京都みちしるべ

京都みちしるべ352号「京の冬の旅を歩く」4

カテゴリー: 2015年03月20日
________☆メールマガジン「京都みちしるべ」☆________
■■■ ■■■
■     ■
■■■■■■■  ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■     ■   京都の旅館やホテル業界人による楽しい
■ ■■■ ■   
■     ■   メールマガジンです
■■■ ■■■  ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 
■ ■ ■ ■                       352号
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※このメルマガは、等幅フォントに最適化されています。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

▼シリーズ 新「あるく京都14」【その4】
〜「京の冬の旅(特別公開:平成27年1月〜3月)を歩く」をお届け〜
※2015年の「京の冬の旅」は3/18に終了しました。

今回は金波楼のひろさん、事務局のナナちゃんの2人で、冬の特別公開をして
いたお寺を中心に歩きました。午前中に「頂妙寺」を拝観して、木屋町三条の
人気イタリア料理店「サルヴァトーレ・クオモ」でランチバイキング。その後、
建仁寺の塔頭寺院「霊源院」へ行ったあと、東福寺を目指しました。

●清水寺のバス停で、バスを待ちます●

ナナちゃん:この清水道のバス停、変わっていますね。木造で良い感じです

ひろさん:「バスの駅 清水道」って書いてあります。道の駅みたいなもんでし
ょうか?

●清水道のバス停より207系統で東福寺を目指します。東福寺バス停で下車し
て徒歩10分で東福寺の塔頭「勝林寺」に着きました●

ひろさん:この勝林寺のご本尊は毘沙門天三尊像なんですが本来は秘仏だそう
です。ご本尊の向かって右側には毘沙門天のお后である吉祥尊天像、左には二
人の御子である善膩師童子(ぜんにしどうじ)が配置されています

ナナちゃん:ご本尊は平安時代の仏師・定朝作と伝わるようです。ところでこ
の毘沙門堂の床、少し傾いてますね!

ひろさん:お寺の説明によると天に向かって本尊側が高くなっているとのこと
です

ナナちゃん:今回は、ご本尊の胎内仏の毘沙門天像もご開帳しているようです

ひろさん:吉祥天像も秘仏だけあって彩色がよく残っています。自分は、浄瑠
璃寺の吉祥天像がお気に入りなんですがこの吉祥天像も美しいですね

ナナちゃん:毘沙門天のお使いとされる虎と百足。前立て本尊の左右の襖絵は
虎の絵ですね

ひろさん:北方の守護神毘沙門店をお祭りするお寺は京都だと鞍馬寺、奈良だ
と信貴山朝護孫寺。どちらも虎がいますよね

ナナちゃん:このお寺の寺紋も百足だそうでご案内の方のはっぴの後ろにもそ
れが描かれてます

ひろさん:そのほかの寺宝として伝円山応挙筆といわれる「七難七福図」など
もあります

ナナちゃん:通常拝観時は写経、写仏体験もできるようですよ

ひろさん:紅葉の時期はとてもきれいだそうですのでその時期にぜひもう一度
来たいですね

●東福寺のバス停に戻りそこから207系統のバスで東山七条のバス停に向かい
ます。約10分程度で智積院に到着です●

ひろさん:有名なお寺ですが初めて来ました

ナナちゃん:そうですか。私のおすすめのお寺の一つですよ!

ひろさん:広い境内ですね。お庭とかがいいんですか

ナナちゃん:広いお庭も、収蔵庫の障壁画も素晴らしいんです!

●拝観入口の右奥の収蔵庫からまず見学します●

ナナちゃん:ここには、長谷川等伯親子の「桜図」「楓図」などの国宝の障壁
画が飾られています。国宝をこんなに間近で見られるなんてすごいですね

ひろさん:桜図は等伯の息子・久蔵が25歳のときに描いたもので楓図は、その
久蔵が26歳で急逝したのを悼んで父親の等伯が55歳のときに描いたものらしい
です

ナナちゃん:ちょっと照明でくすんで見えますが、パンフレットの写真だと金
箔地に色鮮やかな楓が描いてあって本当に素晴らしいです

ひろさん:保存や保護のためにこのような照明や湿度になってるんでしょうね

ナナちゃん:それでも余りあるほどの迫力です

ひろさん:あちらの障壁画も「松に秋草」というらしいですが福山雅治のコマ
ーシャルで使われたりもしているそうです

●収蔵庫を後にして講堂・本坊を巡ります●

ナナちゃん:大変残念なんですが、庭園の整備補修(治水調査)のためお庭の
池にお水がありません。本当は素晴らしいお庭なんです。縁側に座ってお庭を
眺めると、まるで船に乗っているような感じになります

ひろさん:本来は、縁側すぐまでお水がくるようになっているようです。お寺
の説明では、正面の中国江西省の廬山を模した築山が崩れてきたのでその修理
も兼ねてるみたいですよ

ナナちゃん:そうか!長江を船に乗って廬山を見ながら下る……みたいな感じ
ですね

ひろさん:そこの手水石も言われてみると船の形をしてます

●その先の特別公開の宸殿に向かいます●

ひろさん:ここの襖絵は「婦女喫茶図」や「松桜柳の図」など現代絵画ですね。
手がけたのは堂本印象画伯です

ナナちゃん:衣笠の立命館大学の近くにも堂本印象画伯の美術館がありますね

ひろさん:宸殿は賓客をお迎えする建物なので、海外からのお客さまをお迎え
するときにこんな和モダンな襖絵もいいかもしれないですね

ナナちゃん:和服の女性と洋服の女性がテーブルで抹茶をいただいている「婦
女喫茶図」なんてまさにそんな感じですよね

ひろさん:お庭の工事が残念でしたが、広いお寺で見どころが多かったです

ナナちゃん:おつかれさまでした。楽しかったです

ひろさん:おつかれさまでした

【おわり】
※次回は春の話題でお届けしたいと思います。お楽しみに!

--------------------------------------------------------------------------
●今回登場した施設・団体
--------------------------------------------------------------------------
「金波楼」
→ http://www.newkinpa.on.arena.ne.jp/

「京の冬の旅」
→ https://www.kyokanko.or.jp/huyu2014/

「頂妙寺」
→ https://www.kyokanko.or.jp/huyu2014/huyutabi14_01.html#01

「サルヴァトーレ クオモ」
→ http://www.salvatore.jp/restaurant/kyoto/

「建仁寺」
→ http://www.kenninji.jp/

「勝林寺」
→ http://shourin-ji.org/

「智積院」
→ http://www.chisan.or.jp/

===================================
■◆今日のとっておき! 情報◆■
●ブログ「京都みちしるべ」。取材の写真もありますよ〜
→ http://ktjoren.kyo2.jp/

●京都旅行はこちら
→ http://meito.knt.co.jp/1/ca/10702001/

===================================
★京都みちしるべホームページ
メールマガジンにより詳しい情報を付加したページやお得な宿泊情報を掲載し
たホームページ「京都みちしるべホームページ」へもぜひお越しください
http://www.kit-net.ne.jp/kyo-miti/

★近畿日本ツーリストホームページ
「ツーリストビレッジ」 http://www.knt.co.jp/

★京都への旅のお申し込みは、お近くの近畿日本ツーリストへ!
===================================
●メールマガジン「京都みちしるべ」352号
●編集発行 近畿日本ツーリスト協定旅館ホテル連盟京都支部情報連絡委員会
●このメールマガジンは、下記URLよりいつでも登録/解除が可能です。
 http://www.kit-net.ne.jp/ktjoren/
●配信システムは「まぐまぐ」を利用しています。
===================================

京都みちしるべ

発行周期: 月2回刊 最新号:  2018/03/23 部数:  783部

ついでに読みたい

京都みちしるべ

発行周期:  月2回刊 最新号:  2018/03/23 部数:  783部

他のメルマガを読む