ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.1117 ★ ケンタッキー・フライド・ムービー

====================================================2004/1/21==
                          -vol.1117--
  ほぼ日刊 日々是映画           発行:cinema-today
                  http://www.cinema-today.net/
             http://cinema-today.hp.infoseek.co.jp/
=====c====i====n====e====m====a====-====t====o====d====a====y==

{magclick}

1117号です。

あー、アメリカのBSEは大変なことになっておりますねぇ。
世間では、牛丼、牛丼と騒いでおりますが、この調子だと、販売中止も
早まるのでしょうか?
となると、よりいっそうの讃岐うどんブームか、はたまた帯広名物豚丼
ブームか。鳥インフルエンザもあるので、豚にますます追い風ですね。
吉野家も、意表をついてジンギスカン丼とか出してみたらいいんじゃな
いかと思いますけどね。
それなら食べてみたい。

さて、映画は『ケンタッキー・フライド・ムービー』です。
チキンとは関係ありません。
昨年リバイバル上映されて、みうらじゅん字幕監修版となりました。


書き込み大熱望! リクエストも随時募集中!
掲示板はこちら!
http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain 


{magclick}


--cinema1063------------------------------------------
ケンタッキー・フライド・ムービー
The Kentucky Fried Movie     1977年,アメリカ,78分
------------------------------------------------------

<キャスト&クルー>

監督 ジョン・ランディス
脚本 デヴィッド・ザッカー
   ジェリー・ザッカー
   ジム・エイブラハムズ
撮影 スティーヴン・M・カーツ
音楽 イゴー・カンター

キャスト ジョージ・レーゼンビー
     ヘンリー・ギブソン
     トニー・ダウ
     ドナルド・サザーランド


<評価>

☆☆(満点=5)


<プレヴュー>

 ニュース番組のパロディで始まり、CMのパロディ、『燃えよドラゴン』のパロ
ディなどなど合計22本のパロディがオムニバス形式で次々繰り出される、とにかく
パロディづくしのおバカ映画。
 ZAZとして知られるデヴィッド&ジェリー・ザッカーとジム・エイブラハムが
ステージ「ケンタッキー・フライド・シアター」をまだ無名だったジョン・ランディ
スを監督に招いて映画化した作品。ZAZはこの後『裸の銃を持つ男』シリーズを
生み出すなど売れっ子に。ジョン・ランディスも『サボテン・ブラザース』などで
アメリカを代表するコメディ監督になったことで、伝説的な映画となった。



<レビュー>

 この映画を見てまず思い出されるのは「サタデー・ナイト・ライブ」だろう。同
じように短いネタを次々と繰り出して時間を埋めていく。CMのパロディ、映画の
パロディというネタの作り方も同じ、下ネタも辞さない下品さも同じ。「サタデー・
ナイト・ライブ」が始まったのは1975年であり、ジョン・ランディスが「サタデー・
ナイト・ライブ」から生まれた『ブルース・ブラザース』の映画版を1980年に監督
していることから考えて、この二つは無関係ではないだろう。テレビ番組であるS
NLと、舞台から生まれた『ケンタッキー・フライド・ムービー』、出自は違えど、
同時代的に出現した、この似たようなコメディはあるひとつの時代を象徴的に表し
ているものといえるのだろう。
 などと書いてみたが、いわゆるアメリカン・コメディ、アメリカン・ジョークと
言われてイメージするようなギャグがこの映画にはオン・パレードで登場する。そ
のほとんど(と言うと語弊があるけれど少なくとも半分以上)はあまり笑えない。
けれども、面白いネタもある。どれもべたなネタの中で私が一番気に入ったのは、
トークショーのような番組でのマイクネタ。番組とは関係なくマイクでいろいろな
ネタを繰り広げるだけの数分の作品だ、なかなかうまいところを付いていると思っ
た。
 というのが私の感想だが、どのネタがヒットするかは人によりけり。ほとんどの
ネタがヒットして腹がよじれるという人もいれば、ひとつもヒットしないという人
もいるだろう。どちらにしても、ダメもとで見てみればひとつくらいは拾いネタが
あるはず。「下手な鉄砲も数うちゃ当たる」というのもこのころのアメリカのコメ
ディの常套手段、一回ヒットさせれば跡は雰囲気で爆笑の連発というところが狙い
なのだろう。
 ただ、中盤でかなり長い時間を割かれる『燃えよドラゴン』のパロディは、長す
ぎるしネタとしてもいまいちのような気が…




*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは下記アドレス
 で手続きをしてください。こちらでは対処しきれない場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




                   ====================================
                            日々是映画第1117号
                             2004年1月21日発行
                            発行:cinema-today
                          マガジンID:0000032940
                    Mail to: webmaster@cinema-today.net
                   ====================================
                                  掲示板
                  http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain
                   ====================================
                           購読解除はこちらから
                   http://cinema-today.net/magazine.html
                   ====================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲


{magclick}

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む