ネットワークのおべんきょしませんか?

ネットワークのおべんきょしませんか? Vol.1385

カテゴリー: 2016年09月02日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本語で勉強できる!CCIE Routing & Switching 実践ワークブック
      http://www.n-study.com/library-new/ccie-rs-workbook/

CCIEに合格するために、何をやったらいいかわからない困っている方は、

     「このワークブックを隅から隅までやってください」

とオススメします。繰り返しラボを実践すると、CCIE合格レベルの実力が身に
つくでしょう。

ワークブック ラボ02 Troubleshootingの一部の動画解説です。
https://www.youtube.com/watch?v=KrtbctKgzUI
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐
|                                                                     |
| ネットワークのおべんきょしませんか?                                |
| http://www.n-study.com/                                             |
└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘
2016/9/2 Vol.1385 発行部数 約30000

Back Number: http://archive.mag2.com/0000046467/index.html
有料版PREMIUM: http://www.n-study.com/premium/index.htm

※メルマガ解除は自己責任で行ってください。発行者ではいっさい対応しませ
ん。メルマガの最後に各発行スタンドへのリンクを記載しています

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐

~INDEX~

        ◆はじめに
        ◆CCIE R&S Configuration Part1 5.1 IP SLA (v4向け)
	◆Youtube Gene Channel 技術解説動画
    ◆終わりに

└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  MPLS-VPNトラブルシュートシナリオ Vol.1
  http://n-study.main.jp/n-study-wp/library-new/mpls-vpn-lab/
  MPLS-VPN演習シナリオ Vol.1
  http://n-study.main.jp/n-study-wp/library-new/mpls-vpn-troubleshooting/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※CCIEv5では、MPLS-VPNはとても重要です。MPLS-VPNの仕組みを理解して、Cisco
  での設定と確認をする手順を学ぶための役に立てるコンテンツです!

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐


  「はじめに」


こんにちは、発行者のGene(じーん)です。

CCIE R&S ラボ試験 Configurationの解説を進めていきます。5.1 IP SLAです。

IP SLAはCCNAでもちらっと出てくるようになってきましたね。まぁ、CCNAでも
CCIEでもそんなに複雑な設定は必要ありません。
やっぱり、一番よく使うのは定期的なPingを実行した接続性の確認ですね、き
っと。

設定は複雑に思えますが、プローブパケットの定義とスケジュールの定義の2つ
だけなんだということがポイントです。


└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットワークインフラがかなり整ってきて、そのインフラ上でさまざまなサー
ビスやアプリケーションが提供されるようになってきています。
ネットワークのサービスやアプリケーションの最新情報をキャッチアップする
ために、日経コミュニケーションはとても役に立ちます。
いろんな企業ネットワークの構築事例も載せられていて、自分自身の技術の引
き出しを増やすのにとてもよい雑誌です。

日経コミュニケーションのご購読申し込みは下記URLから↓
http://www.n-study.com/books/2005/06/post.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐


  「CCIE R&S Configuration Part1 5.1 IP SLA (v4向け)」 
    http://www.n-study.com/ccie-rs-configuration-part1-5-1-ip-sla/

   ※ ネットワーク構成
    http://www.n-study.com/ccie-rs-configuration-part1-diagram/


~5.1.IP SLA~

・SW2でIP SLAを有効化します。
・SW2からSW1に対してMPLS-VPN経由でTCPポート23に対する応答時間を計測します。
  SW2からR3に対してPPPリンク経由でICMPトラフィックに対する応答時間を計測します。
・トラフィックの計測はすぐに開始し、毎日繰り返すものとします。
・すべてLoopback0インタフェースを利用します。


【設定】

SW1
---------------------------------------------------------------------------------
ip sla monitor responder
---------------------------------------------------------------------------------
 

SW2
---------------------------------------------------------------------------------
ip sla monitor 1
 type tcpConnect dest-ipaddr 192.168.6.6 dest-port 23 source-ipaddr 192.168.7.7

ip sla monitor schedule 1 start-time now recurring

ip sla monitor 2
 type echo protocol ipIcmpEcho 192.168.3.3 source-ipaddr 192.168.7.7

ip sla monitor schedule 2 start-time now recurring
---------------------------------------------------------------------------------
 

 
【確認のポイント】

・show ip sla monitor configuration
  IP SLAの設定を確認します。
・show ip sla monitor statistics
  IP SLAのモニタリングが正常に行われていることを確認します。
 

【解説】

IP SLAによって、接続性の確認や応答時間の計測など、アプリケーションやサ
ービスが正常に機能するかを確認することができます。

SW2からSW1へのTCP23ポートへの応答時間を計測するためのIP SLAの設定は下
記の部分です。

SW1

---------------------------------------------------------------------------------
ip sla monitor responder
---------------------------------------------------------------------------------
 

SW2
---------------------------------------------------------------------------------
ip sla monitor 1
type tcpConnect dest-ipaddr 192.168.6.6 dest-port 23 source-ipaddr 192.168.7.7

ip sla monitor schedule 1 start-time now recurring
---------------------------------------------------------------------------------
 

TCPでのIP SLAのパケットに応答するためには、送信先デバイスでip sla monitor responder
が必要です。そして、SW2からR3へのICMPの応答時間を計測するためのIP SLAの設定は次の部分です。


SW2
---------------------------------------------------------------------------------
ip sla monitor 2
 type echo protocol ipIcmpEcho 192.168.3.3 source-ipaddr 192.168.7.7

ip sla monitor schedule 2 start-time now recurring
---------------------------------------------------------------------------------
 

R3 Loopback0をOSPFエリア1に含めているので、SW2からR3 Loopback0への通信はPPPリン
ク経由となっています。

SW2でのIP SLA確認コマンドの出力は次のようになります。


SW2
---------------------------------------------------------------------------------
SW2#show ip sla monitor configuration
SA Agent, Infrastructure Engine-II
Entry number: 1
Owner:
Tag:
Type of operation to perform: tcpConnect
Target address: 192.168.6.6
Source address: 192.168.7.7
Target port: 23
Source port: 0
Operation timeout (milliseconds): 60000
Type Of Service parameters: 0x0
Control Packets: enabled
Operation frequency (seconds): 60
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled : FALSE
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never
Recurring (Starting Everyday): TRUE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (milliseconds): 5000
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 1
Statistic distribution interval (milliseconds): 20
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None
Enhanced History:
 
Entry number: 2
Owner:
Tag:
Type of operation to perform: echo
Target address: 192.168.3.3
Source address: 192.168.7.7
Request size (ARR data portion): 28
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Verify data: No
Operation frequency (seconds): 60
Next Scheduled Start Time: Start Time already passed
Group Scheduled : FALSE
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never
Recurring (Starting Everyday): TRUE
Status of entry (SNMP RowStatus): Active
Threshold (milliseconds): 5000
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 1
Statistic distribution interval (milliseconds): 20
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None
Enhanced History:
 
 
SW2#show ip sla monitor statistics
Round trip time (RTT)   Index 1
Latest RTT: 432 ms
Latest operation start time: 00:16:52.444 UTC Fri Mar 1 2002
Latest operation return code: OK
Number of successes: 15
Number of failures: 2
Operation time to live: 2635 sec
 
Round trip time (RTT)   Index 2
Latest RTT: 316 ms
Latest operation start time: 00:16:52.268 UTC Fri Mar 1 2002
Latest operation return code: OK
Number of successes: 15
Number of failures: 2
Operation time to live: 2635 sec
 
---------------------------------------------------------------------------------
 

http://www.n-study.com/wp-content/uploads/2016/09/CCIE_CFG_Part1_23.png
図 IP SLAの設定

└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
15年前、Geneはネットワーク技術のことをまったく知らない状態でした。2000
年5月の創刊号からずっと日経NETWORKを購読して、最初の一年は日経NETWORK
を繰り返し読んで、それをベースにWebサイトなどを調べて勉強していきました。

          「ネットワーク技術の勉強したい!!!」

という方には、日経NETWORKを購読して「繰り返し読む」ということをオスス
メします。

日経NETWORKの詳細とご購読は下記URLから。
http://www.n-study.com/books/2005/06/network.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐

  「Youtube Gene Channel 技術解説動画」


これまで有料版のPREMIUMで月に1回動画解説を配信しています。もうかれこれ
5年以上続けているので、60個ぐらいあります。
PREMIUM用の動画解説に加えて、ちょこちょこ動画解説を作っていくことにし
ました。主にCiscoルータでの設定と検証の様子を解説しています。


--------------------------------------------------------------
IPSec DMVPN(NHRP Phase1) 
https://www.youtube.com/watch?v=kopwQcYe13Y

Ciscoルータを使ったIPSecのDMVPNの設定と検証の様子です。NHRP Phase1でハ
ブ&スポーク構成の部分を公開しています。NHRP Phase2およびNHRP Phase3の
設定については、「ネットワークのおべんきょしませんか? PREMIUM」の2015
年8月分の動画解説コンテンツです。
--------------------------------------------------------------
不連続サブネットにおけるEIGRPの設定
https://www.youtube.com/watch?v=KDwK3EGmExU

不連続サブネットでのEIGRPの設定についての注意点です。自動集約が有効に
なって-いると、ルーティングテーブルに正しくルートが登録されなくなって
しまいます。
CCNAでよく問題が出てきますね。自動集約が有効なときと無効なときのルート
のアド-バタイズ、そして、ルーティングテーブル上のルートがどのようにな
っているかを見てく-ださい。
--------------------------------------------------------------
MPLS VPNのトラブル その1 
https://www.youtube.com/watch?v=-ygnvEIyPHw

MPLS-VPNのトラブルシュートの例です。

動画で解説している内容は、以下のWebページに載せています。
http://www.n-study.com/network/2010/0...
--------------------------------------------------------------
MPLS-VPNのさまざまな接続性 フルメッシュ(Any-to-Any) 
https://www.youtube.com/watch?v=BAldXCPQnHM

CiscoルータでのMPLS-VPNの設定例です。最も基本的な拠点間のフルメッシュ
の接続性についてです。
ここで解説している内容は、以下のWebページにまとめています。

MPLS-VPNのさまざまな接続性 フルメッシュ(Any-to-Any)
http://www.n-study.com/network/2014/08/mplsvpn_anytoany.html

※有料メールマガジン「ネットワークのおべんきょしませんか? PREMIUM
(http://www.mag2.com/m/P0000264.html)」の2014年8月のバックナンバーを購
入していただくと、フルメッシュだけではなくエクストラネット、セントラル
サービス、ハブ&スポーク構成のすべての動画解説をダウンロードしていただ
けます。
--------------------------------------------------------------
日本語で勉強できる!CCIE R&S ワークブック ラボ#02 Troubleshoot サンプル TT01
https://www.youtube.com/watch?v=KrtbctKgzUI

日本語で勉強できる!CCIE R&S ワークブック ラボ#02 Troubleshoot サンプ
ルです。TroubleTicket01についての動画解説です。TroubleTicket01は、基本
的なPPPリンクの設定ミスです。レイヤ2レベルの切り分けができないと、その
あと、まるごとできなくなってしまうので、レイヤ2レベルのトラブルシュー
トは、とても重要です。

以下のWebページに動画で解説している内容を掲載しています。
http://www.n-study.com/network/2015/04/ccie_rs_02_troubleshoot.html

日本語で勉強できる!CCIE R&S ワークブック
http://www.n-study.com/library/2015/04/ccie_rs.html
--------------------------------------------------------------
Anycast RP with MSDP
https://www.youtube.com/watch?v=KVsy6oz-UWI
マルチキャストルーティングのRPの冗長化と負荷分散を行うAnycast RP with MSDP
の設定についてです。
解説しているStepは、以下のURLに載せています。

http://www.n-study.com/network/2009/02/anycast_rp_3.html
http://www.n-study.com/network/2009/02/anycast_rp_4.html
--------------------------------------------------------------
PIM SM Basic Configuration Static RP
https://www.youtube.com/watch?v=LnvjbAsX44o
PIM-SMの基本設定でのスタティックRPの設定の様子をステップバイステップで
解説しています。

この動画は以下のURLのWebページの内容についての解説です。
PIM-SMの設定演習 [スタティックRP]
http://www.n-study.com/network/2015/02/pimsm_rp.html

RPの設定だけではなく、同一セグメントに複数のPIMルータがいる場合はDRに
よってマルチキャストパケットの転送経路が決まることも重要なポイントです。
スタティックRP以外の設定の様子は、有料版メールマガジン「ネットワークの
おべんきょしませんか? PREMIUM」の2015年3月の動画解説コンテンツです。
--------------------------------------------------------------
BGPの基本的な設定 トラブルシュート
https://www.youtube.com/watch?v=8yDXXD7yotw
BGPの設定ミスを切り分けるトラブルシュートの簡単な解説です。
設定ミスのないBGPのネットワーク構成は、以下のURLで解説しています。

BGPの基本的な設定
http://www.n-study.com/network/2015/01/bgp_9.html

この動画は、以下のURLに基づいた解説です。
BGPの基本的な設定 トラブルシュート
http://www.n-study.com/network/2015/02/bgp_10.html

CCIEv5では、トラブルシュートセクションについてかなり敷居が高く感じる方
が多いようです。決して技術的には難しくありませんが、トポロジを構成する
台数が多いため難しい印象があるようです。CCIEを受験される方は、このぐら
いの切り分けと修復がさくさくできるレベルを目指しましょう。
--------------------------------------------------------------
VRFとtunnelインタフェース(GRE over IPSec) 
https://www.youtube.com/watch?v=LmijJlJ3qsg

VRF LiteでGRE over IPSecを構成する場合の設定例について、設定と確認の様
子をステップバイステップで解説しています。
CCIEv5 Routing & Switchingラボ試験でとても重要です。

この動画での解説の内容は、以下のWebページにあります。
http://www.n-study.com/network/2014/12/vrftunnelgre_over_ipsec.html
--------------------------------------------------------------


└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐


  「終わりに」

夏休み明けのF1ベルギーGPは、フェルスタッペンの無茶なドライビングのせい
でベッテルもライコネンも後方に沈んでしまいました・・・
フェルスタッペン自身は、自分は悪くないの一点張りです。スタート直後は、
まぁ、レーシングアクシデントと言えなくもなかったです。でも、中盤のライ
コネンのブロックは、ダメでしょう。無線で「仕返ししてやった」とか言って
たのに、ペナルティが出ないのが不思議。

連続開催でフェラーリの地元のイタリアGPです。パワーサーキットなので、や
っぱり、メルセデス優位ですね。地元での優勝を観てみたいですが、あんまり
期待せずに観戦します。


└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

                    ★ご購読ありがとうございました★
┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐
|                                                                     |
|WRITTEN BY:Engineer Support info@n-study.com                        |
|WEB PAGE :http://www.n-study.com/                                   |
|                                                                     |
| Copyright(C) 2015 Engineer Support All Rights Reserved             |
|                                                                     |
|このメールマガジンは以下のシステムを利用して発行しています。解除、メ |
|ールアドレス変更は以下のリンクからご自分で行ってください。代行は行い |
|ません。                                                             |
|なお、このメールマガジンの内容について、いかなる損害が生じても補償を |
|することはできません。記載されている情報は、読者の方々の各自のご判断 |
|でご利用ください。                                                   |
|                                                                     |
|◆インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/          |
| http://www.mag2.com/m/0000046467.htm                                |
|◆総合メールマガジンポータルサイト melma! http://www.melma.com       |
| http://www.melma.com/mag/01/m00017301/                              |
|                                                                     |
└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

ネットワークのおべんきょしませんか?

発行周期: 週3回程度 最新号:  2019/03/15 部数:  10,621部

ついでに読みたい

ネットワークのおべんきょしませんか?

発行周期:  週3回程度 最新号:  2019/03/15 部数:  10,621部

他のメルマガを読む