ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.2589 ★ その夜は忘れない

=================================================2009/8/8==
                        -vol.2589--
  ほぼ日刊 日々是映画         発行:cinema-today
                http://www.cinema-today.net/
=======c===i===n===e===m===a===-===t===o===d===a===y=======

2588号です。

東京あたりは毎日暑いですが、東北はまだ梅雨が明けないそうで、
仙台の七夕祭りもなんだか盛り上がりませんね。立秋なのにまだ
梅雨なんて…

しかし甲子園も始まったのでいよいよ夏っという感じ。
今日は東京湾の花火大会でもあります。

夏といえば~スイカ!
先日、伊豆で買って食べたスイカがおいしかったのでなんだか
おいしいスイカが食べたい日々です。
私の中でおいしいスイカといえば松本ハイランドスイカ↓
http://tinyurl.com/nmvtb9
今年はまるまるいっこ買って食いたいなぁ…

今日は『その夜は忘れない』です。
吉村公三郎監督作品ですが、原爆にかかわる作品でもあります。

明日は長崎の原爆記念日、また祈りの日です。

ワンクリック投票実施中!

ほぼ日刊日々是映画 ブログ版
 http://www.eigablog.com/
携帯の方もコチラにどうぞ。
 http://www.eigablog.com/


-------- 目次 --------

■ 今日の映画
 その夜は忘れない

□ ワンクリック投票

□ ヒビコレリンク

□ DVD今日の買い!

------------------------ 




■ 今日の映画 - その夜は忘れない

<1行コメント>
原爆が背後に見え隠れする純愛ドラマ。暗さこそが魅力。


--cinema2484------------

 その夜は忘れない

 1962年,日本,96分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 吉村公三郎
脚本 白井更生
   若尾徳平
撮影 小原譲治
音楽 團伊玖磨

キャスト 若尾文子
     田宮二郎
     川崎敬三
     江波杏子
     中村伸郎
     三木裕子

<評価>

☆☆☆1/2(満点=5)


<プレビュー>

 週間ジャーナルの記者神谷は原爆から17年目の広島を取材に訪れ
る。彼の取材する限りでは原爆の傷は癒え新たなトピックは内容に
見えた。しかし六本指の赤ん坊が生まれたという噂を聞いた彼はそ
の噂を追う…
 17年後の広島を舞台に展開される原爆の傷跡と純愛を描いた物語。
脚本家の水木洋子が構成に参加している。



<レビュー>

 原爆から17年後の広島を訪れた雑誌記者が一人の女性と出会い、
原爆の現在の真実に出会う。広島は急速に復興し、人々から暗さは
消えたが、原爆の傷跡は消えたわけではない。そのことを純愛ドラ
マを通して描く。これは非常に映画の作り方だと思う。

 モノクロの映像と團伊玖磨の音楽、これが表面上は明るく見える
広島が抱える暗さを暗示し続ける。そして田宮二郎は何かにいざな
われるようにその暗さに迫っていく。

 ただこの作品の若尾文子はどうもぎこちない。若尾文子は徹底的
に明るいとか徹底的に暗いとかそういう役をやらせるとうまいのだ
が、表面的な明るさとその奥に潜む暗さというような役をやらせる
とぎこちなさが出る場合があるようだ。もちろんそういった人物に
はぎこちなさが伴い、それが奥に潜む何かをうかがわせるわけなの
だが、そういうぎこちなさとは違う演じる上でのぎこちなさが見え
隠れしてしまうのだ。そこがすこし残念だった。

 しかし、そのぎこちなさを補いうるくらいの印象は残した。特に
彼女が抱える暗さはこの作品全体を暗く照らし、その暗さが印象的
で見るものの心をつかむ。暗いがゆえのロマンティズム、悲惨であ
るが故の純愛の美しさ、それがこの映画の魅力なのだ。

 そして、作品には考えさせられる部分は多い。

 若尾文子演じる秋子が神谷に手渡した被爆石、それはまさに被爆
者の暗喩である。表面上は原爆がなかったのと変わりがないが、内
部には今にも崩れ落ちそうなもろさを抱えている。それは肉体的に
も精神的にもそう。原爆の人体への影響はいまだにすべてが明らか
になったわけではない。

 それは広島は立ち直ったようでいて、実際はずっと傷を抱え続け
ているということだ。そして、その傷を掘り返すことはせず、しか
し傷を抱え続けていることを忘れないために私たちは繰り返し広島・
長崎を思わなければならない。

 この映画が作られたのは17年後だが、その後も繰り返し原爆にま
つわる映画は作られている。そして今後も作られ続けなければなら
ない。原爆にまつわる映画の年表は今後も隙間が出来ることなく埋
められていかねばならないのだ。

 ドキュメンタリーもリアルでいいが、こういうドラマで語られる
というのも印象に残っていい。近年では『夕凪の街 桜の国』とい
う作品もあってなかなか印象的だった。私たちの義務はそれを観続
けることだ。そしてそのためには質のいい作品が作られ続けて欲し
い。



□ ワンクリック投票

 今日のメルマガは?

 面白かった! http://clap.mag2.com/giobeclous?good2589
 つまらなかった http://clap.mag2.com/giobeclous?bad2589
 普通 http://clap.mag2.com/giobeclous?ave2589


□ ヒビコレリンク

 『夕凪の街 桜の国』
  http://www.cinema-today.net/0807/14p.html


□ DVD今日の買い!

<今日の作品:その夜は忘れない>

 『その夜は忘れない』
  http://tinyurl.com/l8o6hh


<今日のお勧め>

  吉村公三郎です

 『婚期』
  http://tinyurl.com/mvpov8

 『夜の河』
  http://tinyurl.com/2kbgm4

 『偽れる盛装』
  http://tinyurl.com/mmpuoq

 『越前竹人形』
  http://tinyurl.com/lex8mk


*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは
 下記アドレスで手続きをしてください。こちらでは対処しきれな
 い場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




          ========================================
                     日々是映画第2588号
                      2009年8月8日発行
                     発行:cinema-today
                   マガジンID:0000032940
             Mail to: webmaster@cinema-today.net
          ========================================
                    購読解除はこちらから
            http://cinema-today.net/magazine.html
          ========================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む