ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.2602 ★ シベリア人の世界

================================================2009/8/27==
                        -vol.2602--
  ほぼ日刊 日々是映画         発行:cinema-today
                http://www.cinema-today.net/
=======c===i===n===e===m===a===-===t===o===d===a===y=======

2602号です。

秋めいてまいりまして、秋刀魚や果物に目が行きます。

まずは秋刀魚↓
http://tinyurl.com/mxt9gv
今年の秋刀魚はおいしいらしいですよ。
昨日はカルパッチョで食べましたが脂はのりまくってました。

果物は今の時期はやっぱり梨
梨は各種類の出回る時期が短いので急いで食べねば!
こちらは幸水↓
http://tinyurl.com/mud3kj
こちらは幸水+豊水↓
http://tinyurl.com/moqfd7
こちらは二十世紀↓
http://tinyurl.com/n9e6qt

沖縄ではドラゴンフルーツの季節
http://tinyurl.com/no9hnb
私は白が好きです。

そして早くもりんごの便りが↓
http://tinyurl.com/n7holf
しかも私が一番好きなサンふじ。もうそんな季節か。


さて、今日も土本典昭特集『シベリヤ人の世界』です。
そろそろ皆さん興味が出てきましたか?


ワンクリック投票実施中!

ほぼ日刊日々是映画 ブログ版
 http://www.eigablog.com/
携帯の方もコチラにどうぞ。
 http://www.eigablog.com/


-------- 目次 --------

■ 今日の映画
 シベリヤ人の世界

□ ワンクリック投票

□ ヒビコレリンク

□ DVD今日の買い!

------------------------ 




■ 今日の映画 - シベリヤ人の世界

<1行コメント>
革命50周年のシベリア、その視線は社会主義革命への憧れか?


--cinema2496------------

 シベリヤ人の世界

 1968年,日本,99分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 土本典昭
撮影 山口貮朗
音楽 三木稔

キャスト 小松方正(ナレーション)

<評価>

☆☆☆(満点=5)


<プレビュー>

 革命50周年を迎えたソビエト連邦、かつては流刑地だったシベリ
アはソビエトの中でも僻地、しかしそこで暮らす人々はたくましく
生きていた。
 土本典昭のチームは特別に許可を得てシベリアに上陸、シベリア
各地を取材し、最終的には革命記念日のモスクワに至る。テレビで
放映されたドキュメンタリー作品。


<レビュー>

 1967年のソ連、1962年のキューバ危機を経て米ソは緊張緩和に向
かいつつあった。日本は60年と70年の安保闘争の間、70年安保の運
動が始まろうとしていた時期だった。

 そんな背景を考えつつ、この作品を見てみると、作品全体がソ連
に好意的で、どこかその革命や社会主義思想に寄り添うようにも見
える。この作品でチームが旅するのはシベリア、シベリアはソビエ
トにありながら日本に近く、アジア系の住民も多いから対象としや
すかっただろう。しかも近いのに日本人はシベリアのことをほとん
ど知らない。

 そのシベリアを旅しながら、人々に話を聞き、巨大なダム建設の
ために新たに出来た町に行き、そこでの結婚式の様子を映像に収め
たりする。その人々はみな明るく朗らかで幸せそうだ。多くの人が
労働目標を達成し、ボーナスをもらうなんていうシーンを見ると、
ソ連は豊かで何不自由ない生活をしているように見える。

 当時のソ連というのは本当にそんなに豊かだったのだろうか?こ
の作品はどこかソビエトを理想郷のように描いているようで違和感
がある。ソビエトがこの当時悲惨な社会だったとは思わないし、特
別に許可してくれた国だから悪くは言えないという心理もあるのだ
ろうけれど、わざわざシベリアに行って手放しに賛美する映像ばか
りというのもどうも物足りない。

 シベリアというと戦後の抑留を想起させるのだが、そのことにつ
いてはまったく触れていない。シベリアの自然は厳しいといいなが
らその自然の厳しさと戦っている場面も出てこない。

 しかし、ソビエトのデザインには本当に秀逸なものが多い。赤の
広場に掲げられるレーニンのポスターなどはデザイン的なインパク
トが非常に強い。その部分はなかなかよかった。

 そして、作品としていいのは音楽だ。映像効果として使われるの
は三木稔のどこかメロドラマチックな仰々しい音楽だが、終盤北方
の土地に行くとその土地のトナカイ飼いらの歌が使われる。この歌
声は非常にいい。ナレーションでもアジアのルーツ的なことを言う
が、やはり音楽には力がある。

 作品全体として何が言いたいのかいまひとつ判然としないが、シ
ベリアの雰囲気や人々の表情は伝わってくる。こういうドキュメン
タリーは作るのが本当に難しいんだろうな。


□ ワンクリック投票

 今日のメルマガは?

 面白かった! http://clap.mag2.com/giobeclous?good2602
 つまらなかった http://clap.mag2.com/giobeclous?bad2602
 普通 http://clap.mag2.com/giobeclous?ave2602


□ DVD今日の買い!

<今日の作品:シベリヤ人の世界>

 『シベリヤ人の世界』のDVDは未発売。


<今日のお勧め>

 関連作品

 『不知火海』
  http://tinyurl.com/kouf5d

 『水俣-患者さんとその世界-』
  http://tinyurl.com/n3gyb7

 『わが街わが青春-石川さゆり水俣熱唱-』
  http://tinyurl.com/neafkb

 『水俣一揆-一生を問う人々-』
  http://tinyurl.com/kj4wuk

 『水俣病-その20年-/水俣病-その30年-』
  http://tinyurl.com/mgb75e


*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは
 下記アドレスで手続きをしてください。こちらでは対処しきれな
 い場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




          ========================================
                     日々是映画第2602号
                      2009年8月27日発行
                     発行:cinema-today
                   マガジンID:0000032940
             Mail to: webmaster@cinema-today.net
          ========================================
                    購読解除はこちらから
            http://cinema-today.net/magazine.html
          ========================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む