ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.2601 ★ 不知火海

================================================2009/8/26==
                        -vol.2601--
  ほぼ日刊 日々是映画         発行:cinema-today
                http://www.cinema-today.net/
=======c===i===n===e===m===a===-===t===o===d===a===y=======

2601号です。

テレビ東京で「フレンズ」をやっている。
久しぶりに見ると明るい気持ちになれるなぁこれは

どうも最近気分がくさくさしてという方はぜひどうぞ!
http://tinyurl.com/m5jh57

いまやってるのは第5シーズン↓だな
http://tinyurl.com/mqaclg
チャンドラーとモニカ面白い。

今日は土本典昭特集『不知火海』です。

今日は誤字はないはずです!多分

今日も行くぞ!土本典昭。

ワンクリック投票実施中!

ほぼ日刊日々是映画 ブログ版
 http://www.eigablog.com/
携帯の方もコチラにどうぞ。
 http://www.eigablog.com/


-------- 目次 --------

■ 今日の映画
 不知火海

□ ワンクリック投票

□ ヒビコレリンク

□ DVD今日の買い!

------------------------ 




■ 今日の映画 - 不知火海

<1行コメント>
どんなに汚染されても海と生きなければいられない人々、その姿。


--cinema2496------------

 不知火海

 1975年,日本,153分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 土本典昭
撮影 大津幸四郎
音楽 小栗孝之
   松村禎三

キャスト 伊藤惣一(ナレーション)

<評価>

☆☆☆☆(満点=5)


<プレビュー>

 長崎県と熊本県の間に横たわる内海、不知火海。水俣はその南に
位置する。水俣から始まった水銀汚染は水俣湾から不知火海全体へ
と広がる。水俣では訴訟もひと段落し、患者さんたちもそれぞれの
生活を送るようになる中、不知火海のほかの場所へと水俣病は広がっ
てゆく…
 土本典昭が水俣病患者たちのその後と、水俣を抱える不知火海に
広がる水銀汚染を描いた作品。


<レビュー>

 水銀に汚染された水俣の海、漁民たちは魚を獲り、それを捨てる。
湾内のヘドロの回収と並行して汚染魚の回収も行われているのだ。
しかし漁民たちはヘドロとともに捨てるのではなく、死んだ魚を海
に帰す。その理由は明らかにならない。

 胎児性を中心とした水俣病患者のためのリハビリセンター。『水
俣 患者さんとその世界』に登場した少年が17歳になって再登場す
る。言葉はしゃべれないが、相手のいっていることは理解し、身振
りで会話を成立させる。そのリハビリセンターの日常は数年前とほ
とんど変わらない。その日はひな祭りのイベントが行われていたが、
そんな日でもそこを訪れる来訪者はいない。

 リハビリセンターの患者の少女が精神神経科の医者と会話すると
いうシーンもある。会話も出来て他と比べると比較的軽症といえる
彼女の悩みを医師が丹念に聞くが、途中で少女は泣き出してしまう。

 家族7人が患者だという渡辺さん一家は賠償金で大きな家を建て、
趣味の模型を作って日々を過ごしている。模型の機械以外にもビデ
オカメラなどもあり、内装も豪華で賠償金でいい暮らしをしている
ように見えるが、漁師だった渡辺さんは「仕事をしたい」とつぶや
く。趣味はあくまで趣味、仕事のように毎日が探求であるという楽
しみはないんだと。

 5人の子供を持つ女性は突然病状が悪化したが、信仰によってそ
れが回復したと語る。そして自家製のどくだみ茶で体内の毒を出し
たという話をとうとうと語る。彼女の話は当を得ないのだが、彼女
の幸福感は伝わって来る。

 不知火海(八代海)で水俣の対岸に位置する御所の浦、この地に
住む人々にも水俣病の症状が見られ、初期の調査では毛髪における
水銀含有量が驚くべき数値を出した人々もいたという。しかしこの
地の水俣病患者の認定や支援は進まない。それはそもそもこの土地
の人々が水俣病に認定されることを望まないからだ。

 これらのエピソードはどれも苦い余韻を残す。土本典昭はそれぞ
れのエピソードで被写体となる人々を執拗に映し続ける。多くの場
合は長いカットで、その言葉その表情を捉え続けるのだ。そこに解
説はなく、インタビュアーの質問も最小限である。彼らの話に100%
共感できるわけでは決してない。むしろ反感を覚えたり、歯がゆさ
を感じたりすることのほうが多い。しかし、その姿こそが彼らの生
の姿なのだ。そこがこの作品が、自分の主張を正当化するために撮
りためた映像素材を切り貼りしてつないだプロパガンダ的ドキュメ
ンタリーとは決定的に違うところだ。

 このやり方ははっきり言ってわかりにくい。何を言いたいのか焦
点が定まらないし、映像そのものに違和感を覚えることもある。し
かし見る側が映画に盛り込まれた素材を自ら組み立てることで初め
て見えてくるものもある。映画の冒頭にさらりと語られた魚を海に
帰す漁民たちと、病気になっても海から離れられないと語る女性の
間のつながりを見つけることが出来れば、この作品の底流にある人
と海との関係をぼんやりと理解することが出来るはずだ。すべての
エピソードが無関係なようでいて海と魚と生活とにつながっている
のだ。

 印象としては『水俣 患者さんとその世界』に比べはるかに地味
だが、映画的には洗練されており、噛めば噛むほど味が出るそんな
作品になっていると思う。



□ ワンクリック投票

 今日のメルマガは?

 面白かった! http://clap.mag2.com/giobeclous?good2601
 つまらなかった http://clap.mag2.com/giobeclous?bad2601
 普通 http://clap.mag2.com/giobeclous?ave2601


□ ヒビコレリンク

 『水俣 患者さんとその世界』
  http://archive.mag2.com/0000032940/20090823140000000.html


□ DVD今日の買い!

<今日の作品:不知火海>

 『不知火海』
  http://tinyurl.com/kouf5d


<今日のお勧め>

 関連作品

 『水俣-患者さんとその世界-』
  http://tinyurl.com/n3gyb7

 『わが街わが青春-石川さゆり水俣熱唱-』
  http://tinyurl.com/neafkb

 『水俣一揆-一生を問う人々-』
  http://tinyurl.com/kj4wuk

 『水俣病-その20年-/水俣病-その30年-』
  http://tinyurl.com/mgb75e


*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは
 下記アドレスで手続きをしてください。こちらでは対処しきれな
 い場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




          ========================================
                     日々是映画第2601号
                      2009年8月26日発行
                     発行:cinema-today
                   マガジンID:0000032940
             Mail to: webmaster@cinema-today.net
          ========================================
                    購読解除はこちらから
            http://cinema-today.net/magazine.html
          ========================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む