ネットワークのおべんきょしませんか?

ネットワークのおべんきょしませんか?Vol.1182 IPv6での再配送の注意 その2

カテゴリー: 2012年10月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【サーバー運用保守サービス】 東京・神奈川・千葉・埼玉対応可能。

サーバー運用や構築・監視など、サーバー・ネットワーク関連全般を経験豊富
な上級エンジニアが支援・代行します。緊急対応も可能。他社からの移行、前
任者からの引継ぎ、システム開発者との連携なども柔軟に対応可能です。

無料相談受付中。先着3社まで初期診断無料⇒ http://tinyurl.com/chh3kks

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サーバー・ネットワーク運用は、今や会社にとって肝!いざという時のために
日頃から信頼出来るサーバー保守会社をお勧めします。(Gene)


┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐
|                                                                     |
| ネットワークのおべんきょしませんか?                                |
| http://www.n-study.com/                                             |
└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘
2012/10/26 Vol.1182 発行部数 約30000

Back Number: http://archive.mag2.com/0000046467/index.html
有料版PREMIUM: http://www.n-study.com/premium/index.htm
広告掲載について: http://www.n-study.com/2006/12/post_1.html
WEBサイト広告掲載:http://www.n-study.com/2006/12/web.html
コンテンツ提供: http://www.n-study.com/2006/12/post_2.html

※メルマガ解除は自己責任で行ってください。発行者ではいっさい対応しませ
ん。メルマガの最後に各発行スタンドへのリンクを記載しています

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐

~INDEX~

        ◆はじめに
        ◆IPv6での再配送の注意 その2
	◆Geneが講師を担当するセミナー情報
    ◆終わりに

└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐


  「はじめに」

こんにちは、発行者の Gene(じーん)です。

IPv6での再配送の注意の続きです。実際にIPv6での再配送の設定を行なって、
Ipv4のときとどう違っているかを見ていきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CCNP ROUTE セフルスタディキット
Geneが「CCNP ROUTEテキスト」の内容をすべて解説した講義形式のEラーニング
http://www.it-square.co.jp/shopdetail/008000000013/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットワークインフラがかなり整ってきて、そのインフラ上でさまざまなサー
ビスやアプリケーションが提供されるようになってきています。
ネットワークのサービスやアプリケーションの最新情報をキャッチアップする
ために、日経コミュニケーションはとても役に立ちます。
いろんな企業ネットワークの構築事例も載せられていて、自分自身の技術の引
き出しを増やすのにとてもよい雑誌です。

日経コミュニケーションのご購読申し込みは下記URLから↓
http://www.n-study.com/books/2005/06/post.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐


  「IPv6での再配送の注意 その2」


~IPv6の再配送の設定~
【Step1:OSPFv3の設定】
R1、R2でOSPFv3を有効化します。OSPFルータIDはX.X.X.X(X=ルータ番号)とし
て、エリアはすべて0とします。

R1
--------------------------------------------------
interface Ethernet0/0
 ipv6 ospf 1 area 0
!
interface Ethernet0/1
 ipv6 ospf 1 area 0
!
ipv6 router ospf 1
 router-id 1.1.1.1
 log-adjacency-changes
--------------------------------------------------

R2
--------------------------------------------------
interface Ethernet0/0
 ipv6 ospf 1 area 0
!
ipv6 router ospf 1
 router-id 2.2.2.2
 log-adjacency-changes
--------------------------------------------------

【Step2:RIPngの設定】
R2、R3でRIPngを有効化します。

R2
--------------------------------------------------
interface Ethernet0/1
 ipv6 rip RIPng enable
!
ipv6 router rip RIPng
--------------------------------------------------

R3
--------------------------------------------------
interface Ethernet0/0
 ipv6 rip RIPng enable
!
interface Ethernet0/1
 ipv6 rip RIPng enable
!
ipv6 router rip RIPng
--------------------------------------------------

【Step3:ルーティングテーブルの確認】
この時点で境界のR2でのルーティングテーブルは以下のようになります。

R2
--------------------------------------------------
R2#show ipv6 route
IPv6 Routing Table - 8 entries
Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, R - RIP, B - BGP
       U - Per-user Static route
       I1 - ISIS L1, I2 - ISIS L2, IA - ISIS interarea, IS - ISIS summary
       O - OSPF intra, OI - OSPF inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2
       ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2
O   2001:192:168:1::/64 [110/20]
     via FE80::CE00:29FF:FE34:1, Ethernet0/0
R   2001:192:168:3::/64 [120/2]
     via FE80::CE02:29FF:FE34:0, Ethernet0/1
C   2001:192:168:12::/64 [0/0]
     via ::, Ethernet0/0
L   2001:192:168:12::2/128 [0/0]
     via ::, Ethernet0/0
C   2001:192:168:23::/64 [0/0]
     via ::, Ethernet0/1
L   2001:192:168:23::2/128 [0/0]
     via ::, Ethernet0/1
L   FE80::/10 [0/0]
     via ::, Null0
L   FF00::/8 [0/0]
     via ::, Null0
--------------------------------------------------

R2だけがネットワーク構成での必要なルート情報をRIPng、OSPFv3で学習でき
ています。しかし、R1はRIPngドメインの2001:192:168:23::/64、2001:192:168:3::/64
のルート情報を学習できません。また、R3はOSPFv3ドメインの2001:192:168:12::/64、
2001:192:168:1::/64のルート情報を学習できません。


【Step4:OSPFv3、RIPngの双方向再配送の設定】
R1、R3で必要なルート情報をルーティングテーブルに学習できるように、R2で
OSPFv3とRIPngの双方向の再配送を設定します。
RIPngへの再配送では、RIPv2と同様にシードメトリックの指定が必要です。OSPFv3
の再配送にはsubnetsは不要です。IPv6アドレスはサブネッティングすること
は基本的にありません。

R2
--------------------------------------------------
ipv6 router ospf 1
 redistribute rip RIPng
!
ipv6 router rip RIPng
 redistribute ospf 1 metric 3
--------------------------------------------------


【Step5:再配送の確認】
R2でのOSPFv3とRIPngの双方向再配送を確認します。RIPngからOSPFv3への再配
送が正常に行われていることをshow ipv6 ospf databaseコマンドで確認します。

R2
--------------------------------------------------
R2#show ipv6 ospf database 

            OSPFv3 Router with ID (2.2.2.2) (Process ID 1)

                Router Link States (Area 0)

ADV Router      Age         Seq#        Fragment ID  Link count  Bits
1.1.1.1         956         0x80000007  0            1           None
2.2.2.2         94          0x80000004  0            1           E

                Net Link States (Area 0)

ADV Router      Age         Seq#        Link ID    Rtr count
1.1.1.1         956         0x80000002  4          2

                Link (Type-8) Link States (Area 0)

ADV Router      Age         Seq#        Link ID    Interface
1.1.1.1         1263        0x80000001  4          Et0/0
2.2.2.2         995         0x80000001  3          Et0/0

                Intra Area Prefix Link States (Area 0)

ADV Router      Age         Seq#        Link ID    Ref-lstype  Ref-LSID
1.1.1.1         1191        0x80000003  0          0x2001      0
1.1.1.1         1192        0x80000001  4096       0x2002      4

                Type-5 AS External Link States

ADV Router      Age         Seq#        Prefix
2.2.2.2         94          0x80000001  2001:192:168:3::/64
--------------------------------------------------

LSAタイプ5でRIPngドメインの2001:192:168:3::/64のプレフィクスが生成され
ていることがわかります。しかし、2001:192:168:23::/64のプレフィクスはOSPFv3
へ再配送されていません。

そして、OSPFv3からRIPngへの再配送が正常に行われていることをR3の
show ipv6 rip databaseコマンドで確認します。

R3
--------------------------------------------------
R3#show ipv6 rip database 
RIP process "RIPng", local RIB
 2001:192:168:1::/64, metric 4, installed
     Ethernet0/0/FE80::CE01:29FF:FE34:1, expires in 156 secs
 2001:192:168:23::/64, metric 2
     Ethernet0/0/FE80::CE01:29FF:FE34:1, expires in 156 secs
--------------------------------------------------

R3のRIPngデータベースにはR1から受信したOSPFv3ドメイン内の2001:192:168:1::/64
が存在することがわかります。しかし、2001:192:168:12::/64はありません。

このようにIPv6での再配送のときには、境界ルータのConnectedのプレフィク
スは再配送されていません。

http://www.n-study.com/network/image/ipv6_redistribute03.html
図 IPv6での再配送の動作


【Step6:通信確認】
R2でOSPFv3とRIPngの双方向再配送を行うことで、OSPFv3ドメインとRIPngドメ
イン間の通信ができます。ただし、すべてのプレフィクス間での通信ができる
わけではありません。R1でPingによって確認すると、次のようになります。

R1
--------------------------------------------------
R1#ping 2001:192:168:3::3 source 2001:192:168:1::1

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 2001:192:168:3::3, timeout is 2 seconds:
Packet sent with a source address of 2001:192:168:1::1
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 8/10/20 ms
R1#ping 2001:192:168:3::3                         

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 2001:192:168:3::3, timeout is 2 seconds:
.....
Success rate is 0 percent (0/5)
--------------------------------------------------

R1で送信元IPv6アドレスを2001:192:168:1::1とした場合は、2001:192:168:3::3
あてのPingが成功しています。しかし、送信元IPv6アドレスを指定しなかった
ら、Pingは失敗しています。送信元IPv6アドレスを指定しない場合は、R1の
Ethernet0/1の2001:192:168:12::1が送信元IPv6アドレスになっています。


【Step7:include-connectedの指定】
IPv6で再配送を行うとき、境界ルータのConnectedのプレフィクスも再配送さ
せるためにはinclude-connectedの指定が必要です。R2でOSPFv3とRIPngの再配
送でinclude-connectedを指定します。


R2
--------------------------------------------------
ipv6 router ospf 1
 redistribute rip RIPng include-connected
!
ipv6 router rip RIPng
 redistribute ospf 1 metric 3 include-connected
--------------------------------------------------


【Step8:再配送の確認】
include-connectedのオプションを指定した後、Step5と同じように再配送の確
認を行います。

R2
--------------------------------------------------
R2#show ipv6 ospf database 

            OSPFv3 Router with ID (2.2.2.2) (Process ID 1)

~省略~

                Type-5 AS External Link States

ADV Router      Age         Seq#        Prefix
2.2.2.2         1064        0x80000001  2001:192:168:3::/64
2.2.2.2         139         0x80000001  2001:192:168:23::/64
--------------------------------------------------

R2のRIPngドメイン内のConnectedのプレフィクス2001:192:168:23::/64がOSPFv3
へ再配送されています。

R3
--------------------------------------------------
R3#show ipv6 rip database 
RIP process "RIPng", local RIB
 2001:192:168:1::/64, metric 4, installed
     Ethernet0/0/FE80::CE01:29FF:FE34:1, expires in 175 secs
 2001:192:168:12::/64, metric 4, installed
     Ethernet0/0/FE80::CE01:29FF:FE34:1, expires in 175 secs
 2001:192:168:23::/64, metric 2
     Ethernet0/0/FE80::CE01:29FF:FE34:1, expires in 175 secs
--------------------------------------------------

そして、R2のOSPFv3ドメイン内のConnectedのプレフィクス2001:192:168:12::/64
がRIPngへ再配送されて、R3へアドバタイズされていることがわかります。


http://www.n-study.com/network/image/ipv6_redistribute04.html
図 include-connectedオプション指定時の再配送の動作


このようにIPv6では再配送のredistributeコマンドでinclude-connectedのオ
プションを指定しなければ、IPv4のときと同じように境界ルータのConnected
のプレフィクスが再配送されないことに注意してください。


【Step9:通信確認】
R2でOSPFv3とRIPngの双方向再配送でinclude-connectedを指定することで、
OSPFv3ドメインとRIPngドメインのすべてのプレフィクス間の通信ができます。
R1でPingによって確認すると、次のようになります。

R1
--------------------------------------------------
R1#ping 2001:192:168:3::3 source 2001:192:168:1::1

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 2001:192:168:3::3, timeout is 2 seconds:
Packet sent with a source address of 2001:192:168:1::1
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 8/12/24 ms
R1#ping 2001:192:168:3::3                         

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 2001:192:168:3::3, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 8/14/40 ms
--------------------------------------------------


└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12年前、Geneはネットワーク技術のことをまったく知らない状態でした。2000
年5月の創刊号からずっと日経NETWORKを購読して、最初の一年は日経NETWORK
を繰り返し読んで、それをベースにWebサイトなどを調べて勉強していきました。

          「ネットワーク技術の勉強したい!!!」

という方には、日経NETWORKを購読して「繰り返し読む」ということをオスス
メします。

日経NETWORKの詳細とご購読は下記URLから。
http://www.n-study.com/books/2005/06/network.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐


「Geneが講師を担当するセミナー情報」
http://www.n-study.com/page/gene.html

Geneが講師を担当するセミナー情報です。幅広い分野のネットワーク技術をわ
かりやすく解説します。ご興味があるセミナーがあれば、ぜひご参加ください。



「Geneにネットワーク技術の講師をやってもらいたい!」という研修担当の方
は↓をご覧ください。

「Geneが御社のネットワーク技術研修の講師を承ります」
http://www.n-study.com/page/gene-instructor.html
Geneが講師を担当するネットワークの基礎セミナーです。インターネットの設
定や通信の仕組みを4時間で学べます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2012/11/06(火) ・11/13(火) 
ネットワーク構成図を読み解く力を鍛えるセミナー
              「高可用性ネットワークの構築」
http://www.pasonatech.co.jp/event/index.jsp?mode=2&d=on&no=3597

ネットワークを通じて提供するサービスは、常に使えることが求められます。
そのためには、可用性が高く確保された「止めない」ネットワークを構築
しなければいけません。そしてその「止めない」ネットワークを構築する
ためには、さまざまなプロトコルを組み合わせなければいけません。
本セミナーでは、「止めない」ネットワークを構築するために
スパニングツリー、ルーティングプロトコル、VRRPの仕組みを復習します。
そして、問題演習を通じて止めないネットワークを構築するためのポイントを
学んでいただきます。

※本セミナーは、技術解説編と演習編の2回構成です。
 1回目(11/06):技術解説
 2回目(11/13):技術解説を元にネットワーク構成を考える演習と解説
 *1回のお申込みで全2回(2日間)のお申込みとなります。
 *原則両方のセミナーにご参加いただきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2012/11/20
大規模ネットワークを支える構築技術
   OSPF/EIGRPによる大規模ネットワークのルーティング技術を押さえる
http://www.pasonatech.co.jp/event/index.jsp?mode=2&d=on&no=3661

大規模ネットワークに合うプロトコルはBGP、OSPF、EIGRPが有名です。
その中でもOSPF、EIGRPはともに大規模なネットワーク向けのルーティングプ
ロトコルとしてよく利用されています。OSPF、EIGRPの仕組みを振り返りつつ、
大規模ネットワークでのOSPF、EIGRPによるルーティングの構築例を解説しま
す。また、Ciscoルータでの設定例も取り扱います。

【セミナー内容】
・OSPFの仕組み
・EIGRPの仕組み
・OSPFによる大規模ネットワークのルーティング構築例
・EIGRPによる大規模ネットワークのルーティング構築例
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2012/12/4
大規模ネットワークを支える構築技術
BGPによるインターネットのルーティング技術を押さえる
http://www.pasonatech.co.jp/event/index.jsp?mode=2&d=on&no=3666

大規模ネットワークに合うプロトコルはBGP、OSPF、EIGRPが有名です。
その中でもBGPは主にISPにおいてインターネットのバックボーンで利用される
ルーティングプロトコルです。また、ISPだけでなく、インターネット接続を
冗長化する場合にもBGPによるルーティングを行います。BGPの仕組みを振り返
りつつ、インターネットのルーティングの構築例を解説します。また、Cisco
ルータでの設定例も取り扱います。

【セミナー内容】
・BGPの仕組み
・ISPでのBGPによるルーティングの構築例
・BGPによるインターネット接続の冗長化の構築例

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


また、遠方にお住まいの方から「セミナーに参加できないのでテキストだけで
も購入したい」というお問い合わせをちょくちょくいただくようになりました。
セミナー用のテキストの販売も開始しております。

<教材セットの内容>
・セミナーテキスト
・実機デモ資料
・実機デモ動画解説
・セミナー内容のマインドマップ

ご注文についての詳細は下記リンクをご覧ください。

 ~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~

「MPLS-VPNの仕組み」セミナーの教材セット
http://www.n-study.com/library/2010/07/nemplsvpn.html

NE向けセミナー「OSPFの基礎をしっかり身に付ける!」教材セット
http://www.n-study.com/library/2009/05/_011.html

NE向けセミナー「OSPFの高度な機能をばっちり使えるようになる」教材セット
http://www.n-study.com/library/2009/06/neospf.html

ネットワークエンジニア向けセミナー「BGPの基本を学ぶ」教材セット
http://www.n-study.com/library/2009/06/bgp.html

ネットワークエンジニア向けセミナー「高度なBGPの設定」教材セット
http://www.n-study.com/library/2009/06/bgp_1.html

NE向けセミナー「IPマルチキャスト基礎」教材セット
http://www.n-study.com/library/2009/06/neip.html

ネットワークエンジニア向けセミナー「IPマルチキャスト応用」教材セット
http://www.n-study.com/library/2009/06/ip.html

NE向けセミナー「複数のルーティングプロトコルを使いこなす!」教材セット
http://www.n-study.com/library/2009/07/ne.html

NE向けセミナーIPv6ネットワーク構築のためのアドレッシング、
ルーティング、移行技術」教材セット
http://www.n-study.com/library/2009/07/neipv6.html


└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐


  「終わりに」

AmazonのKindleがいよいよ日本でも発売されるようです。
Kindle Storeをちらっと覗くと、もうけっこう本が揃っているんですね。一部
の本は紙媒体よりも大幅に割引されているのも魅力的です。

いまのところは、ソニーのReaderで満足していて、Readerを使い続けていきた
いと思っています。Reader StoreもKindleに対抗して、品揃えと価格でがんば
って欲しいです。

└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

                    ★ご購読ありがとうございました★
┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐
|                                                                     |
|WRITTEN BY:Engineer Support info@n-study.com                        |
|WEB PAGE :http://www.n-study.com/                                   |
|                                                                     |
| Copyright(C) 2012 Engineer Support All Rights Reserved             |
|                                                                     |
|このメールマガジンは以下のシステムを利用して発行しています。解除、メ |
|ールアドレス変更は以下のリンクからご自分で行ってください。代行は行い |
|ません。                                                             |
|なお、このメールマガジンの内容について、いかなる損害が生じても補償を |
|することはできません。記載されている情報は、読者の方々の各自のご判断 |
|でご利用ください。                                                   |
|                                                                     |
|◆めろんぱん http://www.melonpan.net/                                |
| http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php3?mag_id=000105       |
|◆インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/          |
| http://www.mag2.com/m/0000046467.htm                                |
|◆総合メールマガジンポータルサイト melma! http://www.melma.com       |
| http://www.melma.com/mag/01/m00017301/                              |
|                                                                     |
└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

ついでに読みたい

ネットワークのおべんきょしませんか?

発行周期:  週3回程度 最新号:  2019/03/22 部数:  10,617部

他のメルマガを読む