ビジネス知識源:経営の成功原理と実践原則

131224 ビジネス知識源:米ドルの反通貨、ゴールド新論(2)

 友人、知人、同僚、部下、上司、取引先への転送は自由です。
 <あなたとチームの、ビジネス知識と仕事の技法の向上を>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     ビジネス知識源(本マガジンは無料版です)

【良質な、経営・IT・ビジネス・経済・金融知識の提供を目標に】
              2013年12日23日:Vol.303

  <Vol.303号:米ドルの反通貨、ゴールド新論(2)>

           テーマの領域:国際基軸通貨と金
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
  バックナンバーはHPで: http://www.cool-knowledge.com/   
                      (過去の有料版も、抜粋し載せています)
 
 著者への感想等     ⇒ yoshida@cool-knowledge.com
  無料版の登録/解除: http://www.mag2.com/m/0000048497.html
  有料版の登録/解除: http://www.mag2.com/m/P0000018.html
    著者:Systems Research Ltd. Consultant 吉田繁治
                                               43227部
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんにちは、吉田繁治です。今年も、押し迫りました。振り返れば、
毎年、1年という時間が瞬間です。あるのは、自分の意識に映る、
間断のない、または永遠(くおん)の現在です。

過去の時間になると、あらゆるものは、消えます。事物は、同じも
のが続いているように見えます。しかし、それはもう、昨日のもの
ではない。過去の時間は、われわれの、記憶の中でしかない。

今日はクリスマス・イブ。マイアミに住む長女から、赤ワインが送
ってきていました。ささやかな夕食で、飲むことにしますか・・・
メリー・クリスマス!

テーマのゴールドは12月24日で、1グラム4270円(税込み)です。1
2月11日が4418円。最近1ヶ月の、最高価格でした。円での小売価格
で3.4%下げています。↓現物を売る、田中貴金属のサイトです。
http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/d-gold.php

金価格は、円ではなく、1トロイオンス(31.1グラム)のドル価格
で見なければならない。原油も同じです。円・ドルの為替相場の変
動で、円価格では歪んで見えるからです。金も原油もドルで価格が
決まった後、ドルと円の相場で、円に直しています。

【大きく下げた金価格】
2013年で言えば、1月の最高価格$1693(31.1グラム)が、$1197
(12月24日)へと$496も下がっています。今年の下落率は、29%
と大きい。

(注)わが国の売買単位の1グラムに変換すると13年1月の$54が、
12月24日は$38です。

【頂点は11年9月】
2000年代に約5倍に上がった金価格は、2011年9月の31.1グラム$19
86が頂点でした。その年の2011年末は$1752、翌2012年末が$1720
でした。

そして2013年末は$1197です。2013年の4月と、6月の下げが大きか
ったのです。原因はいずれも、値崩しの好機と見たヘッジ・ファン
ドによる金証券(ETF)の大量売りです。

【金ETF】
2003年から作られた金ETFは、金価格と同じ値動きをする、上場証
券です。金と交換も可能されています。SPDR(スパイダー)ゴール
ド社が最大手で、発行額の50%です。

金ETFが買われると、発行者は、現物の金のリザーブ(準備:保護
預かり)をその分増やし、ETFが売られれば、保護預かりとして保
管していた金現物も売るという仕組みです。若干の、時間遅れはあ
ます。

この金ETFの残高は2013年12月には2632トン(時価で約11兆円)と
最高でした。これが、
・13年の第1四半期には売り超176トン、
・13年の第2四半期では売り超402トン、
・13年の第3四半期でも売り超118トンです。

1月から9月までで、金ETFには754トン(年間ペース1000トン)の売
り超が、2013年の4月以降、「ある日突然に」という感じで、生じ
ました。

1年に4300トンの金供給の中での、金ETFの年間1000トンの売り超が、
金価格を30%~40%下げるのは当然です。60%下がってもおかしく
ないくらい、2013年は金ETFが売られています。

年間の金の供給は、鉱山から2824トン、リサイクルが1990トンで合
計4415トンです(2012年)。

【現物の金の需要は、2013年も増えている】
(1)宝飾需要は1896トン、工業用が407トンで(2012年)、2つの
需要は安定しています。両方で2300トン(生産の52%)くらいです。

(2)ゴールドバーの需要超過は、中央銀行が1年に450~550トンで
す。個人・企業・金融機関のゴールドバー需要が1300~1500トンく
らいです。両方で1750~2050トンです(生産の40~46%)。この、
現物需要も、毎年、安定しています。

ETFではない現物金の需要は、中国、インド、そして各国中銀行の
買い超により、増加を続けています。

●現物需要だけなら、金価格は、2013年も上がって、円では1グラ
ム6000円になったかも知れません(現在は4000円付近)。

(3)金のETF証券は、上場された2003年から、2012年まで、10年間
は、1年に180トンから280トンの買い手でした。このため、2012年
末のETFの残高は2632トンに増えていたのです。

【ETFの大量売り】
ところが、2013年4月から、金ETFだけが、月間80トン、年間1000ト
ンのペースで売られています。この意味で、金ETFの突然の売りは
奇妙で、「意図的」に見えます。

株、不動産、原油、資源などあらゆる相場は、売りが超過すれば下
がり、買いが超過すれば上がります。金は、2000年代の12年間、買
いが超過していました。このため5倍にも上がったのです。

これが、2013年に金ETFだけがなぜ、金相場を30%以上下げるくら
い大量に、しかも、ヘッジ・ファンドによって、売られたか?
(注)売ったヘッジ・ファンドは、まずソロス・ファンドと、ジョ
ン・ポールソンのファンドでした。当方はこれを、世界のドル離れ
を避けるための、米国FRBの意向によるものと見ています。

【意図をもった予想】
ゴールマン・サックスは、2013年9月に、「2014年の金価格は、1オ
ンス(31.1グラム)$1000を割る可能性がある」と発表しています。
現在価格($1200付近)から更に、20%安です。

「金から、投資家と、各国中央銀行を振り落とす」という意図に思
えます。

米国FRBは、先に、15ヶ月続けてきた量的緩和第三弾(QE3:毎月$
850億のドル増発)を、$100億縮小して、2014年1月以降$750億
(7.5兆円)すると発表しました。

これも、2014年の金価格を下げる要素ととられるでしょう。
以上が、最近の金価格をめぐる大きな動きです。

本稿は、前号に続き、金価格を決めてきた基底の動きと、その意味
を見て行きます。最初は基軸通貨論です。

【お知らせ】ビジネス社が、当方の、3時間講演のCDを制作し、発
売しています。年内は12月26日までの発送で、その後は、明けて1
月6日以降になると聞いています。とりあえずの、案内です。

http://www.business-sha.co.jp/2013/12/%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%81%a8%e7%b5%8c%e6%b8%88%e3%80%80%e6%99%af%e6%b0%97%e5%9b%9e%e5%be%a9%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%ae%e5%85%88%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b/

(↑ ここに、案内が書かれています。50ページのレジュメつ
きです。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<Vol.303号:米ドルの反通貨、ゴールド新論(2)>
            2013年12月24日号


【前号の目次】
1.リーマン危機のあとの量的緩和と金価格
2.08年9月以降、世界で1000兆円の通貨の増量があった
3.今度は日銀の異次元緩和
4.米ドルとゴールドの関係
5.国際基軸通貨とその特権

【本号の目次】
5.国際基軸通貨とその特権(論理のつながりのため再録)
6.米国政府・FRBによる、金敵視の理由
7.2000年代の、世界の外貨準備の急増は、どんな結果を生んだか
8.世界の、公的な外貨準備で金が増え、ドルが減った
9. 金を放出してきた中央銀行
10.リーマン危機の後、中央銀行の金への態度に異変が起こった
11.世界の中央銀行のネットでの金取引(WGC)
12.金に価格下限はあるのか
13.産金コストを、ほぼ価格下限と見ることができる理由
(本メールはここまでです)

【後記】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■5.国際基軸通貨とその特権

(この5.だけは、前号の再録です。論理のつながりのためです)

▼1971年が起点だった

基軸通貨の発行特権(シーニョレッジ)という巨大な権益もつ米国
のFRBは、1971年以降、ずっと金を敵視してきました。

1971年は、当時の大統領ニクソンが、「金・ドル交換停止」を宣言
し、ドルを不換紙幣にした年です。理由は、米国から金が流出して
は困るということでした。

米国の経常収支が、ベトナム戦争の出費で赤字になった。米国の経
常収支の赤字とは、経常収支の黒字国(当時は欧州、日本、産油
国)へ米ドルが流れることです。そのドルで米国FRBに、海外から
金との交換を要求すればFEBの金(=米国政府の金)がなくなって
しまう。

このときFRBからの進言も受けて、「金の流出は米国にとっては困
ることである」とニクソンは認識したのです。このために、どこの
国にも連絡せず、突如実行したのが、金・ドル交換停止でした。

その後、世界の通貨は、お互いの価値が日々動く変動相場制になり
ます。基軸通貨は変わらずにドルですが、ドルそのものの価格が動
いてしまう。このため、ほんとうは「基軸の通貨」とは言えない。
しかし慣習的に、対ドル固定相場のときの基軸通貨(Key Currenc
y)と言っています。

「金は重要ではない」と認識しているなら、「金・ドル交換停止」
を宣言する必要はない。重要でない金属は、海外に渡せばいいから
です。 

「金・ドル交換停止」とした理由は、金が通貨の元としてもっとも
大切なものと、米国政府とFRBが認識していたからです。

このためにこそ、米国政府とFRBは「金はバカげた通貨である。基
軸通貨ドルの信用は、金ではなく、米国政府の信用である」という
反・ゴールドキャンペーンを張ります。

米国政府とFRBは、世界に向かって、あからさまな嘘を言ったので
す。1970年代、1980年代、1990年代、そして2000年代と、変わらず
続いていることです。この嘘のため、金価格の動きも分かりにくく
なってしまった。

米国政府とFRBは、金を敵視しつつも敵視していることは言わず、
裏では、金価格の市場操作をし続けてきているからです。

■6.米国政府・FRBによる、金敵視の理由

【重要】米国政府が、ドルとの兌換(一定率での交換)を停止した
あとの金を敵視する理由は、ペーパーマネーの信用が、金の高騰に
よって毀損(きそん)されると考えているからです。つまり、金価
格が2倍になれば、世界に、ドル価値が1/2になったと受け取られる
からです。

【米ドルの特権】
基軸通貨の発行特権として言われるシーニョレッジは、例えば米国
が、FRBの増発した原価ゼロの$100億(1兆円)のドルを払えば海
外から原油や、1兆円分の商品を買い続けることができるという特
権です。海外企業の買収もできます。

相手国は、受け取った代金$100億の、預金をもつだけです。米国
は、何も払う必要がない。流通価値(購買力)が世界で信用され、
海外で使われる基軸通貨の発行国は、「無の信用で、海外から商品
や資産、会社を買う」ことできます。

(注)米国以外の国、例えば日本や中国は、海外から商品や資産を
買うには、貿易黒字で稼いでいたドル(基軸通貨)を使わねばなり
ません。米国は、国内の通貨と基軸通貨が同じドルなので、FRBが
増発すればいい。このため、米国は、抜きがたく、楽な貿易赤字を
続ける傾向をもっています。

日本が、資源を買うため輸出の努力をするのとは、違います。仮に
円が世界に、ドルより価値がある基軸通貨と認められるなら、基軸
通貨特権が身に沁(し)みてはずです。世界は、円を得るため、競
って日本人が買ってくれる質の高い商品を輸出します。日本は、貿
易が赤字でも、円を刷って渡せばいい。こうした位置にあるのが、
基軸通貨国である米国です。

▼金が高騰すれば、基軸通貨特権が減少する方向に向かう

基軸通貨のドルに対し、金が高騰すると、ドル信用の低下と見なさ
れます。ドル信用が一定線を越えて低下すると、1年後の価値(商
品購買力)が信用されねばならない基軸通貨の位置を失います。

以上から、米国政府とFRBは、金の高騰を嫌い、敵視します。

■7.2000年代の、世界の外貨準備の急増は、どんな結果を生んだか

▼00年代の、世界の外貨準備の急増

現在、世界の、政府・中央銀行がもつ外貨準備は、$12兆(1200兆
円)に増えています。2000年は$2兆(200兆円)しかなかった。そ
のうち約半分を、日本がもっていました。

(注)外貨準備は、世界の政府、または中央銀行が、輸入代金の支
払い用に保管している外貨です。外貨準備は、貿易黒字によって増
えます。世界の外貨準備が$12兆にも増えたのは、米国の貿易赤字
が累増してきたからです。

200兆円だった世界の外貨準備は、2000年代の13年間で、1000兆円
増え、1200兆円になっています(6倍増:毎年+77兆円:+15%/年)。

保有高での最大は、中国の$3.5兆(350兆円)で、2位が日本の$1.
27兆(127兆円)です。ところが、中国のように外貨準備を巨大に
もつと、ドル安(元高)での損が増えます。このため、下落リスク
があるドルを売り、金に変える動きが増えました。

現在、世界の外貨準備の54%が米ドルです。外貨準備の元は、貿易
赤字の米国への輸出が輸入より多く、受け取りが超過したドルです。

海外がもつドル外貨準備は、米国が、ドル紙幣(いわば帳簿のつ
け)で買ってきた、商品額と言えます。渡したドル紙幣が信用状、
言い換えれば借用証です。借用証(ドル紙幣)の価値が信用される
間は、米国は、ドル印刷だけでいいからです。

【金価格とドルの関係】
米ドルの、商品や資産の購買力が将来的に下がる、つまりドルの価
値が減ると見られるとき、金の価格が、反対に大きく上がっていま
す

中央銀行も、ドル保有によって損はしたくないからです。日本政府
と日銀は、米ドルにもっとも忠実です。根底は敗戦国で、防衛依存
のためです。

■8.世界の、公的な外貨準備で金が増え、ドルが減った

世界の外貨準備は、もとは62%が米ドル(2000年)でしたが、2000
年代の後期では、米ドルの構成比が54%に減っています。

各国の中央銀行が、外貨準備のドルを売り、代わりに、金の保有を
増やしたからです。これも、金価格が上がった原因のひとつでした。

2012年時点で、世界の、1200兆円分の外貨準備の、中身は、以下で
す。

【世界の外貨準備の構成比:2012年:WGC】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
金       13%(156兆円)→構成比は増加傾向
米ドル   54%(648兆円)→減少傾向
ユーロ   22%(240兆円)
日本円    3%( 36兆円)
ポンド    3%( 36兆円)
その他    5%( 60兆円)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特に、リーマン危機以降、世界の中央銀行は、金の買い手(買い
超)になっています。

(注)日銀の金保有は756トン(時価3.4兆円:簿価4412億円)と少
ない。日銀は、事実上の宗主国として日本を従属させる面がある米
国政府への気兼ねからか、金の買い増しをしません。このため、日
本では、金はドルの反通貨という論も、敬遠されるのかもしれせん。

■9. 金を放出してきた中央銀行

1971年の金ドル停止以降、米国政府とFRBの金への態度は、金が高
騰したときは、金を放出して価格を下げるということでした。目的
は、前述のように、ドルが基軸通貨であるということを裏付けて維
持するためです。

▼中央銀行からの金の放出

FRBが、世界の中央銀行にも呼びかけながら主導した「反ゴールキ
ャンペーン」は、1999年まで、約28年続いています。(注)金価格
は、息の長いものです。スイスの銀行家が、50年以上のスパンで考
えるような感じです。

原油が2倍、3倍に上がった第一次石油危機のときの1973年に1オン
ス$97(年間平均価格:円では1グラム958円)だった金は、1980年
には$612(円では1グラム4499円)にまで、ドル価格では6.3倍に
高騰しました。

アラブが、価値が下がるドルより、金を選好したことが直接の理由
です。1980年の、産油国によるドル売り・金買いによる、金価格の
高騰に危機を抱いた米国は、1980年代は、反ゴールドキャンペーン
を加速させます。

第二次石油危機でもあった1980年の金価格は1オンス$612でしたが、
米国FRBが主導した、反ゴールドキャンペーンが効果を生んで、10
年後の1990年は、$383と38%下げています。

金価格がこの$612以上に上げるには、1990年から2007年($695)
まで、17年もかかったのです。
http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/y-gold.php

反ゴールドキャンペーンの実際の方法は、FRBが主導し、世界の中
央銀行がそれに従って、(1)金の放出か、(2)金リースで貸すこ
とを実行することです。

つまり、市場への金の供給を増やして、価格を下げる。1980年代そ
して1990年代は、中央銀行が金を放出する20年でした。

(注)1940年代末(第二次世界大戦後)は地上の金の70%は、政府
と中央銀行による公的保有でしたが、この放出の連続により、2011
年現在では25%に減っています。

▼1999年からのワシントン条約での売却量の制限

1999年の金価格は、1オンス$278(1グラムで1069円)に下がって
いました。多く人が、投資対象として金を見ることはなかった。米
国では、マイクロ・ソフトをシンボルとするIT株のバブルが2000年
4月のピークに向かっていた時期です。「金は完全に終わった。株
だ。」とされていたのが、1999年でした。

1990年代の金価格の低迷に安心したのか、中央銀行は、「ワシント
ン条約」を結び、「向こう5年間、条約加盟の、先進国中央銀行に
よる金の売り越しは400トンに制限」とします。ワシントン条約は、
その後2回更新され、現在の有効は2014年(来年)までです。

先進国の中央銀行が金の大きな売り手でなくなったあとの2000年代
の金価格は1999年の$278から、2008年のリーマン危機前の$839ま
で3倍の上昇をしています。9年間で3倍は、年率13%の価格上昇で
す。

ワシントン条約に制限されていたとは言え、リーマン危機前の2008
年までは、世界の中央銀行は、年間で400から500トンくらいの金の
純売り手(売り超)でした。

制限された中央銀行の売りの中で、1999年を底に、2000代の金は、
年率13%くらいで上げ続けました。

■10.リーマン危機の後、中央銀行の金への態度に異変が起こった

金を売ってきた世界の中央銀行は、リーマン危機の08年から、方向
を転じます。まず、約500トン(年間)はあった売り超を少なくし
ました。そして2011年には、年間500トンくらい買い手になってい
ます。500トンの売り超が、500トンの買い超になれば、需要増加は
1000トンです。

年間に供給される金は4400トンくらいです。この中で、中央銀行に
よる1000トンもの需要増が起これば、価格が上がるに決まっていま
す。

産金は1年2800トンくらい、リサイクルが1600トンくらいで、金の
供給は1年4400トンです。4400トン(19兆円)の供給に対し、新た
に、1000トン(4.3兆円)の買い手が現れたのと、同じ変化です。
金の価格が上がるのは当然でしょう。

●リーマン危機以降の08年から2011年に金価格が上がった、もっと
も大きな理由が、世界の中央銀行の、「ドル売り・金購入」でした。
買った理由は、1200兆円に向かい、急激に増えてきた外準備の中の、
ドルの下落リスクです。

世界の、外貨準備での、世界の公的部門の金買いが、2008年のリー
マン危機のあとの、金価格の上昇の原因だったというのは、日本の
新聞は、なぜか報じません。理由を推察すれば、日本の政府と日銀
が、「ドル債を売って金を買う」ことがタブーとされているからで
しょうか。世界の中央銀行がどれくらい金を売っているか、買って
いるかのデータすら報じられません。

1オンス(31.1グラム)の金価格は、
2008年は$900くらいでした(1グラム$29)。
      ↓
2011年9月の頂点価格は$1900でした(1グラム$61)。
http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/m-gold.php

この主因は、08年までの500トンの売り超過だった各国の中央銀行
が、2011年には、500トンの買い超に変わったからです。各国の中
央銀行が、ドルを売って金に換えた理由は、ドルの価値が下がると
見たからです。

資料:中央銀行の資産分散戦略の16ページ(原文英語↓)
http://www.gold.org/investment/research/

■11.世界の中央銀行のネットでの金取引(WGC)

▼中央銀行の金取引の、最近10年間の変化

・2002年から2008年まで、毎年400~600トンの売り超
・2008年    約200トンの売り超に減少した
・2009年    ほとんど±0  →売りと買いがバランス
・2010年    50トンくらいの買い超  →買い超に転じた
・2011年    450トンの買い超  → 大きな買い超へ
・2012年    550トンの買い超  →買い超の加速

▼1オンス(31.1g)の、年間平均価格で言えば(括弧内は1g価格)、

                  1オンス価格     円での1g平均価格(1ドル)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2008年             $872($28)     2937円(105円)
2009年             $973($31)     2951円( 95円)
2010年            $1225($39)     3477円( 89円)
2011年            $1572($50)     4060円( 81円)
2012年            $1688($54)     4321円( 81円)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

円価格で見ると、08年と12年は、20%以上の円高があるため、国際
市場での、金価格のより大きな動きが見えなくなります。2008年か
ら12年までの4年間で、ドルでの金価格は、94%も上がって、ほぼ2
倍になったのです。

●2008年から2012年まで金価格が、大きく上がった主因は、年間50
0トンの買い超に転じた中央銀行です。

1980年代から1990年代、そして2000年代の08年まで、金を売り続け
てきた世界の中央銀行が、2009年から、買い超にはいったからです。
これほど大きな変化は、かつてなかった。

現在も更新されて生きている『ワシントン条約』は、主要な中央銀
行に対して、金の1年間の売却(売り超)を500トンに制限していま
す。この条約は、中央銀行は金を売ることが前提です。(注)ワシ
ントン条約は2014年まで有効です。

ところが、リーマン危機以降、一転し買い超に転じた。理由は、前
述したように、2008年までの前提だった「ドル準備(reserve)」
に対し、世界の中央銀行が、ドルの下落リスクを感じたからです。
外貨準備が、世界で1200兆円にも増えると、ドル下落の損も、巨大
です。

■12.金に価格下限はあるのか

株価は実績PER(株価/1株当たり純益実績)や、次期純益の確度の
高い予想をベースにした予想PERという価格のメドがあります。不
動産も、賃貸収入を元にした収益還元法での価格がある。

金には、こういったものはありません。
お金(おかね)のように、金利もない。

しかし金には、「下限価格」があるように感じます。
その下限価格になるのは、産金コストでしょう。

2005年から2007年は、この産金コストは1オンス(31.1g)当たり$
400くらいでした。1グラムで1280円です。2008年から2009年には、
この産金コストが$600に上がり、2011年には$1000を超えて、201
3年現在は$1200付近です。1グラムでは3860円です。

なぜ産金コストが、こんなに急激に上がったのか?  世界の金鉱山
は、可採量が10万トンしか残ってないと言われます。地上の金は17
万トン(50メートルプール3つ分:1グラム4500円として765兆円)
です。

金価格が上がると、鉱山では、奥の奥(地下5000メートル)までも
掘るようになります。世界中の鉱山が劣化していているため、金は、
1トンの鉱石で5グラムくらいしかとれません。

岩の圧力で地下の温度がサウナのように高い、深さ5000メートルま
で掘って採掘し、地上に上げ、薬品で溶かして精錬する。金価格が
上がると、含有率が低く費用の高い金鉱山や、採掘か困難な鉱山で
も採掘されるため、産金費用が高くなります。

●こういう理由で、産金費用が$400から$1200と3倍に上昇したの
です。金価格が上がったから、産金コストも急激に上がった。なお、
40%くらいの金鉱山は、1オンス$1300では赤字です。

2013年現在、1オンスの平均コスト$1200で生産された金が、
・鉱山から2800トン
・リサイクルで1600トン、
・合計で4400トンくらい供給されています。

リサイクルの1オンス(31.1g)当たりの費用も、$1200です。理由
は、業者がコスト$1200をかけて、携帯電話や電子部品から回収す
るようになってはじめて1600トンがリサイクルされているからです。

■13.産金コストを、ほぼ価格下限と見ることができる理由

市場の金価格が2013年の産金コストの1オンス $1200(1グラム $3
8.5)を割ると、どうなるか? 

●$1200で生産しても赤字になるため、供給量が減ります。そして、
1オンスの価格が$1300(1g  $41.8)くらいに上がらないと、供給
が需要を満たすようには増えません。

以上から、産金コスト $1200(1g $38.5)を、金の需要が減った
ときの、価格下限とすることができるでしょう。

もちろん、価格が下がったとき、地上の在庫分が売りに出ることも
あるかも知れません。それによって、1オンス$1200の産金コスト
より価格が下がる。これは、短期的なものです。一般には、価格が
下がると地上の在庫分も、売りに回る量が、減少するからです。

価格下限が1オンス$1200なら、1グラムは$38.5です。
円で言えば、$1=95円なら1グラムが3657円です。

今日(13年10月26日)の金価格は4463円でした。税抜きでは4250円
です。

<現在価格4250円/1g←→産金コストから見た下限価格3657円>

一時的には下限価格3657円を割ることもあるでしょう。しかし、36
57円以下では、産金コスト割れで供給が減るので、価格は元に戻る
でしょう。価格は、需給で決まります。需要が超過すれば上がる。
供給超過なら下がります。想定下限価格3657円÷現在価格4250円=
86%です。

最大で見て、現在より16%価格が下がるのを下限点とみておいてい
い。以上から、金1グラムが円で4000円台なら買いということにも
なります。

1グラム4000円台の金は、株よりはるかに、下落リスクが低い。1オ
ンスの産金コストで$1200、1グラムの円価格で3657円くらいを超
えて下回った価格は、短期で、下限価格3657円に戻ることが想定で
きるからです。

金とドルの価格は毎日変わりますが、今日、13年10月30日の金価格
は、1オンスが$1345(1グラム$43.2円)です。円での小売価格は、
5%の消費税込みで4490円(税抜き4276円)です。

ゴールドマン・サックスは、2014年の金価格について、1オンス$1
000の安値を予想しています。しかしこの価格では、産金コストを
大きく下るため、産金での4400トンの供給は、急減します。

それでも、価格が$1000に下がるとすれば、在庫分の売り、および
金ETF(金証券)での売りの想定しかない。果たしてどうなるか?

【有料版の目次】

<683号:中国の不動産バブルが崩壊し、
経済はハード・ランディングするのか?>
2013年11月13日

【目次】

1.起点は、リーマン危機後の4兆元(64兆円)だった
2. 一般的な記事の、論の方向
3.中国の住宅価格の評価
4.年収の期待増加が低下すると、話は別になる
5.2009年からの、中国の住宅価格
6.シャドー・バンクの不良債権問題
7.中国の政府部門の借金はGDP比58%(2012年)

<684号:中央銀行が最大の買い手になった米国債と円国債(1)>
                  2013年11月20日分   

【目次】

1.米国の政府債務は、$17兆(1700兆円)
2.米国債のファイナンスは特殊
3.中国の、米国債買い
4.米国が海外に対してもつ最大の特権は、ドル基軸通貨体制
5. 1年の新規債$1兆のうち、$5000億(50兆円)
6.2012年から中国のドル国債買いが、減り始めた
7.2012年9月からの量的緩和第三弾は、延長された

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ビジネス知識源アンケート:感想は自由な内容で。
                              以下は、項目の目処です】

1.内容は、興味がもてますか?
2.理解は進みましたか?
3.疑問点、ご意見はありますか?
4.その他、感想、希望テーマ等
5.差し支えない範囲であなたの横顔情報があると、今後のテーマ
と記述の際、より的確に書くための参考になります。

気軽に送信してください。感想やご意見は、励みと参考にもなり、
うれしく読んでいます。時間の関係で、質問への返事や回答ができ
ないときも全部を読み、共通のものは、記事に反映させるよう努め
ています。

【著者へのひとことメール、および読者アンケートの送信先】
yoshida@cool-knowledge.com

◎購読方法と届かないことに関する問い合わせは、ここにメール
 →  reader_yuryo@mag2.com

■1.有料版は、新規に登録すると『無料で読めるお試しセット』
が1ヶ月分送信されます。以下は、最近のものの、テーマと目次の
項目です。興味のある方は、登録し、購読してください。

まぐまぐの有料版では、新規に月中のいつ申し込んでも、その月の
既発行分は全部を読むことができます。最初の1ヶ月間分は、無料
お試しセットです。その後の解除は自由です。継続した場合に、2
ヶ月目の分から、課金されます。

(1)『会員登録』で支払い方法とパスワードをきめた後、
(2)登録方法を案内する『受付メール』が送ってきて、
(3)その後、『購読マガジンの登録』という3段階の手順です。

【↓まぐまぐ会員登録と解除の方法】
http://www.mag2.com/howtouse.html#regist
◎登録または解除は、ご自分でお願いします。
(まぐまぐ有料版↓)
http://www.mag2.com/m/P0000018.html
(まぐまぐ無料版↓)
http://www.mag2.com/m/0000048497.html
(以上)

■2.「まぐまぐの有料版を解約していないのに月初から届かなくな
った。」との問い合わせが、当方にも多いのですが、ほとんどの原
因は、クレジットカードの「有効期限切れ」です。

なお、登録情報の変更は、まぐまぐの『マイページ ログイン』の
画面を開き、登録していた旧アドレスとパスワードでログインして
出てきたマイページで、メールアドレス、パスワード、クレジット
カードを新しいものに変更できる仕組みです。クレジットカードの
変更、送信メールアドレスの変更、パスワードの変更などに使って
ください

(マイページ・ログイン↓)
https://mypage.mag2.com/Welcome.do   
  または↓
https://mypage.mag2.com/mypage/creditcard/CreditCardMenu.do

新しいカードと有効期限を登録すると、その月の届かなかった分を
含んで、再送されます。

なお、有料版と無料版メルマガの、購読方法の電話での問い合わせ
は、以下です。075-253-1244 (まぐまぐ:平日午前10時~午後5
時まで)

【お知らせ】
『フーミー:Foomi』からなら、まぐまぐのようにクレジットカー
ドではなくても、振り込み(自動)で、有料版の購読ができます
(↓) クレジットカード登録がイヤな方は、ご利用ください。
http://foomii.com/00023


ついでに読みたい

ビジネス知識源:経営の成功原理と実践原則

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/03/05 部数:  24,795部

他のメルマガを読む