東京大学出版会メールニュース

東大出版会メールニュースNO.101(4月新刊予定ほか)

カテゴリー: 2005年03月29日
====================================
■東大出版会ニュース◆NO.101◆
2005年3/29 (現在登録者3161名)
http://www.utp.or.jp/
====================================

★━━目次━━★ 
▼最近の話題(書評,イベント,ブックフェア情報)
▼近刊予定(2005年4月刊行予定)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆お探しの書籍の検索はこちら
 http://www.utp.or.jp/booksearch/f_index.html
◆書籍のご注文窓口はこちら
 http://www.utp.or.jp/od.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇最近の話題◇
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆『少子高齢社会のみえない格差』書評
http://www.utp.or.jp/shelf/200502/051121.html
「日経新聞」3/27で書評されました(05年02月刊行).(評者:大竹文雄氏)
「少子高齢化社会の議論ではとかく変化ばかりが強調されがちだ.しかし,簡単
には変わる気配がない基層的な社会規範や階層パターンがむしろ重要であり,そ
れが見えない格差として残っていると著者は主張する.……全体に学者の良心を
感じさせる,信頼できる本である.」

◆広島地区書店合同フェア・教養としての哲学
http://www.utp.or.jp/bulletin/hiroshima-fair.html
ふっと立ち止まって哲学してみるとなんか世界が広がって,今まで見えなかった
モノが見えてくるものです.そんな手助けとなる本を選んでみました.
【期間】2005年3月24日〜5月11日
【参加書店】
・紀伊國屋書店広島店 tel.082-225-3232
・ジュンク堂書店広島店 tel.082-568-3000
・広島大学生協北1店 tel.082-423-8285
・広島大学生協西2店 tel.082-424-0920
・フタバ図書TERA広島府中店 tel.082-561-0770
・フタバ図書MEGA tel.082-830-0606
・リブロ広島店 tel.082-542-2261
【協賛】人文会
※お問い合わせは,上記各書店までお願いします.

◆「教養のためのブックガイド」出版記念 JUNKU連続トークセッション(再掲)
http://www.utp.or.jp/bulletin/junku-kyouyou.html
「教養のためのブックガイド」の刊行を記念して,JUNKU連続トークセッション
を行います.皆様の参加をお待ちしております. 
【講師】小林康夫氏・石井洋二郎氏
【日時】2005年 4月9日(土) 午後6時30分〜 
【会場】ジュンク堂書店池袋本店 4階喫茶にて 40名まで
【入場料】1000円(ドリンクつき)
【受付】ジュンク堂書店池袋本店1階カウンター(tel 03-5956-6111)

◆東京大学出版会55周年記念ブックフェア&トークセッション(再掲)
http://www.utp.or.jp/bulletin/sanseido-55kinen.html
小会創立55周年を記念いたしまして三省堂書店神田本店においてブックフェアと
トークセッションを開催いたします.広いジャンルの中から,僅少本を含む全点
を展示・販売いたします.是非お立ち寄りください. 
★ブックフェア
日程:2005年4月11日(月)〜4月30日(土)
場所:三省堂書店神田本店1Fイベントスペース
★トークセッション 教養のためのブックガイド
「大学改革」のなかで数少なくなった教養学部の一つ,東京大学教養学部が教養
教育の実践として新入生に提示する『教養のためのブックガイド』の刊行を記念
して,お二人が本を読む愉しみについて語ります. 
【講師】小林康夫氏・野崎歓氏
【日時】2005年4月12日(火) 18:00開場/18:30開始 
【会場】三省堂書店神田本店8F特設会場
【参加費】500円 ※定員60名 
【受付】三省堂書店神田本店4階(tel 03-3233-3312)

◆新規メルマガ 登録中!(再掲)
http://utp.bkdb.net/mm/
http://www.utp.or.jp/todai-club/todai-club.html
「東大出版会メールマガジン(文系)」「東大出版会メールマガジン(理系)」
2誌を創刊いたします.ご希望の方には,見本誌をお送りします.
sales@utp.or.jp
まで「見本誌希望」(文系か理系かをお書き添えのうえ)とお送り下さい.
「読みたい」という皆さまは,下記より申し込み手続きをお願いいたします.
(申し込みいただいたお客様だけにお送りします)
【配信申込】↓
http://utp.bkdb.net/mm/?p=subscribe&id=2

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇近刊予定(2005年4月刊行予定)◇ 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.utp.or.jp/shelf/new.html

※日本美術史研究の新たな地平を拓く,初のシリーズ 
◆講座 日本美術史1『物から言葉へ』
佐藤康宏編(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
A5判 388頁 税込4410円/本体4200円 ISBN4-13-084081-9 
美術品を見ること,見たものを言葉で表現すること――ディスクリプション(作
品記述)という美術史学の基本作法を絵画,彫刻など具体的対象に即して実践的
に示す.また光学機器を用いた調査や,絵画の修理によって明らかになる新たな
事実など,さまざまな研究の最先端の成果を提示.
◎詳細は下記へ↓ 
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/084081.html
◆講座 日本美術史6『美術を支えるもの』
木下直之編(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
A5判 376頁 税込4410円/本体4200円 ISBN4-13-084086-X
「美術」はどのように生まれ,扱われ,後世に語り伝えられていくのか.「美術」
という価値を与えられたさまざまな物の側から,それらをとりまく仕組みを考え
ていく.美術史,美術館,国宝……美術にかかわる「もの」を捉え直す新たな視
点を提示.
◎詳細は下記へ↓ 
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/084086.html
★講座 日本美術史【全6巻】案内★
http://www.utp.or.jp/shelf/series/bijyutsu.html

※アカデミックな日本語を学ぶために
◆上級日本語教科書『文化へのまなざし』テキスト
東京大学AIKOM日本語プログラム 近藤安月子・丸山千歌編著
(東京大学大学院総合文化研究科教授・横浜国立大学留学生センター助教授)
B5判 192頁 税込2625円/本体2500円 ISBN4-13-082122-9
留学生が大学のアカデミックな生活に求められる日本語を学ぶための教科書.
東京大学AIKOM(教養学部短期交換留学プログラム)で開発された好評教材の
第二弾.「テキスト」には,留学生自身が経験する「越境」と「変容」をキー
ワードに据えた18の文章を収める.新聞記事,グラフ,写真などの資料も充実. 
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/082122.html
◆上級日本語教科書『文化へのまなざし』予習シート・語彙・文型
B5判 272頁 税込3360円/本体3200円 ISBN4-13-082123-7
テキストの理解を助ける「予習シート」,英語・中国語・韓国語に対応した2900の
「語彙」,表現の練習ができる86の「文型」で構成された副教材. 
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/082123.html
◆上級日本語教科書『文化へのまなざし』テキスト+予習シート・語彙・文型+CD2枚付セット
税込9975円/本体9500円 ISBN4-13-082124-5
以上の4点からなるセット.「読む・書く・聞く・話す」の総合学習の授業のために. 
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/082124.html

※フリーター,ニート問題の構造をさぐる
◆『若者と仕事』「学校経由の就職」を超えて
本田由紀(東京大学大学院情報学環助教授)
A5判 232頁 税込3990円/本体3800円 ISBN4-13-051311-7
フリーター,ニートの急増に見られるように,日本の〈若者と仕事〉の現状は
きわめて厳しい局面にある.著者は,こうした現状の背景にある日本独特の要
因として「学校経由の就職」の機能不全と「教育の職業的意義」の不在を指摘
し,具体的な打開策を提案する.
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/051311.html

※〈教育の本質〉に思いを馳せる人に
◆『教育人間学のために』
西平直(東京大学大学院教育学研究科助教授)
四六判 272頁 税込2730円/本体2600円 ISBN4-13-051310-9
教育という名の営み.その根元を掘り返すとわからないことばかり.教育は幸
せを目指す営みか.人は人を理解できるか.体験から学ぶとはどういうことか…….
教育に,ひとに,出会い直すための,小さな驚き(センス・オブ・ワンダー). 
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/051310.html

※第8・9回配本
◆日本史講座7『近世の解体』
歴史学研究会・日本史研究会編
四六判 344頁 税込2310円/本体2200円 ISBN4-13-025107-4
近世から近代への展開を,連続と断絶の両面から分析.政治・外交の動きや経済
構造の変容,さらに都市やそれぞれの地域社会,人びとの意識の変化など,さま
ざまな角度から近代への移行とはどのようなものであったか検討する. 
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/025107.html
◆日本史講座9『近代の転換』
歴史学研究会・日本史研究会編
四六判 360頁 税込2310円/本体2200円 ISBN4-13-025109-0
国境の外へと踏みだした日本が総力戦を遂行する体制の形成と崩壊をたどる過程
を東アジア・世界史とのかかわりを重視しつつ,軍事・外交・政治・国民意識か
ら多角的に位置づける. 
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/025109.html
★日本史講座【全10巻】案内★
http://www.utp.or.jp/shelf/series/nihonshi.html

◆『「未来の学び」をデザインする』空間・活動・共同体
美馬のゆり・山内祐平(日本科学未来館副館長・東京大学大学院情報学環助教授)
四六判 224頁 税込2520円/本体2400円 ISBN4-13-053078-X
新しい学びのスタイルとは? 私たちは生涯ずっと「学び」続けている.大学,
企業,ミュージアムで教育が変わりはじめている.キーワードは,空間,活動
,共同体.その要諦とは何か?様々な場面で,私たちが関わっていかなければ
ならない未来について,「学び」はどうあるべきか,どのようにしたらよいか
を考えるための鍵を探すこと.そのための道しるべとなる一冊.学校,NPO,
企業などでの人材育成への重要な示唆に富む.
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/053078.html

◆『東京のローカル・コミュニティ』ある町の物語 一九〇〇―八〇
玉野和志(東京都立大学人文学部助教授)
A5判 336頁 税込5880円/本体5600円 ISBN4-13-051122-X
山手の住宅地と下町の商店街・町工場の情緒をあわせもった「この町」.ひと
りの社会学者が住民への丹念な社会調査を通して描いた四つの物語――町内会
体制の成立,世代継承としての祭り,母親たちの教育文化運動,創価学会の地
域活動.それは大正・昭和期の東京の生きた歴史である.
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/051122.html

◆『情報メディア法』
林紘一郎(情報セキュリティ大学院大学教授・副学長)
A5判 352頁 税込6090円/本体5800円 ISBN4-13-031179-4
インターネット時代のあるべき法体系を提言.20年前に通信・放送の融合を予
言した著者が,これからのメディアのあり方を,法と経済の視点から示す.情
報メディアに関する法を包括的かつ体系的に再編成し,「情報メディア法」と
いう法領域を特定することを提唱.多様な産業を包摂し多様な論点を含む領域
を,できるだけ少数の原理で説明しようという壮大な試み.
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/031179.html

◆『職務著作制度の基礎理論』
潮海久雄(筑波大学大学院ビジネス科学研究科助教授)
A5判 304頁 税込7140円/本体6800円 ISBN4-13-036124-4
元来,個別の創作者に帰属すべきはずの著作権が,なぜ法人等に帰属するのか.
デジタル著作物やネットワークに関する諸現象にも留意し,アメリカ・イギリ
ス・ドイツの法制度との比較法的考察をふまえて,職務著作制度の理論を再構
築し,新たな解釈論を展開する.
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/036124.html

◆『競争秩序のポリティクス』ドイツ経済政策思想の源流
雨宮昭彦(千葉大学法経学部教授)
A5判 328頁 税込6090円/本体5800円 ISBN4-13-040220-X
資本主義崩壊の危機のなかから立ち現れてきたのは,多元主義を克服して競争
秩序の恢復にコミットする「強い国家」を求める,新たな経済政策思想であっ
た.その登場の背景や形成の過程を詳細に追い,現在にまで流れ込むドイツ経
済政策思想の水脈の特質を明らかにする. 
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/040220.html

◆『地域貿易協定の経済分析』
遠藤正寛(慶應義塾大学商学部助教授)
A5判 288頁 税込5670円/本体5400円 ISBN4-13-046085-4
自由貿易協定(FTA)や関税同盟といった地域貿易協定に対する関心が近年
高まりつつある.協定の締結誘因や経済効果を実証分析するとともに,域内国・
域外国の経済厚生をともに高めるための条件を明らかにすることで,望ましい
スキームを提案する. 
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/046085.html

◆『平安朝の漢詩と「法」』文人貴族の貴族制構想の成立と挫折
桑原朝子(北海道大学大学院法学部助教授)
A5判 520頁 税込9030円/本体8600円 ISBN4-13-036122-8
菅原道真ら平安前期の文人貴族が残した漢詩を,当時の法のテクストと対照させ
読み解いたとき,挫折を余儀なくされた彼らの統治構想が鮮かに浮かび上がる.
律令制とも摂関体制とも異なる“真の貴族制”という,その構想の可能性を明ら
かにし,時代の転轍の意味をも書き換える大作. 
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/036122.html

※シリーズ第2回配本
◆大学数学の入門4『幾何学I 多様体入門』
坪井俊(東京大学大学院数理科学研究科教授)
A5判 216頁 税込2730円/本体2600円 ISBN4-13-062952-2
現代数学において最も重要な概念のひとつである多様体.その基礎理論について,
東京大学数学科で行われている講義「幾何学I」のシラバスに基づき,ていねい
に解説.美しい図版を豊富に用い,読者の直観的理解を助ける.演習問題も多数. 
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/062952.html

◆『コミンテルン・システムとインドシナ共産党』
栗原浩英(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授)
A5判 344頁 税込7140円/本体6800円 ISBN4-13-026125-8
民族・国境をこえて革命をめざした試みであったコミンテルン,その全体像はいま
だ充分につかみ切れてはいない.本書はコミンテルンをひとつの「システム」とし
てとらえなおし,インドシナ共産党との関係を軸に,その戦略と構想,運動の展開
と現実との矛盾を明らかにし,現代史における意義を問う.ソ連崩壊後公開された
一次史料の精査をふまえた労作. 
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/026125.html

◆『平城京漆紙文書 一』
奈良文化財研究所編
A4判 112頁 税込6300円/本体6000円 ISBN4-13-0020401-7
漆保管容器の蓋紙として使われた反古紙の多くは公文書であった.漆の保存力によ
り腐らずに残された文書を漆紙文書という.反古紙の内容は多様で時代をよく伝え,
史料学的位置づけも高い.赤外線撮影による鮮明な画像に釈文・解説をつけ漆紙文
書の神髄を伝える. 
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/020401.html

▼目で見る東京大学の楽しさ,奥深さ
『東京大学』
東京大学総合研究博物館編・西野嘉章監修
A4判 180頁+カラー口絵16頁 税込2940円/本体2800円 ISBN4-13-001082-4
120年以上の歴史をもち,多様な教育研究を行なっている東京大学の本郷キャンパス
の歴史と建築物,それに東京大学コレクションなど,豊富な写真と詳しい解説文に
より紹介する.総長発案による,東京大学についての,東京大学関係者による初め
ての出版物.
◎詳細は下記へ↓  
http://www.utp.or.jp/shelf/200504/001082.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇編集後記◇
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 桜の開花も直前,卒業・新入学など新しい出発の季節です.
先の25日は小会のございます東京大学の学部卒業式でした.卒業生や父兄の皆様に
ご卒業の記念になる書籍などを特別販売させていただきました.遠方の方にとって
書籍はお荷物になるのか,なかなか買っていただけないことが多いのですが,今年
は若干事情が違っていました.

 『東京大学 本郷キャンパス案内』と『教養のためのブックガイド』の存在です.
http://www.utp.or.jp/shelf/200503/003323.html
http://www.utp.or.jp/shelf/200503/003322.html

 「キャンパス案内」は記念にもお土産にも買っていかれるかな? という予測は
ありましたが,ブックガイドの方は卒業生や父兄にはどう受け入れられるのだろう?
という不安もありました.

 ところが,ご父兄の方が「さっきの本を下さい」と次々とお尋ねになるのです.
詳しくおききしてみると,卒業式の式辞で総長が『教養のためのブックガイド』に
ついて言及してくださったとのこと.
 
 「以前からの企画がやっと本の形になった」という総長のご紹介のおかげで,
即売用にお持ちした書籍が完売になってしまいました.当日お買い求めいただけな
かったお客様には,「ぜひ書店で買ってください」とお願いした次第です.

 その『教養のためのブックガイド』がいよいよ書店様の店頭に並びはじめます.
新入生にも是非手にとって欲しい本なので,4月の入学式でも「紹介していただけ
るに違いない」などと虫のいいことを考えております.

 学生さんはもちろん,「読むことのすすめ」として広く皆さまに愉しんでいただ
ける本書をよろしくお願いいたします(こや). 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆お探しの書籍の検索はこちら
 http://www.utp.or.jp/booksearch/f_index.html
◆書籍のご注文窓口はこちら
 http://www.utp.or.jp/od.html
◆書店様用の窓口はこちら
 http://www.utp.or.jp/shoten/shoten-home.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ あるいは小会HPより
  行って下さい.                           
■ 掲載された内容を許可無く転載することはお断りします.                
■ このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています.                
■ メールマガジンIDナンバー:0000040725        
====================================
電子メールマガジン「東京大学出版会メールニュース」(毎月1回以上発行)
[発行](財)東京大学出版会 営業局
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1東大構内
tel03-3811-8814 fax03-3812-6958
[小会HP] http://www.utp.or.jp/
[ご意見] sales@utp.or.jp
====================================








このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む