ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.2592 ★ ある機関助士/ドキュメント 路上

================================================2009/8/12==
                        -vol.2592--
  ほぼ日刊 日々是映画         発行:cinema-today
                http://www.cinema-today.net/
=======c===i===n===e===m===a===-===t===o===d===a===y=======

2592号です。

台風が行っていきなり暑くなりました。
やっと夏らしくなったという気もしますね。
今日は甲子園に注目の花巻東も登場するし。
お盆休みで帰省中という方も多いかもしれません。

ただ、東名の通行止めで中央道の渋滞がむごいとのこと…
渋滞のストレス解消グッズにステアリングラッパーなんてのが
あるそうです。
http://tinyurl.com/kkswz7
確かに、ただハンドルをたたいてるとストレスですが、音楽に
合わせてたたいたらストレス解消になるかも。

携帯トイレもお忘れなく。
http://tinyurl.com/nc3wf8

今日は予告どおり土本典昭特集『ある機関助士』と
『ドキュメント 路上』です。
そんなに連続では見ないと思いますが、夏休みに東京にいらっしゃる
方はぜひ見に行ってください。
http://www.momat.go.jp/FC/kyobashi-za14/kaisetsu.html

ワンクリック投票実施中!

ほぼ日刊日々是映画 ブログ版
 http://www.eigablog.com/
携帯の方もコチラにどうぞ。
 http://www.eigablog.com/


-------- 目次 --------

■ 今日の映画
 ある機関助士

■ 今日の映画
 ドキュメント 路上

□ ワンクリック投票

□ ヒビコレリンク

□ DVD今日の買い!

------------------------ 




■ 今日の映画 - ある機関助士

<1行コメント>
SLの懐かしい風景から当時の人々の生き生きとした様子が浮かび上がる

。


--cinema2486------------

 ある機関助士

 1963年,日本,37分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 土本典昭
脚本 土本典昭
撮影 根岸栄
音楽 三木稔

キャスト ドキュメンタリー

<評価>

☆☆☆(満点=5)


<プレビュー>

 主人公は国鉄の機関助士、蒸気機関車に乗り込み上野から水戸ま
での乗務を終える。昼ごろつくと、しばらく休憩、その間に仕事に
ついての紹介がされる。そして夕刻、帰りの乗務につくのだが…
 国鉄がスポンサーとなって撮られた鉄道ドキュメンタリー。電化
が進みつつある国鉄の中で蒸気機関車に乗務する機関助手の奮闘を
描いた。


<レビュー>

 まず蒸気機関車の機関助士を描いたドキュメンタリーというとこ
ろが今となっては貴重だ。この時点ですでに電化が進み、蒸気機関
車は消え行く運命にあった。国鉄の意図がどこにあったのかはわか
らないが、結果的に貴重な映像資料になったといえる。

 映画のほうは、上野から水戸への乗務の終盤から始まる。定刻通
りに到着し、点検を終え、休憩に入る。そのときに手や顔を洗うそ
の泡の黒さが蒸気機関車の煤のすごさを物語る。その後は機関士の
労働環境や、機関助士になるにあたっての事前の教育など国鉄の宣
伝っぽいエピソードが連なる。国鉄といえば労組が強いというイメー
ジがあるから、このあたりは強調しておく必要があるのだろう。

 そして帰り、彼が乗務する列車は3分遅れで出発する。そして東
京につくころにはラッシュ時、彼は「取手に着くまでに3分を短縮
しなければならない」と言う。このころにすでに東京のラッシュ時
のダイヤは過密状態だったというのも面白いエピソードだ。しかも
映像を見る限り今より混雑具合はひどそうだ。今よりも交通手段が
少ないから、人が少なくてもラッシュはひどくなるのだろう。

 ともかく、その3分を縮めるために彼と機関紙が奮闘する。この
場面やその前の彼が最後の実地研修で事故のシミュレーションをす
る場面、このあたりの躍動感がこの映画をただの宣伝映画ではなく
していると思う。言ってしまえばただSLが走っているだけの話な
のだが、このような魅力的な映像で構成することによってそこに現
れる人々が生き生きとし、その人々を通して当時の東京の姿が浮か
び上がってくるのだ。

 錆びて朽ち落ちてゆく機関車を丹念に映しているのも味があるし、
ときおり登場する特急電車の姿も懐かしい。



■ 今日の映画 - ドキュメント 路上

<1行コメント>
タクシー運転手が見る1964年の東京、とにかく工事だらけ!


--cinema2487------------

 ドキュメント 路上

 1964年,日本,54分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 土本典昭
脚本 楠木徳男
撮影 鈴木達夫
音楽 三木稔

キャスト ドキュメンタリー

<評価>

☆☆☆1/2(満点=5)


<プレビュー>

 オリンピックを控えてあちこちで工事が行われている東京、そこ
で働くタクシー運転手たちは常に危険と隣り合わせ。そんな運転手
の一人を主人公として、彼が出会う困難やアクシデントを描く。
 警視庁の公園で交通安全PR映画として作られたが、実際に使わ
れることはなく、長年日の目を見ることがなかった作品。車に取り
付けられたカメラの映像がスリリング。


<レビュー>

 ひとりのタクシー運転手が客を拾い、大きな道や町の中や高速道
路を走る。スピード違反で白バイに捕まったり、交差点でトラック
と接触しそうになって口論をしたり、ドライバー仲間と愚痴を言い
合ったりと当時のタクシー運転手の日常がリアルに描かれている。

 警視庁の後援で作られた映画で、目的は交通安全のPRだったら
しい。そのためむごたらしい事故の映像が出てきたり、警察署の前
に置かれた交通事故の分布図が映されたりする。しかしあまりその
部分が強調されているわけではなく、むしろタクシードライバーの
不満や整っていない道路状況が強調されていて、交通安全PR映画
としては使われなかったというのもよくわかる。

 しかし、そのおかげで映画としては面白くなったと思う。まずは
オリンピック直前の東京の状況が本当にむごい事がよくわかる。ど
こに言っても工事中で道路はぼこぼこ、つぎはぎだらけで、突然未
舗装の道になったりもする。カメラはその路面をアップで捕らえ、
車の受ける振動を観客までもが感じ取れるようにしている。

 さらに、信号や横断歩道の整備も進んでおらず、交差点では車が
ぐちゃぐちゃになり、歩行者はところかまわず道を渡る。タクシー
はそんな危ない道を右へ左へとハンドルを切りながら縫うように進
む。カメラは今度はそれを運転者(あるいは助手席)の視線でとら
えていて、非常にスリリングだ。

 このスリリングさこそ交通安全のPRになるのではないかと思う
が、まあいろいろな理由で警察としては使いにくいだろうというの
はわかる。

 思うにこれは労働者の映画だ、タクシー運転手、道路工事の従事
者、そして警察官、だれもが労働者でカオスと化している東京に振
り回されている。しかし同時にその工事が未来への段階であること
も、古びた住宅街を抜けたところに突然そそり立つスタジアムから
うかがい知れる。

 64年という東京にとって転換点となった年の街や人々の姿を映し
取ったこの作品はいろいろに味わい、考えることができるように思
える。ひとりの主人公を据え、彼の日常を追うというプロットも作
品に入り込みやすくしていると思う。



□ ワンクリック投票

 今日のメルマガは?

 面白かった! http://clap.mag2.com/giobeclous?good2592
 つまらなかった http://clap.mag2.com/giobeclous?bad2592
 普通 http://clap.mag2.com/giobeclous?ave2592



□ DVD今日の買い!

<今日の作品:ある機関助士/ドキュメント 路上>

 ともにDVDは未発売。


<今日のお勧め>

 土本典昭作品を

 『水俣-患者さんとその世界-』
  http://tinyurl.com/n3gyb7

 『不知火海』
  http://tinyurl.com/ny3kjr

 『わが街わが青春-石川さゆり水俣熱唱-』
  http://tinyurl.com/neafkb

 『水俣一揆-一生を問う人々-』
  http://tinyurl.com/kj4wuk


*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは
 下記アドレスで手続きをしてください。こちらでは対処しきれな
 い場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




          ========================================
                     日々是映画第2592号
                      2009年8月12日発行
                     発行:cinema-today
                   マガジンID:0000032940
             Mail to: webmaster@cinema-today.net
          ========================================
                    購読解除はこちらから
            http://cinema-today.net/magazine.html
          ========================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む