ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.754 ★ 華岡青洲の妻

===================================================2002/10/17==
                          --vol.754--
  ほぼ日刊 日々是映画           発行:cinema-today
                    http://cinema-today.net/
                http://cinema-today.hoops.ne.jp/
=====c====i====n====e====m====a====-====t====o====d====a====y==

━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★<理想の人と結婚したいなぁ>☆<理想の人に会えるかな?>★   
  ☆――――――――――――――□―――――――――――――☆   
    ┗>>積極的に理想を求める事が成功につながります<<┛     
       ┗>>理想の人とのパートナーシミュレーション<<┛   
 ⇒  http://adcharge.com/j.cgi?02od011102rt10ud01524jn19
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ adcharge.com ━━


754号です。

きょうは、朝WOWOWで見る若尾文子シリーズ第2弾!
今日は和装の文子です。
朝からこんなどろどろドラマをやってしまうWOWOWの番組編成は
なかなか不思議。でも、若尾文子を見れるならそれはそれでよい。

今日は『華岡青洲の妻』です。

ちなみに明日の朝は『妻は告白する』。妻つながりか?

プレゼントも応募してください。
計画では、オリジナルポストカードとオリジナルビデオラベル、などなどを
差し上げましょう。60年代風!


書き込み大熱望!掲示板はこちら!
http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain 

{magclick}



--cinema317-------------------------------------------
華岡青洲の妻
                  1967年,日本,100分
------------------------------------------------------

<キャスト&クルー>

監督 増村保造
原作 有吉佐和子
脚本 新藤兼人
撮影 小林節雄
音楽 林光

キャスト 市川雷蔵
     若尾文子
     高峰秀子
     伊藤雄之助
     杉村春子(語り)
     

<評価>

☆☆☆☆(満点=5)


<プレヴュー>

 田舎の武家の娘である加恵は近くの田舎医者・華岡直道の評判の妻であるお継
に憧れを抱いていた。華岡家に妻にと請われた加恵は父の反対を押し切って華岡
家に嫁いだ。最初は仲睦まじくやっていた加恵とお継だったが、留守にしていた
夫の雲平(青洲)が帰ってくると、徐々に関係に変化が現れてくる…
 江戸時代の実在の医者華岡青洲を描いた有吉佐和子のベストセラー小説の映画
化。とはいっても増村色はかなり色濃く、物語も映像もまぎれもなく増村保造と
いう作品。




<レビュー>

 物語が増村的であるのは、結局のところこの映画が1人の男を巡る2人の女の
戦いという要素に還元できるからだろう。そういった状況での女の激しい愛情と
いうものは増村が繰り返し描いてきたことであり、それが舞台が江戸時代となり、
二人の女の関係が嫁と姑となったところで本質は変わらない。そのような物語だ
からこそ、そのように描ける自信があったからこそ、増村は映画化を熱望したの
だろう。
 映像が増村的であるのは、やはり構図。構図に工夫が凝らされているのはいか
にも増村らしい。しかし、この映画が他の映画と少々異なっているのは、3人以
上の人がいるシーンが多いということ。増村の映画は全体的に見てみると、2人
の人間を描いた場面が多い(ような気がする)。しかし、この映画は3人以上
(特に3人)の人間を描く場面が非常に多い。そこでは2人の場面とは明らかに
異なる構図の工夫がなされている。そしてそれは、会話をしている二人と、しゃ
べっていない1人の位置関係という形で特にあらわれる。後姿の青洲をはさんで
(これによって画面は完全に二分割される)話す加恵とお継を配したシーンや、
画面の右半分の手前でしゃべる加恵と青洲に対して、左側の奥でじっと座ってい
るお継を描いた場面などがそれであるが、このときの会話に参加していない一人
の存在が非常に面白い。わかりやすく表情で語らせる場面もあるが、ただの背中
や表情の変わらない横顔であっても、それが語ることは非常に多く、物語を視覚
的に展開させていくのに非常に効果的だ。
 個人的にはこれはかなりいいと思います。静かな映像の中に凝らされた工夫と
いうのはかなり好み。






{magclick}


!!!!!!!!  750号よ! プレゼントのコーナー !!!!!!!!

750号となりました。

で、プレゼントはそろそろ作ってもいいだろオリジナルグッズ。
んーと、映画鑑賞のお役に立つかもしれないグッズを作ります。
内容未定。
きっとかわいい(予定)。
どしどしご応募ください。
応募が少ないとぐれます。

ご応募は、
present@cinema-today.net まで。
当選者は2・3名くらいを予定しています(決めろよ!)。

ハンドル名とメールアドレスをお書きの上、
その他書きたいことは何でも書いて、
送ってください。
締め切りは。10月20日(日)にしておきます。
どうぞよろしく。

以上地味な告知でした。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



{magclick}



*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは下記アドレス
 で手続きをしてください。こちらでは対処しきれない場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 ティアラオンライン http://www.tiaraonline.com マガジンID:m100519
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




                   ====================================
                             日々是映画第754号
                            2002年10月17日発行
                            発行:cinema-today
                          マガジンID:0000032940
                    Mail to: webmaster@cinema-today.net
                   ====================================
                                  掲示板
                  http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain
                   ====================================
                           購読解除はこちらから
                   http://cinema-today.net/magazine.html
                   ====================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲


{magclick}

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む