京都みちしるべ

京都みちしるべvol.24

カテゴリー: 2001年04月13日
_________☆メールマガジン「京都みちしるべ」☆________
■■■ ■■■
■     ■
■■■■■■■ ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■     ■  旅館やホテルの業界人がワイワイと、 
■ ■■■ ■  座談会形式でお届けする京都情報です!
■     ■ ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■■■ ■■■
■ ■ ■ ■                        第24号
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
※このメルマガは、等幅フォントに最適化されています。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

▼シリーズ6<京都の人100人に聞きました編>VOL.2

 京都に住み、京都で暮らすからこそわかるコース&スポット。そこで今回は、
 近畿日本ツーリスト協定旅館ホテル連盟京都支部の情報連絡員が街に出て京
 都人100人にアンケートを実施、その結果について座談会をした模様をお
 伝えします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

たかあき………次はお薦めの食事場所というアンケートにランクインしていた
       お店、一之船入(いちのふないり)。中華です。完全に町家の
       中華屋さんで、のれんだけがかかっているお店で、外から見る
       と「食事できるの?」というような感じのお店構えです。高瀬
       川沿いですね。ですから、川の本当に横。

つねさん………木屋町から…。

まさやん………ああ、2mぐらい入ったところ?

つねさん………そうそう。あれ、何通りって言うの? 河原町二条下る、京都
       ホテルの北側。ほんまに普通の家です。そこへちょっと小粋な
       のれんがかかっていて、誰がこんなところ中華料理やと思うよ
       うなお店。で、食べに行きました。

あきひろ………値段も良心的で。ランチは800円。

つねさん………普通の家の掘りごたつで食べる。

たかあき………ランチでも4種類ぐらい品数があって、ABCD。

つねさん………めちゃくちゃ量が多くて、味はそこそこうまい。「この800
       円は値打ちあるぞ」と言いながら帰ってきました。そこは京都
       風の中華。味はちょっと薄口で、それでも結構満員やったね。

たかあき………満員でしたね。奥の座敷は予約で来られていました。

ちーちゃん……何人ぐらい入れるの?

つねさん………何人ぐらいかな。2階は見せてもらえなかったのでわからない
       んですけど、1階だけで10人ぐらいかな。ほんまにキッチン
       が横にあるんですよ。オープンキッチンみたいなところで。

あきひろ………20人ぐらいはいけたかな。

たかあき………1階で20名はいけますね。カウンター・テーブルで10席。
       別部屋で12ありますから、12名ぐらい。

つねさん………「なんで京都で中華や」と言われるかもしれないんですけれど、
       これもタクシーの運転手さんがお客さんを乗せて、「どこか安
       いところで、京都っぽいところで食べたい」というリクエスト
       に、「中華でもよろしいでっか?」と、そういうところで案内
       するというアンケートが何票かありました。
 
せいじ…………タクシーの運転手さんでないとなかなかわからない穴場ですね。

つねさん………一之船入の中華は、味もおいしいし、値段も800円で食べら
       れる。それに京都の町家をもろ見れる。

たかあき………奥は船入りの川のところが見えますし、風情があります。

つねさん………高瀬川の。船が、模型みたいなのが置いてますけれど、そのち
       ょうど前ぐらいです。風情があります。で、2軒目は。

あきひろ………波風(はふう)。

つねさん………ああ、波風。104の電話番号案内にかけて「なみかぜ」と言
       って聞いたら、「そこは波風(はふう)や」と。そういうお店
       がありまして、場所は夷川麩屋町上る西側。これもなかなかわ
       かりまへん。看板がどっと出ているわけではないし。お昼は9
       00円からランチがあります。おしゃれなお店みたいです。カ
       ウンターだけがあって。味はそこそこやったかな。洋食レスト
       ランで、肉、ステーキ類がメインになるみたいですけれど。味
       はあきひろさんにまた聞いていただければいいと思います。お
       しゃれな店らしいですわ。あきひろさんが入ったときは。

あきひろ………カウンターだけの席で。

たかあき………地元の人がちゃりんこで食べに来はる。

つねさん………そこのお店も何票か運転手さんから聞いています。

たかあき………次に行きましたのが、「京都らしさを感じる場所」の中に回答
       がありました鴨川の亀石。これが本当に京都らしいのかなと思
       うんですけれど。あきひろさん、どうでした?

あきひろ………意味がわからないですよね。亀が京都らしいというのが。亀石
       を渡って、鴨川が渡れるんです。東から西に、西から東に。橋
       じゃなくて、渡れるんです。でもなんで亀なのか、その意味が
       わからない。

まさやん………いてもいいやん。

つねさん………あっても構へんという。

まさやん………亀があって、船が浮かんでて。

つねさん………とりあえず、そこのポイントがアンケートの中に入ってました
       もんで、行ってきた。なんの意味か全くわからんやけど。

まさやん………まあ、言えば、川を渡れるということは、橋を渡るのは、やっ
       ぱり、川の真ん中に立っても、上からしか見れないですやんか。
       川と同じ目線で、下から川の真ん中で見られるんですよ。鴨川
       の真ん中があって、鴨川を見上げたら、ここら北山があって、
       なかなか見えん角度じゃないですか、普段の生活では。そうい
       う意味やと思いますけれど。

たかあき………亀石自体でなくて、そのロケーションが大事だ、と。

あきひろ………ロケーション的には最高ですよね。東山も大文字も、比叡山も
       見えるし。

つねさん………まあ、鴨川を渡れるところはそうないから。それが観光名所か
       と言えばわからへんけれど、「京都らしさを感じるとこ」とい
       う地元のアンケートの中にそういうのが入っているので、そう
       いうところも1回渡ってみはったらいかがですか、と。今、ま
       さやんが言うたように、鴨川の真ん中から鴨川を見るというか。
       そうすると、北山だとか、鴨川が分かれているとことか、下鴨
       の糺の森だとか、そういうのを見て、また一つの京都を見ても
       らえるのかなと思いますけれど。あと、それからどこへ行かれ
       ました?

(つづく)

※文中の料金等につきましては、変わっている場合がありますので、必ず事前
にお問合せ・ご確認くださいますようお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------
●今回ご紹介した施設(市外局番は075)

「一之船入」
 中京区河原町二条下ル一之船入町537番50 256−1271

「波風」
 中京区麩屋町夷川上ル笹屋471−1 257−1581


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「京都の人100人に聞きました」アンケート結果 その2

Q.
あなたのおすすめの食事場所はどこですか?

A.
1.梅の花
2.湯豆腐 嵯峨野
3.田ごと
4.波風
4.順正
4.あと村
4.はやし
4.一銭洋食
4.いもぼう平野家
4.泉仙

昼食はそれぞれにお気に入りのお店があるようで票もかなり割れました。そん
な中でもガイドブックなどにも掲載されている有名店には多く票が集まったよ
うです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
◆ 京都に行きたくなったら、お宿はこちら!         ◆
◆ 京のお宿 http://www.knt.co.jp/kokunai/kyoto/yado.htm  ◆
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

★京都への旅のお申し込みは、お近くの近畿日本ツーリストへ!

★近畿日本ツーリストホームページ
「ツーリストビレッジ」 http://www.knt.co.jp/

===================================
●編集発行 近畿日本ツーリスト協定旅館ホテル連盟京都支部情報連絡委員会
●発行部数 現在1381部
●ご意見・ご感想の宛先 ktjoren@kid97.co.jp
●このメールマガジンは、下記URLよりいつでも登録/解除可能です。
 配信まぐまぐ http://www.mag2.com/     マガジンID=0000034723
===================================

京都みちしるべ

発行周期: 月2回刊 最新号:  2018/03/23 部数:  784部

ついでに読みたい

京都みちしるべ

発行周期:  月2回刊 最新号:  2018/03/23 部数:  784部

他のメルマガを読む