ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.2232 ★ 市川崑物語

================================================2008/2/25==
                        -vol.2232--
  ほぼ日刊 日々是映画         発行:cinema-today
                http://www.cinema-today.net/
=======c===i===n===e===m===a===-===t===o===d===a===y=======

{magclick}

2232号です。

昨日はうっかり、プレゼント当選者の発表を忘れてしまいました。
ので、当選者をいま発表。
映画鑑賞券は
hanana さん!
プレスシートは
姫だるま さん!
です。
おめでとー!

さて、先日友人の結婚式に行きまして、二次会でiPod shuffleを
当てました。
二次会でなんかあたったのなんて初めてだ…
そのiPod shuffleですが、値下げされたそうですね。
なんと9800円から一気に5800円に。
http://tinyurl.com/29jcbz
使ってみると、何より軽いのでジョギングなんかをするときには
凄くよさそうです。
2Gモデルもまもなく発売だそうです。
http://tinyurl.com/2djbsu
しかしやはり、好きな曲を選べないので、podcastなんかを持ち
歩くにはnanoとかtouchとかが必要ですね。
やっぱりnanoかなぁ…
http://tinyurl.com/2hfxfm

podcastは落語がオススメです。
http://www.podcastjuice.jp/rakugo/
http://fujitv.cocolog-nifty.com/yose/

今日は市川崑特集。市川崑作品ではなく、岩井俊二が撮った
ドキュメンタリー『市川崑物語』です。


みんなの日々是映画(再開してます)
 http://www.edita.jp/cinema-today/
日々是映画をほぼ一行に凝縮版@楽天広場(サボり中)
 http://plaza.rakuten.co.jp/cinematoday/
携帯の方はコチラ
http://cinema-today.seesaa.net/


-------- 目次 --------

■ 今日の映画
 市川崑物語

□ ヒビコレリンク

□ DVD今日の買い!

------------------------ 


{magclick}


■ 今日の映画 − 市川崑物語


--cinema2160-----------

 市川崑物語

 2006年,日本,95分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 岩井俊二
脚本 岩井俊二
撮影 角田真一
   中村真夕
音楽 岩井俊二

キャスト 市川崑

<評価>

☆☆☆1/2(満点=5)


<プレヴュー>

 日本映画の巨匠の一人市川崑、1915年三重県に生まれた巨匠の半
生を市川崑のファンである映画監督岩井俊二が描いたドキュメンタ
リー。作品はCGで加工したスチル写真と黒字に白の字幕、市川崑
作品のダイジェスト映像からなる。
 2006年、2度目の映画かとなる『犬神家の一族』の公開にあわせ
て制作されたドキュメンタリー。そのわずか2年後市川監督が鬼籍
に入られ、貴重な映像となった。


<レビュー>

 最初は淡々と巨匠の歴史がたかられる。絵が好きだった少年時代、
映画との出会い、脊椎カリエス、初恋、戦争、そこに「脊椎カリエ
スが後に命を救うことになる」というちょっとした謎を忍ばせたり
して写真と文字だけの単調な展開に工夫を加えている。ディズニー
との出会い、JOトーキー漫画部への入社、東宝助監督部への移籍
とその後も興味深い話が続くが、まああくまでも経歴を淡々と語っ
ているだけだ。
 しかし、茂木由美子(後の和田夏十)との出会いから話はふたり
の物語となる。ただの夫婦でも、ただの共同製作者でもないふたり、
市川崑について語るとき、それは常に同時に和田夏十についても語
ることである。和田夏十の才能、ふたりの愛情、そしてそこから生
まれる作品、主たる作品のダイジェストを織り交ぜながらふたりの
足跡を追うことで市川崑という監督の作品世界とそれと区別するこ
のできないふたりの生活を描き出していく。
 この作品は『市川崑物語』とされてはいるが、本質的には市川崑
と和田夏十の物語である。あるいは和田夏十はすでに市川崑の一部
分でもあり、その意味ではこれは『市川崑物語』でも正しいのかも
しれない。もちろん和田夏十と市川崑は別の人物で、彼らの人間性
は異なっているのだが、「映画監督市川崑」というときそこにはす
でに和田夏十の存在が含まれている。それは和田夏十が市川崑の一
部であるというよりは、和田夏十がそもそも市川崑と市川由美子の
共同ペンネームであったのと同じように、「市川崑」が市川崑と和
田夏十の共同ペンネームであるかのように。
 この作品はそのようにしてうまく「市川崑」の魅力を伝え、さら
に作品リストともなっており、重要な作品はダイジェストも収録し
ているから「市川崑」という映画作家の全体像をつかむのにはいい
作品だと思う。ただ、ダイジェストの部分では作品の重要な部分を
明かしてしまっている場合(いわゆるネタばれ)もあるので、未見
の作品がある場合には注意が必要だ。
 これだけ文字を多用するというのはかなり勇気のいることで、し
かもうまくまとまっているのは凄いと思うが、市川崑作品のファン
であるならば、これから作品を見ようという人がその作品を余すこ
となく楽しめるような配慮もして欲しかったと思ったりもする。

 私自身の市川崑監督との出会いを思い出してみると、『ビルマの
竪琴』(中井貴一版)も『竹取物語』も映画館で見たことを思い出
した。特に『ビルマの竪琴』は印象に残っていて「水島、一緒に日
本へ帰ろう」という言葉がずっと頭にこびりついていた。『竹取物
語』はつまらなかったと思うが、今見たらちょっと見方が変わるの
かもしれない。



□ ヒビコレリンク

 『犬神家の一族』
  http://blog.mag2.com/m/log/0000217098/109459492.html



□ DVD今日の買い!

<今日の作品:市川崑物語>

 『市川崑物語』
  http://tinyurl.com/2dyxad
  楽天で借りる→http://tinyurl.com/ywaome


<今日のお勧め>

 まとめて市川崑

 『金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二
  劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX』
  http://tinyurl.com/3y4bdr

 『アート オブ 市川崑 大映傑作選』
  http://tinyurl.com/2yqqpn

 『新東宝名画傑作選 DVD-BOX VIII 市川崑監督編』
  http://tinyurl.com/3y8kl6



{magclick}



*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは
 下記アドレスで手続きをしてください。こちらでは対処しきれな
 い場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




          ========================================
                     日々是映画第2232号
                      2007年2月25日発行
                     発行:cinema-today
                   マガジンID:0000032940
             Mail to: webmaster@cinema-today.net
          ========================================
                    購読解除はこちらから
            http://cinema-today.net/magazine.html
          ========================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

{magclick}

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む