ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.2597 ★ ラースとその彼女

================================================2009/8/20==
                        -vol.2597--
  ほぼ日刊 日々是映画         発行:cinema-today
                http://www.cinema-today.net/
=======c===i===n===e===m===a===-===t===o===d===a===y=======

2597号です。

寝坊したので時間がありません…
なんだか最近やけに眠くて。
これが夏ばてという奴か?でも食欲はある。
スタミナな感じのものでも食べれば頑張れるかな。

今日は『ラースとその彼女』です。

ワンクリック投票実施中!

ほぼ日刊日々是映画 ブログ版
 http://www.eigablog.com/
携帯の方もコチラにどうぞ。
 http://www.eigablog.com/


-------- 目次 --------

■ 今日の映画
 ラースとその彼女

□ ワンクリック投票

□ ヒビコレリンク

□ DVD今日の買い!

------------------------ 


■ 今日の映画 - ラースとその彼女

<1行コメント>
若者の成長を描いた実はまともな青春映画。病んだ社会と真摯に向き合

う。


--cinema2492------------

 ラースとその彼女

 lars and the Real Girl
 2007年,アメリカ,106分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 クレイグ・ギレスピー
脚本 ナンシー・オリヴァー
撮影 アダム・キンメル
音楽 デヴィッド・トーン

キャスト ライアン・ゴズリング
     エミリー・モーティマー
     ポール・シュナイダー
     ケリ・ガーナー
     パトリシア・クラークソン

<評価>

☆☆☆1/2(満点=5)


<プレビュー>

 田舎町に暮らすラースは兄ガスの家の離れにひとり閉じこもり、
兄嫁のカレンの食事の誘いにも乗らず、職場の女の子ともまともに
話せない。しかしある日、ラースは女性を紹介したいと言って人形
のビアンカを兄の家に連れてくる。ガスとカレンは何とか話をあわ
せ、翌日ふたりを病院に連れて行くが…
 風変わりだけれど暖かいハートゥオーミング・ストーリー。監督
のクレイグ・ギレスピーはこれが初監督作品。


<レビュー>

 リアル・ドールに恋をするなんていうとオタク系の話なのかと思っ
たが、そうではなくかなりまっとうな心理学的物語。ラースは兄嫁
のカレンともほとんどまともに離せないくらい女性が苦手、そんな
彼がリアル・ドールの話しを聞きつけ、それを買って、その人形ビ
アンカを本当の女性だと思い込むことから話が始まる。

 これが一体どこに展開していくのだろうと思うが、話は主にラー
スの心の問題のほうへと進んでいく。そして他方では町の人々がラー
スのためにビアンカを受け容れ、彼女のためにいろいろと骨を折る
という話も展開してゆく。

 ラースのほうは人と物理的に触れ合うことが苦手で、それはおそ
らく常に傷つくことを恐れているから、人間と向かい合うことがで
きないから、相手との距離を縮めることが恐ろしいということなの
だろう。そして同時にそれは彼が大人になりきれていないこと、そ
して彼が生まれたときに母親が死んでしまったこととも密接にかか
わりあってゆく。ラースは医者のバーマンや兄のガスと話すことで
自分の問題に気づいていく。

 町の人のほうは普通に考えればラースを気味悪がり、避けるはず
なのだが、この町の人は徹底的にビアンカを受け容れる。ただ彼女
が人間であるふりをするのではなく、積極的に話しかけ彼女に仕事
を上げたり、ボランティの機会をあげたりする。彼らは本当に暖か
い。

 こんなに暖かい人たちばかりなのはあまりに現実味がないように
も思えるが、これはラースの人柄の裏返しであるように思える。町
の人たちはラースを本当に温かく見守っているのだ。彼が立ち直っ
てくれることを心から願って、そのためにいろいろなことをする。
そしてそれが結果的にラースに代わるきっかけを与えることになる
というわけだ。

 これはかなりよく出来た話だ。何らかの心の瑕によって社会と向
き合えなくなってしまった若者が一体のリアル・ドールというメディ
アを通して再び社会と向き合えるようになる。それはもしかしたら
苦しむラースの自浄作用だったのかもしれない。苦しんで苦しんで、
自分の殻に閉じこもり、そこからでたくないと思いながら、下意識
のどこかではそれを破らなければならないと思っている。そんなと
きには極端なほどのきっかけが必要で、それがビアンカだったのだ。

 ビアンカの存在によってラースは変人だと思われる。彼にはそれ
が必要だったのかもしれない。彼はあまりにいい人過ぎ、みんなか
ら好かれすぎ、それが彼の本質と乖離してしまっていた。その乖離
を修復するためにビアンカの存在が必要だったのだ。

 リアル・ドールを人間と思い込むという設定は極端だけれど、見
てみればすごくまとも。




□ ワンクリック投票

 今日のメルマガは?

 面白かった! http://clap.mag2.com/giobeclous?good2597
 つまらなかった http://clap.mag2.com/giobeclous?bad2597
 普通 http://clap.mag2.com/giobeclous?ave2597



□ DVD今日の買い!

<今日の作品:ラースとその彼女>

 『ラースとその彼女』
  http://tinyurl.com/l65397
  楽天で借りる→http://tinyurl.com/lxtd4g


<今日のお勧め>

  クレイグ・ギレスピーもう1本

 『Mr.ウッドコック-史上最悪の体育教師-』
  http://tinyurl.com/ktrbtv

 ライアン・ゴズリングもう2本

 『きみに読む物語』
  http://tinyurl.com/mu2tn9

 『16歳の合衆国』
  http://tinyurl.com/mg5bbz


*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは
 下記アドレスで手続きをしてください。こちらでは対処しきれな
 い場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




          ========================================
                     日々是映画第2597号
                      2009年8月19日発行
                     発行:cinema-today
                   マガジンID:0000032940
             Mail to: webmaster@cinema-today.net
          ========================================
                    購読解除はこちらから
            http://cinema-today.net/magazine.html
          ========================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む