ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.763 ★ 浮草

===================================================2002/10/28==
                          --vol.763--
  ほぼ日刊 日々是映画           発行:cinema-today
                    http://cinema-today.net/
                http://cinema-today.hoops.ne.jp/
=====c====i====n====e====m====a====-====t====o====d====a====y==

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  国内最大のビジネス情報入手サイト誕生!┌─────────────┐
(例えば)                 業界初!使った分だけご請求
■取引先の売上、財務状況を調べる ─   └─────────────┘
■各業界の市場規模、予測を調べる ─  ・初期費用、月額固定費は一切不要
■ライバル会社の最新動向を調べる ─  ・ただいま、新規会員を募集中!!
  http://adcharge.com/j.cgi?02dz011301rf10ud01524mq30
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ adcharge.com ━━


763号です。

先日、『みだれ髪』という映画をお届けしましたが、そのときに山本富士子を
借りる交換条件として小津安二郎が大映で映画を一本撮ったといいましたが、
その映画が今日の『浮草』。カメラマンも大映の宮川一夫を使っています。

日本の映画史などよくわからない人が多いかもしれませんが、
基本的に50年代、60年代は松竹・東宝・東映・大映・日活の5社が大手といわれ
(日活は54年から)、撮影所システムというシステムの中でほとんどのスタッフ・
キャストが社員だったということが重要なわけです。この中で5社協定という協
定が結ばれ、俳優の移籍を禁じることでスター俳優の流出と、業界への新規参入
を防いでいたわけです。



書き込み大熱望!掲示板はこちら!
http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain 


{magclick}


--cinema757-------------------------------------------
浮草
                  1959年,日本,119分
------------------------------------------------------

<キャスト&クルー>

監督 小津安二郎
脚本 野田高梧
   小津安二郎
撮影 宮川一夫
音楽 斎藤高順

キャスト 中村鴈治郎
     京マチ子
     若尾文子
     川口浩
     杉村春子
     野添ひとみ
     笠智衆
     

<評価>

☆☆☆1/2(満点=5)


<プレヴュー>

 旅回りの劇団・嵐駒十郎一座が小さな港町にやってきた。座員たちはチンドン屋
をやりながらビラを配ったり、マチの床屋のかわいい娘に眼をつけたりする。一方、
座長の駒十郎はお得意先のだんなのところに行くといって、昔の女と息子を12年ぶ
りにたずねていく。しかし息子には「叔父だ」といってあり、本当のことを明かし
てはいなかった。
 小津安二郎が山本富士子の貸し出しの交換条件として契約した大映での唯一の監
督作品。中村鴈治朗や京マチ子、若尾文子ら小津と見えることのなかった役者との
組み合わせが興味深い。小津としては初めてのカラー作品で、小津らしからぬドラ
マチックな展開も注目。小津自身が1934年に撮った『浮草物語』のリメイクでもあ
る。



<レビュー>

 小津安二郎の「変」さというのがこの映画には非常に色濃く出ている。小津のホー
ムグラウンドである松竹大船撮影所で撮られた小津映画には完全に小津の「型」と
いうものが存在し、そこから浮かび上がってくるのは「小津らしさ」というキーワー
ドだけで、小津映画が「変」だという感慨は覚えない。しかし、よく考えると小津
映画というのはすごく「変」で、ほかの映画と比べるとまったく違うものである。
それを「小津らしさ」としてくくってしまっているわけだが、その「らしさ」とは
いったい何なのか、それは映画としておかしいさまざまなことなんじゃないか、と
いう思いがこの映画を見ていると浮かんでくる。
 それはこの映画が「大映」というフォーマットで撮られたからだ。(笠智衆や杉
村春子は出ているが)いつもとは違う役者、いつもとは違うカメラマン(宮川一夫
は厚田雄春に負けるとも劣らないカメラマンだが)、全体から感じられる異なった
雰囲気、それはこの映画をほかの大映の映画と比較できるということを意味してい
る。たとえば溝口や増村の映画と。そうしたとき、小津映画の「変」さがありあり
と見えてくる。最初のカットからして、灯台と一升瓶を並べるというとても変な
ショットだし、短いから舞台のカットを何枚か続けて状況説明をする小津のいつも
の始まり方もなんだかおかしい。
 そして極めつけは人物を正面から捕らえるショットの多用。これが映画文法から
外れていることはわかるのだが、普通に小津の映画を見ているとそれほどおかしさ
は感じない。しかしこの映画では明らかにおかしい。さしもの名優中村鴈治朗もこ
の正面からフィックスで捉えるショットには苦労したのかもしれない。さすがに見
事な演技をして入るが、そこから自然さが奪われていることは否めない。そもそも
小津の映画に自然さなどというものはないが、小津映画に常連の役者たちは小津的
な世界の住人として小津的な自然さを演じることに長けている。
 杉村春子とほかの役者を比べるとそれがよくわかる。杉村春子のたたずまいの自
然さは役者としてのうまさというよりは、小津映画での振舞い方がわかっているが
故の所作なのだろう。

 しかし、この小津の「変」さを浮き彫りにする大映とのコラボレーションは、ひ
とつの新しい小津映画を生み出してもいる。大映の映画というのがそもそもほかの
映画会社の映画とはちょっと違う「変」な映画であるだけに、そこから生み出され
るものは強烈な個性になった。
 うそみたいに激しく降る雨の通りを挟んで、軒下で言い争いをする中村鴈治朗と
京マチ子、その不自然さは笑いすら誘いそうだが、その笑いは強烈な印象と表裏一
体で、そのイメージがラストにいたって効いてくる。「静」と「動」、常に「静」
で終始しているように見えることが多い小津映画には、実は常にその対比が存在し、
それが映画のリズムを作っているということ、そのことも改めて認識させられる。
この映画がほかの小津映画に比べてドラマティックに見るのは、その「静」と「動」
の触れ幅が大きいからなのかもしれない。
 小津が普段と違うことをやろうとしてそうなったのか、それとも普段の小津世界
とは違う人たちが関係しあうことによって自然に生まれてきたものなのか、それは
わからないが、こんな小津もありだと思うし、こんな大映もありだと思う。



{magclick}




*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは下記アドレス
 で手続きをしてください。こちらでは対処しきれない場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 ティアラオンライン http://www.tiaraonline.com マガジンID:m100519
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




                   ====================================
                             日々是映画第763号
                            2002年10月28日発行
                            発行:cinema-today
                          マガジンID:0000032940
                    Mail to: webmaster@cinema-today.net
                   ====================================
                                  掲示板
                  http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain
                   ====================================
                           購読解除はこちらから
                   http://cinema-today.net/magazine.html
                   ====================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲


{magclick}


このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む