歌助だより(中日のご祝儀)

--歌助だより(中日のご祝儀)第129号2012/3/26--

カテゴリー: 2012年03月26日
===========================================================
歌助だより(中日のご祝儀)[エッセー集]第129号 2012年3月26日
utasuke.com
===========================================================
新潟日報に一昨年1月から昨年3月まで15回の連載された「落語家はつらいよ」の
原稿です。掲載された文章とは文字数の制限や表現の仕方で多少違ってるとこも
あります。
落語家はつらいよ(8)
「水戸黄門で集中力学ぶ」
平成16年10月23日に発生した中越地震は、わが郷里・十日町に大きな被害
もたらしました。中越地震の際、私は被災地の皆さんにボランティアで落語を聞
いてもらい、笑ってもらおうと取り組みました。そう思い立ったのは、実家に戻
って、親の顔を見た時でした。
 うちの親は元気に振る舞ってはいましたが、車で寝泊まりするなどしたため、
さすがに疲れた表情でした。余震に敏感に反応する様子を見てもいまだに緊張し
ているなと分かりました。
 地震で怖い思いをし、避難所で不安を抱いている方々のところに出向くことに
しました。各自治体の災害対策本部にファクス。本県出身の三遊亭白鳥さんらに
声をかけ、寄席のセットは手配などに慣れた業者にお願いしました。
 最初の訪問先は11月16日、旧川西町の小学校。広いランチルームをお借り
しましたが、避難している人たちはあまりおらず、小学生たちにも聞いてもらい
ました。落語が始まると、会場に笑い声が響きました。
 落語ボランティアを始める際、実は「善意の押し売りにならないか」と懸念を
抱きました。つらい人を笑わせようといのも不謹慎じゃないかなどという不安も
ありました。でも、子どもたちの笑い声を聞いて、そんな懸念や不安はなくなり、
元気づけられて、その後のボランティアを続ける力をもらいました。
 被災地への移動は結構苦労しました。う回路があると思って行ってみると、途
中で通行止め。夜や雨中での峠道で、突然舗装が途切れて、でこぼこ道を車で走
行。がけが崩れていたり、道路に石が落ちていたり、思った以上に移動時間がか
かりことが多々ありました。
 避難所の中に高座を設置する十分な場所がなく、わずかなスペースを借りたこ
ともありました。朝、宿舎で朝食を食べたきり、昼も夕も食べられないこともし
ばしば。
 そんな時、避難所で炊き出しのおすそ分けをいただきました。温かいものをい
ただいたた時のうまかったこと。その味は忘れられません。激励に行った私の方
が逆に、避難所のみなさんに励まされていました。
 平成19年7月16日に起きた中越沖地震では、笑ってもらうことは後回し。
「中越沖」では義援金集めに奔走しました。
 同年8月2日には、浅草で募金活動を展開。私が所属する落語芸術協会所属の
芸人約30人が浅草演芸ホールを出発し、その後、仲見世や新仲見世、六区という
観光客の多く集まるところを回りました。「笑点」でおなじみの三遊亭小遊三師
匠、春風亭昇太師匠も街頭を回ってくれました。
 当日は、本県の東京事務所の関係者のほか、同じ年に能登沖地震が起きた石川
県の東京事務所の方々にもご協力をいただきました。募金活動の後には、浅草寺
で両県被災地の復興を祈願し、集まったお金は両県でわけてお渡ししました。
 その年の年末には、柏崎市と刈羽村で、慰問の落語公演もさせてもらいました。
泉田裕彦知事からは「大きな感動をありがとう」というメッセージが書かれた感
謝状ももらいました。
 一連の被災地などでの活動を通じて、落語は人々に手軽に喜んでもらえる演芸
だと感じました。扇子と手ぬぐいだけあれば、あとは何の道具もいりません。そ
して、ほんのひと時、噺家(はなしか)がしゃべる世界にひたって、人々が笑う。
あらためていい道を選んだと思いました。

 (落語家・十日町市出身)=第4日曜掲載=

=======================================================
歌助:utasuke.com mail:utasuke@da2.so-net.ne.jp
=======================================================

4月の主な公演予定です

歌助噺 県人会館の会
■日時:平成24年4月3日(金)18:00開演 17:30開場
■場所:東京新潟県人会 二階ホール
■木戸銭:6000円(食事付き)
■住 所:台東区上野1の13の6
■アクセス:JR御徒町駅徒歩5分 地下鉄湯島駅徒歩2分 上野広小路駅徒歩3分
■問合せ:utasuke@da2.so-net.ne.jp(歌助まで)

桂歌助独演会
■日時:平成24年4月12日(木)19時
■場所:横浜にぎわい座
■木戸銭:3000円(全席指定)
■アクセス:桜木町駅から徒歩3分・京急日ノ出町駅から徒歩5分
■演目:「鹿政談」 「青菜」
■他の出演:他の出演者はボンボンブラザース 橘ノ圓満
■ペース:年2回
■住 所:横浜市中区野毛町3丁目110番1号
■電 話:045-231-2525
■問合せ:utasuke@da2.so-net.ne.jp(歌助まで)
 
歌助一笑会
■日時:平成24年4月19日(木)18時30分
■場所:上野広小路亭
■木戸銭:1500円(前売り1200円)
■問合せ:utasuke@da2.so-net.ne.jp(歌助まで)
■アクセス:JR線御徒町駅、地下鉄線広小路駅
■電 話:03-3833-1958
■演目:「武助馬」 「青菜」

■公演名:伝通院寄席
■日 時:平成24年4月25日(水)午後6時30分開演(6時開場)
■ところ:伝通院書院
■木戸銭(前売り):1500円(1200円)
■その他の出演者:三遊亭遊之介、春風亭柳好
■ペース:年4回
■住 所:文京区小石川文京区小石川3-14-6
■電 話:03-3814-3701
■アクセス:JR水道橋駅より徒歩15分
■     営団地下鉄丸の内線、南北線後楽園駅より徒歩10分
■     都営地下鉄三田線春日駅より徒歩10分
■お問合せ:utasuke@da2.so-net.ne.jp(歌助まで)

古今亭菊千代・桂歌助二人会
■日時:平成24年4月27日(金)18時30分
■場所:池袋演芸場
■木戸銭:2500円(前売り2200円)
■電 話:03-3971-4545
■演目:「青菜」
■アクセス:池袋西口交番前を通りケンタッキーの斜め前
■問合せ:utasuke@da2.so-net.ne.jp(歌助まで)

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む