ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.2594 ★ 扉をたたく人

================================================2009/8/16==
                        -vol.2594--
  ほぼ日刊 日々是映画         発行:cinema-today
                http://www.cinema-today.net/
=======c===i===n===e===m===a===-===t===o===d===a===y=======

2594号です。

お台場のガンダムは大人気だそうですが、

ガンプラつきカップヌードル発売が近づいてきましたよ!
売り切れ必至!欲しい人はお早めに↓
http://tinyurl.com/m8xzlu
2ケースは要らないけど、何個かは欲しい…

お台場に負けないガンダムが欲しい!という方はコチラを
http://tinyurl.com/qvbqjz
全高150cm、332,000円!
個人的にはこっち↓のほうが欲しい。
シャア専用リック・ドム エクストラフィニッシュ Ver.
http://tinyurl.com/r3ph7k

さて、今日は『扉をたたく人』です。
公開は6月でしたが、まだまだ全国公開中。
ぜひどうぞ。

ワンクリック投票実施中!

ほぼ日刊日々是映画 ブログ版
 http://www.eigablog.com/
携帯の方もコチラにどうぞ。
 http://www.eigablog.com/


-------- 目次 --------

■ 今日の映画
 扉をたたく人

□ ワンクリック投票

□ ヒビコレリンク

□ DVD今日の買い!

------------------------ 


■ 今日の映画 - 扉をたたく人

<1行コメント>
人種を超えて通じ合う人々、それを阻むのは自分自身の心か?


--cinema2489------------

 扉をたたく人

 The Visitor
 2007年,アメリカ,104分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 トム・マッカーシー
脚本 トム・マッカーシー
撮影 オリヴァー・ボーケルバーグ
音楽 ヤン・A・P・カチュマレク

キャスト リチャード・ジェンキンス
     ハーズ・スレイマン
     ヒアム・アッバス
     ダナイ・グリラ

<評価>

☆☆☆1/2(満点=5)


<プレビュー>

 大学教授のウォルターは講義も適当、執筆している本も進まず、
趣味で始めたピアノもうまく行かない。そんな彼にNYの学会への
出席の依頼が。ウォルターは渋々行くことにするが、NYのアパー
トについて見るとシリア出身のタレクとセネガル出身のゼイナブが
彼のアパートに住んでいた。一度は追い出した彼だったが、思い直
してしばらく泊めることに。そしてタレクの叩くジャンベに興味を
ひかれる…
 9.11後のアメリカの移民たちを人生の意味を失ってしまった大学
教授の目から描いた佳作。名脇役リチャード・ジェンキンスがアカ
デミー主演男優賞にノミネート。


<レビュー>

 コネチカットの一軒家で暮らす孤独な大学教授。ピアノを習おう
とするがなかなかうまく行かず、先生を次々変える。提出が遅れた
レポートを生徒の事情を聞こうともせず、突っぱねる。共著であり
ながら実質的には名前を貸しただけの論文発表のための学会に行く
のを渋る。そんなもはや鬱病寸前の初老の男が数年ぶりに訪れたN
Yのアパートで移民のカップルに出会う。

 彼らに対しても心を閉ざすが、学会の退屈さ、NYという街での
孤独がウォルターの心を少し開かせる。

 この映画の一番の魅力は「感じあう心」が描かれていることだ。
妻を亡くし、大学という組織の中で心を通じ合える人もおらず、ど
んどん自分の周りの壁を高く厚くしていったウォルターがタレクと
ジャンベに出会ってその壁を自ら壊していく。

 本当は仕事などしていないし、退屈でたまらないのだが、大学教
授という立場が彼に率直になることを阻む。それはもはや意識せず
ともとってしまう、自分のみを守るための行動、タレクはそれとは
まったく正反対でまったく無防備で開けっぴろげで向き合った相手
に楽しさを分け与えようとし続ける。

 人と人とが出会うとき、心を開くことができ、感じあうことがで
きれば、そこには通じ合うものが生まれる。通じあることができれ
ば立場の違いなど乗り越えて人は人として相手を尊重することがで
きるようになるはず。それを阻むのは物理的な壁であったり、人の
心の中にある壁であったりする。

 それをウォルターとタレク、ゼイナブ、モーナそれぞれの関係の
変化を通して描いていくところのストーリーテリングが絶妙だ。まっ
たく派手さはないけれどこの作品が響いてくるのはそこのところに
よると思う。ウォルターに人種的偏見がないのも人と人との関係と
いう物語が浮かびやすくなる一因だから、人物像の立て方がいいの
だろう。

 ウォルターには人種的偏見がないのはアメリカの「進んだ」人々
ならみんなそうだということだろう。にもかかわらず9.11以来、ヒ
ステリックな反応によって移民の置かれた状況は厳しくなった。こ
の作品が描くのはそこのところだ。まあ送還すべき人々を何十年も
放っておいたというのもすごい話だが、それをいまさら送還すると
いうのはひどい話だ。何年何十年前の手続きの瑕疵、それがいまさ
ら人の運命を決してしまう。

 そんな制度の不合理さと、人と人とが出会えば分かり合えるとい
う事実。その間の乖離を生むのはいったい何なのか、その疑問は棚
上げにされたまま見ている側へと投げ返される。その乖離に本当に
向き合わなければならない人には届かないような気もするが、ずし
んと来る。

 大人な映画を見たいけれど、子供の心も忘れたくないという人は
ぜひ。


□ ワンクリック投票

 今日のメルマガは?

 面白かった! http://clap.mag2.com/giobeclous?good2594
 つまらなかった http://clap.mag2.com/giobeclous?bad2594
 普通 http://clap.mag2.com/giobeclous?ave2594



□ DVD今日の買い!

<今日の作品:扉をたたく人>

 『扉をたたく人』公式サイト
  http://www.tobira-movie.jp/


<今日のお勧め>

 リチャード・ジェンキンス近作

 『迷い婚~すべての迷える女性たちへ~ 』
  http://tinyurl.com/n8febs

 『ブロークン』
  http://tinyurl.com/mqx586

 『俺たちステップブラザース〈義兄弟〉』
  http://tinyurl.com/dxkyxo

 『キングダム/見えざる敵』
  http://tinyurl.com/m4xbka


*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは
 下記アドレスで手続きをしてください。こちらでは対処しきれな
 い場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




          ========================================
                     日々是映画第2594号
                      2009年8月16日発行
                     発行:cinema-today
                   マガジンID:0000032940
             Mail to: webmaster@cinema-today.net
          ========================================
                    購読解除はこちらから
            http://cinema-today.net/magazine.html
          ========================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む