武道通信かわら版

武道通信かわら版 9月5日号  通算438号


カテゴリー: 2018年09月05日
=============================================================
─────■─■─■■─────────【武道通信かわら版】
────■■■■■■■■────────9/5 2018 通算438号
───────■─■──────────
─────■─■■─■─────────インターネットで読む
─────■─■───■────────『武道通信』
────■■■■■■■─■───────サブマガジ
==============================================================
  http://www.budotusin.net        東京都 国立市東3-4-8
 sugiyama@budotusin.net       杉山頴男(ひでお)事務所
                    042-580-6428 
////////////////////////////////////////////////////////////////


         自虐史観なるシロモノではない
    父と母の 祖父と祖母の 叔父と叔母の 伯父と伯母の
             敗戦の自虐

            『失敗の本質』で
       語られないところに「敗戦」真実がある

             世代が移り
          自虐はいつしか蒸発する
            あとに残るは
     時事番組のアナウンサー コメンテーターの空言

       語られないところの真実を 見出す者は
         敗戦の自虐の系譜に繋がる者

            それに繋がる者が
            第二の失敗を防ぐ

   
              …………………………………………


1 お知らせ
2 北朝鮮の弱点を狙え! ……加藤 健
   ◎外務副大臣と面会
3 忙中閑あり  ……杉山頴男
   ◎『葉隠』の語られないところの真実
    ──日本列島固有種[武士]を考究する


■お知らせ───────────────────────────


一、  なぜに兵頭二十八が「軍学者」と名乗るようになったのか?
    いや、「軍学者」になったのか?
    12年前の第一回(2006-7月期)から“聴講”すれば
    おわかりであろう。
    兵頭二十八の<履歴>が詰まっている。

             *
   『電子本 読書余論』number1~47
   『読書余論 合本 number48~95』(48ヶ月分)
     ご注文はメールのみにて。
   
    兵頭二十八 net私塾「読書余論」
    ただいま無銘刀(掲示板)に
    2018-8月期 number146をアップ
    http://www.budotusin.net


二、 兵頭二十八 新刊
   日本転覆テロの怖すぎる手口 スリーパー・セルからローンウルフまで
    発売中  定価 800円+税 発行:PHP研究所
    http://urx2.nu/Lmeg



■北朝鮮の弱点を狙え! ご協力の呼びかけ《193》─────────

                                             加藤 健


チャンネル桜「闘論!倒論!討論!」での「迷走する朝鮮半島」。朝鮮総
連への破産申立てについて語る。9月8日土曜日23時から
YouTube等で配信。 http://www.ch-sakura.jp/1012.html


 ◎外務副大臣と面会


★ やる気溢れる中根副大臣

8月22日に外務省に行き、中根一幸副大臣と北東アジア第二課長に面
会してきました。中根副大臣は「拉致被害者を必ず救出する。とにかく
結果を出す」と強い決意を語ってくれました。日本体育大学を卒業した
あと、専修大学大学院法学研究科を修了した文武両道の中根副大臣です
が、まるで試合前の格闘技選手のような強い気迫を感じました。「この
人なら北朝鮮軍人と直接交渉しても大丈夫だ」と心強く思いました。
仲介の労ととってくださった上野尚徳・伊奈町議に大感謝です!

私のほうでは、資料を何枚も持参して7つもの制裁案を提案しました。
本当は国会議員にレクに行くときは、A4一枚に内容をまとめて添付
資料は多くても2枚が常識なのですが、なにしろ訴えたいことが山ほ
どあるので、無理やり大目に見てもらったのです(笑) ただ中根副
大臣は恐ろしく理解が早いし、担当課長は専門家なので、様々な案を
どんどん説明しても大丈夫だったので安心しました。

今回最初に説明したのは、例の世界的投資家ジム・ロジャーズ氏によ
る北朝鮮投資推奨問題です。6月20日付のブログで解説したように
ジム・ロジャーズ氏は、「いよいよ北朝鮮に投資できるぞ!」とやる
気満々なのです。今後様々なメディアで「北朝鮮投資はボロ儲けだ!」
と煽るつもりでしょう。みんなに投資させて、値段が上がったところ
で自分は売り抜けるのが「投資グル(指導者)」の常道です。なんら
かの手を打ってほしいと要請しました。
http://kenkato.blog.jp/archives/76053734.html

結局、北朝鮮に何千億円もの投資マネーが流れる事態を阻止できるか
どうかは、中国人投資家が「儲かる」と思うかどうかにかかっていま
す。制裁は二次的な問題に過ぎません。中国人投資家が「ゼッタイ儲
かる!」と思えば、中国政府がどれほど規制しようとも、裏ルートで
何千億円ものカネが北に流れます。規制をすり抜けるなど簡単で、ト
ランクに札束を詰めて香港かシンガポールに行き、そこからペーパー
カンパニー名義で投資するだけです。本ブログで過去何度も触れてい
るように、ペーパーカンパニーは簡単に作ることができ、名目上の役
員や住所を貸してくれる会社まであります。
そして北朝鮮に流れた投資マネーは、大部分が核・ミサイル開発費と
なります。「外国人による投資なんだから、そんなことはないでしょ」
と言う人がいるかも知れませんが、北朝鮮当局は入ったカネを全部巻
き上げてしまうのです。北朝鮮からすれば「入ったカネ=利益」です。
過去に朝鮮総連系の商工人から中国企業までみんな酷い目に遭ってい
ます。

逆に「北朝鮮投資は当局に巻き上げられて大損するだけ」という正し
い知識が普及すれば、制裁を緩和しても問題ないのです。犯罪被害に
遭うと分かって「投資」する人はいないからです。

制裁は、法的枠組みにばかり目がいきがちですが、一番重要なのは
「犯意」をどう抑制するかです。だからこそ、大袈裟な表現で北朝鮮
投資を煽るジム・ロジャーズ氏への対処が重要になってきます。彼
の推奨は、過去に何兆円という投資マネーを動かしてきたのです。

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。
6月にお願いしたロビー活動と同じになりますが、アメリカ上院外交
委員会のボブ・コーカー委員長にメールを送って、アメリカ人ジム・
ロジャーズ氏の北朝鮮投資推奨を阻止するよう依頼していただきたい
のです。仮に法律で禁止するのが難しくても、コーカー上院議員のよ
うな大物なら、問題を認識すれば何らかの手を打ってくれます。前回
お送りした方も、もう一度お願いします。

北朝鮮の核から日本を守るためには、国民一人一人が行動することが
大切だと思います。よろしくお願いいたします。


送り先(上院外交委員会のメールアドレス)
Web_inquiry@foreign.senate.gov

例文
件名: US Citizen Funding the North Korean Regime など (タイトル
は個々別々のほうがいいので、できれば変更してください。From ・・・
と自分の名前を入れても構いません)
本文:
Dear Chairman Bob Corker,

I am writing to respectfully request for legislation to prohibit US citizen 
from recommending investment in North Korea. As you are well aware, North 
Korean sanctions have not been lifted yet and it is the key to 
denuclearization.

Legendary investor Mr. Jim Rogers, who co-founded the Quantum Fund with Mr. 
George Soros that returned 3,365% in the 1970s, has been strongly and 
repeatedly recommending investment in North Korea. For example, on May 2015, 
Mr. Rogers told CNN: “Yes! I’m very excited about North Korea. If I could 
put all of my money into North Korea, I would. Massive changes are taking 
place there. I would not have invested in Kim Jong Un’s father or 
grandfather by any stretch of the imagination, but that’s like saying that 
in 1980 you shouldn’t invest in China because of Mao Zedong. Mao was dead 
and Deng Xiaoping was making huge changes. They are making huge changes in 
North Korea. The kid is making astonishing changes.”
http://money.cnn.com/2015/05/04/investing/jim-rogers-north-korea-russia-china/
I believe the world renowned investment guru’s guarantee has resulted in in 
hundreds of millions - possibly billions - of dollars of investment in North 
Korea and funded the country’s nuclear and missile programs.

On February 11, 2016, Mr. Rogers acquired 150,000 shares of Unaforte Limited 
in Hong Kong that has established the First Eastern Bank in North Korea. 
Paragraph 221 of 2017 UN Panel of Experts report warned prospective 
customers of the First Eastern Bank: “The Panel notes that foreign 
nationals holding accounts in banks of the Democratic People’s Republic of 
Korea would be a violation under resolution 2321 (2016). … The Panel wrote 
to China on all the above cases and continues its investigation.”
https://www.un.org/sc/suborg/en/sanctions/1718/panel_experts/reports

Any action that causes, assists, or promotes sanctions violation needs to be 
prohibited.

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)


翻訳文
ボブ・コーカー委員長
アメリカ国民による北朝鮮投資推奨を禁止する法律を制定いただきたく、
謹んでお願い申し上げます。ご承知のとおり北朝鮮制裁はいまだ解除さ
れておらず、非核化のカギとなるものです。
ジョージ・ソロス氏とともにクォンタム・ファンドを設立し、1970年代
に3,365%の配当を記録した伝説的投資家ジム・ロジャーズ氏は、北朝鮮
投資を強く、かつ繰り返し推奨してきました。例えば2015年5月にロジ
ャーズ氏はCNNに出演し、次のように述べました。「そう! 北朝鮮
に興味津々だ。もし全財産を北朝鮮に投資できるなら、実行するつ も
りだ。あの地で大いなる変革が行われている。金正恩の父親や祖父の代
に投資することは想像もできなかったが、それは1980年に毛沢東がいた
から中国に投資するなと言っているようなものだ。毛沢東は死んでいて、
鄧小平が巨大な変革を引き起こしている最中だった。北朝鮮で大いなる
変革が行われている。あの子(金正恩)は驚くべき変化をもたらしてい
る」(CNN記事URL)
世界的に著名な投資の教祖による太鼓判は数億ドル、場合によっては数
十億ドル単位の投資を北朝鮮にもたらし、核・ミサイル計画の資金源と
なったはずです。
2016年2月11日にロジャーズ氏は、北朝鮮でファースト・イースタン銀
行を設立した香港企業ユナフォルテの株を15万株分取得しています。
2017年度国連専門家パネル報告書はパラグラフ221で、ファースト・イ
ースタン銀行の見込み客に次のように警告しました。「当パネルは、
北朝鮮に銀行口座を保有する外国人は決議2321号(2016年採択)違反
になりうると注意喚起する。(中略)当パネルは上記事案すべてにつ
いて中国に照会し、調査を継続している」
(国連報告書ダンロードページURL)
制裁破りを引き起こす、または幇助する、または教唆するいかなる行ご
検討ありがとうございます。


■忙中閑あり《385》───────────────────────

                         杉山頴男

    ◎『葉隠』の語られないところの真実
            ──日本列島固有種[武士]を考究する


 『葉隠』の「語られないところに真実。」
 それは口述する山本常朝{つねとも}と、その口述を筆記する田代陣
基{つらもと}。ふたりに共通する心象風景である。

 常朝は、仕えた殿様が亡くなって追腹{おいばら}(切腹)をしたか
ったが武士の新憲法で禁止されていた。親族にまでもがとばっちりの罰
を受けることから、死んだつもりで出家した。
 名前のツネトモをジョウチョウと音読みで出家名に変えた。四十二歳
であった。

 殿様の祐筆役であった陣基は、殿様の機嫌を損ね御役御免。常朝と同
じ山里の草庵暮らしとなった。陣基三十三歳。
 常朝の草庵と近かったことから『葉隠』がはじまる。

 陣基が常朝の草庵を訪ねる。ときは元禄七年。元禄元号の最後の年。
西暦1710年。赤穂浪士討入から八年目。
 赤穂浪士贔屓は津々浦々に。幕府も世論に押され、浅野長矩の弟・大
学の閉門を解き旗本にした年。これで士農工商、おおっぴらに赤穂浪士
賛歌となる。

 奇しくも常朝と大石内蔵助は同い年。合戦がなくなって百年。武士は
本来の仕事場である戦場をなくした。嗚呼、もう武士本来の働き場所、
戦場はない。元禄武士の共通する心象風景。
 その心象風景は常朝も内蔵助も同じ。父、祖父、叔父、伯父から戦国
の世の祖先の手柄話をよく聴かされていた。

 この心象風景を打ち破ったのが内蔵助。
 常朝の嫉妬がいかほどか想像するに易い。この腹いせが吉良家討ち入
りを糞味噌に罵しる。陣基、百も承知の助だが口述をそのまま筆記する。

 陣基も討ち入りに喝采し津々浦々の武士の一人。城内の陣基の耳に追
い腹できず出家した佐賀藩若侍のヒーロー常朝が、武士道の鏡の内蔵助
を糞味噌に罵っているとの噂が耳に入る。
 で、御役御免になった際、常朝の真似し草庵住まい。処も通える近場
とする。

 常朝の草庵を訪ねての第一声は「武士道とは何でありましょか」
 
 タイトルを『葉隠』としたには諸説ある。自説はこうだ。
 庶民の佐賀城のニックネームは三つほどあった。敵の攻撃に備え、水
路をせき止めて城を水浸しにし天守閣だけが水中の亀のように浮かび上
がる仕組み。ここから「亀甲城」「沈み城」の名が。
 いま一つが葉に隠れた天守閣だから「葉隠城」。
 
 泰平の武士の戦場は畳の上の「城」。常朝、陣基のふたりに共通する
心象風景は畳の上の戦場「城」であった。
 
 「城」恋しさが『葉隠』の通奏低音。『葉隠』の語られないところの
真実である。


////////////////////////////////////////////////////////////////
 

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/11/05
部数 951部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/11/05
部数 951部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング