セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術

★セクシー心理学!★特別号?ファイナル

カテゴリー: 2003年05月12日
_______________________________________
    
       セクシー心理学!   2003−05−12 No.152

             特別号〜『ファイナル・ディシジョン』
_______________________________________


みなさんこんばんは。ゆうきゆうです。
いつもセクシー心理学をご購読してくださって、本当にありがとうございます!

今夜のセクシーは特別編として、有料版のGOLDのスペシャルアレンジをお送りいた
します。今号だけで完結するようにアレンジしましたので、どうかお楽しみいただけれ
ば幸いです。

セクシー心理学GOLDには、4種類のスキルがあります。

自分の気持ちを熱く高めるための   【情熱系スキル】

自分の気持ちを涼しく休めるための  【癒し系スキル】

相手の気持ちをトロかし操るための  【誘惑系スキル】

相手の気持ちを包んで昇天させるための【包容系スキル】

今回はこのうち【情熱系】のスキル『ファイナル・ディシジョン』と、2つの企画をお届けします。


【今回のセクシー目次】

★1 <マヤお姉さんとユウくんのオトナの心理教室 『ストレス強度表』>

★2 <悩み相談室 『男性の気持ちを取り戻すには?』>

★3 <GOLDスキル 『ファイナル・ディシジョン』>



それでは、今夜もどうか、お楽しみくださいね。

━━━━M━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     マヤお姉さんとユウくんの『オトナの心理教室』
                        
            〜 ストレスの不思議?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━U━━

マヤ「みなさんこんばんは! マヤです!」
ユウ「ユウです!」
マヤ「では、今日はストレスについて学んでみましょう」
ユウ「……ストレス?」

マヤ「ねえユウくん。最近の調子はどう?」
ユウ「なんか疲れ気味です…」

マヤ「またフラれたの?」
ユウ「………」
マヤ「それともお金がないの?」
ユウ「………」
マヤ「それとも忙しくて寝てない?」
ユウ「…………」
マヤ「どれ?」

全部です。
僕は心の中で激しく突っ込みました。
マヤ「そうねぇ…。それじゃ、こんなお話をしましょう」
ユウ「え?」
マヤ「ほら、こんな表があるの」

マヤ先生はそう言いながら、以下のような表を見せました。

【ストレス強度の表】

配偶者の死 100 妊娠       40 親類の紛争   29 余暇の変化  19 
離婚     73 性の不一致 39 子どもの離婚 29 宗教の改宗  19 
別居        65 家族数増加 39 顕著な業績   28 活動の変化  18 
懲役        63 仕事不適応 39 配偶者退職   26 小金額の借金 17 
近親者の死  63 経済的変化 38 入学や卒業   26 睡眠の変化  16 
本人の病気  53 親友の死   37 性格の変化   25 同居人数   15 
結婚        50 配置転換   36 環境の変化   24 食事の変化  15 
解雇        47 夫婦げんか 35 上司と紛争   23 休暇     13 
離婚調停期  45 大借金   31 仕事の変化   20 クリスマス  12 
退職        45 抵当の停止 30 転居         20 軽微な違反  11 
家族の病気  44 仕事の責任 29 転校         20 

ユウ「なんですか、これは?」
マヤ「これはホームズとレイという社会心理学者が1967年に発表した、ストレス強度の
表よ」

ユウ「ストレス強度?」
マヤ「人生に起こる色々なイベントを、数値化したの。とにかくもっとも大きな基準が
『配偶者の死』。これを100として、相対的に他の数値を出したそうよ」
ユウ「へえ…」

マヤ「この数値を足して、1年以内に150を超えた人は、次の年にその半数が何らかのス
トレスによる病気にかかるとされているわ」
ユウ「……怖いですね……」

マヤ「ほら、表を見てみて。『結婚』が50のストレスになってない?」
ユウ「…確かに…。結婚ってそんなにつらいことなんですか?」

マヤ「…したことないから、分からない…」
ユウ「…………」

マヤ「話、進めていい?」
ユウ「どうぞ…」

マヤ「…でもね、ストレスというと、すぐにつらいことばかり考えちゃうけど、実際は
そうではないの。大きな決断をするとき、気持ちを切り替えなければいけないとき…。
そして何よりとっても楽しいことであっても、大きな意味で『ストレス』にはなってい
るわけよ」

ユウ「…はぁ…。そう考えると、確かに結婚があるのもうなずけますね」
マヤ「でしょでしょ? …でもこの表の通りに計算してみると、なんだかちょびっとヘ
ンなことになるのよ」
ユウ「どういう意味ですか?」

マヤ「たとえば最後のほうにある『クリスマス』。年に一回必ずあるのに、ちゃっかり
12点もあるでしょう?」
ユウ「……ホントだ……」
マヤ「でもこれって、どう考えても人によってストレス度合い、違うわよね。恋人がい
て幸せな人と、もう何年も恋人がいなくて一人寂しいクリスマスを過ごしている人とだ
ったら、絶対に同じ数値じゃないと思うんだけど」
ユウ「………」
マヤ「ユウ先生は、クリスマスごとに5000点は足さなきゃダメよね」

余計なお世話です。
僕は心の中で激しくそう思いました。

マヤ「それに『夫婦げんか』は35点だけど、毎年毎年夫婦げんかを繰り返して地道に35
点を足している夫婦だったら、絶対に『配偶者の死』で100点足されるどころか、一気
に
ポイントが0くらいまで減ると思うんだけど」

それは言っちゃダメです。
心の中に言葉にならない想いが渦巻きます。

マヤ「さらにアレよ!? 結婚してほとんど直後に離婚しちゃったIZAMなんて、50
+73で、すでに123点よ? 150点を超えたらアウトなわけだから、あと27点よ!?」

ユウ「確かに、そういう計算になりますね」
マヤ「そう考えると、作家デビューした彼の本がそれほど売れてないのは、『顕著な業
績』で28点が追加されるのを恐れてるからに違いないわ」

ありえません。

マヤ「さらにね!? 突然にクビになった山田さんがいたとするわよ?」

うちのサイトは山田さんにこだわりがあるんでしょうか。
僕はそう思いながらもその言葉を飲み込みました。
マヤ「そうすると『解雇』に加えて、当然『環境の変化』『余暇の変化』『活動の変化』
『経済的変化』も起こるわよね。すると、47+24+19+18+38で、一気に146よ!?
もうその時点でリーチかかっちゃうのよ!?」

リーチって言い方、やめてください。

マヤ「それに運悪くそれが12月だったらどうするの? あと少しでクリスマスよ!?
12点が追加されちゃうのよ!?」
ユウ「……はい……」

マヤ「……山田さんの取れる方法は一つしかないわね……」
ユウ「……何ですか?」

マヤ「山田さん、クリスマスのない国へ亡命」

しませんて。

マヤ「それしかストレス回避の方法はないからね」

その方がよっぽどストレスだと思うんですけど。

マヤ「実際に行ったそうよ。山田さん」

実在するんですか。
ていうかそんなことやってるから解雇されたと思うんですけど。

マヤ「いずれにしても、ストレスがあまり多すぎるのは困りモノ」
ユウ「………」
マヤ「みなさんも、スポーツでも遊びでも恋人でもいいので、うまくストレスを消化で
きるような趣味を持ってくださいね」
ユウ「…なんかすごく強引にまとめられてるような気がするんですけど…」

マヤ「何か言った?」
ユウ「いえっ! …でも先生、とりあえずどんな趣味を持とうとしても何をしても失敗
ばかりでストレスになっている僕はどうすればいいんでしょうか…」
マヤ「………」
ユウ「………」
マヤ「…上の表に、『ユウである…50000点』とか追加しておきましょうか」

なんですかその結論は。
僕は心の中で激しく思いながら、静かに家路についたのでした。


(完)

━━━━?━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   セクシー悩み相談室
      Sexy Question 「仕事で忙しいカレ。」
             〜Yさん(女性)からのご相談

━━━━━━━━━━━━━━━━?━━━━━━━━━━━━━━━♪━━━━━
                 (本日のカウンセラー…ユウ)

このコーナーでは、GOLD読者さんからのご相談にお答えしてまいります。
どうかみなさんも思い当たる気持ちを重ねて、ごゆっくりとお読みください。

<<Sexy Question>> 「仕事で忙しいカレ。」

ユウ先生こんにちは。最近から拝読し始めた23歳のOLです。
この暗澹とした状況から抜け出したくて悩み相談に早速メールさせていただきます。

今、恋人のことで悩んでいます。
大学生時代はいつも彼の方から「結婚しよう」と言ってくれていたのですが、
入社してから急に「今は先のことはわからない」「仕事が忙しくて恋愛のことにまで
気がまわらない」などといって話をそらすようになりました。

また、「おまえは俺の愛情を確認するような話ばかりになるから嫌だ」
とまで言われてしまいました。

私たちの関係をよくするためには、どうすればいいのでしょうか?
それとも彼は私と惰性で付き合っているだけでもう飽きてしまっているのでしょうか?

こんな私にアドバイスがいただければうれしいです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<<Yu's Sexy Answer>> 『今は、レベル0 』

そうですか…。ご相談、承りました。
実際、女性からこういった形の相談が届くことは本当に多いです。
こんな状況のとき、彼は本当はどう考えているのか…?
そこに隠されている男性心理を読み解いてみましょう。

実際に人間には「投影」という心理作用があります。
一言でいえば、「自分の感じる気持ちを相手が持っていると考えてしまう」こと。

彼は「自分は本当に愛しているのか?」という不安を抱えているからこそ、
「あなた自身が自分の愛を疑っている」と考え、それを責めることで、自分の中の不安
を打ち消そうとしている可能性が大です。

また、よく仕事をしている人は「忙しい」という言葉をよく使います。
しかし、本当に忙しくても、1週間のうちに1度も時間を作れないということはほとんど
ないはず。
それ以上にわたって「仕事が…」とあなたとの出会いを避けるようなら、それこそ彼の
気持ちはかなり盛り下がっている可能性が高いでしょう。

逆に女性も、あまり好みではない男性から誘いを受けたとき、「忙しくて、予定が立た
なくて…」という断り方をしませんでしょうか?(ううう…)
もし本当に相手と会いたいと思っているなら、それこそ「今はダメだけど、○○日なら
…」というような代わりの案を伝えるはずなのです。

いずれにしても、少し厳しいかもしれませんが、今現在、彼の中であなたの存在はそれ
ほど大きいように思えません。
そしてこんなとき、あなたから彼のことを責めれば責めるほど、彼の気持ちはよりウン
ザリしてしまうはずです。

ではいったいどうすればいいのでしょうか?
もちろんこんなときの解答は色々あります。
それこそ「優しく包み込んであげる」「とにかく魅力をあげる」「新しく好きな人を見
つける」「何か自信の持てる別の分野を見つけておく…」。

なので今回はちょっと別な心構えをお教えしましょう。
それこそが「今の自分をレベル0と考えること」。

長い付き合いでは、ある程度の期待が生まれてきます。
「これだけ尽くしたんだから、当然これくらい返してもらうものだ…」
「毎日でもメールをしてくれるべきだ…」
「週に1度も会えないなんておかしい…」

でも、そんな考えを捨ててください。
とにかく今の自分を「レベル0」と考えるのです。

週に一度しかメールがなければ、それが2回になったら「勝ち」。
電話の回数やデートの回数が、1回でも増えたら「勝ち」。
一緒にいるときに笑ってくれる回数が、1度でも多くなったら「勝ち」…。

そういった小さな喜びをもう一度見つけていくのです。
この気持ちこそがミニGOLDスキル『レベル・ゼロ』!

その気持ちさえあれば、実際に「勝ち」にするのはそれほど難しいことではありません。
『スプリット・スピリット』『泉の気持ち』『パーフェクト・ブルー』『心からの裏切
り』…。
今までのスキルを総動員でチャレンジしてみてくださいね。

大切なのは、今の自分の位置を認めること。
そしてその中で確実に楽しめるように行動していくことです。

あなたの幸せを、心より願っております。

(完)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    セクシー心理学GOLD
                〜『ファイナル・ディシジョン』
                       …情熱系スキル (語り…ユウ)

━━━━━━♪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 袋小路から、抜け出すスキル。

「もう自信がなくなっちゃった…」
「このまま今の仕事を続けていいのか分からない…」
「これ以上彼女のことを追っていていいのだろうか…」

そんな気持ちを抱えて、心が袋小路に迷い込んでしまうことは誰にだってあるはずです。こんなとき、いったいどのようにしたらいいのでしょうか?

今回は、そんな場合に即効的に気持ちを盛り上げるスキルをお教えしましょう。

題して、「生命の本能と最後の二択!」
どうかごゆっくりとお楽しみくださいね。

◆ 今すぐか、また後か。

ではさっそくクエスチョン。
今、あなたの目の前で、あなたの友達や恋人、もしくは同僚が悩んでいます。

「僕、最近失敗続きで悩んでるんだ…。せっかく頑張ってきたけど、もうダメじゃない
かって…。もうやめようかどうか迷っちゃってて…。どうすればいいかな…」

こんなとき、迷う相手に対して、あなたは何て返答しますか?
AとBの選択肢のうち、あなたの答えに近い方を選んでくださいね。

A「どうしたいのか、今すぐに決めなよ」
B「どうしたいのか、今すぐに決めなくてもいいよ」

…選びましたか?
考えてみてから、続きを読んで下さいね。



◆ みなさんの答えは多分…。

さて、それでは考えてみましょう。

…おそらくほとんどの方の答えが、Bなのではないでしょうか。
実は、Bは一見正解に見えます。
カウンセリングを学んだ人ほど、この答えを選んでしまうものです。
なぜならカウンセリングでは、「気持ちがあせってしまったときは、とにかくすぐに
答えを出さないこと」と言われるからです。
これを「棚上げの技術」と言います。

実際にうつ状態になっている人には、症状が安定するまでは「辞職」「離婚」などの
大きな決断は決してさせない方がいいと言われています。

…でも、これは常に正しいわけではありません。

今、突然悩み始めたのならともかく、もしその人が昔からずっと同じことについて、
何度も何度も考えていたのならどうでしょう。
それこそ、この「棚上げ」は、その判断をまた保留にして、そしてその結果その人は
いつか再び悩み始める…。

それでは、いつまでたっても苦しみから逃れることはありません。
よって苦しんでいる人へのアドバイスとして、常にBが正解であるわけではないのです。
時には、Aのように「今すぐ決めろ!」と追い込むことも必要なのです。

◆ あきらめる? それとも

もちろん、ただ単に「追い込めば何でもいい」というわけではありません。
「今すぐ決めろ! 悩んでいるくらいなら、マグロ漁船かサラ金かどっちか選べ!」
というようなセリフでは、かえって相手の気持ちを袋小路に入れてしまうだけ。

よってこんなときは、こう言ってみてください。

「じゃあ、今決めてみて。
 あきらめる? それともあと少しだけやってみる?」

これこそが、その人の気持ちにもう一度エンジンをかける魔法のキーワードなのです。

◆ 生きるか、死ぬか。

実は人間は、このような二者択一をさせると、なかなか「あきらめる」とは言わない
もの。
なぜなら人間には、原始から受け継いできた本能があり、そしてこのようなオール・
オア・ナッシングな二択というものは、その本能的な部分を刺激するからです。

原始からの究極の二択といえば、もちろん「生きるか死ぬか」。

その場合、ほとんどにおいて生物は「生きる」方を選ぼうとします。
ほら、あなたが誰かにつかまって殺されそうになったら、それこそ必死に抵抗しようと
しませんか?
決してそこで「あきらめて死ぬ」という選択肢をカンタンに選んだりしないはずです。

「(夢などを)完全にあきらめるか、それとももう少し行動してみるか」。

ここで「完全にあきらめる」という選択肢は、それこそそこまでの人生すべての
否定です。
そしてこれから先の未来の自分の希望や欲求まで、捨て去ることにほかなりません。
それは広い意味で、自分の命を捨てるのと同じなのです。
よってこう言われた人は、今までの悩みが軽くなり、迷いの気持ちが減るものです。
そしてその結果、「もう少しだけやってみようか…」と行動を起こすことができる
というわけです。

◆ 最初にあきらめる? 最後にあきらめる?

また、実はこの言葉の順番も重要です。
「あきらめる? …それとも、もう少しだけやってみる?」

これを、
「もう少しだけやる? …それともあきらめる?」
と逆にすると、やや「あきらめる」という方に気持ちが動いてしまいます。

それは日本語には「言葉の重要な部分は、文の末尾に来る」という意識があるので、
その言葉を発した人の主張が「あきらめる」にあると感じてしまうからです。

また、「あきらめようかなぁ…」と迷いかけている人間にとって、最初に
「あきらめる?」というように、自分の傾きかけている方の選択肢を提示されると、
つい後ろめたさを感じてしまいます。
「え、いいのかな? なんか悪い気が…」。

そのときに「それとも、もう少しだけやってみる?」と言われると、その後ろめたさか
ら
ついそちらを選んでしまうもの。

いずれにしても、このような言われ方をすると、つい「やってみようかな」という
気持ちを湧き上がらせることができるわけです。
そして実際に行動することさえできれば、思考もそれにともなって変わってくるもの。
悩んでいた気持ちも、少しずつ軽くなっていくものです。

これは仕事でも恋愛でも同じ。
「この仕事を今日中に完成させるのをあきらめる? …それとも、もう少しだけ
がんばってみる?」
「彼女のことを完全にあきらめる? …それとも、あと少しだけ頑張ってみる?」

もしあなたの友達や部下やお子さんが悩んでいるときは、有効なアドバイスの1つとし
て覚えて置いてくださいね。

◆ 自分へも、二択を。

これはもちろん、あなた自身に対しても使えます。
「あぁ…。もうこのままじゃダメかもしれない…」
「もう、この仕事をあきらめようか…」
「どうしてあの子はオレに振り向いてくれないんだ…」

そんな風に気持ちがどうしても袋小路に迷ってしまったときは、同じように自分への
最後通告ともいえる二者択一を行うのです。

「今すぐにあきらめるか? …それとも、…それとももう少しだけやってみるか?」

そして同じように頭の中でよく考えてみてください。
ほとんどの場合、「よし。あと少しだけやってみよう…」と思うはずです。

そう思えたら、それこそすぐに仕事を少しでもやってみたり、また好きな人に
電話やメールしてみればいいでしょう。
行動さえしてみれば、それに伴って気持ちも楽になっていくのに気がつくはずです。

人間にとって一番恐ろしいのは、あいまいなままに夢を忘れてしまうこと。
よって「これはマズい!」と思いはじめてきたら、その意識があるうちに、
すぐ「最後の二択」を行うことが大切なのです。

◆ 究極の二択のGOLDスキル!

ですので今回の話をまとめるなら、
「自分でも誰かでも、気持ちが袋小路に迷い込んでしまったときは、とにかく
『完全にあきらめるか? それともあと少しだけやってみるか?』という最後の二択を
問いかけること!
 それだけでエネルギーを湧かせることができる!」

これこそがGOLDスキル『ファイナル・ディシジョン』!
完全な無か、あと少しだけの有か。
それは中途半端な気持ちを持っているのより、よっぽど幸せなことなんですよ。

◆ もっとも哀れな心は。

画家であり、同時に詩人でもあるマリー・ローランサンは、「鎮静剤」という本の
中で、「もっとも哀れな女はどういう女か」について述べています。(意訳・ユウ)

 退屈な女より もっと哀れなのは 悲しい女。
 悲しい女より もっと哀れなのは 不幸な女。
 不幸な女より もっと哀れなのは 病気の女。
 病気の女より もっと哀れなのは 捨てられた女…。

このように次々と、より哀れな女が挙げられていきます。
皆さんは、最後に来る「もっとも哀れな女」はどんな女だと思いますか?

詩は、さらに続いていきます。

 捨てられた女より もっと哀れなのは 行き場のない女。
 行き場のない女より もっと哀れなのは 追われた女。
 追われた女より もっと哀れなのは 死んだ女。

そして最後に、詩はこう結ばれます。

 でも 死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。

この詩が示すように、もっとも哀れな存在は、人の意識からも忘れられたもの。

これは女性に限りません。
夢、気持ち、情熱…。
心の中のすべてについても同じことが言えるのではないでしょうか。

夢が「悲しい」結末に終わっても。
もしくはいつか夢がハッキリと「捨てられても」…。

それはいつのまにか「忘れられて」しまうより、よっぽど幸せなこと。

もし、あなたの心の中に熱い気持ちがあるのなら…。
あなたが自分で「捨てる」と決めるまでは、決して目をそらさないであげてください。

ほら、今ここでもう一度だけ聞きましょう。


あなたは、完全にあきらめてしまいますか?
それとも……。


(完)


こんばんは、ユウです。
特別号、いかがでしたでしょうか?

興味のない方には、本当に申し訳ありませんでした。
ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

でも、もしあなたが少しでも興味を引かれているのなら…。
たった1号でもいいので、購読してくださると嬉しいです。
GOLDは、一ヶ月に500円。
そして即解除すれば無料です。

GOLD本編では、心理技術をより効率よく学んでいただくために、
マヤ・リオ・アスカ・ユウ・教授・リサ・エミなどのキャラクタが総出演!

「女子高生リサとエミのスペイン坂の心理学」
「ユウとリオのオーバー・ザ・カクテル」
「教授室秘書 エリの紅茶」
「EB’s BedRoom」
「アスカの不思議な心理実験」
「スーパービジネスメソッド集」
「セクシーメソッド名鑑」

などの企画も盛りだくさん。さらに、

【癒し系】【情熱系】【誘惑系】【包容系】

の4系統のスキルを、あなたに優しく教えていきます。

また現在登録された方には、相手の気持ちを包み込んでトロかす技術を満載!
今までの約2年のスキルを凝縮したプレゼントマガジン、
『パーフェクト・キス』をプレゼントさせて頂きます!
(収録予定スキル『グリーンリーブズ』『罪と罰』『サキュバス・リップス』他多数)

終了は未定ですのでお早めに!
登録はとてもシンプル。

【1】こちらで、まぐまぐプレミアムへの会員登録をしてください。
https://reader.premium.mag2.com/servlet/RequestMagMemberRules

【2】こちらで、GOLDのご購読登録をしてください。
https://reader.premium.mag2.com/servlet/RequestMagSubscribeConfirm?mid=P0000014&st=2
(注:項目について
「当月の配信ずみ号」は「希望する」のままで、
「バックナンバー」は、今回のプレゼントとは関係ありませんので、「希望しない」の
ままで構いません。)

ぜひぜひっ!
お待ちしておりますね。

またGOLDのさらに詳しい説明は、
http://www.se-xy.net/gold
にてご覧下さい。
いずみさんとますみさんのセクシーなイラストも、どうか見てみてくださいね〜!

プレゼント配信は月末ころを予定しております。
あなたのご登録を、心からお待ちしております〜♪


ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。
これからもセクシー心理学を、よろしくお願いいたします。

あなたがセクシーな日々を過ごされますように。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セクシー心理学 特別号(第152号)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
登録・解除はこちらでお願い致します。
http://premium.mag2.com/reader/servlet/Search?keyword=P0000014
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マヤ・ユウのセクシーネット http://www.se-xy.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
また来週も、笑顔でお会いしましょうね。

じゃん、けん……






チョキ。

セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術

発行周期: 週に1度、宝石が届きます。 最新号:  2019/01/16 部数:  59,046部

ついでに読みたい

セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術

発行周期:  週に1度、宝石が届きます。 最新号:  2019/01/16 部数:  59,046部

他のメルマガを読む