ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.1595 ★ モンキー・ビジネス


カテゴリー: 2005年09月25日
====================================================2005/9/25==
                          -vol.1595-
  ほぼ日刊 日々是映画           発行:cinema-today
                  http://www.cinema-today.net/
             http://cinema-today.hp.infoseek.co.jp/
=====c====i====n====e====m====a====-====t====o====d====a====y==

┌ [ad]    自毛植毛専門の紀尾井町クリニック     ┐
└ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U9D74+5EORLE+LKY+66WOZ ┘
   ↑1日1クリック、お願いしますm(_ _)m

1595号です。

先日からしつこくお知らせしているボジョレー・ヌーヴォーです。
和泉屋では9月30日までに先行予約すると、ワイン・セラー、ヴーヴクリコの
「クリコ トラヴェラー」などがあたります。
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UBH5I+DSJJAQ+NHU+5YZ77
すっかり涼しくなったので、公園でシャンパンなんてのが豪奢でいいかもなー

映画はハワード・ホークス。
『モンキー・ビジネス』です。

ブログ
http://d.hatena.ne.jp/kn2/
掲示板はこちら!
http://www.cinema-today.net/cgis/yybbs/yybbs.cgi
携帯の方はコチラ
http://cinema-today.seesaa.net/


=========================================================[ad]==========
◇◆◇  三井住友銀行グループのカードローン アットローン   ◇◆◇
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
   スムーズな審査!即日ご融資可能!最高300万円までの大型ローン!
   銀行系カードローンで入会金・年会費無料!
お申込みはこちら→ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UB31S+8IM9BM+MEE+644DV
=========================================================[ad]==========



--cinema1160------------------------------------------
モンキー・ビジネス
Monkey Business         1952年,アメリカ,97分
------------------------------------------------------

<キャスト&クルー>

監督 ハワード・ホークス
原作 ハリー・シーガル
脚本 ベン・ヘクト
   チャールズ・レデラー
   I・A・L・ダイアモンド
撮影 ミルトン・クラスナー
音楽 リー・ハーライン

キャスト ジンジャー・ロジャース
     チャールズ・コバーン
     マリリン・モンロー


<評価>

☆☆☆(満点=5)


<プレヴュー>

 科学者のバーナビーは会社の研究所で若返り薬の開発中で、そのことで頭がいっ
ぱい。妻とパーティーに行くはずだったが気もそぞろでやめてしまう。しかし、
とある方法を見つけた彼は翌日会社で実験をする。そして、完成した薬を自分を
実験台にして試すと、何と近眼も直り、関節の痛みも消えて、気分もまるで二十
歳のようになったのだが…
 ハワード・ホークス監督でケイリー・グラントとジンジャー・ロジャースが主
演のテンポよいコメディ。マリリン・モンローはブレイクする直前で、まだ準主
役。



<レビュー>

 映画の冒頭で、ケーリー・グラントが扉を入ってこようとすると「ケイリー、
まだだ」というセリフがあって、タイトルクレジットに戻る。これはこの映画が
映画であり、そしてコメディであることを一発でわからせるとても面白い仕掛け
であると思う。映画は一般的にはそれが作り物であることを意識させないように
するものだが、この頃のハリウッド映画にはこの映画のように作り物であること
を意識させつつ観客を楽しませるという映画が結構ある。ハワード・ホークスも
そのように映画が作り物であると言うことに意識的な作家であり、この作品のよ
うなコメディはもちろんのこと、得意の西部劇でも、リアリティよりはエンター
テインメントとしての面白さを追及している。このシーンはそのようなハワード・
ホークすら示唆が端的に出たシーンと言うことができるだろう。
 ということなので、全くもってただただ見て楽しむだけというのがこの映画の
見方であり、それ以上のことは全く考えてはいけない。リアリティがないとか、
設定がありえないとか、展開に無理があるとか、そんなことを言ってしまうと、
ちっとも楽しめない。そんな映画である。
 そして、そのように余計なことを考えないようにしてこの映画を楽しもうとし
てみると、ケイリー・グラントとジンジャー・ロジャースがとてもいい。ケイ
リー・グラントは本当に多彩な役者だと思う。イメージとしてはヒッチコックな
どのサスペンス作品でのシリアスな演技がまずあるので、コミカルな演技という
のは最初違和感があるが、芸達者なのですぐになじめるし、笑える演技をする。
一方、ジンジャー・ロジャースといえば、フレッド・アステア、そしてミュージ
カルというイメージなので、もともと軽妙な感じがしてコメディにも違和感はな
い。
 そんなふたりが演じる若返りの演技は本当に軽妙で面白い。まるで舞台のよう
なわざとらしさというか大げささはあるけれど、ふたりの呼吸もぴったり、ふた
りとも多分40代だと思うけれど、それを感じさせない軽快な動きである。体も心
も若返るという演技をするには自身も本当に若くてはいけないのだなぁ、などと
感心する。
 と書いているのは、そんなふたりの演技以外は特に見所もないからで、しかし
そんなふたりを軽快に動かしているさりげない演出もさすがはハワード・ホーク
スというところなのだろうと思う。作り物であることを意識させつつ、しかし演
出を意識させないというのは実はすごい技術なのかもしれないが、結局のところ
そんなことを考えずに見る映画なのだから、まあそんなことはいいかなという感
じでもある。
 マリリン・モンローはまだまだ若く、ぴちぴちした感じ。ホクロもなくて、お
色気ムンムンというよりは非常にフレッシュな感じがしてそれはそれでいい。け
れど、この映画の主役はやはりジンジャー・ロジャースでマリリン・モンローは
引き立て役に過ぎないというのも確かなところではある。



気に入ったらバックナンバー買ってね!
ココから → 
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/4917


=========================================================[ad]==========
DVD買うならAmzon.co.jp

↓モンキー・ビジネス
http //www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000069KUW/hibikoreeiga-22
=========================================================[ad]==========



*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは下記アドレス
 で手続きをしてください。こちらでは対処しきれない場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




                   ====================================
                            日々是映画第1595号
                             2005年9月25日発行
                            発行:cinema-today
                          マガジンID:0000032940
                    Mail to: webmaster@cinema-today.net
                   ====================================
                                  掲示板
                  http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain
                   ====================================
                           購読解除はこちらから
                   http://cinema-today.net/magazine.html
                   ====================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

このメルマガは現在休刊中です

ほぼ日刊日々是映画

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2016/05/25
部数 863部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

ほぼ日刊日々是映画

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2016/05/25
部数 863部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング