ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.757 ★ ビートニク

===================================================2002/10/21==
                          --vol.757--
  ほぼ日刊 日々是映画           発行:cinema-today
                    http://cinema-today.net/
                http://cinema-today.hoops.ne.jp/
=====c====i====n====e====m====a====-====t====o====d====a====y==

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
○◆○「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!○◆○
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
0歳から6歳のお子さまをお持ちの方とマタニティの方にディズニーキャラ
クターがたくさん登場するかわいい絵本とCDの無料サンプルプレゼント!
   http://adcharge.com/j.cgi?02wj011001ra10ud01524qr23
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ adcharge.com ━━


757号です。

うーん、10月は休みがち。
今日からは心機一転、がしがしやります。
休んでしまったので、自動的にプレゼントの締め切りも延び、今日になります。
まだの人は、あわてて応募してください。ぜひ。
グッズデザインは、一部 http://www.cinema-today.net/goods.html に乗せて
あります。各グッズ50枚限定、シリアルナンバーつき!

えーと、きょうは『ビートニク』です。
ビートニクの映画。


書き込み大熱望!掲示板はこちら!
http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain 


{magclick}


--cinema751-------------------------------------------
ビートニク
The Source            1999年,アメリカ,88分
------------------------------------------------------

<キャスト&クルー>

監督 チャック・ワークマン
脚本 チャック・ワークマン
撮影 アンドリュー・ディンテンファス
   トム・ハーウィッツ
音楽 デヴィッド・アムラム
   フィリップ・グラス

キャスト ジャック・ケルアック
     アレン・ギンズバーグ
     ウィリアム・バロウズ
     ジョニー・デップ
     デニス・ホッパー
     

<評価>

☆☆(満点=5)


<プレヴュー>

 1950年代に現れ、アメリカの新しい若者文化を生み出したビート族(ビートニ
ク)。その元祖とも言えるジャック・ケルアック、アレン・ギンズバーグ、ウィ
リアム・バロウズの3人を中心に、彼ら自身が登場する映像、インタニューなど
のフィルムに加えて、彼らの知己たちへのインタビュー、ジョニー・デップらに
よるポエトリー・リーディングを使ってその全貌を明らかにしようとするドキュ
メンタリー。
 ビートニクのファンの人たちにとってはとても魅力的な作品。ビートニクを知
らない人たちにとっては勉強になる。




<レビュー>

 つくりとしてはものすごく普通のドキュメンタリーなわけです。残っている映
像を収集して、それをまとめてひとつの作品にする。作品として足りない部分は
インタビューやポエトリー・リーディングによって補う。「知ってるつもり」の
豪華版のようなものですね。
 なので、ビートニクとはなんぞやということを知らない人にとっては一種の教
養番組というか、新しい知識を映像という形で取り入れる機会になるわけです。
しかも、本人が出てきたり、具体的な作品も使われているのでわかりやすい。ケ
ルアックの『路上』ぐらいは読んでもいいかなという気になるわけです。
 一方、ビートニクが好きな人、日本でも結構はやっていますので、そういう人
も多いと思うわけですが、そういう人たちにとっては本人が登場するということ
でなかなか見ごたえがある。コートニー・ラブが出ていた『バロウズの妻』とか、
バロウズ原作の『裸のランチ』とかいった映画は結構あるんですが、本人が出て
いるものといえば、『バロウズ』という映画があったくらい。なので、これだけ
本人の映像が満載というのは、特にケルアックのものは、ファンにはたまらない
という気がします。
 という映画であるのですが、そのどちらでもない人、ビートニクは知っている
けど、別にそれほど好きではない、という人にはなかなか入り込めないかもしれ
ない。物語の展開が工夫されているわけでもないので、なかなか興味を継続しに
くいというのもあります。詩のいっぺんとか、ひとつの発言なんかがうまく引っ
かかってくれればいいのですが、そうではないと、出てくる人たちも名前を出さ
れても誰だかよくわからないし、言っていることもよくわからないということに
なってしまう。大体の人はここにはまりそうな気がします。




{magclick}


!!!!!!!!  750号よ! プレゼントのコーナー !!!!!!!!

750号となりました。

で、プレゼントはそろそろ作ってもいいだろオリジナルグッズ。
んーと、映画鑑賞のお役に立つかもしれないグッズを作ります。
ポストカードとビデオラベルあたりを作っています。
各グッズ限定50枚のシリアルナンバー入り。

どしどしご応募ください。
応募が少ないとぐれます。

ご応募は、
present@cinema-today.net まで。
当選者は2・3名くらいを予定しています(決めろよ!)。

ハンドル名とメールアドレスをお書きの上、
その他書きたいことは何でも書いて、
送ってください。
締め切りは。今日!

以上地味な告知でした。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




{magclick}



*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは下記アドレス
 で手続きをしてください。こちらでは対処しきれない場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 ティアラオンライン http://www.tiaraonline.com マガジンID:m100519
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




                   ====================================
                             日々是映画第757号
                            2002年10月21日発行
                            発行:cinema-today
                          マガジンID:0000032940
                    Mail to: webmaster@cinema-today.net
                   ====================================
                                  掲示板
                  http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain
                   ====================================
                           購読解除はこちらから
                   http://cinema-today.net/magazine.html
                   ====================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲


{magclick}


このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む