京都みちしるべ

京都みちしるべ第236号「山科・醍醐ルート」6

カテゴリー: 2010年05月21日
________☆メールマガジン「京都みちしるべ」☆________
■■■ ■■■
■     ■
■■■■■■■  ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■     ■   京都の旅館やホテル業界人による楽しい
■ ■■■ ■   
■     ■   メールマガジンです
■■■ ■■■  ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 
■ ■ ■ ■                       236号
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※このメルマガは、等幅フォントに最適化されています。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

▼シリーズ 新「あるく京都」9【その6】
〜今回は「山科・醍醐ルート」をお送りします〜

●情報発信してます●
ブログ版「京都みちしるべ」。京都の新ネタ満載でお届け中です!
http://ktjoren.kyo2.jp/

携帯オーディオガイド「京都フリーウォーク」の音声案内を「みちしるべ」に、
晴鴨楼・まさひろさん、情報連絡員会事務局・あやちゃんの二人が「山科・醍
醐ルート」を歩きます。
「京都フリーウォーク」はこちら
http://kyoto-free-walks.com/

前回のお話はこちら
http://archive.mag2.com/0000034723/index.html

●大石神社訪問後、少し時間がおしてきましたが、向かいの「岩屋寺」はぜひと
も訪ねたいお寺●

あやちゃん:大石内蔵助が住んではったんですか?

まさひろさん:そうみたいやね。この近くにいたことがあったみたいや

●岩屋寺では、お寺の方とお話することができました●

お寺の方:(大石内蔵助は)お酒をよく召し上がらはったようですわ。酔うたと
きに人を傷つけたらいけないと、刀の代わりに木刀を帯刀してはったようです

●あやちゃんとのお話のなかで●

お寺の方:今日は若いお嬢さんに来ていただいてほんまにありがたい。今の若いお
嬢さんは、ブランドものをよくお持ちになっていますね

●あやちゃん、フランスの某有名ブランドのかばん持参です●

あやちゃん:すんません(Q_Q)↓

お寺の方:いいんですよ。それは、いいんです。でもね、お嬢さんたちはブランド
ものをお召しになりながら、100円ショップでお買い物をされますわね。それが、
あかんと思うんです

まさひろさん:本物を使うのは大事なことですね

お寺の方:やっぱりトータルで考えないとあきません。(あやちゃんに)あなたは
おきれいなお顔やからええんです。不細工な顔してブランドものを持っていたらあ
かんと思うんです、私は

まさひろさん:いやいや、顔は関係ないです(笑)

お寺の方:やっぱり何でもトータルなんです。バランスをやっぱり、今のお若い方
に学んでいただきたいと思います

まさひろさん:彼女は大丈夫ですね

お寺の方:大丈夫です(^_^)。これは、大石様が使ってらした机です。これかて、一
枚板を使って丁寧に作ったから、今でもこうやって残っている。何でも「ほんまもの」
を使うことは大事です。これは、防弾チョッキです。これを装束の下に着てらしたか
ら、槍や刀から身を守ることができた。だから四十七士の方は亡くならなかった。こ
れを調達なさったのは大石さんです。これは大石さんが使ってらした金庫ですの。鍵
穴がありますでしょう。

まさひろさん:ほな、中になんか入ってるかも(^_^)b

お寺の方:そうかも分かりません。夢とロマンがありますね。あ、夢とロマンのため
に鍵穴作ったんとちがいますよ

まさひろさん、あやちゃん:(^◇^;)

お寺の方:大石様はね、討ち入りのことばかりが話題になりますけれど、実はほんま
に粋な人やったんですよ。伏見の撞木町(しゅもくちょう)いうところの遊郭へ度々
お出かけになってらした。ところでこの「橦木町」いう町名は遊郭ができたことにな
らって付けられた名前なんです。「撞木」いうのんは除夜の鐘を打つ棒のこと。鐘を
打つ「撞木」を遊郭がある場所の町名にするなんて、昔の方はユーモアがあったと思
いません? 

まさひろさん:え、ああ〜そういうことか。勉強になりましたわ

あやちゃん:(笑)

まさひろさん:オチは下ネタやけどな、ええこと教えてもろた

お寺の方:そうですやろ。毎年除夜の鐘聞くとき、思い出すんですわ

あやちゃん:あははは。そうですね

お寺の方:除夜の鐘を聞きながら説明をすれば、あなたのアタマの良さが分かるとい
うものです

まさひろさん:どう説明したらええやろ(^_^;)

お寺の方:下ネタになるか、ならないかはあなた次第ですよd(^-^)

【つづく】
--------------------------------------------------------------------------
●今回登場した施設・団体
--------------------------------------------------------------------------
「晴鴨楼」
→ http://www.seikoro.com/

「大石神社」
→ http://www.ohishi-jinja.jp/

「岩屋寺」
→ 京都市山科区西野山桜ノ馬場町96
     075-581-4052

「再會」
→ http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0005213166/P055523/
===================================
■◆今日のとっておき! 情報◆■

●ブログ「京都みちしるべ」。取材の写真もありますよ〜
→ http://ktjoren.kyo2.jp/

●京都旅行はこちら
→ http://meito.knt.co.jp/1/ca/10702001/

===================================
★京都みちしるべホームページ
メールマガジンにより詳しい情報を付加したページやお得な宿泊情報を掲載し
たホームページ「京都みちしるべホームページ」へもぜひお越しください
http://www.kit-net.ne.jp/kyo-miti/

★近畿日本ツーリストホームページ
「ツーリストビレッジ」 http://www.knt.co.jp/

★京都への旅のお申し込みは、お近くの近畿日本ツーリストへ!
===================================
●メールマガジン「京都みちしるべ」236号
●編集発行 近畿日本ツーリスト協定旅館ホテル連盟京都支部情報連絡委員会
●このメールマガジンは、下記URLよりいつでも登録/解除が可能です。
 http://www.kit-net.ne.jp/ktjoren/
●配信システムは「まぐまぐ」を利用しています。
===================================

京都みちしるべ

発行周期: 月2回刊 最新号:  2018/03/23 部数:  783部

ついでに読みたい

京都みちしるべ

発行周期:  月2回刊 最新号:  2018/03/23 部数:  783部

他のメルマガを読む