ネットワークのおべんきょしませんか?

ネットワークのおべんきょしませんか?Vol.881 Cisco無線LANソリューションの概要

カテゴリー: 2007年09月07日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ≪Ciscoセキュリティのエキスパートが執筆したISCW問題集≫

Geneの師匠でトリプルCCIEホルダーのSaryuさんが作成したCCNP ISCW問題集で
す。本当のエキスパートが執筆した問題集で試験合格&実践力向上してくださ
い!!
    http://www.n-study.com/library/2007/08/ciscoiscw.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お待たせしました、CCNA問題集です!!
詳細な解説と実務にも役に立つ、実践的な問題でネットワーク技術を身に付け
て、『ついでに』さくっとCCNAにも合格してください!!詳しくは↓↓↓
                   http://www.n-study.com/library/2007/03/ccnaccna.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐
|                                                                     |
|              ネットワークのおべんきょしませんか?                   |
|                       http://www.n-study.com/                       |
└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘
2007/09/07 Vol.881  発行部数 約30000

Back Number:      http://blog.mag2.com/m/log/0000046467
有料版PREMIUM:    http://www.n-study.com/premium/index.htm
広告掲載について: http://www.n-study.com/2005/08/post_4.html
WEBサイト広告掲載:http://www.n-study.com/2005/09/web.html
コンテンツ提供:   http://www.n-study.com/2005/09/post.html

※メルマガ解除は自己責任で行ってください。発行者ではいっさい対応しませ
  ん。メルマガの最後に各発行スタンドへのリンクを記載しています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日1クリック。習慣にしましょ。
http://blog.livedoor.jp/gene_survive/archives/5734503.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※1日1クリックで、ちょっとした社会貢献。ぜひ、習慣にしてください。(Gene)

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐

  〜INDEX〜

        ◆はじめに
        ◆無線LAN Cisco無線LANソリューションの概要 その2
        ◆終わりに
        ◆The Power of Words

└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松本:「CCNAってどうよ?」
稲葉:「どうだろうね。CCNA持っているAさん、こないだトラブルのときに手
        も足も出なくて、結局、誰かに助けてもらってたよ。」
松本:「あぁ、なんか丸暗記で合格したとかっていってたっけ、Aさん」
稲葉:「でも、同じ頃にCCNA取ったBさんはトラブルの時に、原因を切り分け
        て報告したから、すぐに復旧できたそうだよ」
松本:「CCNA持っているのでも、人によって大違いなんだな」
稲葉:「そうだね。Bさんみたいに仕事ができるようになりたいね」

あなたは、CCNA持っている「だけ」のAさんがいいですか?
それとも、きちんとCCNAの知識を仕事に活かせるBさんがいいですか?

Bさんがいいなと思ったあなたは、↓↓↓
     ネットワークのおべんきょしませんか? 『CCNAテキスト』

詳細は⇒  http://www.n-study.com/library/2006/06/ccna_ccna.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※これからネットワーク技術を身につけスキルアップし、その過程でCCNAを取
  得したいと考えている方に最適なテキストです。Geneと非常にわかりやすい
  技術的な解説ができる松田さんとともに執筆した自信を持ってオススメでき
  るテキストです。(Gene)

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐


  「はじめに」

こんにちは、発行者の Gene(ジーン) です。

BSCIテキストがもう書店に並んでいるはずです。昨日、本屋に寄ってみてみよ
うかなと思ったんですが、強風と雨でやめときました。また、あらためて本屋
さんに行ってみようと思ってます。

www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822283305/networkstudy-22/ref=nosim/


BSCIテキストが無事に出版されたで、次は9月末のリリースを目指してBCMSNテ
キストの執筆をがんばります。あと、IPテレフォニーの章とセキュリティの章
が残っています。来週中には、一通り原稿を書いてしまって、あとはチェック
を行う予定です。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ★PCのアイドル中に社会貢献「Folding@home」★
               http://folding.stanford.edu/japanese/
  チームを作成しました!よろしければ、一緒にご参加ください!!
  チーム番号:64236
  チーム名:N-STUDY
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      無料レポートはじめました!!

  ・究める無線LAN 〜初級編〜
  ・テクニカルエンジニア(ネットワーク)平成14年解説
  ・Ciscoルータのダイアルバックアップ
  ・レイヤ3スイッチの考え方とCisco Catalystスイッチの設定
  ・CiscoルータでのBGP集約

 を1つのPDFファイルで読んでいただけます!お申し込みはこちらから↓
                http://www.n-study.com/report.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『日経NETWORK』 http://www.n-study.com/books/2005/06/network.html
いくつかネットワーク技術雑誌がありますが、最も部数が多いのが
『日経NETWORK』でしょう。単に部数が多いだけでなく、非常にビジュアルで
わかりやすい記事構成になっています。
2000年の創刊号からずっと読んでいますが、「ネットワークのおべんきょしま
せんか?」のネタ元になっていたりします(笑)。雑誌という性格上、記事の内
容は、1年ぐらいでまた同じような記事が載せられていることがあります。で
も、最近ではQoS(Quality of Service)やネットワーク設計についての特集が
あったりして、同じような記事の繰り返しだけではないものもたくさんありま
す。
とにかく『日経NETWORK』を1年間、特集だけでもきちんと読むようにすれば、
ネットワーク技術についての知識は飛躍的に向上することでしょう。仕組みが
わかれば、とても面白くなります。ネットワーク技術をこれから勉強するとい
う初心者の方にとてもオススメです。
詳細や購読申し込みは、以下のURLをクリックしてください。
http://www.n-study.com/books/2005/06/network.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ネットワーク技術雑誌でどんな雑誌を読めばいいか迷ったら、とりあえず
  『日経NETWORK』を読んでおきましょう。
  ぼくも最初は『日経NETWORK』で始めました。購読して1年ぐらいして、よう
  やくネットワーク技術っていうものが見えてきましたね。(Gene)

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐

  「無線LAN Cisco無線LANソリューションの概要 その2」

〜無線LANソリューションの選択〜

分散管理型と集中管理型の2種類の無線LANソリューションはどちらが優れてい
ると言うわけではなく、無線LANネットワークの規模に応じて適切な方を選択
します。

大規模な無線LANネットワークでアクセスポイントがたくさん必要な場合は、
分散管理型のAutonomousアクセスポイントは向いていません。たくさんのアク
セスポイントごとに設定をして、稼働中の管理もアクセスポイントごとに行わ
なければいけないので管理上の負荷が非常に多くなるからです。
大規模な無線LANネットワークであれば、LightweightアクセスポイントとWLC
の集中管理型のソリューションの方が向いています。WLCで設定をすれば、WLC
の管理下にあるLightweightアクセスポイントにその設定情報が転送されてい
きます。また、アクセスポイントがカバーするセルの範囲もダイナミックに調
整したり、アクセスポイント間のローミングを高速に行ったりなど大規模無線
LANネットワークに必要な機能を提供することも可能です。

アクセスポイントの台数が少なく、小規模な無線LANネットワークであれば分
散管理型のソリューションが向いていると言えます。アクセスポイントの台数
が少なければ、アクセスポイントの設定や運用管理の負荷がたいしたものでは
ありません。Autonomousアクセスポイントは単体で動作しWLCを必要としませ
ん。そのため、集中管理型に比べるとWLCの分だけ機器コストも安くなります。
集中管理型では、WLCが必要になるのでその分のコストが追加で必要です。

2つの無線LANソリューションの特徴をまとめたものが次の表です。

表 Cisco無線LANソリューションの特徴
http://www.n-study.com/network/image/wlan18.html
 

〜無線LANソリューションの構成要素〜

上記の分散管理型、集中管理型無線LANソリューションの構成要素はアクセス
ポイントやコントローラ以外にもさまざまなものを組み合わせることがありま
す。無線LANソリューションそれぞれについての構成要素をまとめます。

分散管理型無線LANソリューションの構成要素
・Autonomousアクセスポイント
  単体で動作して無線LANクライアントを収容するアクセスポイント

・RADIUSサーバ(Cisco Secure ACS)
  IEEE802.1xのユーザ認証を利用する場合に必要な認証サーバ。Ciscoでは
  Secure Access Control Server(ACS))というサーバソフトウェアを提供しています。

・Wireless LAN Solution Engine(WLSE)
  Autonomousアクセスポイントを管理するための専用機器。アクセスポイント
  の管理はSNMPベースで行います。簡易版のWLSE Expressもあります。

・無線LANクライアント
  Cisco Aironet WLANクライアントアダプタ、Cisco Wireless IP Phoneなど


集中管理型無線LANソリューションの構成要素
・Lightweightアクセスポイント
  無線LANクライアントを収容するアクセスポイント。設定・管理はWLCで行います。

・Wireless LAN Controller(WLC)
  Lightweightアクセスポイントを管理します。配下のアクセスポイントの設
  定や電波状況の管理などすべてWLCで行います。Lightweightアクセスポイン
  トの管理はLWAPP(Lightweight Access Point Protocol)という専用プロトコ
  ルを利用します。

・RADIUSサーバ
  IEEE802.1xのユーザ認証を利用する場合に必要な認証サーバ。Ciscoでは
  Secure Access Control Server(ACS))というサーバソフトウェアを提供しています。

・Wireless Control System(WCS)
  WLCを管理するためのサーバ。複数のWLCおよびその配下のLightweightアク
  セスポイントを統合的に管理することが可能です。各アクセスポイントのセ
  ル範囲や各種無線LANの統計情報をグラフィカルに表示することができます。

・Location Appliance
  無線LANクライアントの位置情報をトラッキングできる専用機器。

・無線LANクライアント
  Cisco Aironet WLANクライアントアダプタ、Cisco Wireless IP Phoneなど



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『日経コミュニケーション』 http://www.n-study.com/nikkeicomu.htm
ネットワーク技術は、他のIT技術と同様に日進月歩どころか秒進分歩ぐらいの
ペースで次から次へと新しい技術が出てきます。それらの新しい技術に対して
の敏感なアンテナをはっておいて、「技術の引き出し」を作っていく人が「で
きるネットワークエンジニア、システムエンジニア」と言えるでしょう。
『日経コミュニケーション』は、新しい技術をいち早くキャッチして、現在の
トレンドを判断する上で最適な雑誌です。その分、内容は難しいところがあっ
たりしますが、その難しい内容を理解するということがネットワーク技術を勉
強する上でのひとつのマイルストーンと考えることもできます。
月に2回送られてくるので、読まないとあっという間に溜まってしまうのです
が・・・(苦笑)
詳細や購読申し込みは、以下のURLをクリックしてください。
 http://www.n-study.com/nikkeicomu.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※最近、IP電話系のサービスについての特集が多いです。IP電話の導入を検討
  している企業の方、構築を担当するエンジニアの方にはとてもいい情報源に
  なります。(Gene)

└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        『キーマンズネット』 http://www.n-study.com/keymansnet.htm
リクルートが提供するIT製品情報提供サイトです。無料で利用することができ
ます。
企業向けのサービスが多く登場しています。「目的のシステムには、どのサー
ビスを利用すればいいんだろう?」というのは、ITエンジニアの共通の悩みに
なっていることでしょう。サービスを提供する事業者のWebサイトで比較したり、
合い見積もりを取ったりされていることだと思います。
キーマンズネットでは、さまざまなITサービスの簡単な仕組みを解説し、そし
てそれらを提供する事業者へのURLへのリンクがあるので、サービス選択のポ
イントを勉強して、その後、簡単にサービスの内容を調べられるようになって
います。
IT業界に身をおいている人は、エンジニアの方も営業職の方も関わりなく、キ
ーマンズネットへの登録をオススメします!
キーマンズネットへの登録は、以下のURLからバナーをクリックしてください。
http://www.n-study.com/keymansnet.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※IT系の企業の社員の方は黙って登録しましょう。ネットワークに限らず、IT
  業界のどんな分野でも必ず仕事に役立つ情報を得られます。
  キーマンズネットのコンテンツのリンク一覧を作ってみました。
  http://www.n-study.com/books/2005/03/it.html#keymans
  こんなにたくさんのコンテンツを会員登録だけで、無料で見られます。(Gene)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    たまにはシティーホテルでのんびり過ごしたいなぁって言う方は
               一休ドットコムの高級ホテル・旅館の予約
                 ≪ http://www.n-study.com/ikkyu/ ≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐


  「終わりに」

今週末はF1イタリアGPです。フェラーリのお膝元なんですが、先週のテストで
あまりタイムが出ていなかったのが気になります。マクラーレンがモンツァの
テストでも絶好調だったのが・・・う〜ん。
テストはあくまでもテストなんですが、ちょっと気になります。日曜日の夜、
一生懸命、フェラーリを応援します。

あ、CMで見かけたフェラーリコレクション、定期購読の申込みをしてしまいま
した。

http://www.hachette-collections.jp/fc/index.php

F1に限らず、いろんな種類のフェラーリのミニチュアカーが毎号ついてくるよ
うです。楽しみ!

└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

━━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
 ┃ 3つの外貨投資スタイルから自由にプランを選べる安心の総合口座  ┃
 ┃          ▼ 詳しくはこちら ▼          ┃
 ○━━━  www.accesstrade.net/at/c.html?rk=01000gqy0000e7  ━━○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐

 「The Power of Words」
  http://www.n-study.com/words/

  ニーズを書き出すだけではニーズを満たしたことにならない。しかしニーズ
  を書き出して、はじめて望む成果を得るための必要な条件を知ることができ
  る。


                             〜P.F.ドラッカー「ドラッカー 365の金言」〜
          www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478300739/networkstudy-22/

└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

                    ★ご購読ありがとうございました★
┌──ALL_@bout_Network────────────────────────┐
|                                                                     |
|WRITTEN BY:Office N-Study info@n-study.com                          |
|WEB PAGE  :http://www.n-study.com/                                  |
|                                                                     |
|           Copyright(C) 2000-2007 Office N-Study All Rights Reserved |
|                                                                     |
|このメールマガジンは以下のシステムを利用して発行しています。解除、メ |
|ールアドレス変更は以下のリンクからご自分で行ってください。代行は行い |
|ません。                                                             |
|なお、このメールマガジンの内容について、いかなる損害が生じても補償を |
|することはできません。記載されている情報は、読者の方々の各自のご判断 |
|でご利用ください。                                                   |
|                                                                     |
|◆めろんぱん  http://www.melonpan.net/                               |
|  http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php3?mag_id=000105      |
|◆インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/          |
|  http://www.mag2.com/m/0000046467.htm                               |
|◆総合メールマガジンポータルサイト melma! http://www.melma.com       |
|  http://www.melma.com/mag/01/m00017301/                             |
|◆無料メールマガジン発行サービスのメルマガ天国 http://melten.com/    |
|  http://melten.com/m/2209.html                                      |
|◆カプライト                                                         |
|  http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/1676.html                          |
|◆E-Magazine                                                         |
|  http://www.emaga.com/info/gene.html                                |
|                                                                     |
└─────────────────────────ALL_@bout_Network─┘

ついでに読みたい

ネットワークのおべんきょしませんか?

発行周期:  週3回程度 最新号:  2019/03/22 部数:  10,617部

他のメルマガを読む