ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.2957 ★ チョコレートドーナツ


カテゴリー: 2015年05月08日
==================================================2015/5/8=
                         -vol.2957-
  ほぼ日刊 日々是映画         発行:cinema-today
                http://www.cinema-today.net/
=======c===i===n===e===m===a===-===t===o===d===a===y=======


2957号です。

ゴールデンウイークもすっかり終わり、平常が戻ってきた感じですが、
5月ってこんな暑かったっけ?

まあ、でも屋外でお酒を飲んだりするにはいい季節で、街では
ビールやらハイボールやらを屋外で飲むイベントが目白押し。
もう飲まざるを得ませんなこれは。

ビールやハイボールもいいですが、ちょっと変わったものもね、
ということで、最近買ったのがこちら。
http://amzn.to/1H5rKer
沖縄に行った時にはまった柚子シークヮーサー、しかも一升瓶。
ロックでもソーダ割りでもことのほか美味しく、初夏にぴったり。

炭酸はペリエをケース買いですね。
http://bit.ly/1KQOT2t

よいよい、と。


映画は『チョコレートドーナツ』です。
去年かな、それなりに話題になりました。骨太な作品。


■ 今日の映画 - チョコレートドーナツ


<1行コメント>
差別する心を私は抱えていないだろうか?


--cinema2767------------

 チョコレートドーナツ

 Any Day Now
 2012年,アメリカ,97分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 トラヴィス・ファイン
脚本 トラヴィス・ファイン
   ジョージ・アーサー・ブルーム
撮影 レイチェル・モリソン
音楽 ジョーイ・ニューマン

キャスト アラン・カミング
     ギャレット・ディラハント
     アイザック・レイヴァ
     フランシス・フィッシャー
     グレッグ・ヘンリー
     ドン・フランクリン
     
<評価>

☆☆☆☆(満点=5)


<レビュー>

舞台は1979年のアメリカ、自分がゲイであることを押し殺して
来たと思われるポールが、ゲイバーでダンサーとして踊るルディに
出会い、惹かれてしまう。ポールはゲイの世界に飛び込む
ことを躊躇し、ルディに対して煮え切らない態度を取る。

一方、ルディの方は、アパートの隣の部屋でドラック漬けの
母親と暮らすダウン症の少年マルコに出会う。母親が逮捕され、
マルコは施設に送られるが、施設を逃げ出してきたマルコを
ルディは自分の家に連れ帰り、検事局に勤めるポールに相談する。

そんな経緯からカップルとなったポールとルディはマルコと
幸せに暮らすが、マルコを取り上げられることとなり、2人は
弁護してくれる黒人弁護士のロニー・ワトソンと出会う。

70年代末のアメリカで、同性愛者、障害者、黒人という
「被差別者」が出会うという物語。今も決して差別がなくなった
とは言わないが、今と比べても激しい差別が存在した時代の
彼らの必死の戦いを描く。

しかしどうだろう。この映画を見ると、社会の息苦しさという
のは、今もそんなに変わっていないように思えてしまう。
確かにLGBTという言葉が広まり、その権利を尊重しようという
動きが出ているし、障害者にしても支援は手厚くなっている。

障害者といえば、ちょっと脇道にそれるが、「障がい者」という
表記をよく見る。これは「害」という字のイメージが悪いから
らしいが、なんでそんなことをするのか。「障害者」というのは、
いくら書き方を変えたからって「障害」自体がそもそもマイナスの
イメージの言葉だからそれで何かが変わるとも思えない。
それに、漢字と平仮名がまじると読みにくい。

この問題も、実は差別問題と絡み合っていて、とかく日本人
というのは「配慮」をしすぎる傾向にあるような気がする。
「『害』という字が入っていると障がい者の方が気を悪く
するんじゃないか…」と余計な気を回してそれを使わないように
する。でも、重要なのはどんな書き方をするかじゃなくて、
相手のことを本当はどう思っているかでしょ?

障害者と書こうが、障がい者と書こうが、はたまた障碍者と
書こうが、その人が相手を差別する意識を持たず、自分と
同じ人間だと思っていれば、それでいいんじゃないかと。
画一的に「こうやったほうがいい」と決めたところで、それで
何が変わるわけじゃない。一対一でも多対多でも実際に向き
合った時に、ちゃんとした態度をとれること、それが本当に
差別をなくすということであって、制度というのはそれを
サポートするものにすぎない。そのことを差し置いて、
とりあえず、表面的な部分で差別的な表現や、相手を差別する
ことにつながる(かもしれない)モノを排除すればそれで
差別がないことにしている考え方こそ改めなきゃいけないの
ではないだろうか。

どんな言葉でも、それは受け手の受け取り方の問題で、
障がい者でも、オカマでも、ハゲでも、ちびでも、なんでも。

『ハーフ』というドキュメンタリー映画があって、それは
いわゆる「ハーフ」の人たちが出演しているのだけれど、
「ハーフ」ではなく「ダブル」と呼ぼうという、まあたまに
聞く議論がここでも出ては来る。でも、その議論は「ハーフ」の
中でも必ずしも肯定的にばかり捉えられる話ではなく、
むしろ「ハーフ」という言葉に自分のアイデンティティを
感じている人もいるわけだ。

映画のタイトルのアルファベット表記も「Half」ではなく
「Hafu」となっていて、そういう日本語として多くの人に
捉えられているならそれでいいのではないかという気がする。
大事なのは、「ハーフ」という言葉で嫌な思いをする人も
いるかもしれないことを知っていることで、それを知った上で
相手とどうコミュニケーションとるかなのだ。

で、LGBTというのもそうで、今盛んにテレビの情報番組なんかで
使わるようになっているけれど、いちいち毎回、用語の説明が
つく。それは過渡期だからという捉え方もできるけれど、その
解説の仕方が、とりあえずLGBTと言っときゃ政治的に正しい
という言い訳を提供しているにすぎないような気もしてしまう
のだ。

この映画が描いている時代は、ゲイやレズビアンの存在自体が
脅かされるような時代で、それを考えると今はだいぶましに
なったとも言えるけれど、LGBTと言っときゃいいと思ってしまう
人の意識というのは、この40年近く前の「一般人」たちの
意識とそう変わっていないようにも思える。

差別というのは、相手を理解できない「異物」と考えること
から生じる。レッテルを貼るというのは、そのような考え方の
現れの一つではないだろうか。

しかし、この映画を見て、自分は本当にそういう差別意識を
持っていないだろうかと問いかけてみると、それは必ずしも
ゼロではないという結論に達する人が多いのではないか。
差別はいけないことだけれど、何故か心から完全に追い払う
ことは非常に難しい。

それはしかたのないことだ。人は、自分に理解し難いものに
対して嫌悪感を覚えたり拒絶したりするものだ。それは見た目や
セクシャリティだけではなく、思想でも、年齢でも、いろいろな
物に当てはまる。

その距離を理性と想像力で埋めて、相手を尊重して生きていく
しか私にできることはない。そのためには、障害者やLGBTという
レッテルを貼ることで、自分たちとは「違う」という線引を行う
ことはなるべくやめて、相手と自分との「つながり」の方に
目を向けたい。

この映画が描いているのは、そういうものから目を背けた結果
なのだ。





□ DVD今日の買い!


<今日のお勧め>

 『チョコレートドーナツ』
  http://amzn.to/1dRzS5N

 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
  http://amzn.to/1Eggshg

 『プリシラ』
  http://amzn.to/1EghYzO



*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは
 下記アドレスで手続きをしてください。こちらでは対処しきれな
 い場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




          ========================================
                     日々是映画第2957号
                       2015年5月8日発行
                     発行:cinema-today
                   マガジンID:0000032940
             Mail to: webmaster@cinema-today.net
          ========================================
                    購読解除はこちらから
            http://cinema-today.net/magazine.html
          ========================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

このメルマガは現在休刊中です

ほぼ日刊日々是映画

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2016/05/25
部数 863部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

ほぼ日刊日々是映画

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2016/05/25
部数 863部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング