ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.2590 ★ リリア 4-ever

================================================2009/8/10==
                        -vol.2590--
  ほぼ日刊 日々是映画         発行:cinema-today
                http://www.cinema-today.net/
=======c===i===n===e===m===a===-===t===o===d===a===y=======

2590号です。

しかし湿気がすごいです。

大雨の被害が各地ででているようです。
皆様無理をしないようにしましょう。

低気圧のせいかやる気も出ません…

今日はシネフィル・イマジカで放映の未公開映画『リリア 4-ever』
です。

最近未公開映画が多いなぁ…

ワンクリック投票実施中!

ほぼ日刊日々是映画 ブログ版
 http://www.eigablog.com/
携帯の方もコチラにどうぞ。
 http://www.eigablog.com/


-------- 目次 --------

■ 今日の映画
 リリア 4-ever

□ ワンクリック投票

□ ヒビコレリンク

□ DVD今日の買い!

------------------------ 




■ 今日の映画 - リリア 4-ever

<1行コメント>
救いがないだけならいいが、教訓にもならない徹底的なリアルがきつい。


--cinema2484------------

 リリア 4-ever

 Lilja 4-ever
 2002年,スウェーデン,105分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 ルーカス・ムーディソン
脚本 ルーカス・ムーディソン
撮影 ウルフ・ブラントース
音楽 ネイサン・ラーション

キャスト オクサナ・アキンシナ
     アルチオン・ボグチャルスキー
     エリーナ・ベニンソン
     リリア・シンカレヴァ

<評価>

☆☆1/2(満点=5)


<プレビュー>

 旧ソ連のとある町、16歳のリリアは母親が結婚しアメリカに行く
のに大喜びするが、前日になって今は連れて行けないといわれる。
ひとりになったリリアはお金もなくなり、友人にも裏切られ、やが
て売春に手を染めるようになる。しかしそこにスウェーデンにつれ
て行ってくれるという男が現れるのだが…
 スウェーデンの新鋭ルーカス・ムーディソン監督の社会派ドラマ。
残酷で痛ましい。


<レビュー>

 アメリカに新天地を求めた母親に置き去りにされた少女リリア、
叔母の冷たい仕打ちもあって学校にも行かず、お金もなくなる。そ
して、売春をした親友にその罪を擦り付けられてともだちとの付き
合いもなくなってしまう。やがてお金もなくなり本当に売春に手を
染めるようになったリリアの友達は近所に住む少年ボロージャしか
いない。そんなリリアが親切な青年アンドレイに出会い、スウェー
デンに一緒に行こうと言われるのだが、それは彼女を騙すためのえ
さでしかなかった。

 親に捨てられ希望を抱けないどころか、少女売春の世界に引きず
り込まれどん底へと沈んでいく少女、それはあまりに悲惨で残酷な
世界、子供の未来を奪う大人の残忍さ、それがこの作品に描かれて
いるものだ。

 そしてその残忍さがやってくるのは貧困や暴力といった社会状況
からだ。どことは知れない旧ソ連の町、その町には本当に何もない。
あるのは廃墟と画一化された古びた集合住宅だけ。そこに未来を見
出せといわれても無理な話で、大人も子供もそこから出て行くこと
しか考えていない。そのような場所では欲望と力がすべてを支配す
る。他人から何かを奪い自分が生き残ることが唯一の生き方になっ
てしまうのだ。

 スウェーデンはそのような場所ではないはずだが、どのような場
所にも(それが都会であれば)そんな欲望と力に支配されている空
間は存在する。そこでは力の弱いものは食い物にされ、未来を奪わ
れる。それは本当に悲惨だ。

 この作品の結末を言ってしまうと、ボロージャもリリアも最後に
は自殺してしまう。そしてふたりは天国に行く。自殺者は天国にい
けないというのがキリスト教の教えだが、この作品のその死後の世
界の場面はあくまでもリリアの空想として現れる。だから慈悲深き
神にすがる彼女はそこに天国を見出すのだ。あるいはそこに天国が
なければ彼女には本当に逃げ場がなくなってしまうのだ。

 実はこの作品が描いているのは彼らには本当に逃げ場がないとい
うことなのだ。本当は彼らは天国になど行けやしない。天使になっ
たボロージャがいうように人生は一度きりでやり直すことは出来な
いのだ。しかしそれでも彼らには死ぬことが天国であると思えるほ
どに現実が厳しいものになってしまっている。

 しかしこの作品をさらりと見る限り、天国というのはあくまでも
最後の逃げ場として提示されているように見える。自殺は救いだと
言っているように見えてしまう。その部分はこの作品の最大の難点
であり、結局大人の側に加担してしまう結果につながっている。

 救いのない結末自体には反対しないが、その救いのなさが大人た
ちの身勝手を糾弾する結果にならなければ、彼らの死を教訓にする
ことは出来ない。そのせいでなんとも後味の悪い作品になってしまっ
ている。



□ ワンクリック投票

 今日のメルマガは?

 面白かった! http://clap.mag2.com/giobeclous?good2590
 つまらなかった http://clap.mag2.com/giobeclous?bad2590
 普通 http://clap.mag2.com/giobeclous?ave2590


□ DVD今日の買い!

<今日の作品:リリア 4-ever>

 『リリア 4-ever』のDVDは未発売です。


<今日のお勧め>

  ルーカス・ムーディソン

 『エヴァとステファンとすてきな家族』
  http://tinyurl.com/kmu9rh

 『ショー・ミー・ラヴ』
  http://tinyurl.com/nza28x



*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは
 下記アドレスで手続きをしてください。こちらでは対処しきれな
 い場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




          ========================================
                     日々是映画第2590号
                      2009年8月10日発行
                     発行:cinema-today
                   マガジンID:0000032940
             Mail to: webmaster@cinema-today.net
          ========================================
                    購読解除はこちらから
            http://cinema-today.net/magazine.html
          ========================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む