相場を知る・より安定した将来設計のために

どうする日本? 何のための消費増税 ー 相場はあなたの夢をかなえる


カテゴリー: 2018年11月12日
▲----------------☆★Free E-Seminar on Trading★☆-----------------
◇
▼--------- 2018.11.12 Vol.662 ------ 何のための消費増税? ---------
◇
▲               Since 2001.01.13 - 購読者数:まぐまぐ9,366人+melma

━━━━━━━━━━━ Seminar on Trading ━━━━━━━━━━━━
    殿堂入りメールマガジン:「相場はあなたの夢をかなえる」
☆無料版(参照&登録):http://archive.mag2.com/0000031054/index.html☆
「生き残りのディーリング」の著者による経済と相場の解説(折に触れて)
★有料版(\840税込:購読登録):http://www.mag2.com/m/0001111340.html★
まぐまぐ大賞2016:資産運用(予想的中!)第1位(毎週月曜日+3、4回)
━━━━━━━━━━━━【 Dealer's WEB 】━━━━━━━━━━━━━



☆どうする日本? 何のための消費増税

2019年10月に消費税率が2%引き上げられると、国民が支払う税金は
約5.6兆円増えるとされている。一方で、消費増税に伴う
景気悪化や所得減が予測されるため、政府内で10兆円から15兆円の
総合対策が検討されているという。
しかし、増収分以上に歳出を増やせば、財政赤字は更に拡大する。
消費増税で財政が悪化するとすれば、何のために消費税率を引き上げるのか? 
以下に報道記事の要点だけを引用する。

(以下に引用)
「日銀の試算では2%増税に伴い国民が支払う税金は約5.6兆円」

「既に決まっている軽減税率や幼児教育無償化などの恒久的な対策で
2.4兆円程度が国民に還元される。さらに時限的ながら、
前回も実施した低所得者支援金による所得還元なども合わせると、
ネットで支払う税金は2.2兆円に圧縮される」

「キャッシュレス決済によるポイント還元やプレミアム商品券、
自動車減税などを加えれば、1兆円台の負担で済みそうだ」

「『国民所得目減り額の規模にかかわらず、10兆円単位での財政出動
が選択肢として浮上している』と明かす。ただその場合でも、
単年度で10兆円規模の財政支出を実行するのではなく、
複数年に分割して執行する方式が模索されているもようだ」

「この選択肢のたたき台として、内閣官房参与の藤井聡・京都大学
大学院教授が提言している10-15兆円規模の経済対策構想があるという」

「安倍晋三首相は今月5日の参院予算委員会で、防災・減災、国土強靱化
のための緊急対策について『消費税対応にかかる2019年度、20年度に講じる
臨時・特別の措置を活用する』と述べた」

「電力・空港・河川など重要インフラを緊急点検し、
必要な対応に3年間で集中的に取り組む方針を示してきた」

「人命を救えるだけでなく、経済的な打撃も相対的に圧縮できる」

「公共工事の推進には人手不足という課題が立ちはだかる。
別の政府関係者は、ICT建設機械など先端技術を活用した次世代インフラ
メンテナンスに資金を付けることが、将来の成長基盤につながるとみている」
参照:消費増税で総合対策10兆円の構想浮上、国土強靭化も盛り込み
https://jp.reuters.com/article/hyundai-motor-mojo-idJPKCN1NE08K


キャッシュレス決済、自動車減税、公共工事、先端技術活用、人手不足等々、
恩恵を受けそうな分野のキーワードがちらほら見受けられる。
それにしても、増収分以上に歳出を増やせば、財政赤字は更に拡大する。
消費税率の引き上げには、財政再建に優先する何かがあるのだろうか?

2009年度以来、日本政府の歳出は毎年約100兆円規模で推移している。
一方、2018年度予算までの税収は年平均約50兆円なので、
この10年間だけでも政府の債務は500兆円増えたことになる。
参照:一般会計における歳出・歳入の状況
https://www.mof.go.jp/tax_information/qanda024.html


それまでの期間も、日本政府はずっと赤字を出してきているので、
日本の公的債務は1000兆円を超えるまでになっている。

一方でIMFによれば、「日本の負債額はGDPの283%に相当するが、
その半分以上を日本銀行を含めた政府機関が抱えている。他の資産も考慮に
入れて試算すると、日本の『純資産』はほぼプラスマイナスゼロになる」という。

政府の負債の半分を、日本銀行を含めた政府機関が抱えていると言われても、
何の慰めにもならない。官と民という構図では、すべて官の借金だからだ。
そして、官は民の行政機構に過ぎないので、すべて民の負担となる。

また、「こうした分析は、完璧にはほど遠い。根拠となっているデータは
統一性に欠ける。そして、資産と負債の全体像を把握しようとする中で、
公的年金制度の将来的なコストや、地下に眠る自然資源の価値など
については、大胆な推計を用いることになる。
また、国有企業や資産は簡単には売却できない」とされる。
参照:日本の純資産はプラマイゼロ、IMFの新国富論
https://jp.reuters.com/article/imf-g20-breakingviews-idJPKCN1ML0NF


確かに上記、財務省「一般会計における歳出・歳入の状況」の図では、
赤線で描かれた歳出に対して、青線で描かれているのは税収だ。
政府に税収以外の収入、例えば、郵政民営化のような収入があれば、
毎年50兆円もの赤字が出ているわけではない。実際、
現在検討されているのが水道事業の民営化だ。これには、
フランスの水道大手が参入する見込みだという。
もっとも、こうした資産の売却益は一時的な特別収益で、
毎年の赤字を埋める手段とはなりえない。そして、
現在プラマイゼロの純資産は、資産の減少によりマイナスに転じてしまうのだ。

つまりIMFの指摘は、日本は負債額に匹敵する資産を有している点と
同時に、純債務国転落への瀬戸際まできたことも示している。
それがプラマイゼロの意味だ。では、
地下に眠る自然資源の価値が上昇すれば、資産が増えるのではないか?

ここで問題となるのが、歳出、税収の図が実際のキャッシュフロー
を示しているのに対し、IMFの新国富論での資産は、
大胆な推計による「絵に描いた餅」の価値に基づいたものであることだ。
例えば、国有資産である海底資源を「食べられる餅」に変えるには、
採掘が必要だ。誰が採掘する? 外国企業に採掘権を売れば、
資産に見合う継続的な収入を得られる見込みがなくなるので、
純債務国に転落する。では、日本企業ならどうか?

2017年度の法人申告所得総額は前年度比11.5%増の70兆7677億円と、
8年連続の上昇で、記録が残る1967年度以降、初めて70兆円を超え、
過去最高となった。一方で、申告法人税額は16年度比11%増の
12兆4730億円と、ピーク時1989年度の18兆6412億円に大きく及ばなかった。

これで分かるのは、実質的な法人税率が17.6%だということだ。これは、
単純に考えれば、企業所得が100兆円になっても、税収は18兆円に届かず、
ピーク時1989年度の18兆6412億円にも及ばないことを意味する。
となれば、日本企業に国有資源を採掘させ、企業収益が伸びたとしても、
日本の税収はそれ程増えないことになる。ここでも
現在プラマイゼロの純資産は、国民の資産を企業に事実上譲り渡した
ことにより、マイナスに転じてしまうことになるのだ。

ここで、簡単な算数問題を出題する。

-97.7(兆円=歳出18年度予算)+59.1(兆円=税収18年度予算)
+5.6(兆円=税収増見通し)-3.4(兆円:1年分の歳出増見通し)=

答えは、小学校中学年なら分かる。
-36.4(兆円=2020年度の財政赤字見通し)だ。


現在の消費税収は17.6兆円だが、これが増税後は23.2兆円となり、
現在19兆円の所得税を抜いて、日本政府の最大の財源になる。

とはいえ、消費増税は景気後退、所得減に繋がることから、
増税分を上回るような財政出動を行わない限り、引き換えに
所得税や法人税が減ることになる。これを冷静に判断するならば、
消費増税の目的は、財政再建ではないことになる。つまり、
日本政府はどう計算しても財政赤字を減らせる見通しが立たないので、
財政悪化に繋がってでも、キャッシュレス決済、自動車減税、公共工事、
先端技術活用、人手不足等々の、
特定の産業に恩恵を与えることにしたようなのだ。

一方、大型の財政出動を行えば、景気後退の歯止めとなる可能性は高まるが、
消費増税分以上に、所得税や法人税が減る可能性がなくなるわけではない。
つまり、消費税率の引き上げ後に、財政出動や金融緩和を行っても、
総税収が減ってしまう可能性があるのだ。これは、
消費税導入後の1990年度が日本の税収のピークであり、
5%に引き上げた1997年度が経済規模のピークだったことからすれば、
相当に確度の高い推論だ。

消費税は安定財源だ。減ることは国の経済そのものの縮小以外になく、
その代わりGDP5%の成長でも最大で、23.2兆円が24兆円余りになる
に過ぎない。その時、所得税や法人税で合わせて70兆円を超える見込みが
なければ、単年度でも(=基礎的財政収支の)財政赤字は埋まらない。
ところが、消費増税でこれらの税収は現状の合わせた31.2兆円から減る
見込みだ。つまり、日本の財政は時間の問題で破綻する。

このままでは日本は純債務国となり、ギリシャのように資産を売却し、
水のような命にかかわるものまで、外国企業の意のままにされるようになる。
その時には、黒田日銀の念願通りに物価上昇に火が付くことだろうが、
同時に景気後退と所得減に見舞われるという、スタグフレーションとなる。

日本の政策はインフレ政策ではなく、スタグフレーションを目標
としている政策なのだ。インバウンド景気は世界的な海外旅行ブームの
流れの一環で、それも売りは「非課税」だ。
金融政策は既に限界的で、ここから期待できる目に見えた成果は
株価上昇以外にはなさそうだ。日本経済は詰将棋のように
逃げ場が狭められてきていて、このままでは、
間もなく「詰む」ことは必至だ。最後の一手は「消費増税」だろう。

逆転の手はないのか? あるにはある。文字通りの逆転だ。
消費税を撤廃し、法人税を引き上げ、「1989年度以前の税制」に戻すことだ。
法人税の引き上げというと、企業の競争力が低下すると思われるかもしれない
が、今の1.5倍も法人税を払っていた1989年度の方が、
日本企業は今よりはるかに輝いていたのだ。

私は、税制を元に戻せば、日本経済は復活すると見ている。とはいえ、
そうなると、またまたどこかの国から敵視されるようになるのかも知れないが。



☆「矢口新の短期トレード教室」
転換点を見極め、利益を残す方法を学ぶ
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775991541


目次:

序章:短期トレードは頭のスポーツ
1.短期トレードの魅力
2.短期トレードの注意点
3.市場は寄り付き、指標発表前後、引け間際によく動く
4.短期トレードのメリット
5.自分にできることにチャレンジする
6.できると分かれば、できる
7.繰り返しをいとわない
8.相場はギャンブルではない
9.職人技の修業


第1章:どのようにして収益を上げるのか?
第1節.山越えを待って売り、谷越えを待って買う
第2節.TPA理論
第3節.短期トレードはチャンスが多い
第4節.週足、日足、時間足、分足の順にチェックする
コラム、片サイドトレードと両サイドトレード(ドテン売買)の優位性は?
コラム、保合い相場への対応は?


第2章:転換点(山越え&谷越え)の見極めに使える「道具」は何か
第1節.テクニカル分析とファンダメンタルズ分析
第2節.使えるテクニカルと使えないテクニカル
第3節.ローソク足について知る
第4節.酒田五法について
第5節.トレンドライン(各種ライン)について
  1)トレンドラインとは
  2)パラレルラインについて
  3)ライジングウェッジについて
  4)フォーリングウェッジについて
  5)三角保合いについて
  6)ラインの性質について
  7)トレンドラインの基本形について
  8)トレンドラインの評価
第6節.チャートパターンについて
    1)概要
  2)評価
第7節.移動平均線について
  1)概要
  2)移動平均線の引き方
  3)評価
第8節.移動平均線の派生テクニカル
    1)エンベロープ(概要と評価)
  2)移動平均乖離率(概要と評価)
    3)加重移動平均線(概要と評価)
    4)指数平滑移動平均線(概要と評価)
第9節.MACD
    1)概要
  2)評価
第10節.オシレーター
    1)概要
  2)評価
第11節.RSIについて
    1)概要
  2)評価
第12節.ストキャスティクスについて
    1)概要
  2)評価
第13節.ボリンジャーバンドについて
    1)概要
  2)評価
第14節.パラボリックについて
    1)概要
  2)評価
第15節.一目均衡表について
    1)概要
  2)評価
コラム、移動平均線の使い方
コラム、ローソク足は終値を待つべき?
コラム、順張りと逆張りのどちらがいい?


第3章:転換点の見極めに役立つテクニカル
第1節.転換点の見極めに役立つ道具とは
  1)酒田五法
  2)ボリンジャーバンド
  3)移動平均線
  4)トレンドライン、チャートパターン、酒田五法
第2節.移動平均線を使えば、誰にでも「転換点」が見極められる
  1)移動平均線はシンプルなテクニカル指標
  2)暴騰、暴落時には大儲けできる可能性が高い
第3節.最終的に、シンプルに考える~KISSアプローチ~
コラム、なんぴん買いをしてもいい?
コラム、ピラミッディング(買い乗せ、売り乗せ)はどうする?
コラム、移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスについて(最適化の罠)


第4章:出口戦略について
第1節.損切りと損切りオーダーの違い
第2節.損小利大について
第3節.トレイリング・ストップ
コラム、利益確定ラインもエントリー前に決めるべきか?
コラム、両建ては使っていい手法?


第5章:素のチャートで転換点を探ることが、最も効率の良いやり方
第1節.テクニカル指標は自転車の補助輪に過ぎない
第2節.頼るべきは素のチャート
第3節.素のチャートでエントリーとエグジットを考える
コラム、エントリーに遅れたときは?


第6章:まとめ(自分にあったリスク管理)
第1節.繰り返せば上達する相場へのアプローチ
第2節.自分の適正ポジションを知る
第3節.収益拡大のコツ
第4節.右端での対処(値動きに反応する)

特別コラム、貸出・手数料ビジネスの利益、過半数の地域銀行(地銀)でマイナス
コラム、トレーダーに必要な資質とは?
あとがき

他の書籍は以下のページから:
http://aratayaguchi.web.fc2.com/



★相場はあなたの夢をかなえる ー有料版ー
http://www.mag2.com/m/0001111340.html



━━━━━【生き残りディーリング塾 http://s-dealing.com/】━━━━━

エスチャートは相場のタイミングを捉えるのに適しています。出来高急増と
いうのは、誰かが実際に売買を行った結果なのだから、何かが起きていても
不思議ではないからです。

エスチャート・スクリーナーは節目にある銘柄に出会えるチャンスを広げる
ツールです。生き残りディーリング塾ではエスチャートの使い方はもとより、
投資運用のスキルアップに関して、矢口新が出来る限り協力いたします。


【サービス内容】

1)マーケット情報:相場に役立つ経済情報(矢口新のコメント、見方を含む)

2)エスチャートスクリーナー:出来高急増銘柄を探すことにより、谷や山
といった相場の節目にある銘柄に出会うチャンスを得るツール。

3)SBBR(エスチャート・ブル・ベア・レシオ):
観察日数8日、3つの基準日のシグナルの総数の比率=行き過ぎを判断

4)生き残りTV:いつでもセミナー内容などをオンラインで閲覧可。
現在の配信例
・「2013年相場見通し」セミナー (1時間51分 資料付き)
・「エスチャートが可能にする山越え&谷越えトレード」セミナー (1時間
  52分 資料付き)
・「エスチャートによる銘柄選択と売買タイミング」セミナー(1時間26分 
  資料付き)

5)電子書籍「円高を止める方法、活かす方法」(矢口新、東洋経済新報社
刊、1995年)の閲覧 


【会費】

入会金:なし
3ヶ月契約:9,975円
6ヶ月契約:18,900円
1年契約 :35,700円
(全て税込み)


※新規入会はこちらから:(運営:ZuluTrade Japan株式会社)
http://s-dealing.com/entry.html


※無料情報もあります。
・エスチャート30銘柄
・トレードセンス養成講座
お申し込みはこちらから→ http://s-chart.com/


※ZuluTrade Japan株式会社へのご質問はこちらから承ります。
https://www.directform.info/form/f.do?id=2089

1ヶ月契約:3,500円、入会金もないので、まずはサイトをみて頂ければ幸い
です。


-----------------生き残りディーリング塾運営者情報-------------------
ZuluTrade Japan株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1058号
加入協会/一般社団法人日本投資顧問業協会
金融商品取引法に基づく表示についてはこちら:http://s-dealing.com/risk.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【購読会員募集】

☆「相場はあなたの夢をかなえる ー有料版ー」の読者を募集しています。

まぐまぐ大賞2015:Money Voice賞(毎週月曜日+週3、4回のフォローアップ)

・購読料:1カ月 ¥840(税込);1部当り¥40以下
【会員登録・サンプル版】http://www.mag2.com/m/0001111340.html
 購読申込当月の購読料は無料(解約可)

※当メルマガは、投資教育を目的としており、運用助言ではありません。



★電子メールマガジン:「毎日、数行!マーケット情報で学ぶ経済英語」

経済、相場英語を「生き残りのディーリング」の著者が解説。日々の海外市
場のニュースを通じて、英語と相場を学びましょう

・無料(参照&登録):http://archive.mag2.com/0000142830/index.html



【執筆者著書紹介】:http://aratayaguchi.web.fc2.com/ 



---------------------------- 免責事項 ------------------------------

本メールマガジンは教育的な目的で用いられるものであり、
 売買の注文をすすめるものではありません。 
また、投資を斡旋・推奨するものでもありません。

━━━━━━━━━━━━【 Dealer's WEB 】━━━━━━━━━━━━━
電子メールマガジン:「相場を知る」 Vol.662 2018/11/12
マガジンID: まぐまぐ:0000031054、melma:m00108140
執筆者: 矢口 新
Homepage:http://aratayaguchi.web.fc2.com/ 
S-Chart:http://s-dealing.com/ 
Blog:http://ameblo.jp/dealersweb-inc/ 
E-mail: dealersweb@infoseek.jp 
★All Rights Reserved by A.Yaguchi

★メールマガジン解除、アドレス変更の方はこちらでお願いします。
http://archive.mag2.com/0000031054/index.html 
※変更の場合は、旧アドレスを解除して頂いた後、
新アドレスで再登録という形になります。

★このメールマガジンはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』
(http://www.mag2.com/)と、『melma』(http://www.melma.com/)
を利用して発行しています。
━━━━━━━━━━━━【 Dealer's WEB 】━━━━━━━━━━━━━

相場を知る・より安定した将来設計のために

RSSを登録する
発行周期 不定期刊
最新号 2018/11/12
部数 9,353部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

相場を知る・より安定した将来設計のために

RSSを登録する
発行周期 不定期刊
最新号 2018/11/12
部数 9,353部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング