ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.2964 ★ 6才のボクが、大人になるまで。


カテゴリー: 2015年12月11日
================================================2015/12/11=
                         -vol.2964-
  ほぼ日刊 日々是映画         発行:cinema-today
                http://www.cinema-today.net/
=======c===i===n===e===m===a===-===t===o===d===a===y=======


2964号です。

すっかり今年も押し詰まってきまして、駆け込みふるさと納税
なんてものをやっています。今年から、確定申告が要らなく
なったり、枠が倍になったりして、利用者が増えているという
話で、寄付のお礼というのも本当にバリエーションが豊富なの
です。豊富すぎて見てるとわけがわからなくなって決められない
のですが…

結局、ものよりも、その土地に思い入れがあるかどうかで
決めるほかないのかなぁと思って、好きで何度も行っている
場所などを中心に考えています。

例えば壱岐。壱岐はまた寄付金に対してお礼ではなく、寄付すると
ポイントが貰えてそれをお礼の品と交換できるややこしいシステム
なんですが、それは置いておいて、例えばこんな「うに」
http://bit.ly/1UbIq75
がもらえたりします。
やはりやって損はないなということで、頑張って考えます。

さて、
今日は、6歳から18歳まで12年間撮影をしたという型破りな映画
『6才のボクが、大人になるまで。』です。


■ 今日の映画 - 6才のボクが、大人になるまで。


<1行コメント>
瞬間が積み重ねられた12年、そこからどのような物語を読みとくか。


--cinema2772------------

 6才のボクが、大人になるまで。

 Boyhood
 2014年,アメリカ,165分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 リチャード・リンクレーター
脚本 リチャード・リンクレーター
撮影 リー・ダニエル
   シェーン・ケリー
音楽 ランドール・ポスター
   メーガン・カリアー

キャスト パトリシア・アークエット
     エラー・コルトレーン
     ローレライ・リンクレイター
     イーサン・ホーク

<評価>

☆☆☆☆(満点=5)


<レビュー>

映画の「時間」というのは基本的には物理的な上映時間を示す
わけだが、それ意外にも映画が描いている「時間」というものが
ある。ほんの短い数時間を描いたものから、悠久の時を描いた
ものまで、そのバリエーションは様々だが、その時間の経過の
仕方というのは、映画を見終わった後に感じる「長さ」に
影響をあたえる気がする。

そんなことを言うのも、この映画を見終わった時、なんだか
すごく長い時間が経ったような気がしたからだ。上映時間も
165分と長いのだけれど、描かれているのも6才の少年が18才に
なるまで。しかもそれを演じているのは1人の役者で、実際に
その時々にその年令の役を演じている。つまり、撮影に12年
もの時間がかかるという壮大な規模の作品なのだ。

もちろん、そういう予備知識をもってみたことで、長い時間の
経過というものを感じたのかもしれない。しかし、それも
踏まえて、人物だけでなく風景やその時代時代の出来事が
織り交ぜられていることで、その時間の流れが(あたりまえ
だが)非常にリアルに表現されているというのが大きいだろう。

フィクションではあるけれど、本当に主人公とその家族が
過ごした12年を見守ったようが、そんな気がしたのだ。

その12年はどんな12年だったかといえば、母親が再婚したり、
離婚したり、父親も再婚したり、あちこち引っ越したり、
色々なことが起き、それはもちろん少年メイソンの心に影響を
及ぼすのだけれど、それはあくまで周りで起きている出来事
という感じで、メイソン自身は激変する環境の中でも自分と
言うものを保ち続けようとしているのが感じられる。

だから、見終わってみると、そんなに劇的な12年ではなかった
と感じられるのだ。それが何を意味するかというと、おそらく
12年という時の流れも一瞬の積み重ねでしか無いということ
だろう。物語というのは現在から過去を振り返って、その
過去を解釈し、そこに意味や因果関係を見つけて、それぞれの
瞬間の重要性を評価していくものだ。

しかし、この映画の場合、そのように過去を再解釈することは
あえてせず、その時々の感覚を大事に映画を組み立てていった
ように思える。それは予め用意された物語を映像にしたのでは
なく、映像を積み重ねることで、そこから観る側が物語を読み
取ることを期待したということだ。

だから、観る人によってかなり見え方が違う作品になっていて
そこが、映画自体を見て楽しめるかどうかとは別の意味ですごく
面白いと思った。内容はドキュメンタリー的では全く無いの
だけれど、どこかドキュメンタリー映画のような感覚もある、
非常に不思議な映画だ。

ところで、この映画の撮影が始めったと考えられる2002年ころ、
母親役のパトリシア・アークエットは『デブラ・ウインガーを
探して』に出ていて、人気TVシリーズ『ミディアム』もまだ
始まっていない。父親役のイーサン・ホークは同じリンクレー
ター監督の『ウェイキング・ライフ』に2001年に、『ビフォア・
サンセット』に2004年に出ている。映画が始まった最初に
強く印象付けられるのは2人の「若さ」だ。そこから同じ人物の
役を12年断続的に演じるというのはどういう気分なのだろうか。

いろいろな意味で面白く、他に類を見ない映画だった。





□ DVD今日の買い!


<今日のお勧め>

 『6才のボクが、大人になるまで。』
  http://amzn.to/1QAcR6D

 『ウェイキング・ライフ』
  http://amzn.to/1NRFOWD

 『ビフォア・サンセット』
  http://amzn.to/1mem0qv


*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは
 下記アドレスで手続きをしてください。こちらでは対処しきれな
 い場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




          ========================================
                     日々是映画第2964号
                     2015年12月11日発行
                     発行:cinema-today
                   マガジンID:0000032940
             Mail to: webmaster@cinema-today.net
          ========================================
                    購読解除はこちらから
            http://cinema-today.net/magazine.html
          ========================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

このメルマガは現在休刊中です

ほぼ日刊日々是映画

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2016/05/25
部数 865部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

ほぼ日刊日々是映画

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2016/05/25
部数 865部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング