セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術

★セクシー心理学!第459色~バレンタインの連想ゲーム。★

カテゴリー: 2010年02月21日
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

   『セクシー心理学!』 第459色

            バレンタインの連想ゲーム。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■■■ 400万円のセミナーで学んだ内容を無料で公開しています ■■■

毎月40万円の安定した収入を得る事を可能とする、
次世代のビジネスモデルとは?

>>>  http://123direct.info/tracking/af/240081/PXJUiEDz-PhaAuR2y/   <<<

> 400万円と言えば、1万円400枚分です!
> ………そういうレベルの発想しかできない僕は色々と学んだ方がいいかも
> しれません。本気でビジネスモデルを学びたい方はぜひ!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

格安かつ最大アピール!
広告案内は、 sinri@tbd.t-com.ne.jp にメールください。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
  このメルマガの本編でございます。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

こんばんは。ゆうきゆうです。

「マンガで分かる心療内科」ですが、最近チョコチョコ更新しています。

最新は第16回「心のEDを改善する方法」です。

⇒ http://yucl.net/manga

よろしければ、ぜひ。





さて少し前に、バレンタインが終わりましたが、いかがでしたでしょうか。

僕は毎年、バレンタインになると、どうしても思い出してしまう、一つの「謎」
があります。

今回は、その謎について、あなたと一緒に考えていこうかと思います。




◆ 

当時、僕は小学4年生でした。

そして僕のクラスで、「ユウ」くんは僕だけでした。

ユウといえば僕。僕以外はありえません。

これ、前フリです。



さてあるとき、バスで遠足に出かけました。

ご存じと思うんですが、そういうときのバスって、通路の左右に、それぞれ2
人がけのイスがあります。

すなわち、横に4人が並ぶわけです。

さてここで、先生が「連想ゲームをしましょう」と言いました。


先生が、まず一番前の生徒4人にたいして、こっそり「お題」を言います。
するとそのお題から連想するものを、その生徒が、それぞれ真後ろに伝えてい
く…というわけです。

すると連想が次から次に続き、最後尾まで到達する…というわけです。

まぁ、競争というより、「最後に4列それぞれで何になったかなー? 最初の
お題はコレでしたー!」みたいな、和気あいあいと楽しむ感じのゲームでした。


そのころから微妙な発想のする僕は、

「なんだ…。競争じゃないのか…。だったら、ちょっとヘンな連想語を後ろに
伝えて、うちの列だけすっごいコトにしてやろう」

と、素敵な企みをしていました。
(例…「りんご」から「禁断の果実」とか)

自分でもアレな子供だったと思います。


そのように思っていたら、ですね。

そんなことが、どうでも良くなるくらいの事件が起こったのです。




そのとき、僕の隣には、友達の男の子が座っていました。

彼が、前に座っていた女の子から、何ごとかの「連想」を耳打ちされていまし
た。
そしてそれを聞いて、ニヤッと笑って、後ろの子に何かを伝えていました。


何だろう…?

そう思っていると、その直後。

彼は言いました。


「今、前から『ユウくん』って回ってきたから、『ヘンタイ』って回しておい
た!」




………。


え、どゆこと!?

なんか今の短い文の中に、2つ3つツッコミたいことがあるんだけど!

どこから手を付けていいのか分からないんだけど!


僕は激しくそう思いました。
あまりのことに、自分のところに来た言葉や、自分が後ろに伝えた言葉すら、
現在記憶にないほどです。


ていうかまず、「ユウくん」⇒「ヘンタイ」ってどういうことですか、と。

彼にとって僕と言えば、一発でヘンタイなのか、と。

いや、ここでみなさんに誤解しないでいただきたいんですが、小学生って、割
と「ヘンタイ」って言葉、大好きです。

からかい半分、面白半分で、「ヘンタイ」とか呼びます。

ある意味、僕の時代では、「称号」でした。
なんか誇らしい感じの。

何より僕自身、その隣の彼をヘンタイと呼んでいました。

「おうヘンタイ!」
「なに、ヘンタイ?」

みたいな。
今考えると、ちょっと微妙な小学生たちだったと思います。

間違っても、彼が本気で僕をヘンタイだと考えていたとか、そういう状況では
なかったと思うのでご安心ください。たぶんそう思う。
僕も実際、小学生時代にバストとか言ってなかったですし。
そういうネタ出すの、ここ最近ですし。

悪化してるとかそういうのはスルーでお願いいたします。


………まぁ、それはいいんです。

少なくとも、隣の彼がそう連想したのは許しましょう。

もっと重要なことは、別にあります。



なぜ前の女の子は、「ユウくん」と回したか。

すなわち前の女の子は、何をもって「ユウくん」を連想したのか。


その女の子は、とてもかわいい子で、ひそかに憧れてる子でもありました。
ものすごく気になります。


そんな混乱を抱えているうちに、ゲームが終わりになりました。
連想が、バスの最後尾まで到達したのです。

僕の列の最後尾の単語は、正直あまり興味がなく、覚えてません。

そして隣の列は、「ヘンタイ」の続きからか、アホとかバカとか、それなりの
言葉だったと思います。
僕からそこまで来たかー、とか思うと感慨深かったです。


それ以上に問題は、「最初の言葉」。

先生は、にこやかに笑って言いました。


「ちなみに最初の言葉は、『バレンタイン』でしたー♪」



僕は思いました。

手がかりは、そろった!


前の女の子の前に、二人の生徒がいました。


すなわち、

 「バレンタイン」(先生のお題)
⇒「 ? 」(最初の子の連想)
⇒「 ? 」(次の子の連想)
⇒「ユウくん」(彼女の連想)

なのです。


当時の僕は、もちろん思いました。

 「バレンタイン」
⇒「告白」
⇒「好きな人」
⇒「ユウくん」

だと。


そう!
すなわち僕は、その子に好かれてたんだ!



自分でも幸せな子供だったと思います。
おかげで今も、いい思い出です。

あぁ、あのころの僕はモテた、みたいな。


そして毎年、バレンタインになるたびに、そのことを思い出してしまうわけで
す。

しかし、果たしてあのときの推理は、当たっていたのだろうか、と。

年齢と共に、また違った推理が思い浮かびます。

たとえば一つ考えたのは、

 「バレンタイン」
⇒「2月」
⇒「2月生まれ」
⇒「ユウくん」

というもの。
自分は誕生月が2月なので、こういう答えもありえるかと思ったんですが。

この場合も、

僕の誕生月を知ってる + 誕生月から即思い出すのが僕

ということから、「僕のことが好き」という結論は変えなくてもいいかと思い
ました。

ただ、他の連想もあります。
そもそもバレンタインからの連想って、甘いモノが好きな小学生なら、「チョ
コレート」なんじゃないかと。

ただもちろん、チョコが嫌いな子だっていたはずです。

すなわち、

 「バレンタイン」
⇒「チョコレート」
⇒「嫌い」
⇒「ユウくん」


だったらどうしよう。

推理のしかたによって、まるで逆です。


もしくは………。

 「バレンタイン」
⇒「チョコまみれ」
⇒「ヘンタイ」
⇒「ユウくん」

とか。


まさかの「ヘンタイ」⇒「ユウくん」⇒「ヘンタイ」のサンドイッチ。

最悪すぎます。

言うまでもなく、結論はいまだに出てません。
謎が謎を呼びすぎてます。



もちろん、その女の子には、聞けませんでした。

「ていうかバレンタインになって、チョコもらえたかどうかで分かるのでは?」

という意見も、あるかと思います。

しかし僕は、バレンタインの前に引っ越してしまったので、彼女からチョコを
もらうタイミングがありませんでした。

僕の推理が正しかったのかどうか、分かりませんでした。


おかげで今も、いい思い出です。
真実が分からないから。


-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 謎は謎のままが幸せなのかもしれません。



というわけで、いかがでしたでしょうか。


ちなみに最終的に至った結論はこれです。


 「バレンタイン」
⇒「好きな人」
⇒「ユウくん」
⇒「ユウくん」


前の子も好き、みたいな。
ユウくんからユウくんの連想も、間違ってるとは言い難いですし。


………。

こういうこと考えちゃう人間が好かれてたとは思えない、という気持ちを抑え
込みつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


(完)


ビックリするほど心理学と関係ありませんでした。
読んでくださってありがとうございました。

今回のご感想ありましたらば、こちらから!
⇒ http://sinri.net/sinrigaku/713.html#respond

○ ゆうメンタルクリニックはこちら。
心療内科・精神科について、マンガでぜひ。
⇒ http://yucl.net/

そしてマンガ「おとなの1ページ心理学」は、こちらから!
⇒ http://sinri.net/comicblog/451.html

○ サイトはこちら!
⇒ http://sinri.net/

セクシー心理学GOLDはこちらです。
⇒ http://sinri.net/gold.htm

電車の中でもセクシーに! 携帯サイトはこちら!
⇒ http://fp-japan.com/sx/

○ ゆうメンタルクリニック池袋(4月からです)
⇒ http://yuik.net/

>――――――――――――――――――――――――――――――――――
> 一瞬、音声の彼女が出来るソフトなのかと思いました。
> パソコンから「オハヨウ、ユウクン」的な。彼女が欲しい方はぜひ!

30日以内に彼女を作れる無料音声をプレゼント
彼女がほしいなら今すぐに手に入れてください。

 http://www.mote-secret.com/love/talk.html

>――――――――――――――――――――――――――――――――――

そしてこちら、セクシー読者さんだけにオススメするメルマガです。

----------------------------------------------------------------------
男でもなく女でもない。角魔大鷹に架せられた使命は戦うこと。ロックという
両刃の剣で……。戦艦、戦闘機、戦車、大陸弾道ミサイルをも破壊する
音響兵器を駆使するロックバンドと、世界最強国軍が太平洋で火花を
散らす壮大なるロックオペラ、それがAudiokillarだ。
購読登録はコチラ→http://www.artsider.net/

○主人公が男か女かは最後まで謎なまま話が進むのかと思いきや、リンク先の
キャラクター紹介であっさり性別が書いてあるのが衝撃でした!
----------------------------------------------------------------------

   ★☆★ 女医のたまご いがわしほ の ブログはこちら ★☆★
>>> ブログ『ねこはいぬ』 http://nekohainu.blog46.fc2.com/  <<

   笑いあり苦笑いありの医学生の日常を、ブログでお届けします。

----------------------------------------------------------------------

「この予算でも大丈夫?」という方も「広告」とタイトルしてぜひメールを!
sinri@tbd.t-com.ne.jp です。絶対に掲載してみせます!

メルマガ相互広告も再開しました!

興味ある方は、⇒ http://sinri.net/sougo1.htm
からお願いいたします。

相互広告に関しては、↑経由でのみしかできませんので、どうかよろしくお願
いいたします。

書籍情報はこちらから。
⇒ http://sinri.net/book/

それでは皆さん、おやすみなさい。
あなたが、とても静かでセクシーな夢を見られますように。

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在の読者さま  まぐまぐ138634名様 メル天7799名様 メルマ2979名様
E-maga1328名様  カプラ504名様 +独自配信のみなさま。

発行者  大和まや & ゆうきゆう

バックナンバーはこちらです!⇒ http://www.mag2.com/m/0000034430.htm

登録・解除はこちらで。
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000034430.htm 
メルマ http://www.melma.com
カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/
E-maga http://www.emaga.com

ゆうメンタルクリニック
http://yucl.net/
http://yuik.net/
興味あります方は。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━

セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術

発行周期: 週に1度、宝石が届きます。 最新号:  2019/01/16 部数:  59,050部

ついでに読みたい

セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術

発行周期:  週に1度、宝石が届きます。 最新号:  2019/01/16 部数:  59,050部

他のメルマガを読む