこと
ん生徒はやってくれます。

 E-juku1st.Comの中1英語(通年用)問題集では、まず単語の暗記のしかたを
十二分に演習し、そのあとbe動詞の文法(38枚)を徹底して学ぶべく構成して
あります。なぜ最初に、be動詞の勉強を徹底してやったほうがいいのか、be動
詞の文法をたっぷり演習し習熟してその後に一般動詞の文法(25枚)に移った
ほうがいいのか、その理由をひと言でいえば、「主語」にあります。

「<A>英語を学ぶ以前に知っておくべき常識。1.主語と述語(or主部と述部)
ぐらいは、ふつうに判別できる。」と「<C>1学期の英語を習得する上で。
1.主語(or主部)の人称を区別できる。」

 主語(or主部)がどれか押さえることができない、そしてその人称を正確に
区別できないところから来る文法的過ちと混乱は、生徒が中1英語習得の過程
で遭遇する災難(?)のなかで最大のものであろう。中学にもなって、まだ主
語も認知できない生徒が、非常識なほど大勢いるのをご存じでしょうか?

 主語とその人称の把握を中途半端な状態にし、あるいは後回しにし、be動詞
と一般動詞の述語部分を動かし回して1学期を終わらせ、そして2学期になる頃
に、実は主語には3人称単数があるんだけどその場合にはこれこれこうなるん
だと、間が抜けた(ここが一番のネック)教え方をする昨今の教科書の文法構
成と配列には、生徒も災難なものだとも思わないでもない。

 なんでも最初はやさしい、途中からすこしずつ難しくなっていく、また覚え
るべき内容も増えていくといった経験上の感覚で、勉強の中身を捉えている場
合が一般に多いかと思います。

 よって、英語の場合も最初はやさしく、確かに単語を覚えていく事には多少
の困難を最初伴いますが、まあ大体が1学期の場合、主語の何たるかを意識せ
ずとも、またbe動詞と一般動詞の文法の区別もその狭い範囲でやっていれば、
つまり教科書どおり進めていれば、テスト内容もその設問形式も同様にやさし
いので、80点以上の点数は8割以上の生徒がまずとれるのがふつうです。

 しかし、その狭い枠組みのなかで生徒は、1学期のあいだに何を基礎として
吸収し固めたかといえば、よーく観察すると、甚だ心許ないものがあると言わ
ざるを得ないのです。この期間に明確に意識して、理解と暗記を心がけた文法
は何でしょうか? 実はそれが教科書の内容のままで勉強していると、習った
ことが知識として整理整頓できない生徒(わたしからみれば、9割近く)にと
ってはとても曖昧な状態になっている、と指摘しておきます。このことがわか
るのは多くの場合、2学期に入ってからなのです。2学期には、また新しく習う
文法も当然ぐんと増えてきます。

 そうした授業の流れのなかで、疑問に思うところや曖昧な箇所をよく考え追
求し、そしてそれらをなくし、全体を整理する力のある生徒ならいいのですが、
そうでない多くの生徒は、be動詞と一般動詞の文法が完全に入り混じり、疑問
詞のある疑問文を本格的に習いだした頃には、その答え方をどうするかで混乱
がより深まってくるのです。

 3人称単数の主語がまだ判然としないところから来る間違いで済むならまだ
しも、応答の問題で設問の主語を適切な代名詞に転換することができない、二
度目には代名詞に置き換える、といったルールもまだ定かに掴んでいない。つ
まり、主語に関する基本ルールがまったく認識・区別できていないのか・・・
、といった大きな大きな欠陥を露呈してきます。

 さらに、一般動詞の根本ルールも、主語の認識が甘いため数々のミスを引き
起こす。英語力の基盤がまだじゅうぶんに形成されていないこの時期の生徒は、
一般動詞の文法に大きく影響され引きずられてしまいます。それゆえ、be動詞
の文法までぐちゃぐちゃにしてしまうケースが多々出てくるわけです。

 生徒には折に触れてしつこいほど、「be動詞ができる奴が、英語ができるん
だ!」と言ってきましたが、be動詞の文法がしっかりしているからこそ、一般
動詞の文法との区別が鮮明にできるわけで、日本文での対比はもちろん、英文
上での細かな差異も見分けがつくのです。そうでない生徒は、たとえば現在進
行形なのにbe動詞が時間が経つといとも簡単に欠落しますし、存在のbe動詞も
満足に和訳できない、英作力も極めて弱いのがふつうになってしまいます。

 ですから、最初が大切なんです。はじめに何を固めるか、形作るのが大事な
のか、生徒にじゅうぶん意識させ、理解と整理整頓させるのか、その対象を明
確にすることがポイントです。そして十二分に演習し掘り下げて身につけるこ
とが、中1の1学期になすべきもっとも重要な課題になるかと思います。

 その第一が、主語(or主部)なんですね。その人称をすばやく正しく捉える
力をきちっと身につけることが、その後に必ず起こる文法的混乱をできる限り
防ぐことに繋がるのです。

 中1の後半だけなく、中2生や中3でも英語が弱い生徒の文法的混乱と誤りの
原因を遡ると、そのすべての震源地はここに在る、といっても過言ではありま
せん。最初に十二分に掴んでおくべき主語とその周辺の文法に、まったく習熟
していなかったことが、共通している現象なのですから。ですから1学期に、
これを叩いて叩いてもうじゅうぶんだ、うんざりだと感じるくらいしっかり固
めることに腐心することです。

 まずはbe動詞の文法を通して、主語を徹底して知ること、そして代名詞転換
を学ぶことです。一般動詞と違ってbe動詞は、たった3つ、is,am,areしかあり
ませんから、述語に意識をあまり働かせずとも、ただただ主語を見つめること
ができます。主語の拡がりを初めからしっかり見据え、判断することができる
のです。

 ご存知のように、主語は1人称、2人称、3人称があり、またその単数と複数
に別れます。そして代名詞の場合なら「格」があり、主格、所有格、目的格と
その使い方を学ばねばなりません。物か人かによっても訳し方、使われ方も異
なることを知らねばなりません。さらに上で書きましたように、応答の問題で
は設問の主語に対し、答えは適切な代名詞に転換するということ、前の名詞が
二度目に出てきた場合も基本的には代名詞に置き換える、というルールがあり
ます。

 こうしたことをまずbe動詞の文法の範囲だけで、他の文法に邪魔されること
なく徹底して演習する。間違いはつねに直し、問題を進めるなかで繰り返し、
深く理解していく。ほんとうに確実にできるようになるまでには、これに対応
した演習問題を数多くこなす必要があります。おそらく、思っている以上の時
間がかかるでしょう。

 また中1のこの時期、<A>から<C>までの「基本の習得」、要は勉強を進
める上でのさまざまな弊害を取り除いていく、基本を知らない生徒は新たに構
築していくことが当然求められます。

 こうした勉強のなかで、主語とその人称を瞬時にして判断する目が持てるよ
うになれば、また適切な代名詞転換をすばやくできる力をつければ、be動詞に
関わる文法の基礎と基本の骨子は、人一倍強固に形成されるでしょう。

 そして次に一般動詞の文法に入ったときには、主語がたとえ3人称単数であ
ろうと、これはあらゆる形――this,that,it,he,she,your book,my mother,
a woman,his camera,her notebookだけでなく、their teacher,one of themな
ど、3人称単数であるという認識がすでに頭に刷り込まれているので、その代
名詞転換も正確にすばやくできるのです。あらたな文法を識別する目を持って、
スムーズに一般動詞の文法を受け入れて吸収することがより容易になるのです。 

 以上、なぜ最初にbe動詞の勉強を徹底してやったほうがいいのか、その理由
を述べてみました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 2.★ゴールデンウィーク特別企画★● 
   4月27日(金)~5月5日(土)まで全問題集を10%OFFの特別販売!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  E-juku1st.Com のホームページURL http://www.e-juku1st.com/
 ●【それでも公立トップ高校を目指したい!】メルマガ<まぐまぐ 49997>
  では、学習のしかた、受験勉強の情報をお届けしています。ご参考に。
 ☆トッポの中学問題集(数学・英語・理科・社会・国語&小学算数関係)を
  E-juku1st.Comより好評販売中! 発売してすでに17年半が経ちました。ご
  利用して勉強している生徒もかなりの数に上り、多くの公立トップ高校進
  学、またそれぞれ上位志望校に進んでいます。自分の力でできるほんとう
  の自立学習教材として、そしてたしかな実力向上に寄与できますこと、今
  後も願ってやみません。
==================================
 ★ご意見、ご感想などをいただければとても嬉しく思います。
  下記のE-juku1st.Com の掲示板に書き込んでいただくか、
 URL:  http://www.e-juku1st.com/bbs-special.htm
  メールでお寄せください。お待ちしております。
==================================
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
■H.P.   : http://www.e-juku1st.com/mailmagazineejuku.htm
■mail  : toppo@e-juku1st.com
■発行所 : まぐまぐ(0000049997)にて配信
■発行者 : セノオマサユキ 大阪高槻 
■その他 : メルマガ創刊:2000/11月6日
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

それでも公立トップ高校を目指したい!

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/08/08
部数 520部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

それでも公立トップ高校を目指したい!

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/08/08
部数 520部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング