京都みちしるべ

京都みちしるべ 第124号 「義経」ゆかりの地をめざせ!

カテゴリー: 2005年06月03日
_________☆メールマガジン「京都みちしるべ」☆________
■■■ ■■■
■     ■
■■■■■■■  ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■     ■   京都の旅館やホテル業界人が集まって知
■ ■■■ ■   る人ぞ知るスポットをこっそりお教えし
■     ■   ま〜す!
■■■ ■■■  ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 
■ ■ ■ ■                        第124号
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※このメルマガは、等幅フォントに最適化されています。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

▼シリーズ17<「あるく京都」vol.3
(妙蓮寺と宝鏡寺、そして義経ゆかりのスポット)

 京都に住み、京都で暮らすからこそわかるコース&スポット。メジャー
 なスポットから超穴場まで、京都を知り尽くした彼らのガイドは一級品!
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今シリーズでは、さまざまなみどころを経由して今年の大河ドラマ『義経』ゆ
かりの地をめぐります。前回は義経が東北へ遠征する際に道中の無事を祈った
とされる首途(かどで)八幡宮を散策し、京都市考古資料館を見学しました。
これから職人さんがつくる和菓子を楽しみに、「菓遊茶屋(かゆうぢゃや)」
へ向かうところです。

●「菓遊茶屋」は鶴屋吉信の2階です●

まさ:ここのお店の2階に【菓遊茶屋】ってあるんやけど、和菓子の職人さん
が目の前で季節の生菓子を作って出してくれる

あい:話にはよく聞いてました。いよいよ初体験です

ひろ:抹茶と和菓子のセットで@840円。ちょっと高い気もするけど和菓子
の製作過程や原料なんかを説明聞きながら体験できるんで、京都ならではの体
験かもしれへんね

……菓遊茶屋は5席ぐらいのカウンター(行ったことないけど高級すし店みた
いな?)形式になってます。和菓子職人さんと真向かいに座ってじっくりと作
業を見ることができます。

まさ:和菓子は月代わりで2種類から選べるみたいやで

ひろ:少し季節を先取りしてるんで、今月は桃と梅の生菓子やね

あい:桃のほうが『桃里』、もう一つの梅のほうは『里桜』って言うんですっ
てどっちにしようかな?

まさ:お菓子を選べる楽しさとその製作過程を細かく説明付きで見ることがで
きるんで、カップルでも親子でも楽しめる

あい:わたしもお母さん誘って来ようっと!

ひろ:いい親孝行になるよね

●おいしいお菓子とお抹茶をいただいたあと、『妙蓮寺』というお寺に向かい
ます●

ひろ:次は、ここから堀川通を少し北に上ったところにある『妙蓮寺』に行く
けどここは、いわゆる観光寺院ではなくて普通のお寺なんや

あい:なんか特別なものがあるんですか?

まさ:日蓮宗のお寺で、長谷川等伯なんかの襖絵もある。ここのお寺の境内に
も早咲きの桜があって平野神社よりこっちの方がいっぱい咲くんやで

ひろ:まあ、見るものはこれだけやし次いこか?

●今出川寺之内の東北角にある人形供養で有名な『宝鏡寺』に行きます●
……このお寺は春(3月)と秋(11月)の人形展の時のみ公開されています。
今回は、人形塚のみ撮影しました。

ひろ:このあたりの、堀川(東側)一帯は日本の茶道界の中枢を担ってるって
知ってた?
あい:それって『裏千家』、『表千家』ってことですか?

まさ:そうそう、『今日庵』、『不審菴』ってことやね

ひろ:掘川通から一筋入っただけでずいぶん雰囲気が変わるよね

あい:高そうなお茶道具やさんなんかの店もあって“いかにも”って感じ

ひろ:今日庵(いおり)は入れへんけど、記念撮影でもしとこうか?そこにふた
り並んで〜

……警備の方も居られますが、門前で記念撮影は可能です。(はい、ポーズ)
その道を南に向かって下がり次は『白峯神宮』に向かいます。

【つづく】
 
●取材者の発言が事実と違っていることがあります。ご了承ください。

--------------------------------------------------------------------------
●今回登場した施設・団体
--------------------------------------------------------------------------

「菓遊茶屋」(鶴屋吉信)
  → 京都市上京区今出川通堀川西入ル
       075-441-0105
       水曜定休(鶴屋吉信は無休)
            
「妙蓮寺」
  → 京都市上京区妙蓮寺前町
       075-451-3527
       
「宝鏡寺」
  → http://www.hokyoji.net/

「裏千家 今日庵」
  → http://www.urasenke.or.jp/   

「表千家 不審菴」
  → http://www.omotesenke.jp/

===================================
■◆今日のとっておき! 情報◆■

●6月は菖蒲の季節! 鷹峯の「華しょうぶの会」はいかが

園内が約3000本のいろとりどりのしょうぶで埋め尽くされます。雨の季節、足
もとに気を付けて、京都の風情を十分に味ってください。6/11〜19の開催です。

  → http://www.shozan.co.jp/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★京都みちしるべホームページ
メールマガジンにより詳しい情報を付加したページやお得な宿泊情報を掲載し
たホームページ「京都みちしるべホームページ」へもぜひお越しください!
http://www.kit-net.ne.jp/kyo-miti/

★近畿日本ツーリストホームページ
「ツーリストビレッジ」 http://www.knt.co.jp/

★京都への旅のお申し込みは、お近くの近畿日本ツーリストへ!

===================================
●メールマガジン「京都みちしるべ」第124号
●編集発行 近畿日本ツーリスト協定旅館ホテル連盟京都支部情報連絡委員会
●このメールマガジンは、下記URLよりいつでも登録/解除が可能です。
 http://www.kit-net.ne.jp/ktjoren/
●配信システムは「まぐまぐ」を利用しています。
===================================

京都みちしるべ

発行周期: 月2回刊 最新号:  2018/03/23 部数:  784部

ついでに読みたい

京都みちしるべ

発行周期:  月2回刊 最新号:  2018/03/23 部数:  784部

他のメルマガを読む