武道通信かわら版

武道通信かわら版 11月20日号 通算443号

=============================================================
─────■─■─■■─────────【武道通信かわら版】
────■■■■■■■■────────11/20 2018 通算443号
───────■─■──────────
─────■─■■─■─────────インターネットで読む
─────■─■───■────────『武道通信』
────■■■■■■■─■───────サブマガジ
==============================================================
  http://www.budotusin.net        東京都 国立市東3-4-8
 sugiyama@budotusin.net       杉山頴男(ひでお)事務所
                    042-580-6428 
////////////////////////////////////////////////////////////////

         日本のパスポート力世界一位 
       ビザなしで入国可能な国や地域190
              なのに
     日本の英語力は49位 5段階で下から2番目
            年々下がっていく

     いまどきの若いモンには GHQ後遺症はないのか
 英語教育に熱心な文科省に その場だけ熱心なフリをしているだけか
              謎だ

          謎解きは晩酌のあとで……

 平仮名、カタカナ、漢字、ローマ字の4種類の文字があるからだ
 「I]「Moi」「Yo」などの 一神教の<私>が気に食わないのだ
        「て に を は」や「の が」の 
         助詞類があるのは日本語だけだからだ

           自分の いるべき場所
        自分が 自分として居られる場所
        自分で なくてはならない場所
        は 日本語にしか ないからだ


         …………………………………………


1 北朝鮮の弱点を狙え! ……加藤 健
   ◎各国ジュネーブ国連代表部に韓国告発メールを!
2 英米の罠から目を醒ませ、日本人よ!……鎖帷子剣士
   ◎思想操作に気付かぬ、自信満々の年配者たち
3 忙中閑あり  ……杉山頴男
   ◎武士の外来語
    ──日本列島固有種[武士]を考究する



■北朝鮮の弱点を狙え! ご協力の呼びかけ《198》─────────
                
                       加藤 健

  ◎各国ジュネーブ国連代表部に韓国告発メールを!

★ いまや国の正式方針!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、前回世界各国のニューヨ
ーク国連代表部に韓国ニセ徴用工問題を訴えるメールをお送りいただき
誠にありがとうございました。大勢の方にご参加いただいたお蔭で担当
者は驚き、各国大使にしっかり報告がいったと思います。

このたび韓国ニセ徴用工裁判の不当性を世界に訴えることが、国の正式
な方針となりました。産経新聞が11月8日に報じたとおり、すでに一
部の日本大使館がホームページ(HP)などで周知を始めたほか、各国
駐在大使らが現地の有力紙に寄稿するなど海外メディアを通じた活動も
展開していくことになりました。判決が「国際秩序への挑戦だ」(河野
太郎外相)との理解を広め、判決後も対応が鈍い韓国政府に国際的圧力
をかけていく狙いです。米英両国やフランスなど一部の日本大使館は、
判決が国際法違反だと説明する10月30日付の河野外相談話の英語版
をHPや大使のSNSを通じて掲載しています。
さらに、HPを閲覧する人は限定的だとみて、河野外相は領事館を含む
在外公館に対し、現地メディアに情報を発信するよう指示しました。外
務省幹部によると、大使による現地メディアへの寄稿が中心になるとの
こと。韓国最高裁の判断は明確な国際法違反に当たることを訴えていく
方針です。
外務省幹部は「日韓間の問題をひとごとだと考えている諸外国にも正し
く理解してもらうには、今のタイミングで発信していくべきだ」と述べ
たとのことです。
https://www.sankei.com/politics/news/181108/plt1811080023-n1.html

いまこそ官民一体となって、国際宣伝戦を戦うときです。民間には民間
にしかできないことがあります。頑張りましょう!
実は政府がいくら「国際秩序への挑戦」だと主張しても、諸外国は「二
国間の問題でしょ」としか思いません。日本外務省の仕事は日本の国益
を守ることであり、国際秩序を守ることではないからです。信じてもら
えないのです。政府があまり「国際秩序」を強調すると、関西ノリ?の
国は「ええ加減にせえ。白々しいわ」と怒り出します。
ところが私たち民間なら、下記例文のように韓国の国際法無視が国際秩
序を乱し、世界中で紛争を引き起こすと主張してもまったく不自然では
ありません。至極当然の内容です。こういう問題では政府より民間のほ
うが信用されるのです。

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。今
回は世界各国のジュネーブ国連代表部宛に同報メールを送り、韓国の不
当性を訴えていただきたいのです。送り先は国のほかに、EUやアフリ
カ連合、ICPOといった組織も入っています。例文コピペならすぐに
送ることができます。

実は前回、ある方から「たくさん送ったら不快感をもたれるのでは?」
とご質問いただきました。
これは全く心配ありません。集団でメールやファックス、手紙を送るキ
ャンペーンは国際NGOの基本的活動で、どこもやっていることです。
送り先メールアドレスは各国が発表している公式窓口です。受け取るほ
うは慣れていて、数を見ているだけです。ちょうど日本のニュースで
「〇〇件の苦情が寄せられました」と報道されるのと同じです。
みんなで手紙を送る手法を広めたのはイギリス人弁護士ピーター・ベネ
ンソンで、イギリスでは偉人の扱いを受けています。ベネンソンは元ユ
ダヤ人(改宗)ですが、BBCが事績を紹介した番組では、集団で手紙
を送って人権擁護を訴える活動を「世俗的キリスト教精神」の発露と表
現していました。

報道でご覧になった方も多いと思いますが、韓国の不当要求行為に北朝
鮮が加勢しました。我が国に危機が迫っています。世界各国に真実を伝
える活動にぜひご参戦ください。


※ 送信すると、一覧にない個人メールアドレスから「いま休暇中です」
などの自動返信が届くことがあります。これは代表メールアドレスから
転送された先の外交官の個人メールアドレスです。ちゃんとチェックし
ている証拠です。

◆ 送り先
(宛先を自分にして、BCCに下記をコピーしてください。3回に分けな
いと送れない場合があります)
mission.afghanistan@bluewin.ch, mission.geneve@mfa.gov.al, 
contact@mission-algeria.ch, missionandorra@bluewin.ch, 
ambmission.angola@bluewin.ch, highcommission@antigua-barbuda.com, 
argentina@missionarg.ch, mission.armenia@bluewin.ch, un.geneva@dfat.gov.au, 
genf-ov@bmeia.gv.at, geneva@mission.mfa.gov.az, info@bahamasmission.ch, 
info@bahrain-mission.ch, permanentmission.geneva@mofa.gov.bd, 
geneva@foreign.gov.bb, belarus.geneva@mfa.gov.by, geneva@diplobel.fed.be, 
blzun@belizemission.com, info@missionbenin.ch, 
bhutanmission.geneva@mfa.gov.bt, contact@mission-bolivia.ch, 
mis.zeneva@mvp.gov.ba, botgen@bluewin.ch, delbrasgen@itamaraty.gov.br, 
brunei.geneva@mfa.gov.bn, info@mission-bulgarie.ch, 
mission.burkina@ties.itu.int, mission.burundi217@gmail.com, 
cap.vert@bluewin.ch, camemb.gva@mfaic.gov.kh, mission.cameroun@bluewin.ch, 
genev-gr@international.gc.ca, contact@missioncentrafrique.ch, 
mission.tchad@bluewin.ch, misginchile@minrel.gob.cl, 
chinamission_gva@mfa.gov.cn, donu.suiza@cancilleria.gov.co, 
missioncomores.onug@gmail.com, missioncongo@bluewin.ch, 
miscr-onug@rree.go.cr, cotedivoire@bluewin.ch, cromiss.geneva@mvep.hr, 
embacuba@ch.embacuba.cu, cyprus@cyprusmission.ch, 
mission.geneva@embassy.mzv.cz, missionrdc@bluewin.ch, gvamis@um.dk, 
mission.djibouti@djibouti.ch, info@dominicahighcommission.co.uk, 
onug@mirex.gob.do, onuginebra@mmrree.gob.ec, mission.egypt@bluewin.ch, 
mision.ginebra@rree.gob.sv, mision.guineaecuatorial_gva@yahoo.com, 
eritrean.embassy@bluewin.ch, mission.un@mfa.ee, 
swazimission-geneva@dslnets.ch, info@ethiopianmission.ch, 
mission@fijiprunog.ch, sanomat.gen@formin.fi, missionfrance@bluewin.ch, 
mission.gabon@gabon-onug.ch, missionofthegambiageneva@gmail.com, 
geomission.geneva@mfa.gov.ge, info@genf.diplo.de, info@ghanamission.ch, 
grdel.gva@mfa.gr, grenada.mission@gmail.com, onusuiza@minex.gob.gt, 
mission.ambagui@gmail.com, pmog.gv@gmail.com, mphonu.geneve@diplomatie.ht, 
mission@hondurasginebra.ch, gva.missions@mfa.gov.hu, 
icedel.genf@utn.stjr.is, india.geneva@mea.gov.in, 
geneva@mission-indonesia.org, missionofiran@gmail.com, 
iraq.unog@mofa.gov.iq, genevapmun@dfa.ie, mission-israel@geneva.mfa.gov.il, 
rappoi.ginevra@esteri.it, info@jamaicamission.ch, mission@gv.mofa.go.jp, 
info@jordanmission.ch, mission@kazakhstan-geneva.ch, geneva@kenyamission.ch, 
info@kuwaitmission.ch, kyrgyzmission@bluewin.ch, 
laomission_geneva@bluewin.ch, mission.un-gen@mfa.gov.lv, 
lebanon@lebmissiongva.org, info@lesothomission.org, 
p.mission@liberia-unog.ch, mission.libye@bluewin.ch, 
mission.liechtenstein@gva.llv.li, mission.ch@urm.lt, geneve.rp@mae.etat.lu, 
ambamadsuisse@bluewin.ch, mission.malawi@mwgva.org, mwgeneva@kln.gov.my, 
info@MaldivesMission.ch, mission.mali@bluewin.ch, malta-un.geneva@gov.mt, 
mission.mauritania.geneva@gmail.com, mauritiusembassy@bluewin.ch, 
mission.mexico@ties.itu.int, mission.geneve@gouv.mc, mongolie@bluewin.ch, 
missionofmontenegro@bluewin.ch, maroc@mission-maroc.ch, 
mission.mozambique@bluewin.ch, mission@myanmargeneva.org, 
info@missionofnamibia.ch, mission.nepal@bluewin.ch, gev@minbuza.nl, 
mission.nz@bluewin.ch, embajada.ginebra@cancilleria.gob.ni, 
missionduniger1@gmail.com, info@nigerian-mission.ch, mission.geneva@mfa.no, 
missionoman@bluewin.ch, geneva@pakistanmission-un.org, 
missionpanamageneva@mire.gob.pa, info@misionparaguay.ch, 
misionperu@onuperu.org, mission@genevapm.ph, 
genewa.onz.sekretariat@msz.gov.pl, geral@missionportugal.ch, 
geneva@mofa.gov.qa, missionmoldova.unog@mfa.md, 
mission.romania@romaniaunog.org, geneva-onu@mae.ro, 
mission.russian@vtxnet.ch, ambageneve@minaffet.gov.rw, 
contact@missionstlucia.ch, mission.rsm@hotmail.com, gassgemi@mofa.gov.sa, 
mission.senegal@ties.itu.int, mission.senegal.gva@bluewin.ch, 
serbian.mission@bluewin.ch, geneva@seymission.ch, 
mission@sierraleonegeneva.ch, mfa_geneva@mfa.gov.sg, pm.geneva@mzv.sk, 
slomission.geneva@gov.si, info@solomonislandsmission.ch, 
Genevamission@mfa.gov.so, mission@safricaun.ch, 
mission.rss.geneva@hotmail.ch, rep.ginebraoi@maec.es, 
prun.geneva@mfa.gov.lk, mission.libye@bluewin.ch, mission.sudan@bluewin.ch, 
mission.sweden@bluewin.ch, mission-geneve-oi@eda.admin.ch, 
missionsyria@bluewin.ch, tajikistanmission@bluewin.ch, 
tajmission.gva@mfa.tj, mission.thaigva@mfa.go.th, geneva@mfa.gov.mk, 
geral@timorlestemission.ch, info@mission-togo.ch, prungeneva@foreign.gov.tt, 
at.geneve@diplomatie.gov.tn, turkey.unog@mfa.gov.tr, 
office@turkmenistanmission.ch, chancery@ugandamission.ch, pm_un2@mfa.gov.ua, 
genevaunprm@mofaic.gov.ae, geneva_un@fco.gov.uk, geneva@nje.go.tz, 
GenevaUSmission@state.gov, urunugi@mrree.gub.uy, uzbekistan@bluewin.ch, 
info@vanuatumission.ch, mission.venezuela@onuginebra.gob.ve, 
geneva@mofa.gov.vn, geneva@mofa-ye.org, info@zambianmission.ch, 
zimbabwemission@bluewin.ch, nuntiusge@nuntiusge.org, 
palestine.un@bluewin.ch, au-geneva@africa-union.org, acpgen@bluewin.ch, 
geneva@commonwealth.int, delegation.geneva@gccsg.org, bureau.geneve@coe.int, 
dragana.filipovic@coe.int, delegation-geneva-un@eeas.europa.eu, 
unogoffice@interpol.int, geneva@idlo.int, reper.geneve@francophonie.org, 
delegation@bluewin.ch, oecsgeneva@oecs.org, geneva@oic-oci.org, 
info@pifs-geneva.ch, putman-cramer@pam.int, denis.broun@ppdsec.org, 
dfernandez@upeace.org, uemoa-bxl@skynet.be, mission.order-malta@ties.itu.int


◆ 例文
件名: South Korea's violation of international law など(タイト
ルは個々別々のほうがいいので、できれば変えてください。From ・・と
あなた様の名前を入れても構いません)

本文:
Your Excellency,

The international order based on the rule of law is under threat by a South 
Korean Supreme Court ruling that denied the effect of international treaty 
and ordered foreign companies to pay exorbitant compensation. If the effect 
of international agreement or settlement were denied, it would open up a 
Pandora's box and revive old conflicts around the world. I urge the UN to 
take action.

On 30 October, South Korea's Supreme Court ordered Japanese company Nippon 
Steel & Sumitomo Metal Corporation to pay compensation to four South Koreans 
who they claimed were conscripted to work in Japan during the Second World 
War. It is estimated that three hundred Japanese companies will subsequently 
be ordered to pay about 20 billion US dollars.
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-11-04/south-korea-must-find-fix
-to-wwii-labor-case-japan-s-kono-says

The Korean peninsula was part of Japan and Koreans were Japanese nationals 
at that time in accordance with the Japan-Korea Annexation Treaty signed in 
1910. Koreans were exempt from military conscription but from 1944 to 1945, 
some were conscripted as labourers. This issue has been "settled completely 
and finally." (Article II) by the "Agreement on the Settlement of Problems 
Concerning Property and Claims and on Economic Co-operation between Japan 
and the ROK" signed on 22 June 1965, and South Korea received tens of 
billions dollars in current price from Japan. Please refer to the following 
link for English translation of the Agreement.
http://worldjpn.grips.ac.jp/documents/texts/JPKR/19650622.T9E.html

Both the Japanese and South Korean governments have been insisting that the 
issue has been settled. The Japanese Prime Minister Shinzo Abe told the 
media: "The ruling is a judgment that is impossible in light of 
international law." However, the South Korean government said that they will 
respect the ruling.

All disputes must end at some point, the international community must pursue 
peace and reconciliation, and South Korea must not be allowed to set a 
dangerous precedent.

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)


◆ 日本語訳
大使閣下
法の支配に基づく国際秩序が、国家間条約の効力を否定し外国企業に法
外な賠償を命じた韓国最高裁判決によって危機に瀕しています。もしも
国家間の合意や和解の効力が否定されたら、パンドラの箱を開け、世界
中の紛争を蒸し返すことになります。手を打つよう国連に求めます。
韓国最高裁は新日鉄住金に10月30日、第二次大戦中に日本に徴用された
と称する4人の韓国人への賠償を命じました。今後日本企業300社が約200
億米ドル(約2兆2千億円)の賠償を命じられると推定されています。
(河野外相の主張を報じた記事のURL)
当時朝鮮半島は、1910年に調印された日韓併合条約により日本の一部で
あり、朝鮮人は日本国民でした。朝鮮人は兵役を免除されていましたが、
1944年から1945にかけて労務者として徴用された人がいました。この問
題は1965年6月22日に調印された日韓請求権協定で「完全かつ最終的に」
(第2条)解決済で、韓国は現在の価値に換算すると数百億ドル(数兆円)
もの金を日本から受け取っています。請求権協定の英語訳については下
記リンクをご参照ください。
(政策研究大学院大学URL)
日韓両政府は、問題が解決済みであると強調してきました。日本の安倍
首相は報道陣に「判決は国際法に照らして、ありえない判断だ」と述べ
ています。しかしながら韓国政府は、判決を尊重すると述べています。
すべての紛争はどこかで終わらせなければなりません。国際社会は平和
と和解を追求しなければなりません。韓国が危険な前例を作ることは許
されません。
ご検討ありがとうございます。
敬具




■英米の罠から目を醒ませ、日本人よ!  《71》──────────
                               
                                              鎖帷子剣士
   ◎思想操作に気付かぬ、自信満々の年配者たち
    ――御代替わりを控えた、皇統護持の戦い――

 
★70代、我が同期生に見る日本的感性の消滅

 この夏、何年かぶりで入社以来の同期生たちと、泊りがけで瀬戸内の
地方都市への温泉旅行に出かけました。
 ローカル空港で、一日早く出立した彼らのレンタカーによる出迎えを
受け、会話も和やかに車は田舎道から海沿いの崖道をくねり、民宿の温
泉宿に到着です。眼前には瀬戸内の穏やかな海が広がり、同期会のセッ
トアップに働いてくれた幹事の御苦労に感謝です。

 夕食も進み酒も入り、各自の最近の体験談などに花が咲き、国内旅行
に話が及び、熊野古道やお伊勢参りに話が弾んだのでした。
 我々もいい年齢となり、日本人としての魂の回帰に、伊勢、熱田、出
雲、諏訪、熊野などに詣でるようになるのも、世界各国を飛んだ後には、
良い帰結であり選択だなあなどと、ひとりごちて拝聴していたのですが、
同期の一人がいきなり、「俺は行かない、俺、神社とか天皇とか嫌いだ
から」と言うではありませんか。

 ううーん、こいつは昔から良いやつなんだけど、変わらないな~と思
いガッカリする半面、もうこの年齢では、このまま行くしかないなと、
諦めの気持ちも半分でした。

 熊野ゆかりの、大逆事件連座で死刑になった医師の話にも及び、幹事
までが「共産主義は人類思想史の最も新しい近代的な思想だ」などと言
い出すに及んでは、私も引くしかありません。折角の同期会を不愉快な
議論の場にする気はありませんでしたが、それでも私は、「共産革命に
よる死者行方不明者は、第一次大戦二次大戦の戦死者数を上回るんだぞ」
と言えば、「共産主義思想に問題はない、問題は人間の方にこそある」
などと脳天気のままです。もちろん、共産主義の歴史的宗教的由来も知り
ません。

 この二人は、若いころからジャズが好きで、「趣味は争わず」ですか
らそれはいいのですが、何かしら外国思想の方に同意性を持っていると
ころがあります。私とは異質の、それだけに拝聴すべき感性の持ち主で
あり、これで友情が変わるわけではありません。でも、残念ながら自ら
の思想が何から由来しているのか、誰に植え付けられたのか、戦後の
WGIP(ウオーギルドインフォメーションプログラム=日本人に対する
占領洗脳政策)そのままの自らの発言に気付いていません。

 考えてみれば、現役時代は仕事の話ばかりで、古事記や皇室制度につ
いて話が及んだことはありませんでした。

 こうした人々の「洗脳」を解くのは容易なことではありません。プラ
イドが高いのか、自信満々なのか、議論のための議論に陥りやすく、他
人の話に聞く耳を持ちません。例えば「男女共同参画費用は陸海空三自
衛隊予算の1.6~1.9倍に及ぶ」と言っても、「それが何か問題があるの
?」と返してきます。長く日本社会を経験した、通常の感覚の持ち主な
ら、「えっ、そんなに多いの、何で?」と、疑問の心や驚きの感情が自
然に湧いて来るものですが、彼らは当然を装い、知らないことを表には
出しません。もちろん、市や区の「男女共同参画コーナー」にある、驚
くべき内容の関連図書の氾濫状況や、閲覧の経験もありません。
 

★「御代(みよ)替わり」を迎える日本国民の無知と無関心

 なぜ今更このようなことを言うのか? それは歴史を次世代に継ぐべ
き我々の世代の歴史認識が、WGIPに歪められたまま、特に皇室制度と
民族の神話に、まったく無知のまま、来春の「御代替わり」を迎える危
機感から述べています。

 具体的に言えば、どんな手段を使ってでも日本を開戦に追い込んで打
倒し、米国の従属国家にしようとした者と、それに呼応した一部日本人
たちの『日本國體』の破壊の意志は、今も働いており、そのことに気付
かない、日本国民の無関心に対する警鐘なのです。

 そうは言っても、私の同期生の発言から見ても、「天皇や皇室は不可
思議で畏れ多い祖先からの預かりものであり、そんな尊いものを我々の
代でいじることは、祖先に対して申し訳がない」という、当たり前の感
性や感情は持っていません。また戦前の学校教育を受けた、八十代の老
婦人が、「天皇陛下は大変ね~、もう人間になれば楽でいいのに……」
などと、陛下の御高齢に伴う御負担軽減に同情するあまり、『天皇陛下
は古代伝承の「神道」の信仰に由来する、宮中祭祀の務めこそが第一義
である』、大原則すら忘れているのです。

 歴史は流れではなく積み重ねるものであり、2700年以上の悠久の歴
史を紡ぎ続けてきた先人の営為を、ないがしろにしてしまう自らの愚か
さには、全く思いが至ってないのです。

 来春の「御代替わり」まで、もう時間がありません。縷々述べる暇は
ありませんので、二つだけ日本国民に知っておいていただきたい、海を
渡り来る『不倶戴天の敵』と、それに憧憬する「裏切り者たち」に対す
る、固有文化防衛の大事を以下に述べます。

★その一、皇位継承の必要条件と十分条件

 先ず、「血統」という一点において、父から子への父子継承、すなわ
ち、父親を遡及すれば初代神武天皇にたどり着く。これが皇統原理のす
べてです。憲法以前の古代からの不文法であった「父親をたどれば初代
神武天皇につながる父から子への父子継承」を成文化するに当たって、
これを「男系」という言葉で表現したのです。

 これに対する、「女系天皇」とは、母親のみが皇統に属し、父親は皇
統に属さない「一般人男性」である天皇は、過去に一例も存在しません。
 例えば、皇祖天照大御神は女神であり、始まりが女系継承であるとの
言は、「成りませる神=天照大御神」と、婚姻によって生まれた、「生
まれませる神=邇邇芸命(ににぎのみこと)」との区別がついていない
のです。この区別がよく解らない方は、古事記の「天照大御神の誕生」
を読めば、解ります。

 今日、天皇や皇室の研究者の90パーセント以上が、共産党系か全共
闘系の天皇制廃止論者が占めていると言われます。「国家論」を述べた
りするのも、また彼らですから、常に意図的な誤謬と欺瞞が含まれてい
ることに、気を付けなければなりません。

 過去八方十代の女性天皇は全員寡婦または生涯独身であり、女性天皇
(即位後)の子は御一方も存在しておりません。以上、男系の血統を以
て皇位継承の「必要条件」としますが、これだけでは「十分条件」では
ありません。そのためには、成りませる神である天照大御神の霊統を受
ける必要があるのです。それが「大嘗祭」における秘儀とされています。
秘儀の名は「真床襲衾(まどこおふすま)」とよばれていますが、決し
て公開されるものではなく、神代からの古伝として、天皇から皇太子へ
の御直伝(父子相伝)として伝えられるそうです。

 
 秘儀の内容について我々一般人が知る必要などありませんが、「大嘗
祭」に於いて天孫降臨の原点に帰り、皇祖天照大御神の霊統を受けるこ
とが、「十分条件」であるという根源的な意義だけは知っておいて下さ
い。今日、「勤労感謝の日(11月23日)」などという、誰が誰に感謝
するのか、由来が意図的に隠されている祭日は、本来は天皇陛下が、年
ごとの晩秋に新穀を大神様にお供えし、自らも召し上がるのが、宮中祭
祀第一の重儀「新嘗祭(にいなめさい)」の日なのですが、「新嘗祭」
は「大嘗祭」で授かった、霊力の更新祭儀と理解されています。


★「政教分離」に隠された伝統破壊
  ――大切なのは「成文法」より「不文法」――

 一体何が言いたいのか? 「宮中祭祀の簡略化・破壊工作」を恐れ
ているのです。「御國譲りは天下の重事」であり、御代替わりは國家の
大事であると同時に、皇室の重儀です。世俗権力の介入などお門違いの
皇室の聖域に、「政教分離」のスローガンを掲げて、「大嘗祭」は「國
の行事」ではない、単なる「皇室の行事」と言い張る勢力が存在します。
また、皇室の生活を限りなく落とそうという、悪意を隠した儀式の簡略
化を主張する者たちにも用心しなければなりません。

 「政教分離」には、一神教同士の宗教戦争の、血みどろの何百万とい
う大量殺戮の反省から欧州で発生した「法の精神」が内蔵しており、古
来から祭政一致の日本とは、歴史性が違いすぎます。皇太子の結婚の儀
が「國の儀式」なのに、天皇の御代替わり儀礼の中心たる大嘗祭が「國
の行事」とされないのは、何たるせせこましさか……教義もなく、布教
の概念もなく、特定の教団があるわけでもない天皇の祭祀が、国民の信
教の自由を侵しかねないなどと屁理屈を述べ、大嘗祭については宗教行
事だから、即位の礼と大嘗祭は法的に区別するべきだと、皇室の儀式を
分解しています。

 古来、皇室は「およそ禁中の作法は神事を先にし、他事を後にす」と
いう祭祀優先主義を固持してこられました。祭祀こそ天皇第一のお務め
であり、この際「マック憲法」など、自分の出自をわきまえて少しは遠
慮しろというのです。

 法律が即ち国家であるという風な論法はどこから来たのか? 国会・
内閣・裁判所が国家のすべてではありません。国民を法律で縛り国会
万能の政治体制を目論んだ元凶こそ、戦後の占領政治だったのです。

 皇室を含め、古来我が國の「政」は、人々の共通認識や、日本人とし
ての生活の大前提をわざわざ文律化して統制するようなことはせず、
「不文の法」として大切にして来たのです。

 来年の御代替わりを控えて、「大嘗祭の祭儀・祭祀」が「神代からの
古伝風儀」のままに、簡略化されることなく、寸毫も損なわれることな
く、御斎行されることを、いささかなりとも事情を知る國民は、心より
願っているのです。

 
★その二、皇統断絶の危機とその克服への道
 昭和22年10月、GHQは皇室財産を凍結し、宮家に対しては皇室財
産から支給されていた歳費を停止し、次いで各宮家の財産に9割もの莫
大な財産税を課しました。これにより存続不可能な状況に追い込まれた
皇族は、高松宮、秩父宮、三笠宮の三直宮家以外の、11宮家51人の臣
籍降下がなされ、皇室の藩屏破壊が成されました。

 理由は、日本進駐即天皇制の廃止では、再度戦火を交える恐るべき不
測の事態が予想され、占領政策をかえって困難にするとの判断からこれ
を回避し、じわじわと皇室の縮小を図った政策だと、「カルタゴの滅亡」
等を知っていれば、想像がつくと思います。

 将来皇統を継ぐべき幼少の男系男子は、秋篠宮家に御一人おられるの
みです。これにどう対峙するか? 今日まで125代もの長きにわたって、
皇統における男系継承が続いてきた大きな理由の一つは、直系男子の皇
位継承者が不在の場合は、傍系の男系男子によって皇位が継承されてき
たためです。ですから、敗戦にともなう占領政策によって臣籍降下され
た旧宮家の方々に皇室復帰していただけるよう、急ぎ制度を改める方法
が最っとも現実的であり、最有力です。戦勝国にいいようになされたこ
とへの、武士にとっては当然の、「雪怨の作法」ともいうべきです。

 しかし、これに反対する、明らかに意図を含んだ怪しい意見がありま
すので、二点だけ述べます。

 第一点:70年近くも民間におられた方々がいきなり皇族に復帰されて
も、国民感情が納得しない?

 嘘です。過去に皇統断絶の危機は四度もあったのです。最初の危機は、
第26代継体天皇のとき、前代の武烈天皇が、皇位継承者がないままお亡
くなりになり、日本中を必死に探し、その結果、第15代応神天皇のご子
孫で、10親等離れていた継体天皇が越前から迎えられ即位されました。

 実に、武烈天皇から五代離れた、260年前の遠い血統の方です。
 第二の危機は奈良時代、称徳天皇に対して光仁天皇は8親等・150年、

 第三の危機は室町時代中期、称光天皇に対して後花園天皇は8親等・130
年、第四の危機は江戸時代中期、後桃園天皇に対して光格天皇は7親等・
130年も離れた血統の方々です。たかだか70年! 何するものぞです。

 第二点:旧宮家の方々は全員皇籍に復帰することを断っており、なり
手がいない?

 嘘です。『旧皇族間で皇籍復帰のことは話し合われて居り、体制さえ
整えば、しかるべき方は多数居り、その覚悟は出来ている。』?明治天
皇の玄孫・竹田恒泰氏言

 以上の二点を見ても、一部侍従職・宮内庁職員、マスメディア、反日
左翼政治家と学者の結託による皇室を揺さぶる陰謀が進行中と見られま
す。それは、野党による「女性宮家創設」の主張と繋がっています。

 『皇統断絶に必ず至る、女性天皇・女系天皇を制度化すること、唯一
に皇統を維持できる旧皇族(男系男子)の皇籍復帰を阻止すること』

 これらは、既に2005年の「皇室典範有識者会議」の小泉総理への報
告書と、その構成メンバーの思想歴に顕われています。

 座長も座長代理も共産主義者であり、8参考人中、4名が共産党系と
言われています。この時の有識者会議の傲岸不遜ぶりは今でも語り草に
なる程の、不埒、不遜、不敬な物言いが記録されています。

 彼らの後ろに何が憑いていたのか?

 一神教から発した選民思想の共産主義者にとって、君民一体の日本の
國體破壊、皇統断絶は至上命令と思はれます。でなければ、戦後73年
もたつのに、日本国内に呼応者がいるとはいえ、どうして日本の皇室
制度だけが国連まで動員されて、しつこく狙い撃ちされるのか?

 皇統の危機に乗じる「女性宮家創設」の企みは、さらに主張を強めて
来るでしょう。旧宮家の皇籍復帰による皇室の藩屏再建こそ、唯一正統
な国策と、多くの國民が自覚する必要があります。急ぎ手当できる当面
の、文化歴史・思想防衛なのです。

 

■忙中閑あり《388》───────────────────────

                         杉山頴男

  ◎武士の外来語
   ──日本列島固有種[武士]を考究する

 武士が漢語以外の異国語に最初に出会ったのはポルトガル語。
 ボタン(釦)カルタ(歌留多)カッパ(合羽)タバコ(煙草)テンプ
ラ(天婦羅) カステラ(加須底羅) コンペイトウ(金平糖)等々。

 武士がポルトガル人のズボン(カルサン)を見て、コレはいいと、カ
ルサン袴(野袴)にしてしまった。武士のジーパンとなる。

 武士が一番に嵌まったのがポルトガル語のTaticas(戦術)。ターチ
カ。日本語でカチクチと訛った。
 『五輪書』『兵法花伝書』にも出てくる。孫氏の戦術を元にした、い
ままでの日本の戦術とまったく違う。原語を日本語訛りで発音するしか
なかった。
  ある者は「勝口」と当て字した。戦いに勝つための普遍的な道理と解
釈した。

 カチクチは『葉隠』にも出てくる。佐賀藩主の父子相伝の戦術として
出てくる。藩の重臣も誰も知らぬと、山本常朝、田代陣基に語っている。

 鍋島の化け猫騒動。江戸の世、講談、実録本になり流布され、昭和の
世には映画にもなった。
 怪談のネタは江戸の世のはじまる。肥前国(佐賀)の出来事。
 肥前国領主の重臣が領主家の代わりに領主(藩主)になってしまった。
元領主の孫は、それを恨み憤死。孫が可愛がった猫が化けて佐賀藩藩祖
と初代を襲うと云うハナシ。二代目が『葉隠』の常朝の殿様。

 この怪談バナシ、所詮、下々の妬み、嫉妬を煽るお楽しみ作品。

 秀吉の朝鮮侵攻で津々浦々の大名が佐賀を通って名護屋を往来。江戸
の世になって長崎がただ一つの交易港。長崎街道を行く異国人を佐賀の
民は好奇の目で見た。ゆせに佐賀の武士の異国への好奇心は他藩に比べ
抜きん出ていた。異国の恐怖にも敏であった。

 その遺伝子が幕末、幕府を尻目に反射炉を建造し、アームストロング
砲をつくり蒸気機関・蒸気船までも完成させる。
 鍋島家藩主の父子相伝のカチクチの戦術はわからぬ。が、合戦の決め
手は<火力と技術力>とのことではなかったか。これが父子相伝のカチ
クチゆえ、幕末、勝ち藩になれた。

////////////////////////////////////////////////////////////////

武道通信かわら版

発行周期: 月2回 最新号:  2018/12/05 部数:  949部

ついでに読みたい

武道通信かわら版

発行周期:  月2回 最新号:  2018/12/05 部数:  949部

他のメルマガを読む