ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.2219 ★ 潜水服は蝶の夢を見る

=================================================2008/2/8==
                        -vol.2219--
  ほぼ日刊 日々是映画         発行:cinema-today
                http://www.cinema-today.net/
=======c===i===n===e===m===a===-===t===o===d===a===y=======

{magclick}

2219号です。

このところDVの話題がいくつかありました。昨日はバラバラ殺人
の裁判でDVが原因として挙げられ、数日前にはDVに関する講演
会が反対運動によって中止になったりしました。
日本はまだDVに対する認識も対策もまだまだという気がします。
DV法に反対する気持ち(目撃者がいないから離婚を有利にするた
めの方便などに使われる)もわかりますが、DVによる物理的な被
害とDVを語った場合の被害を比べればそれは比較の意味も無いく
らいのもの。DVの被害を訴える人は無条件にまず保護されなけれ
ば、意味はありません。DVだといわれる側にも言い分はあるでしょ
うが、それは保護されたあと裁判なり何なりで決めればいいことで
は無いかと思います。
アメリカではちょっと小突いただけでもすぐに捕まります。しかも
男性ばかりでなく、女性によるDVもかなりの数に上るということ。
興味がある方はぜひフレデリック・ワイズマンのドキュメンタリー
『DV』『DV2』を見てください。
2月29日にアテネフランセで上映があります。2本で6時間ですが、
見る価値はありますよ。
http://tinyurl.com/3bk7vr

今日は明日から公開の『潜水服は蝶の夢を見る』です。
これはかなりオススメです。
明日公開は首都圏のみですが、来週以降けっこうなかずの劇場で
やるみたいですので、ぜひどうぞ。
http://www.chou-no-yume.com/theater.html


みんなの日々是映画(再開してます)
 http://www.edita.jp/cinema-today/
日々是映画をほぼ一行に凝縮版@楽天広場(サボり中)
 http://plaza.rakuten.co.jp/cinematoday/
携帯の方はコチラ
http://cinema-today.seesaa.net/


-------- 目次 --------

■ 今日の映画
 潜水服は蝶の夢を見る

□ ヒビコレリンク

□ DVD今日の買い!

------------------------ 


{magclick}


■ 今日の映画 − 潜水服は蝶の夢を見る


--cinema2149------------

 潜水服は蝶の夢を見る

 Le Scaphandre et Le Papillon
 2007年,フランス=アメリカ,112分

-----------------------

<キャスト&クルー>

監督 ジュリアン・シュナーベル
原作 ジャン=ドミニク・ボビー
脚本 ロナルド・ハーウッド
撮影 ヤヌス・カミンスキー
音楽 ポール・カンテロン

キャスト マチュー・アマルリック
     エマニュエル・セニエ
     マリ=ジョゼ・グローズ
     アンヌ・コンシニ
     パトリック・シェネ

<評価>

☆☆☆☆1/2(満点=5)


<プレヴュー>

 突然、病室で目覚めたボビーは目はぼんやりとしか見ることがで
きず、体の自由はまったく利かない。少しずつ記憶をよみがえらせ
た彼はドライブの途中であったことを思い出す。自分が病院で麻痺
状態にあることを知った彼は自暴自棄になるが、やがて言語療法士
の協力を得て生きる意志を取り戻していく。
 ELLEの元編集長ジャン=ドミニク・ボビーが左目の瞬きだけで綴っ
た奇跡の自伝の映画化。素晴らしい物語と言葉そして映像、ジュリ
アン・シュナーベルはカンヌ映画祭で監督賞を受賞した。

*各映画賞の結果はまだでていませんが、アカデミー賞、インディ
ペンデント・スピリット賞、セザール賞で監督、脚色、撮影などで
ノミネートされています。


<レビュー>

 この映画の始まりは非常にいらだたしい。焦点の定まらないぼや
けた映像、光線は強すぎ、目の前にいる人の顔すらまともに見えな
い。しかし、この始まりこそがこの映画の素晴らしさのひとつであ
る。主人公ジャン=ドーの感じた苛立ちと戸惑い、それを数週間も
昏睡し続け、ようやく目を覚ました彼の目に映るそのまま(と想像
されるよう)に再現する。そこに私たちが見るいらだちは、まさに
彼が感じたいらだちであり、私たちはそれを追体験するのだ。
 そしてこの作品はさらに彼の視線を再現し続け、彼の夢をも映像
化する。その夢もなかなか理解し難い悪夢的なものだ。しかし映像
は素晴らしい。それは必ずしも整ったものではなく、ゆがみやひず
みがあり、しかしそこには美が宿り、力がある。
 しかもずっとジャン=ドーの主観で進めるのではなく、時に彼を
外側から見つめることもある。このとき、私たちが感じる解放感は、
クローズド・シンドロームの彼には決して感じることのできない解
放感なのだということも、この作品に深みを与えている。
 そのような状況の中で、彼は本を書くのだ。「自分を憐れむのは
やめた」というその一言で、彼は再び歩み始める。想像や思い出に
逃避するだけでなく、“今の自分”と向き合い、言葉を瞼からひね
り出していく。そしてその言葉がまた素晴らしい。私はその最初の
ほんの数行を聞いただけで原作を読みたくなってしまった。詩的で、
思慮深く、少しの皮肉の効いた言葉、それは衝撃的ですらあった。

 そしてこの作品を見ながらずっと思ったのは「愛はどこからやっ
てくるのか」ということだ。この作品はあらゆる言葉、あらゆる仕
草に愛があふれている。彼の言葉を我慢強く書き留め続けたクロー
ドが彼に対して感じたのは“愛”に他ならないではないか。療法士
のアンリエットも子供たちの母親のセリーヌも彼に愛を感じている。
それは同情ではない。愛は突然ふらりと出現しわれわれを捕らえる。
この作品はそのような愛にあふれているのだが、それはいったいど
こから来るのか。
 この作品が感動的なのは何故か。ジャン=ドーの「自分を憐れむ
ことをやめた」勇気と周囲のひとの愛情、その愛が彼を勇気付けた
のか、それとも彼の勇気が人々の愛をひきつけたのか。それともど
ちらでもないのか。大きなポイントとなるのは「死にたい」と綴っ
たジャン=ドーに対して療法士が怒るシーンだろう。彼女の怒りは
彼に対する周囲の愛情の顕れである。愛は彼に生きるよう強いる。
彼はそれに答えて生きる。それならば愛が先であり、その愛こそが
この作品に感動をもたらすものということになるのだが、やはり残
る疑問は「愛はどこからやってくるのか」ということだ。
 どんどん突き詰めて考えていけば、もしかしたら答えを見つけ出
すことができるのかもしれない。しかし、それはこの作品とは関係
の無いことのような気がする。この作品にとって重要なのは、この
作品が「愛はいったいどこから来るのか」と考えさせるほど愛にあ
ふれた映画だということだ。これは決して幸福な作品ではない。し
かしそこには愛がある。愛は人を強くする。愛は自分勝手でもある。
愛は行き違う。愛は奪う。しかし人は愛に生かされる。
 この作品が素晴らしいのはその愛が画面からにじみ出てくるから
だ。もちろん原作も素晴らしいが、脚色も、映像も、演出も素晴ら
しい。見ればどっぷりと世界に浸ることができ、愛を分けてもらう
ことができる。こんな作品はなかなか無い。これ以上、この作品に
ついて解説するのは無粋というものだ。見ればおのずと感じること
ができることをわざわざ書きたてることは無いだろう。


{magclick}


□ ヒビコレリンク

 『潜水服は蝶の夢を見る』公式サイト
  http://www.chou-no-yume.com/


□ DVD今日の買い!

<今日の作品:潜水服は蝶の夢を見る>

 原作本:「潜水服は蝶の夢を見る」
  http://tinyurl.com/ypxy79


<今日のお勧め>

 ジュリアン・シュナーベルを。

 『夜になるまえに』
  http://tinyurl.com/2eapuq

 『バスキア』
  http://tinyurl.com/2dekyp

 『スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー』(出演)
  http://tinyurl.com/yvdj38




*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは
 下記アドレスで手続きをしてください。こちらでは対処しきれな
 い場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




          ========================================
                     日々是映画第2219号
                      2007年2月8日発行
                     発行:cinema-today
                   マガジンID:0000032940
             Mail to: webmaster@cinema-today.net
          ========================================
                    購読解除はこちらから
            http://cinema-today.net/magazine.html
          ========================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

{magclick}
{magclick}

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む