子どもの本だより

子どもの本だより 93号

カテゴリー: 2011年01月29日
◆++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 子どもの本だより

                 2010/01/29      no.93
                      <発行部数 671>
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++◆

 昔話や説話は、語りこそ命で、それだけで完結できるほどの力を
持っていますから、絵本として仕立て直すにはかなりの手腕が必要
です。この一冊を、その大きな成功例として加えたい、と僭越なが
ら感じました。赤羽さんの『だいくとおにろく』も好きですが、こ
の絵本では、全く様相の異なる「鬼」を、また大そう魅力的に見せ
てくれています。

 節分も間近。
 ごあいさつが遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いい
たします。
                        (吉田真澄)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『鬼のうで』
                      赤羽末吉 文と絵
                           偕成社
                      定価1680円(税込)


 物語は「今昔物語集」の中の一遍で、斬られた腕を取り返しにく
る鬼の話として私も記憶していたものでしたが、「そうれ それそ
れ そのむかし」と始まるこの一冊で読めば、その迫力は倍増。軽
妙な語りと日本画風に描かれた端整な絵は、私が懐いていたイメー
ジをはるかに上回って自在に躍動的です。1976年に一度出版された
ものの、長い間品切れとなっていましたので、復刊された昨年、私
も初めて手にしました。以来、魅了され続けています。

 刀を振りかざした侍の頭を鷲掴みにした「鬼のうで」。白い画面
を飛び交う色の塊は、勾玉にも似ています。すっきりと清潔で、な
のに、大胆な禍々しさも漂う表紙――をめくると漆黒の闇。その闇
のなかに、斬りとられた腕だけが白く浮かび上がっています。不気
味ながら、その迷いの無い黒一色の画面には目を奪われてしまいま
す。

 たった一人で鬼の棲家「羅生門」にのりこんだ力自慢の「渡辺綱
(わたなべのつな)」。


   羅生門の やねが
   つうんと みえると、
   なまぬるい風が
   ふわーんと ふいてきおった。

   羅生門の
   あかいらんかんが
   みえはじめると、
   ぽつーんと 雨がふって
   ぷつんと きえた


 余白の上隅に小さく描かれていた武人は、だんだん大きくなりな
がら近づいてきて、ついには立派な鎌髭をたくわえた面構えとその
雄姿がくっきりと現れます。帯状に挟まれる色は、青竹色や、もう
少し鮮やかな萌黄色。それはまさに嵐の前の静けさ――日本的で穏
やかな配色が、かえってこれから待ち受ける危機を暗示させます。
しかし、その予想を頗(すこぶ)る超えて鬼の登場シーンは刺激的で
す。その大きな手で、一気に押し潰される「渡辺綱(わたなべのつ
な)」。しかし、からくも逃れます。


   鬼めのうでを、
   綱は がつーんと
   ちからの かぎり
   きっぱらってござる。


 語りは名調子、挟まれる擬音語は臨場感たっぷりでおもしろくも
あります。奇を衒ったふうな演出は見られないのに、場面ごとにく
るりと構図を変化させ、ページをめくるたびに新鮮な感興を与える
絵。色はあくまでも和のテイストですが、その落ち着いた発色が白
い画面と墨色の輪郭に良く生えています。太い線で勇ましく描かれ
る鬼は、しかし、獲られた腕をどうして取り返そうかと首をかしげ
て思案する姿には愛嬌もあって、親しみも湧くというものです。

 12世紀に我が国で生まれた物語。その原典が持つ不可思議さを踏
襲しつつ、しかし更にスぺクタルで新しい芸術へと昇華させた一冊
だといえます。三十数年前に出版され、やがて消えてしまっていた
という事実が信じられない思いです。古いものが持つ安定感と落ち
着き、新しいものが放つ冴えた驚き、両者を品良くかねそなえた得
難い絵本なのですから。

-------------------------------------------------------------
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 ★★          お知らせ           ★★ 
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・    

 ― 吉田真澄さんの講演録「楽しみの質をみきわめた読書」―
 講演録冊子の入手は絵本の店「星の子」さんへ。
    http://homepage2.nifty.com/hoshinoko/

 ▼冊子の御案内ページはこちら
 1冊300円。送料実費でお送りします。
 http://www.litrans.net/maplestreet/kodomo/info/order.htm


 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。<゜)))彡

(編集後記)
 昨年復刊していた事を私も吉田さんからの原稿を読んで初めて知
りました。毎年節分の季節に子どもたちに読んでいた絵本、紹介し
ても入手しづらく残念に思っていました。
 みなさまもぜひ。本当に美しい日本の絵本です。
                         (さかな)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆マガジンID:0000048296
◆このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
 を利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
◆本誌の登録・解除はメルマガ説明webサイトにて
  http://www.litrans.net/maplestreet/kodomo/info/index.htm
 編集部問い合わせメール
  fish@yamaneko.org
◆編集・発行:林 さかな
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
■無断転載を禁じます■

子どもの本だより

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2019/01/30 部数:  882部

ついでに読みたい

子どもの本だより

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2019/01/30 部数:  882部

他のメルマガを読む