東京大学出版会メールニュース

東大出版会メールニュースNO.83(7月新刊ほか)

カテゴリー: 2004年06月28日
====================================
■東大出版会ニュース◆NO.83◆
2004年6/28 (現在登録者2454名)
http://www.utp.or.jp/
====================================

◇最近の話題◇
◇近刊予定(7月刊行)◇

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆お探しの書籍の検索はこちら
 http://www.utp.or.jp/booksearch/f_index.html
◆書籍のご注文窓口はこちら
 http://www.utp.or.jp/od.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇最近の話題◇
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆『繁華街の近代』読売新聞6/27で書評
http://www.utp.or.jp/shelf/200404/061126.html
「…著者は,東京に暮らす人々がどのような建物を求め,「為政者によってつく
られた都市を,どのようにつくり変え,自分たちのものにしてきたか」という視
点で近代都市を読み直す作業を続けてきた.…」(評者:松山 巌氏)

◆『ジャガイモとインカ帝国』朝日新聞6/26で記事にて紹介
http://www.utp.or.jp/shelf/200403/050156.html
「南米アンデス文明の主食は,通説のトウモロコシではなく,ジャガイモなどの
イモ類だった――国立民族学博物館(大阪府吹田市)の山本紀夫教授(民族植物
学)が,こんな説を打ち出した.自身が行った長期の現地調査や,同文明をめぐ
る幾つもの学問分野の進展を踏まえた成果だ.」

《海の動物たちの書籍をご紹介》
◆『川に生きるイルカたち』読売新聞6/20で書評
http://www.utp.or.jp/shelf/200404/063323.html
「川イルカ類は,海洋性の鯨類よりも原始的な特徴をもっており,祖先の形に近
いと考えられている.鯨類の進化を考える上で貴重な存在だ.……珍しい動物の
物語風入門書として楽しめる.」(評者:佐倉 統氏)

◎『鰭脚類』アシカ・アザラシの自然史
 和田一雄・伊藤徹魯 本体4800円 ISBN4-13-060173-3
http://www.utp.or.jp/booksearch/cgi/jump.cgi?id=060173
◎『サメの自然史』
 谷内 透 本体4200円 ISBN4-13-060170-9
http://www.utp.or.jp/booksearch/cgi/jump.cgi?id=060170
◎『鯨』原書第2版
 シュライパー/細川・神谷訳 本体8400円 ISBN4-13-060010-9
http://www.utp.or.jp/booksearch/cgi/jump.cgi?id=060010

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇近刊予定(7月刊行)◇
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.utp.or.jp/shelf/new.html

◆『英語のたくらみ,フランス語のたわむれ』
斎藤兆史・野崎 歓
四六判 232頁 税込1995円/本体1900円 ISBN4-13-083039-2
外国語を身につけるにはどうすればよいか? 翻訳はどのようにするか? 文学
は何の役に立つのか? 英語とフランス語の東大教師が,「語学」「翻訳」「文
学」をめぐってその営みの核心を語り尽くす.ふたつの言語の受容のされ方から,
その文学の性格のちがいまで対話は繰り広げられる.「外国語や異文化に出会う
とはどういうことか」を知る絶好の一冊. 
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/083039.html

◆『社会学』
奥井智之
四六判 304頁 税込1995円/本体1900円 ISBN4-13-052021-0
社会学のスピリットとは何か.身のまわりの出来事を通じて,社会学の基本的な
コンセプトを説き明かすとともに,日本社会の今日の状況にもアプローチする.
記述は平易かつ明快.社会学の入門書,公務員試験受験者の参考書としても最
適.イラストも愉しい. 
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/052021.html

◆『原生計算と存在論的観測』生命と時間,そして原生
郡司ペギオ-幸夫
A5判 576頁 税込6510円/本体6200円 ISBN4-13-010097-1
世界を観測しようとする物/者は常に局所的でありながら超越的概念を言明する
パラドクス.本書はこれを実在と表象のコード化の起源探求と捉え,実在論を否
定し存在論の領域へと踏み込む.意識,私,理解,発見=発明,進化などの問題
を扱いながら抽象的隠喩的な数理モデルを援用し解読する.オートポイエシスや
自己組織化理論を乗り越える,内部観測論の決定版. 
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/010097.html

《公共哲学第2期の第1弾!》
◆公共哲学11『自治から考える公共性』
西尾 勝・小林正弥・金泰昌編
A5判 416頁 税込3990円/本体3800円 ISBN4-13-003431-6 
人びとの自治世界を形成するためには,何が求められているのか.市民的公共性
は21世紀転形期にいかなる転換を示しているのか.具体的現実と相わたる公共世
界の構築の要となる「自治」に焦点を当て,公共性の更なる探究を目指す.
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/003431.html

◆日本史講座3『中世の形成』
歴史学研究会・日本史研究会編
四六判 344頁 税込2310円/本体2200円 ISBN4-13-025103-1 
古代から中世へと移行する社会を,東アジア世界の変貌のなかに位置づけ,「変
化」と「連続性」の双方を意識しつつ,中世的秩序がいかに形作られ,その特質
とは何か追究する. 
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/025103.html

◆『フランスとその<外部>』
石井洋二郎・工藤庸子編
A5判 288頁 税込4725円/本体4500円 ISBN4-13-003203-8
フランスの内部/外部という区別の自明性を根本から問い直し,共和国・植民地
・異文化・移民等々のテーマについて,言語・文学・歴史・宗教などによる多彩
なアプローチを試みる.「地域文化研究」という学問の現在の到達点を示す意欲
的論集. 
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/003203.html

◆『アフリカン・アメリカン文学論』「ニグロのイディオム」と想像力
荒このみ
A5判 272頁 税込5040円/本体4800円 ISBN4-13-080103-1
アフリカン・アメリカン文学の特質とは何か.本書はラルフ・エリスンの作品の
解読を通して,そこに表れる人生の条件・個人の苦悩・社会における現象がアメ
リカ文学に通底することを示し,「アメリカの信条」,アメリカ文学・文化・社
会のあり方にアプローチする.
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/080103.html

◆『沖縄と日本国家』国家を照射する<地域>
山本英治
A5判 272頁 税込5040円/本体4800円 ISBN4-13-051120-3
沖縄(ウチナー)は,薩摩による侵攻以後現在にいたるまで,第二次世界大戦後
のアメリカによる占領支配をはさんで,日本(ヤマト)に支配されてきた.アメ
リカ軍の基地問題を中心に,沖縄という〈地域〉にもたらされた収奪と解体,国
家システムへの同化の力を考察し,沖縄の自立への道を展望する. 
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/051120.html

◆『開発と環境の政治経済学』
石見 徹
A5判 256頁 税込2940円/本体2800円 ISBN4-13-042118-2
環境保全と経済発展はたがいに対立するのか,その両立は可能なのか.現代社会
にとって根本的な課題を,「持続可能性」(Sustainability)をキー・コンセプ
トに追究し,適切な政策をおこなううえでの基本的な理念を明確にする.複雑多
様な要素をもつ問題系を経済学の視点から解きほぐす格好のテキスト. 
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/042118.html

◆『医学・薬学データの統計解析』データの整理から交互作用多重比較まで
広津千尋
A5判 296頁 税込5670円/本体5400円 ISBN4-13-060405-8
臨床試験解析の国際的動向や新たな理論,および医学研究における統計解析の手
法を,データの整理や推測論といった統計学の基本的な考え方から,多群比較,
多重比較,交互作用解析法,さらに単調回帰など,実際的かつ高度なデータ解析
の方法までを提案・解説する. 
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/060405.html

◆『プラズマ物理・核融合』
宮本健郎
A5判 400頁 税込5040円/本体4800円 ISBN4-13-062606-0
プラズマを理解し,その振る舞いを予測するのに必要な基礎的解析法について,
予備知識なしで読めるようていねいに解説した,初学者向けの教科書.また,核
融合研究の現状についても詳しく紹介しており,研究者にとっても有用な参考資
料となるだろう. 
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/062606.html

◎刊行が遅れましてご迷惑おかけしております
◆『近代東アジア国際関係史』
衛藤瀋吉
A5判 288頁 税込3780円/本体3600円 ISBN4-13-032207-9
西欧列強の進出に直面した中国や日本はいかなる変容を迫られたのか.その過程
で,東アジアの国際関係はどのような展開を遂げたのか.著者の長年の講義に基
づき,西力東漸から日中全面戦争へといたる近代東アジア国際関係の展開を体系
的にとらえた通史. 
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/032207.html

◎また刊行が遅れまして大変ご迷惑おかけしております
◆『非線形均衡動学』不決定性と複雑性
西村和雄・福田慎一編 
A5判 372頁 税込5040円/本体4800円 ISBN4-13-040200-5 
「複雑系の経済学」と呼ばれる理論的枠組みのなかで,特に不決定性および均衡
経済動学に焦点をあて,その最新の研究動向をサーベイ・解説し,「新しい経済
分析」への道程を示す.さまざまな要素が相互に干渉しあう「ネットワーク」に
関する分析や現実のダイナミックな経済現象に迫る新たな理論的可能性を拓く. 
◎詳細は下記へ↓
http://www.utp.or.jp/shelf/200407/040200.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇編集後記◇
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 梅雨にもかかわらず,関東地方では雨量の少ない日が続いております.「いざ」
というときに水不足になるのでは?と心配になりますね.
 さて,82号で出版差し止め問題についてこの場で言及したが,その後「報道規
制と出版差し止め問題」をテーマとした対談に参加する機会を得た.対談者は
上智大学の田島泰彦さんとノンフィクション作家の吉岡忍さんのお2人だ.
 時局を戦時とみるか平時とみるかに始まって,報道規制に唯々諾々と従ってし
まう大メディアの感性への批判,出版差し止めについての報道がなぜ司法批判に
まで及ばなかったのか(出てくるのは論説ではなく,識者のコメントばかり),
などなど.お互いのベースの違いを盛り込みながらも,息の合ったやり取りの対
談だった.そのなかで一番筆者の心に響いた部分を紹介する.
 2人とも「市民の側にあるメディアへの漠然とした違和感・嫌悪感=自分たちの
側にいるのかという思い」があるという部分は共通していた.違和感がでてくる
理由を,田島氏は,「大手メディアの人たちの発想が統治している人たち(官僚)
の発想に近いからでは?」と推測する.若干違った観点から政府の操作や情報の
一元化に従ってしまうメディアの側の感性を,吉岡氏は「(錯覚だけれども)自
分達は情報の最先端にいるという興奮に支えられている」と看破する.
 田島氏は現状を「メディアと市民社会が敵対関係になっている」とみており,
この関係性をよくすること(信頼を取り戻すこと)が最も重要だと説いた.
 吉岡氏は取材者という立場から,「取材者が糾弾することは逆効果.語れない
人が語れるように励ましていないこと」が重大な問題で,「難しいかもしれない
が,一番弱い人に取材していくことことが大切」と指摘.そうすることで時間は
かかっても信頼感を生まれていくだろうと締めくくった.
 まさに「読者」との間の信頼感を新たに構築していくことが多くのメディア,
そしてメディアにかかわっている者たちに問われている課題なのだと思う.確か
に時間はかかるだろう.が,今すぐにでもはじめなければならない課題だ.
 小会のような大学出版部も例外にはならない.「読者」からの信頼感を得るこ
とは重要な問題なのだ(こや). 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆お探しの書籍の検索はこちら
 http://www.utp.or.jp/booksearch/f_index.html
◆書籍のご注文窓口はこちら
 http://www.utp.or.jp/od.html
◆書店様用の窓口はこちら
 http://www.utp.or.jp/shoten/shoten-home.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ あるいは小会HPより
  行って下さい.                           
■ 掲載された内容を許可無く転載することはお断りします.                
■ このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています.                
■ メールマガジンIDナンバー:0000040725        
====================================
電子メールマガジン「東京大学出版会メールニュース」(毎月1回以上発行)
[発行](財)東京大学出版会 販売部
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1東大構内
tel03-3811-8814 fax03-3812-6958
[小会HP] http://www.utp.or.jp/
[ご意見] sales@utp.or.jp
====================================



このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む