ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.1063 ★ ブラックボード?背負う人


カテゴリー: 2003年11月11日
===================================================2003/11/11==
                          -vol.1063--
  ほぼ日刊 日々是映画           発行:cinema-today
                  http://www.cinema-today.net/
             http://cinema-today.hp.infoseek.co.jp/
=====c====i====n====e====m====a====-====t====o====d====a====y==

{magclick}

1063号です。

突然やけに寒いですが、先日とある喫茶店に行ったところ猫が2匹
いたんですが、コーヒーがやってきてしばらくたった頃おもむろに
その猫の1匹が近づいてきて、テーブルの上に乗り、何をするかと
思ったら、コーヒーフレッシュの入った器をなめ始めました。店主
は奥にいてこちらは見ておらず、猫はここぞとばかりにコーヒーフ
レッシュを飲み干して、満足げに去っていきました。私はコーヒー
はブラック派なので、別に飲まれても困りはしないんですが、何ツー
喫茶店だとは思いました。ある意味ほのぼのある意味迷惑かな。

映画は『ブラックボード』です。
昨夜WOWOWでやっていました。私は結局3年前の第1回フィル
メックスで見て以来2回目のような気がします(もう1回くらい見
た気もする)。


書き込み大熱望! リクエストも随時募集中!
掲示板はこちら!
http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain 

{magclick}

--cinema207-------------------------------------------
ブラック・ボード〜背負う人
Takhte siah            2000年,イラン,84分
------------------------------------------------------

<キャスト&クルー>

監督 サミラ・マフマルバフ
脚本 モフセン・マフマルバフ
   サミラ・マフマルバフ
撮影 エブラヒム・ガフォリ
音楽 モハマド・レザ・ダルヴィシ

キャスト バフマン・ゴバディ
     サイード・モハマディ
     ベフナズ・ジャファリ


<評価>

☆☆☆1/2(満点=5)


<プレヴュー>

 黒板を背負って山道を歩く歩く男たちの一団。彼らは、学校がなくなって職を
失った教師らしい。時はイラン・イラク戦争の真っ最中、彼らは食べるため、各
地の村々を回って子供たちに読み書きや算数を教えて歩いていた。その一団の中
の二人の教師サイードとレブアル、それぞれ生徒をさがし、サイードはイラクと
の国境に向かう老人の一団を見つけ、レブアルは大きな荷物を運ぶ子供たちの一
団を見つけた。
 『りんご』で世界の中目を集めた若干20歳のサミラ・マフマルバフの監督第2
作は『りんご』と同じように、ある種ルポ的な色彩を取り入れつつも映像にこだ
わって映画らしい映画に仕上げた。
 



<レビュー>

 とりあえず、黒板を背負って歩くという発想が面白い。監督いわく、もともと
のアイデアは父親のモフセンの発想から得たらしいが、それをうまい具合に映画
世界にはめ込んだところがうまい。
 この映画はやはりかなり社会的なメッセージ性の強い映画で、最近の出来事で
あるイラン・イラク戦争をいまだに問題として残っているクルド人難民の問題と
関わらせつつ描き、かつ戦争に対する人々の姿勢を生々しく描こうという野心が
感じられる。しかも、子供、老人という二つの世代を対象とし、そこにストーリー
テラーとしてのいわゆる大人が入っている構造から行って、全体像を描こうとい
う構想なのだろう。
 したがって、物語そのものは収斂するのではなくむしろ散逸してゆく方向です
すみ、結末もはっきりとしたメッセージを打ち出すわけではない。漠然とした反
戦のメッセージ。あるいは「生きる」ということに対する漠とした渇望。
 全体には非常に出来のよい映画ですが、ちょっと手持ちカメラの多用が気にな
りましたかね。主観ショットのときに手持ちを使うのはとても効果的でいいので
すが、主観ではないと思われるところでも手持ちのぶれた画像が使われていたの
で、その効果が薄れてしまった感じがするし、あまりに手持ちの映像が多い映画
は酔うのでちょっと厳しいです。山道の移動撮影で、ぶれない画像を撮るのも難
しかろうとは思いますが、それを感じさせないように作るのが映画。映画の世界
の外の状況を考えさせてしまってはだめなのです。そこらあたりが減点。

 今回見てみると、いろいろと味わい深い部分があります。メッセージ性などは
置いておいて、映っている人々の生き生きとした感じというか、非常に厳しく、
本当に生きていくのがやっとという生活(といえるかどうかも怪しい移動の日々)
のなかでもいくばくかの喜びがある。あるいはただ苦しみが和らぐだけであって
もそれを喜びと感じる。それがこの映画の非常によい味わいであると思います。
故郷へと向う一団の中で「黒板さん」と結婚することになる女性。彼女は精神的
に参ってしまっているのだけれど、周囲はそれをどうとも思わない。それは一つ
の不幸ではあるけれど、皆が抱えている不幸と質的に差があるわけではない。そ
してその父親は膀胱炎でおしっこが出ない。しかし出さなければならない。おしっ
こが出た瞬間、彼が感じた幸せはどれほどのものだったか。ズボンへと伝う暖か
いおしっこの感触が幸せであるというちょっと笑ってしまうようなこと。それが
幸せであるということ。レブアルが自分の名前を黒板に書くことができたとき、
彼の表情は真剣でありながら喜びに溢れていた。その文字はたどたどしいもので
あっても彼にとっては無上の喜びを与えてくれるものだった。それを書き上げた
瞬間に待ち受ける運命がどのようなものであっても。
 そのような生きる喜び。クルド人の一団が「黒板さん」に導かれてついに故郷
にたどり着いたことをしる歌が鳴り響いたとき、彼らの喜びはいかほどのものだっ
ただろうか。故郷に帰っても彼らの運命は悲惨で未来など霞のようなものだとい
うことは見ているわれわれにも、旅する彼ら自身にもわかってはいるに違いない
のだが、故郷に着いたということの喜びは他には変えがたいほどのものなのだ。
そのような悲惨な中にある喜びを無常のものとして描きあげたこの映画はどこを
切っても味わい深い。


{magclick}


*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは下記アドレス
 で手続きをしてください。こちらでは対処しきれない場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 ティアラオンライン http://www.tiaraonline.com マガジンID:m100519
 めるまる http://www.melmal.com/result.php3?oid=25703
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




                   ====================================
                            日々是映画第1063号
                             2003年11月11日発行
                            発行:cinema-today
                          マガジンID:0000032940
                    Mail to: webmaster@cinema-today.net
                   ====================================
                                  掲示板
                  http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain
                   ====================================
                           購読解除はこちらから
                   http://cinema-today.net/magazine.html
                   ====================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

{magclick}

このメルマガは現在休刊中です

ほぼ日刊日々是映画

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2016/05/25
部数 860部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

ほぼ日刊日々是映画

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2016/05/25
部数 860部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング