ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.2234 ★ 黒いジャガー/シャフト旋風

================================================2008/2/28==
                        -vol.2234--
  ほぼ日刊 日々是映画         発行:cinema-today
                http://www.cinema-today.net/
=======c===i===n===e===m===a===-===t===o===d===a===y=======

{magclick}

2234号です。

いまはもう完全にネット社会、いろいろな犯罪がありますが、
先日はイーバンク銀行のフィッシングサイトが見つかったよう
です。
http://tinyurl.com/364ckq
私もイーバンク銀行を使っているので、気をつけたいと思います。

さて、月末です。月末といえば楽天の期間限定ポイントの使い
道に頭を悩ませますが、ひとつ思いついたのが楽天レンタルで
す。この支払いにポイントを充当すれば、半端なポイントも有
効に使えます。
オンラインレンタルを検討中で、期間限定ポイントが中途半端
に貯まるという方はぜひご検討ください。
http://tinyurl.com/2d67dk
ちなみに、リサーチモニターに登録すると、半端な期間限定ポ
イントがたまっていきます…
http://tinyurl.com/2l8hcq

今日は『黒いジャガー/シャフト旋風』です。


みんなの日々是映画(再開してます)
 http://www.edita.jp/cinema-today/
日々是映画をほぼ一行に凝縮版@楽天広場(サボり中)
 http://plaza.rakuten.co.jp/cinematoday/
携帯の方はコチラ
http://cinema-today.seesaa.net/


-------- 目次 --------

■ 今日の映画
 黒いジャガー/シャフト旋風

□ ヒビコレリンク

□ DVD今日の買い!

------------------------ 


{magclick}


■ 今日の映画 − 黒いジャガー/シャフト旋風


--cinema2162-----------

 黒いジャガー/シャフト旋風

 Shaft's Big Score!
 1972年,アメリカ,104分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 ゴードン・パークス
脚本 アーネスト・タイディマン
撮影 アース・ファーラー
音楽 ゴードン・パークス

キャスト リチャード・ラウンドトゥリー
     モーゼス・ガン
     ドリュー・バンディーニ・ブラウン
     ジョセフ・マスコロ

<評価>

☆☆☆(満点=5)


<プレヴュー>

 金庫の金を取り出し棺に隠した保険屋のカルはシャフトに電話を
し来てくれるように告げる。シャフトが事務所に付く直前、事務所
が爆発、カルは死んでしまう。カルの共同経営者ケリーは金庫に金
が無いことを知り…
 『黒いジャガー』シリーズの第2作。前作の勢いからは少しパワー
ダウンしたが、スタイリッシュなアクション映画としてなかなかの
でき。


<レビュー>

 伝説的なブラック・ムービーである『黒いジャガー』、しかしそ
の実、その作品の眼目は黒人である私立探偵のシャフトと白人の刑
事との相棒関係にあった。その関係は黒人が白人(の一部)に認め
られ、対等な存在と見られるようになったということを示し、黒人
を主人公とした映画が白人にも受け入れられる方途を提示したとい
えるだろう。そしてこの映画がヒットしたことで、ブラックムービー
のマーケットをハリウッドに認知させ、この作品はシリーズ化され
るに至った。
 しかし、この続編では相棒の刑事は登場せず、シャフトが関わる
分署の担当刑事は黒人となった。しかもその部下には人種差別的な
白人もいて、前作の警察/白人との協力関係はなりを潜めている。
しかし、警察内で高い地位にある黒人を登場させることでまた違う
形で黒人の社会でのあり方を示しているといえる。また、前作にも
登場した黒人のギャングバンピーのライバルとしてイタリア人マフィ
アのマスコラを登場させ、より複雑な人種関係を描いてもいる。

 そのような舞台装置をそろえた上で、展開されるのはオーソドッ
クスなクライムアクションだ。ギャング同士の対立、その中で何と
かもうけようとする小悪党のケリー、シャフトはその争いに(進ん
で)巻き込まれ、それを解決していく。
 何よりもシャフトのかっこよさがこの映画の物語を牽引して行っ
ているわけだが、この作品ではケリーという小悪党の卑劣さが非常
にいい。このケリーは小悪党らしく利己的でかっとしやすく卑劣で
悪知恵が働く。見ていて本当にむかつくようなこのキャラクターを
シャフトがいかに料理するか、その展開だけでなんともわくわくす
る。
 シャフトが相変わらずそんなに強くないというのもいい。シャフ
トは腕っ節もかなり強いが、無敵ではなく何人かによってたかって
やられればやっつけられることもあり、しかしそれでもめげずに戦
うその人間臭さが主人公としての魅力なのだろう。話としてはたい
したことがなくとも、この人物描写のうまさでこのシリーズはもっ
ているのだと思う。
 もちろん音楽と映像の格好よさもこの作品が評価できる要素であ
る。音楽はアイザック・ヘイズからゴードン・パークスに代わった
ものの、前作を引き継いでこの時代の空気を見事に出し、映像も色
調といいカッティングといい70年代らしいスタイリッシュさを持っ
ている。

 ところでこのジョン・シャフトを演じたリチャード・ラウンドトゥ
リーはこの『黒いジャガー』のヒットにもかかわらず映画スターと
なることはできず、この『黒いジャガー』のTVシリーズに主演し
たあとはB級映画やTVで主に活躍してきた。やはり黒人がスター
となるには時代がまだ熟していなかったのだろう。今ならばハリウッ
ドのトップスターの仲間入りができただろうと思うのだが。
 それでも黒人の俳優の地位を高めた功績は大きい(彼自身差別に
よって大学をやめざるを得なかった経験を持つ)。そのうちアカデ
ミーから名誉賞でも送られるのではなかろうかと思う。



□ ヒビコレリンク

 『黒いジャガー』
  http://blog.mag2.com/m/log/0000217098/109466935.html



□ DVD今日の買い!

<今日の作品:黒いジャガー/シャフト旋風>

 『黒いジャガー/シャフト旋風』
  http://tinyurl.com/3cg8um


<今日のお勧め>

 やはりシリーズ

 『黒いジャガー』
  http://tinyurl.com/2s4qf6

 『黒いジャガー/アフリカ作戦』
  http://tinyurl.com/2mv7gd

 リメイク版です。本人も登場。

 『シャフト』
  http://tinyurl.com/37dgc8



{magclick}



*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは
 下記アドレスで手続きをしてください。こちらでは対処しきれな
 い場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




          ========================================
                     日々是映画第2234号
                      2007年2月28日発行
                     発行:cinema-today
                   マガジンID:0000032940
             Mail to: webmaster@cinema-today.net
          ========================================
                    購読解除はこちらから
            http://cinema-today.net/magazine.html
          ========================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

{magclick}

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む