軍事情報

【桜林美佐の美佐日記(19)】波乱の対馬講演旅行(その1)

---------------------
<国際政治学者の講演録>

ついに解禁:
47年非公開にされた元米国大統領の告発
史上最大の戦争仕掛けた真犯人は誰か?
↓
http://okigunnji.com/url/18/
---------------------
<丸谷 元人の講演録&電子書籍> 
謀略・洗脳・支配 世界的企業のテロ対策のプロが明かす… 
知ってはいけない「世界の裏側」
 世界の裏側を見る http://okigunnji.com/url/13/
---------------------

こんにちは、エンリケです。

高速船に乗ってみたいなあ、
と思わず思ってしまいました。

大分のホバークラフトも同じような感じかなあ?

今回も面白いです。
さっそくどうぞ。


エンリケ


ご意見・ご感想はコチラから
 ↓
https://okigunnji.com/url/7

─────────────────────────────
桜林美佐の「美佐日記」(19)

 波乱の対馬講演旅行(その1)

桜林美佐(防衛問題研究家)
─────────────────────────────

おはようございます。桜林です。「男もすなる日記といふものを、
女もしてみむとてするなり」の『土佐日記』ならぬ『美佐日記』
は今回で19回目です。

また嬉しい感想を頂きました。福岡にお住まいのFさんから、
「美佐日記で初めて長崎事件の事を知りました。まだまだ知って
おかねばならないことが沢山あると実感しています。また今回記
事の内容は古山高麗雄さんのフーコン戦記を随分前に読んだ記憶
が甦りました
『最強部隊』などの評価がもたらす影響へのご意見は目からウロ
コが落ちる思いでした」

ありがとうございます!貴重な情報盛りだくさんの毎日のメルマ
ガの中で、私のものは単なる身辺雑記ですが、これからも皆さま
にお付き合い頂ければ幸いです。

前回「お知らせを忘れた!」と配信後に気づいたのですが、本来
は先週の金曜にBS-TBSの夜の報道番組に出演予定が生放送の2日
前に急きょキャンセルになりました。防衛産業について特集する
はずが、取材とVTR作りが間に合わないということで内容変更とな
ったようです。

かつて地上波で番組制作をした経験がある私としては特に驚きま
せん。実際、私自身がオンエアー前日までロケに行って、すぐに
徹夜で仮編集、プレビューして上の人から直しを命じられ、本番
数分前まで編集室でVTRを作っていた、なんてことを思い出せば同
情するばかりですが、中止の連絡を受けた時にちょうど打ち合せ
をしていた某官公庁の方は「テレビってそういうものなんですか」
とビックリしたようです。

しかし、幸いにも告知を忘れていましたし、私にとっても休日を
もらったようなもので、ゆっくり体を休める好機になりました。

というのは、実は先日から花粉症なのか風邪なのか分からない症
状に見舞われ、鼻ぐずぐずでダルい状態。だましだまし仕事をし
ていたのです。そんな時に限って、イベントが盛り沢山なんです
よね~。

まずは福岡県・筑前町(太刀洗平和記念館があるところ)での
「いちご狩り」と道の駅「ファーマーズマーケットみなみの里」
でのお買い物でした!ここは珍しい新鮮な野菜や果物がずらりと
並び、釜で炊いたおいしいごはんが食べられるお弁当や、食堂も
あり、老若男女が満喫できる場所です。

初めての「いちご狩り」ではしゃぎすぎたのか、帰ったらグッタ
リで、夜の予定をやむなくキャンセルし、夕方には布団に入って
寝ることにしました。なぜなら翌日は防衛省・九州防衛局主催の
「防衛問題セミナー」があり、長崎県の対馬で講演をすることに
なっていたのです。

朝まで寝続け、なんとか元気を取り戻し、雨模様の福岡空港へ。
しかし!

対馬に暴風警報が発令され、予定の飛行機は対馬に着陸できない
かもしれず、福岡に引き返す可能性があるといいます。それはマ
ズいということで、急きょ高速船に変更することになりました。

いざ!博多港へ!・・・そういえば、前日の筑前長での町長をは
じめ町の皆さんとの会食で、「元寇」の話になり「あれは、台風
で蒙古・高麗軍が沈んだのではなく、日本が強固な防備を固めて
いて思いのほか強かったので撤退することになり、帰路に玄界灘
特有の強風に遭ったようですね」などと筑前煮をほおばりながら
お話をしたばかりでした。

まさか、次の日に私がその強風に遭遇するとは!とにかく、福岡
空港から博多港に移動し、高速船の出港時間になんとか間に合う
ことになりました。

でも、よく考えると、こんな荒天で船に乗って大丈夫なのだろう
か・・・。正直言って私は乗り物にはめっぽう弱い。よく自衛隊
の艦艇や飛行機に乗ることを勧められて、無理!酔うんです!と
訴えても、嘘だと思われているようですが、本当なんですって!

新幹線、常磐線、湘南ライナーとかで乗り物酔いする私は、暴風
の対馬上陸という現実に恐れおののき、出港直前に乗り場に隣接
するドラッグストアに「酔い止めを下さいっ」と、駆け込みまし
た。

じゃあこれがおススメですと渡された箱を手にとってレジに進も
うとしたところ、私のマスクと鼻ぐずぐずを見た店員さんが「ほ
かに薬は飲んでませんよねー?」といいます。「いえ、アレルギ
ーの薬飲んでます!」と元気よく答えると、店員さんは「だめで
す!飲み合わせが悪いと大変なことになるかもしれません!」と
即座に私から薬を取り上げてしまいました。

その後、とくと多種類の薬を自己判断で飲むといかに危険かとい
う話と、乗り物酔いしないための過ごし方などあれこれ話をして
くれて、講義!?が終わると「では、気を付けて行って来て下さ
い」って、ええーっ、ちょっと待って、こんなに親切にしてもら
ってそれじゃあこっちの気が済まない。何か買って行きます、せ
めて飴でもと探し始めると「飴なら隣のコンビニのほうがたくさ
ん種類あります」などと言う。

飴が欲しいんじゃなくて!「ここで、買いたいんですっ」と、豪
語したわりに龍角散1コしか購入しませんでしたが、何であれ、
お店に入ってやたらと売り込まれるとイヤになってしまいますが、
こういう店員さんだとできるかぎり恩返しをしたい気分になりま
すよね・・。

そんなこんなで、酔い止めは飲めないまま、高速船は出港!「当
船は途中、海洋生物が多く生息する海域を通過いたします。お手
洗いは早めにお済ませ下さい」のアナウンスが繰り返され、
「何?どういうこと?海洋生物とトイレは関係あるの??」と船
内騒然とする中(船内は慣れていそうな人ばかりで、不安がって
いたのは私の周囲だけだったかもしれませんが)、よく考えてみ
ると、新潟で高速船とクジラが衝突し乗客が重軽傷を負ったばか
りだったと思い出し、高速船もさることながらクジラたち海の生
き物の安全も祈らずにはいられませんでした。

 そうこうしていると、船体がふっと浮かび上がったようなかん
じになり、ん?あれ?窓の外が動いている!船はすでに走り始め
ていました。高速船はまるで海の上のレールを走っているようで、
ほとんど揺れないのです。

こうして始まった対馬講演旅行、果たしてこの後どうなるのか!
続きはまた来週!(前振り長すぎ!!)


<おしらせ>
YouTubeチャンネルくららで毎週土曜にアップしている「国防ニュ
ース最前線」3月23日はお休みです。過去放送分もぜひご覧下さ
い。


http://www.chclara.com



(つづく)



(さくらばやし・みさ)



桜林さんへのメッセージ、ご意見・ご感想は、
このURLからお知らせください。
↓
https://okigunnji.com/url/7/

 
【著者紹介】
桜林美佐(さくらばやし・みさ)
昭和45年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒。フリーアナウンサー、
ディレクターとしてテレビ番組を制作。その後、国防問題などを
中心に取材・執筆。著書に『奇跡の船「宗谷」─昭和を走り続け
た海の守り神』『海をひらく─知られざる掃海部隊』『誰も語ら
なかった防衛産業[改訂版]』『武器輸出だけでは防衛産業は守
れない』『防衛産業と自衛隊』(いずれも並木書房)、『終わら
ないラブレター─祖父母たちが語る「もうひとつの戦争体験」』
(PHP研究所)、『日本に自衛隊がいてよかった』(産経新聞出
版)、『ありがとう、金剛丸─星になった小さな自衛隊員』(ワ
ニブックス)。月刊「テーミス」に『自衛隊密着ルポ』を連載。


PS
弊マガジンへのご意見、投稿は、投稿者氏名等の個人情報を伏せ
たうえで、メルマガ誌上及びメールマガジン「軍事情報」が主催
運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)で紹
介させて頂くことがございます。あらかじめご了承ください。
 
PPS
投稿文の著作権は各投稿者に帰属します。その他すべての文章・
記事の著作権はメールマガジン「軍事情報」発行人に帰属します。
 
 
最後まで読んでくださったあなたに、心から感謝しています。
マガジン作りにご協力いただいた各位に、心から感謝しています。
そして、メルマガを作る機会を与えてくれた祖国に、心から感謝
しています。ありがとうございました。


●配信停止はこちらから
http://www.mag2.com/m/0000049253.html
 

---------------------------------------
 
発行:
おきらく軍事研究会
(代表・エンリケ航海王子)
 
メインサイト
https://okigunnji.com/
 
問い合わせはこちら
https://okigunnji.com/url/7/
 
 

投稿文の著作権は各投稿者に帰属します。
その他すべての文章・記事の著作権は
メールマガジン「軍事情報」発行人に帰
属します。
 
Copyright(c) 2000-2019 Gunjijouhou.All rights reserved

軍事情報

発行周期: 不定期 最新号:  2019/03/18 部数:  9,272部

ついでに読みたい

軍事情報

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/18 部数:  9,272部

他のメルマガを読む