ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.759 ★ エトワール

===================================================2002/10/23==
                          --vol.759--
  ほぼ日刊 日々是映画           発行:cinema-today
                    http://cinema-today.net/
                http://cinema-today.hoops.ne.jp/
=====c====i====n====e====m====a====-====t====o====d====a====y==


━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━┓〜 結婚したいけど、理想の人に出会えない!  〜  
┃ 結婚情報  ┃〜 結婚する人の条件は決めている!      〜  
┃ サービス  ┃〜 もう30歳、そろそろ結婚しなきゃ、でも・・ 〜  
┗━━━━━━━┛〜 お見合いでもしようかなぁ、でも・・    〜  
     http://adcharge.com/j.cgi?02is011101rx10ud01524xt25
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ adcharge.com ━━


759号です。

抽選が難航して(うそ)、当選メールが送れませんでした。
今日こそ送りますので、ちょっと待ってください。
別にぐれたわけではありません。

さて、映画ですが、今日は『エトワール』です。
バレエなドキュメンタリーなので、どうしてもワイズマンの『ABT』
と比べてしまいますね。比べるとやっぱり…


書き込み大熱望!掲示板はこちら!
http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain 

{magclick}


--cinema753-------------------------------------------
エトワール
Tout pres des Etoiles      2000年,フランス,100分
------------------------------------------------------

<キャスト&クルー>

監督 ニルス・タヴェルニエ
撮影 ニルス・タヴェルニエ
   ドミニク=ル・リゴレー
スチール ヴァンサン・テシエ

キャスト マニュエル・ルグリ
     ニコラ・ル・リッシュ
     オーレリ・デュポン


<評価>

☆☆☆(満点=5)


<プレヴュー>

 パリ・オペラ座のバレエ団、「エトワール」と呼ばれるソリストたちを頂点に
ある種の階級が存在し、だれもがエトワールになることを夢見ている。しかし、
学校時代から続くそのための競争、エトワールになる以前の「コリフェ」「カド
リーユ」としても群舞、それらをこなす生活は厳しい。エトワールになったして
も、そこには厳しい自己管理の生活が待っている。それでも彼らはバレエを生き
がいとして踊り続ける…
 『田舎の日曜日』などで知られるベルトラン・タヴェルニエの息子ニルス・タ
ヴェルニエがバレエ団に3ヶ月密着し、練習、公演の光景にインタビューを加え
て作り上げた初監督作品。



<レビュー>

 バレエをする人たちの肉体は本当に美しい。それはワイズマンの『BALLE
T』のときも思ったことだけれど、その肉体と体の動きの美しさには本当に魅了
されてしまう。この映画でもとくに練習風景の体の動きなどを見ると、とてもい
い。舞台監督が演技をつけているときの、動きの違いによる見え方の違いなんか
も見た目にぱっとわかるくらい違うのがすごい。
 だからといって、その美しさばかりを追っていていいのかどうかというのが映
画の難しいところ。ただただ踊るところばかりを見せていては映画にならないの
で、インタビューなんかを入れる。インタビューを入れることはもちろんいいし、
それによって彼らの抱える問題とか、バレエ団がどのようなものであるかとがい
うことがわかってくる。しかし、問題なのは、映画にこめるべきメッセージをイ
ンタビューに頼りすぎると、映画としての躍動感が失われてしまうということ。
バレエダンサーは肉体によって自己を表現するもので、言葉によって表現するも
のではない。そのことをないがしろにして言葉に頼ってしまうと、バレエの持つ
本来の魅力が映画によって減ぜられてしまうことになりはしないだろうか。この
映画のインタビューはそれ自体は面白いのだけれど、そういう説明的な面がちょっ
とある。
 たとえば、練習風景で代役の人たちがそっと練習しているところをフレームの
中に捉えているところが結構ある。彼らが代役であることは説明されなくてもわ
かるのだが、この映画ではそのあと代役を割り当てられた人たちの話が入る。そ
のインタビューはノートを見せて説明したりして楽しいのだけれど、何かね。ド
ラマを作り方なのか。最後には代役から出演が決まったダンサーを映すあたりの
ドラマじみたところがどうもね。
 というところです。この映画でいちばん魅力的なのは「エトワール」になる以
前のダンサーたちであって、彼ら、彼女たちのナマの姿さえ伝われば、そこにド
ラマはいらなかったという気もする。群舞の中の4人が手のつなぎ方を話してい
るところなんかはそれだけで、そこにいろいろなドラマがこめられていて楽しい
のだから。



{magclick}


*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは下記アドレス
 で手続きをしてください。こちらでは対処しきれない場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 ティアラオンライン http://www.tiaraonline.com マガジンID:m100519
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




                   ====================================
                             日々是映画第759号
                            2002年10月23日発行
                            発行:cinema-today
                          マガジンID:0000032940
                    Mail to: webmaster@cinema-today.net
                   ====================================
                                  掲示板
                  http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain
                   ====================================
                           購読解除はこちらから
                   http://cinema-today.net/magazine.html
                   ====================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲
{magclick}

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む