ネットワークのおべんきょしませんか?

ネットワークのおべんきょしませんか?号外【先着5社無料】中小企業のためのサーバー仮想化実践セミナー

カテゴリー: 2013年01月31日
┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐
|                                                                     |
|                 ネットワークのおべんきょしませんか?                |
|                       http://www.n-study.com/                       |
└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘
2013/01/31 Vol.---  発行部数 30000ぐらい

Back Number:      http://blog.mag2.com/m/log/0000046467
有料版PREMIUM:    http://www.n-study.com/premium/index.htm
広告掲載について: http://www.n-study.com/2005/08/post_4.html
WEBサイト広告掲載:http://www.n-study.com/2005/09/web.html
コンテンツ提供:   http://www.n-study.com/2005/09/post.html

※メルマガ解除は自己責任で行ってください。発行者ではいっさい対応しませ
  ん。メルマガの最後に各発行スタンドへのリンクを記載しています

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐


こんにちは、「ネットワークのおべんきょしませんか?」のgeneです。

本日は、社内サーバー運用にお悩みの方にお勧めのセミナーのご案内です。
セミナーは先着5社まで無料とのことですので、興味のある方は以下詳細を
お読み頂いてお早目にお申込くださいね。


========================================================================

-----------------------------------------------------------
【先着5社無料】中小企業のためのサーバー仮想化実践セミナー

ハードウェアの保証期間を気にせずに、
コストとリスクを抑えて
仮想化を実現するノウハウを手に入れたくありませんか?

-----------------------------------------------------------

■社内のサーバーを運用していて下記のような悩みを感じていませんか?

・社内に専任のサーバー管理がおらず、片手間にサーバー管理を任されている
・5年以上ほぼ放置して稼働させてる自社サーバーにいつ不具合が出るか不安
・案件ごとに開発環境がまちまちで、その都度テスト環境を用意するのが面倒
・仮想化に興味はあるが、小規模なサーバーでもメリットがあるのか知りたい
・仮想化の必要性を感じているが、社内稟議を上手く通せなくて困っている

http://goo.gl/HHg42



日々のサーバー運用の現場において、

「専任の担当者を雇う余裕が無く、片手間にサーバー管理をせざるを得ない」
「ハードウェアの保証期限が迫っているが大幅な改修は難しい」

などの問題を抱えることも多いと思います。

そんな中、限られた予算と人材で、
旧来のサーバーを運用する手段にご興味ありますか?


申し遅れましたが、私、
株式会社びりかん サーバー事業部部長の上岡と申します。

私自身、サーバー管理に関わって13年以上になりますが、
お客様から上記のようなご相談を受けることが多いです。


予算や納期のリソースが十分にある環境ならば、
専任のサーバー管理者を雇い入れたり、
サーバーシステムを完全に刷新するなども検討できますが、
実際はなかなかそうもいきませんね。

限られた予算やリソースの中で古いシステムを移転したり、
古い環境をなるべくそのままの形で運用する手法として、
「サーバーの仮想化」というものがあります。


言葉自体はよく聞くサーバーの仮想化ですが、
実際に社内で運用するには十分な情報がないのが実情かと思います。

そんな中小企業の社内サーバー担当者の方のために今回、
サーバーセミナーを実施できればと思います。

【先着5社無料】詳細は下記よりご確認ください。

http://goo.gl/HHg42



■弊社が関わってきた事例

◎事例1:仮想化によって古い自社サーバーの延命を図った事例

昔開発されたアプリケーションを搭載したサーバーを
新規サーバーに移行する時期に弊社に相談をいただきました。

以前開発をしてもらった会社に新サーバーへの移行について
見積もりをしてもらったところ、

「ハードウェア交換、OSとアプリケーションのアップグレードのため、
 500万円かかります」という返答があったということ。

しかし予算は50万円しかない。。。
そんな状況をどうやって解決したのか?

少ない予算の中でどうやって上記を解決したか?
その具体例をセミナー内でお伝えできればと思います。


◎事例2:開発条件・制約に対応する事例

ある開発会社様から

「古いバージョンのPHPが必要だが、
 対応できるサーバーをレンタルさせてくれる先がない。

 自社サーバーのPHPをダウングレードすると、
 他の案件に影響が出るため難しい。
 何とか新旧PHPを共存させる方法はないものか。」

という相談を受けた例です。

開発会社にとって複数のテストサーバー環境は不可欠。

しかし、すでに動いている案件もあるため、
サーバー環境を大幅に変えるのは難しい。。。

既存サーバーへの影響を押さえつつ、どうやって解決させたか?
その具体例をセミナーという形でお伝えします。


弊社ですでに上記のような実例があります。
それらを交えながら、サーバー仮想化についてご紹介できればと思っています。


ご興味ある方は下記より詳細をご確認のうえ、お申込ください。

http://goo.gl/HHg42



現在、先着5社様に限り、参加費無料でのご招待をさせて頂いています。
この機会にぜひ、ご検討ください。

http://goo.gl/HHg42

└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

                   ★ご購読ありがとうございました★
┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐
|                                                                     |
|WRITTEN BY:Engineer Support info@n-study.com                        |
|WEB PAGE  :http://www.n-study.com/                                  |
|                                                                     |
|     Copyright(C) 2011 Engineer Support All Rights Reserved          |
|                                                                     |
|このメールマガジンは以下のシステムを利用して発行しています。解除、メ |
|ールアドレス変更は以下のリンクからご自分で行ってください。代行は行い |
|ません。                                                             |
|なお、このメールマガジンの内容について、いかなる損害が生じても補償を |
|することはできません。記載されている情報は、読者の方々の各自のご判断 |
|でご利用ください。                                                   |
|                                                                     |
|◆めろんぱん  http://www.melonpan.net/                               |
|  http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php3?mag_id=000105      |
|◆インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/          |
|  http://www.mag2.com/m/0000046467.htm                               |
|◆総合メールマガジンポータルサイト melma! http://www.melma.com       |
|  http://www.melma.com/mag/01/m00017301/                             |
|◆無料メールマガジン発行サービスのメルマガ天国 http://melten.com/    |
|  http://melten.com/m/2209.html                                      |
|◆カプライト                                                         |
|  http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/1676.html                          |
|◆E-Magazine                                                         |
|  http://www.emaga.com/info/gene.html                                |
|                                                                     |
└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘ 

ついでに読みたい

ネットワークのおべんきょしませんか?

発行周期:  週3回程度 最新号:  2019/03/15 部数:  10,621部

他のメルマガを読む