京都みちしるべ

京都みちしるべvol.28

カテゴリー: 2001年06月08日
_________☆メールマガジン「京都みちしるべ」☆________
■■■ ■■■
■     ■
■■■■■■■ ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■     ■  旅館やホテルの業界人がワイワイと、 
■ ■■■ ■  座談会形式でお届けする京都情報です!
■     ■ ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■■■ ■■■
■ ■ ■ ■                        第28号
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※このメルマガは、等幅フォントに最適化されています。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

▼シリーズ6<京都の人100人に聞きました編>VOL.6

 京都に住み、京都で暮らすからこそわかるコース&スポット。そこで今回は、
 近畿日本ツーリスト協定旅館ホテル連盟京都支部の情報連絡員が街に出て京
 都人100人にアンケートを実施、その結果について座談会をした模様をお
 伝えします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

荒井ちゃん……あときらら坂が……。行ったんですけれど。漬け物屋の名前ば
       かりが通ってしまっていて、地元の人に聞いても、「どこが坂
       ですかね」と逆に聞かれるぐらいなんですよね。きらら坂って、
       ほんまの場所と知ったはります? あの一帯がきらら坂なんで
       すか?

まさやん………比叡山というか、あっちのほうで雲母がとれたんやろ。それの
       ずっと続いている。

せいじ…………阿闍梨さんが通ったというやつ。

荒井ちゃん……地元の人は全然知らない。

まさやん………でも昔はずっととっていたらしいよ。雲母とかいう。

荒井ちゃん……きらら漬けのお店はみんな言うてくれはんやけれど。どこが坂
       なんですか。地名? 地域名なんですか?

まさやん………きらら漬け?

はじめちゃん…きらら漬けの店の前のところをずっと上がっていくと。曼殊院
       とか。

せいじ…………非常にひなびた風情が残っているところです。曼殊院、詩仙堂、
       圓光寺なんかもありますので、比較的穴場と思いますので、い
       いかと思います。

荒井ちゃん……円通寺は借景で有名なところなので行ったんですけれど、最初
       は住職さんになかなか話を聞いてもらえなかったんですけれど。
       そうですね。最初は怖い、相手にしてもらえないという。どこ
       の国の海外旅行者が一番多いかとか、そのへんはようわかった
       はる人で、日本はどちらかと言えば、海外から入ってくるお客
       さんが少ないので、それをもっともっと考えていかないと、京
       都はこれからあかんというのはちらっと話をしたはりました。

せいじ…………そこは岩倉というかなり北のほうですが、岩倉の実相院なんか
       も有名ですし、ちょっと場所的にわかりにくいところですので、
       逆に穴場かなと。比叡山を借景にした庭が非常に見応えがある
       というか、本当に何十回も来られる方があるというぐらいのも
       のという住職のお話でしたので、また住職の話も、チャンスが
       あれば、聞けるかもわかりませんので。

まさやん………地下鉄が通っていますから便利というかね。

荒井ちゃん……ちょっと国際会議場から歩かなければならないでしょうね。

まさやん………実相院は去年からライトアップしたでしょ。

荒井ちゃん……バスで行ったら大変みたいですね。添乗員が言うたはったけど。

せいじ…………そうですね。お土産のお店としては、阿闍梨餅(あじゃりもち)
       というのがあるんですけれど、これは比叡山の阿闍梨さん、修
       行されているお坊さんの、千日回峰行という厳しい修行を達成
       されたお坊さんのことを阿闍梨さんと言うんですけれど、その
       名前をとってあるお菓子で、甘さもひかえめで、非常にシンプ
       ルな味わいのお菓子ですので、これもお薦めです。有名なお店
       ですので。駅の中とかで売っているので、お店はちょっと不便
       なところにありますが。百万遍のちょっと北のほうですので。
       でも、やっぱりお土産としては、先程言われていた班の方のお
       漬物の次ぎに和菓子というのが一番メジャーかなと。京都には
       上菓子屋さんと、おまんじゅう屋さんと、お餅屋さんか。お遣
       物(つかいもの)にするのと、自分らが普段に食べるのとか、
       ランキングがあって、本当にたくさん、100mに1軒ぐらい
       和菓子屋さんがあるというところですので、駅の中とかでした
       ら、たくさんお店がまとまっていますので、そちらで選んでい
       ただいたらいいかと思います。

荒井ちゃん……あと僕が通るところなので行ってきましたが、鞍馬の参道とい
       うか、山道。これが何度も京都に来た人で、「次どこ行こうか」
       というような人が行くところだと思うんですが、花脊のあたり、
       冬はちょっと大変だと思いますが、花背の集落のところにそば
       屋がありまして、ちょっと凝っているというか、だしに入った
       そばは出さずに、絶対に、器で出してつけて食べるやつしか出
       ないんです。冷たいそばと言うんですか。それを出してはると
       ころがあるんですけれども、ただ車で行く人はいいんですが、
       バスで行くと1日に4、5本ぐらいしかないので、朝一番のバ
       スで行くか、夕方、終バスの2本ぐらい前のバスで行かないと、
       帰って来れないんです。結局、花背に行くまでのところですれ
       違ってしまうから、それで花背に行ってしまうと、終点まで行
       って帰ってくるのを待たないといけないので、まあ、2時間ぐ
       らいは時間をつぶせるとおっしゃっていましたが。そこのそば
       が山椒を打ち込んであって、冷たいそば2皿が出てきて、そば
       は2回食べるもんやという謂(いわ)れがあるということで、
       2皿出てきて。最初に食前酒が出てくるんですけれど、山椒が
       混じった大根おろしが出てきまして。

せいじ…………わさびはない?

荒井ちゃん……わさびは使っていません。そばの実というんですか、あれをか
       けて食べたら、香ばしいというか、カリカリしたそばになるん
       ですけれど。そういうちょっと奥まったところの風情というか。
       普段よく通りますが、寄ってみたら「京都っていいところあん
       ねんな」という感じのところですね。

せいじ…………貸し切りタクシーか、何人かで行ったら、レンタカーで行くと
       か、そういうふうなね。京都をほとんど知り尽くした人が行く
       みたいな手もありますね。

荒井ちゃん……よくテレビで取材も年に何回かはあると言っていました。

まさやん………冬はやってへんのと違う?

荒井ちゃん……冬はやっていないみたいです。でもそれ以外の季節なら。一つ
       離れのところがあって、そこはかやぶき屋根のところなんです
       けれども。「ぜひ取材に来てください」とか言っていました。


(つづく)

※文中の料金等につきましては、変わっている場合がありますので、必ず事前
にお問合せ・ご確認くださいますようお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------
●今回ご紹介した施設(市外局番は075)

「穂野出(きらら漬け)」
 左京区上一乗寺寺谷田町43 781−5023

「満月 阿じゃ梨餅」
 左京区田中大堰町  791−4121

「花背の里 そば屋」
 左京区花背 746−0321 


===================================
■◆今日のとっておき! 情報◆■


●日本最大の大学博物館オープン!

 京都大総合博物館(京都市左京区)の新館が6月1日オープンしました。霊
長類学や生態学などの研究資料約250万点を所蔵し、既存の旧館と合わせ、
国内最大の大学博物館になります。
 展示は、戦後の京大の研究成果が中心で、京大霊長類研究所の天才チンパン
ジー「アイちゃん」との知恵比べが目玉の一つ。知能研究に使っている実験機
器を展示、画面に出る問題に入館者が答え、ビデオ映像のアイちゃんとスピー
ドを競います。 
 また、直径5メートルの巨木などがある熱帯雨林を再現、全長18.5メー
トルのつり橋から観察する展示は、マレーシアの熱帯雨林で実際に行っている
調査を基にしました。 
 新館は鉄筋コンクリート造りで、地下2階地上4階のべ約6700平方メー
トル。展示スペースは1、2階で、霊長研を始め京大の各研究所から生中継で
講演もできる小型円形劇場なども備えています。 
[住所]京都市左京区吉田本町 [電話]075-753-3272, 3273, 3274


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◆ 京都に行きたくなったら、お宿はこちら!         ◆
◆ 京のお宿 http://www.knt.co.jp/kokunai/kyoto/yado.htm  ◆
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

★京都への旅のお申し込みは、お近くの近畿日本ツーリストへ!

★近畿日本ツーリストホームページ
「ツーリストビレッジ」 http://www.knt.co.jp/

===================================
●編集発行 近畿日本ツーリスト協定旅館ホテル連盟京都支部情報連絡委員会
●発行部数 現在1352部
●ご意見・ご感想の宛先 ktjoren@kid97.co.jp
●このメールマガジンは、下記URLよりいつでも登録/解除可能です。
 配信まぐまぐ http://www.mag2.com/     マガジンID=0000034723
===================================

京都みちしるべ

発行周期: 月2回刊 最新号:  2018/03/23 部数:  784部

ついでに読みたい

京都みちしるべ

発行周期:  月2回刊 最新号:  2018/03/23 部数:  784部

他のメルマガを読む