武道通信かわら版

武道通信かわら版 2月5日号 通算448号

=============================================================
─────■─■─■■─────────【武道通信かわら版】
────■■■■■■■■────────2/5 2019  通算448号
───────■─■──────────
─────■─■■─■─────────インターネットで読む
─────■─■───■────────『武道通信』
────■■■■■■■─■───────サブマガジ
==============================================================
  http://www.budotusin.net        東京都 国立市東3-4-8
 sugiyama@budotusin.net       杉山頴男(ひでお)事務所
                    042-580-6428 
////////////////////////////////////////////////////////////////


女子は8割褒めて 男子は8割叱る
「性差」に着目した勉強法とか

「性差」に着目した生き方法は
何万年前の
海神{わたつみ}を奉じる海人{あまびと}も同じ
後年 ハプロのパピルス籠やノアの方舟の世も同じ

民族国家なきグローバリゼーションと同じく
ジェンダーフリーも いっときだけの流行り
グローバリゼーション論 ジェンダーフリー論で
いまの世 評論家は糊口をしのぐ

大鎧のごとく ジェンダーを美しく着飾るのが
武士の真骨頂
では武門の子女 武女のジェンダーとは      


               …………………………………………

1 お知らせ
2 北朝鮮の弱点を狙え! ……加藤 健
  ◎北朝鮮生物兵器の脅威を全世界の国連代表部に訴えよう!
3 忙中閑あり  ……杉山頴男
   ◎ジェンダーと武女
    ──日本列島固有種[武士]を考究する


■お知らせ───────────────────────────


一、「読書余論」電子書籍完結
   三巻<96~143>発売!  
   メールにて「読書余論 三巻希望」とご注文くだされ
     一巻<1~47>二巻<48~95>とも各2800円
   現代唯一の軍学者の足跡が刻まれている

     ★バックナンバー1~147まで「兵頭二十八私塾・読書余論から
   http://www.budotusin.net/yoron.html
   お読みになりたいナンバーがありましたらご注文ください。
   ナンバー単品でも可(各500円)

二、 かつての武道通信の論客/小川寛大さんの新刊
  『神社本庁とは何か ――「安部政権の黒幕」と呼ばれて』
   K&Kプレス 1,600円+税
 
三、現在の武道通信の論客/加藤 健さんの新刊
  『鮮総連に破産申立てを!: 血税1兆円以上が奪われた』
   展転社 1,836円

四、兵頭二十八 新刊
  『米中「AI大戦」──地球最後の覇権は、こうして決まる』
  並木書房 1,400円+税

  


■北朝鮮の弱点を狙え! ご協力の呼びかけ《203》─────────
                
                       加藤 健


↓このたび西村眞悟先生が拙著の素晴らしい書評を書いてくださいました。
感激です。 
https://www.n-shingo.com/jiji/?page=1474


  ◎北朝鮮生物兵器の脅威を全世界の国連代表部に訴えよう!


★ トランプ大統領次第で危機に直面する!

米朝首脳会談が2月下旬に予定されています。トランプ大統領がどんな
譲歩をするかを巡って、さまざまな憶測が乱れ飛んでいます。

東京新聞の五味洋治論説委員はトランプ大統領が朝鮮戦争「終結宣言」
を出し、北東アジアの安保地図を激変させてしまうのではと危惧してい
ます。スティーブン・ビーガン北朝鮮政策特別代表が1月31日に行った
講演で、「トランプ大統領は、この戦争を終わらせる準備ができている。
それは終わった。終結した」と発言し、アメリカが北朝鮮を侵略したり、
政権転覆を試みたりすることはないと強調したというのです。
金正恩や金英哲が聞いたら狂喜する発言です。北朝鮮は「世界を脅迫し
たことは正しかった!」との確信を深め、更なる脅迫を考えるでしょう。
「なんという愚かなことを!」と思わずにはいられません。トランプ大
統領は朝鮮半島に関してド素人ですが、ビーガン氏も前職はフォード・
モーターズ副社長とのこと。頭の中にあるのは経費削減のみのようです。
五味氏は、「米朝間で終戦が実現すれば、次のステップは、経済制裁の
緩和、相互の連絡事務所開設、国交正常化だ。アメリカと中国との間で
も、こういう道をたどっている。拉致、核、ミサイルの解決を掲げる日
本政府も、否応なく北朝鮮との関係改善を迫られるだろう」と予想しま
す。
https://toyokeizai.net/articles/-/264132

トランプ大統領の行動を予測するのは非常に困難です。思い付きで行動
するうえ、合理性や常識が通用しないからです。本人にさえ予測不能か
も知れません。
間違いないのは不確定要素があまりに大きく、我が国がたいへんなリス
クに直面していることです。一寸先は闇です。

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。
トランプ大統領が危険な妥協をする確率を少しでも減らすため、ニュー
ヨークにある世界百数十ヶ国の国連代表部に北朝鮮生物兵器の脅威を訴
えるメールをお送りいただきたいのです。金正恩による核廃棄の口約束
など何の意味もないことを、生物兵器という別の脅威を取り上げること
で理解してもらいましょう。世界各国の外交官が状況を理解し、アメリ
カ外交官との会合で疑問を呈するようになれば、少しだけ抑止力になり
ます。

むろん蟷螂の斧です。しかし祖国日本が危険に瀕しているとき、なにも
しないという選択肢はないと思います。やれることは何でもやりましょ
う。例文コピペなら1分でできます。ご協力よろしくお願いいたします。


◆ 送り先
(宛先を自分にして、BCCに下記をコピーしてください。3回に分けな
いと送れない場合があります)
info@afghanistan-un.org, mission.newyork@mfa.gov.al, 
albania.un@albania-un.org, mission@algeria-un.org, contact@andorraun.org, 
theangolamission@angolaun.org, enaun@mrecic.gov.ar, armenia@un.int, 
australia@un.int, new-york-ov@bmeia.gv.at, azerbaijan@un.int, 
mission@bahamasny.com, bahrain1@un.int, bangladesh@un.int, bdpmny@gmail.com, 
prun@foreign.gov.bb, barbados@un.int, missionboliviaun@gmail.com, 
belmission.ny@gmail.com, newyorkun@diplobel.fed.be, blzun@belizemission.com, 
beninewyork@gmail.com, chadorpmb@yahoo.com, delgaliviaonu@hotmail.com, 
bihun@mfa.gov.ba, botswana@un.int, distri.delbrasonu@itamaraty.gov.br, 
brunei@un.int, bulgaria@un.int, mission.newyork@mfa.bg, bfapm@un.int, 
burundi@un.int, capeverde@un.int, cambodia@un.int, 
cameroon.mission@yahoo.com, canada.un@international.gc.ca, 
repercaf.ny@gmail.com, chadmission@gmail.com, chile.un@minrel.gov.cl, 
colombia@colombiaun.org, comoros@un.int, congo@un.int, 
mpcongo_onu@hotmail.com, contact@missioncrun.org, 
cotedivoiremission@yahoo.com, cromiss.un@mvp.hr, cuba_onu@cubanmission.com, 
mission@cyprusun.org, un.newyork@embassy.mzv.cz, missiondrc@gmail.com, 
nycmis@um.dk, djibouti@nyct.net, dominicaun@gmail.com, drun@un.int, 
ecuador@un.int, pr.egypt@un.int, elsalvador@un.int, mission.newyork@mfa.ee, 
ethiopia@un.int, mission@fijiprun.org, sanomat.yke@formin.fi, 
france@franceonu.org, info@gabonunmission.com, gambia_un@hotmail.com, 
geomission.un@mfa.gov.ge, info@new-york-un.diplo.de, ghanaperm@aol.com, 
grdel.un@mfa.gr, grenada@un.int, guatemala@un.int, onupnud@minex.gob.gt, 
missionofguinea.un@gmail.com, guinebissauonu@gmail.com, 
guinea-bissau@un.int, guyana@un.int, honduras_un@hotmail.com, 
hungary@un.int, unmission@mfa.is, india@un.int, indiaun@prodigy.net, 
ptri@indonesiamission-ny.org, newyorkpmun@dfa.ie, 
info-un@newyork.mfa.gov.il, info.italyun@esteri.it, jamaica@un.int, 
p-m-j@dn.mofa.go.jp, missionun@jordanmissionun.com, kazakhstan@un.int, 
info@kenyaun.org, kimission.newyork@mfa.gov.ki, contact@kuwaitmission.org, 
kyrgyzstan@un.int, lao@un.int, mission.un-ny@mfa.gov.lv, 
contact@lebanonun.org, lesotho@un.int, Liberia@un.int, 
info@libyanmission-un.org, mission@nyc.llv.li, lithuania@un.int, 
newyork.rp@mae.etat.lu, repermad.ny@gmail.com, MalawiNewyork@aol.com, 
MalawiU@aol.com, mwnewyorkun@kln.gov.my, info@maldivesmission.com, 
malionu@aol.com, malta-un.newyork@gov.mt, malta@un.int, 
marshallislands@un.int, mauritaniamission@gmail.com, mauritius@un.int, 
onuusr1@sre.gob.mx, fsmun@fsmgov.org, monaco.un@gmail.com, 
mongolianmission@twcmetrobiz.com, UN.NewYork@mfa.gov.me, 
morocco.un@maec.gov.ma, mozambique@un.int, myanmarmission@verizon.net, 
namibia@un.int, nauru@un.int, nepal@un.int, nepalmissionusa@gmail.com, 
nyv@minbuza.nl, nzpmun@gmail.com, nicaragua@un.int, nigermission@ymail.com, 
permny@nigeriaunmission.org, delun@mfa.no, un.newyork@mfa.no, oman@un.int, 
pakistan@un.int, mission@palauun.org, emb@panama-un.org, 
pngun@pngmission.org, paraguay@un.int, onuper@unperu.org, 
newyorkpm@gmail.com, nowyjork.onz.sekretariat@msz.gov.pl, portugal@un.int, 
pmun@mofa.gov.qa, unmoldova@aol.com, newyork-onu@mae.ro, press@russiaun.ru, 
ambanewyork@minaffet.gov.rw, ambanewyork@gmail.com, sknmission@aol.com, 
info@stluciamission.org, svgmission@gmail.com, samoa@un.int, 
sanmarinoun@gmail.com, sao-tome-principe@un.int, saudi-mission@un.int, 
senegal.mission@yahoo.fr, info@serbiamissionun.org, seychelles@un.int, 
seychellesmissionun@gmail.com, sierraleone@un.int, singapore@un.int, 
un.newyork@mzv.sk, slovenia@un.int, simun@solomons.com, somalia@un.int, 
pmun.newyork@dirco.gov.za, info@rssun-nyc.org, Rep.nuevayorkonu@maec.es, 
mail@slmission.com, sudan@sudanmission.org, suriname@un.int, 
swaziland@un.int, swazinymission@yahoo.com, sweden@un.int, 
nyc.vertretung-un@eda.admin.ch, tajikistanun@aol.com, thailand@un.int, 
newyork@mfa.gov.mk, timor-leste@un.int, togo@un.int, togo.mission@yahoo.fr, 
tongaunmission@gmail.com, tto@un.int, tunisnyc@nyc.rr.com, tunisia@un.int, 
tr-delegation.newyork@mfa.gov.tr, turkmenistan@un.int, tuvalu@un.int, 
tuvalu.un@gmail.com, ugandaunny@un.int, uno_us@mfa.gov.ua, 
newyork@mofa.gov.ae, uk@un.int, tzrepny@aol.com, USUNPolFax@state.gov, 
uruguay@un.int, uzbekistan.un@gmail.com, vanunmis@aol.com, 
misionvene@venezuelaonu.gob.ve, info@vietnam-un.org, 
YMISS-NEWYORK@MOFA.GOV.YE, zambia@un.int, zimnewyork@gmail.com, 
office@holyseemission.org, palestine@un.int,


◆ 例文
件名: North Korea’s Biological Weapons など(タイトルは個々別々
のほうがいいので、できれば変えてください。From ・・とあなた様の名
前を入れても構いません)
本文:
Your Excellency,

The New York Times reported on 15 January 2019, citing a former Pentagon 
intelligence official, that North Korea “has made major strides” in all 
technical areas needed for the production of a major germ arsenal. North 
Korea has been selling missile technology to Iran, Syria and Hezbollah, and 
they would likely start selling biological weapons as well.
https://www.nytimes.com/2019/01/15/science/north-korea-biological-weapons.html

The report said that starting three years ago, Amplyfi, a strategic 
intelligence firm, detected a dramatic increase in North Korean web searches 
for “antibiotic resistance,” “microbial dark matter,” “cas protein” 
and similar esoteric terms, hinting at a growing interest in advanced gene 
and germ research.

Bruce Bennett, a defense researcher at the RAND Corporation, said defectors 
from the North have described witnessing the testing of biological agents on 
political prisoners.

Other than regime change, there is no realistic solution to North Korea’s 
WMD proliferation activities.

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)


◆ 翻訳文
大使閣下
ニューヨークタイムズは本年1月15日、元アメリカ国防省情報担当者を引
用して北朝鮮が細菌兵器の本格的製造に必要なすべての技術分野におい
て「顕著な進歩を遂げた」と報じました。北朝鮮はイランやシリア、
(テロ組織の)ヒズボラにミサイル技術を販売してきましたが、生物兵
器も販売しだす可能性が高いです。
(NYT記事へのリンク)
アンプリファイ社という戦略情報提供会社によれば、3年前から北朝鮮に
よる「抗生物質への耐性」「未培養微生物」「Casタンパク質」といっ
た専門用語によるインターネット検索が激増していて、高度な遺伝子や細
菌研究への関心が高まっていることを示しているとのことです。
ランド研究所の防衛問題研究者であるブルース・ベネット氏によれば、政
治犯への生物兵器人体実験について脱北者が目撃証言を行っています。
政権交代以外に、北朝鮮の大量破壊兵器拡散への現実的解決策はありませ
ん。
ご検討ありがとうございます。




■忙中閑あり《392》───────────────────────

                         杉山頴男

  ◎ジェンダーと武女
    ──日本列島固有種[武士]を考究する


 武士のジェンダー、武士の社会的に要求される役割は「天下国家に
責任を持つ」。まぁ、これは江戸の世の武士であるが、では江戸の世
の武門の子女のジェンダーとは何であったろう。

 戦国の世なら「夫の戦友」の一言で済むが、泰平の世では多少、様
変わりする。「天下の槍働き」で城持ちの世は終焉した。天下分け目
の戦いの結果、ランキングで獲た、減らされた家禄を増やすことはで
きぬ世となった。

 この家禄を減らさないことが奥の主、武女のジェンダー。女子もそ
う躾けられた。
 が、合戦はなくなったと云え私怨の戦いは避けられない。他家への
挨拶で夫婦連れ添って外出するときは、奥方は一間(約1.8メートル)
後ろについて歩く。

 「三歩下がって師の影を踏まず」は、儒学塾の生徒の師への媚。
 町家夫婦の三歩下がっては、武門の礼儀作法のカッコ良さへの憧れか
ら。格好だけでよいから「三歩下がって」でよい。

 なぜ武士の夫婦は「三歩下がって」でなく2メートル弱の距離をとる
のか?
 「この恨み晴らさんぞ!」と突如、斬りつけられるとの想定。泰平で
も常在戦場の心得は忘れない。
 恨みの一刀を一歩下がって劍を抜き払う。
 三歩下がってでは鞘尻が妻に当たり、抜き損じる。鞘に入った二尺五
寸(95センチ)ほどの刀を差しているから少なくとも三尺後ろを(114
センチ)歩かないと鞘に当たる。それに一歩下がってくるのだから一間
(180センチ)の距離は保っておねばならぬ。

 そういうことだ。奥方は大抵、小さな包みを両手に捧げている「この
恨み晴らさんぞ!となったら斬りかかった武士に包みを投げつける。
遺恨の相手が包みを払う隙に抜刀し構える。 

 武家が夜盗に入られたとなったら大恥。減禄は免れない。
 奥方は毎朝、誰より早く屋敷内を散策する。そして夕闇がせまってく
る頃にも屋敷内を一回りする。夜盗は必ず下見する。毎日、庭を見回っ
ておれば落葉を踏んだ足跡、枝木の折れ具合で夜分に何者かが屋敷内に
侵入した気配を察する。

 泰平とて武士は軍人{いくさびと}。跡継ぎの男子がいなければ御家
は断絶。これが奥方の第一の責務となる。
 子がなければ丈夫な子を産めそうな側室を入れる。殿様の選好はさせ
ない。権限は奥方にある。武門の常識。そうでないシーンは芝居小屋の
ハナシ(TVドラマ)。

 子供は 流行り病(疫病)でよく死んだ。「7歳までは神のうち」と云
われ、7歳を超えるくらいの年齢になるまでに多くの子供があっけなく死
んでいた。生後1年になる前に20%から25%の子が死んだ。麻疹{はしか}、
疱瘡(ほうそう)だ。
 奥方が生んだ子が虚弱な場合も同じ。ろくでなしの場合も同じ。
 女子しかいない場合、婿をとる。婿探し奥方の仕事。これは「奥」の
テリトリー。「奥」の主、奥方は強かったのだ。
 ゆえにいまの世でも「奥様」なのである。

 
////////////////////////////////////////////////////////////////

武道通信かわら版

発行周期: 月2回 最新号:  2019/02/05 部数:  945部

ついでに読みたい

武道通信かわら版

発行周期:  月2回 最新号:  2019/02/05 部数:  945部

他のメルマガを読む