山本紫苑です。大好きな人、育てましょ。

山本紫苑です。大好きな人、育てましょ。

カテゴリー: 2004年07月24日
□■□■DAISUKI no.85□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

山本紫苑です。大好きな人、育てましょ。

      第85回配送:
       ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
       ★                  ☆
       ☆   「携帯電話を考える」の巻   ★
       ★                  ☆
       ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 ご無沙汰いたしました。とても久しぶりの配信になります。お待ち頂いた方には、感
謝いたします。また「どうしたのかな?」とご心配を頂いた方にはお詫び申し上げま
す。

 ちなみに私は、慢性的な肥満を除いてはほぼ元気に、仕事に追われる毎日を過ごして
います。それはそれで大変幸せなことと思っています。でも、そのことでライフワーク
だと思っているメルマガの発行が滞ってしまっていることを残念に思っておりました。

 さて、きょうは携帯電話のお話です。現代の子どもたちは、早い子では小学生のうち
から携帯電話が必携品になっているようです。たしかに塾に夜まで通ったり、子ども同
士で出掛けた時など、どんなにか安心のツールになるでしょう。

 我が家の子どもたちは、上の二人は高校生になった時に自分の回線を契約しました。
その理由は、中学生までは学校の規則で禁止だったため持っておらず、実際携帯電話の
文化に慣れてしまった親(私)の方が、不便を感じて学校の解禁に合わせて持たせまし
た。

 一番下のチョコリン(現・中2)の場合はちょっと違いました。とにかく携帯電話の
利用開始の低年齢化の波がすっかり押し寄せていました。それでもチョコリンの学校
は、高校でも携帯電話の所持が禁止されているので、私は断じて持たせないことにして
いました。

 中学生になった時、剣道部に入ったチョコリン。試合や稽古の連絡が携帯電話や携帯
メールで行われていることを知りました。それでも、チョコリンのところには自宅の電
話かパソコンのアドレスに連絡をしてもらっていました。

 そこで起きた最初の弊害は、チョコリンだけ連絡が漏れることが起き始めたこと。
「みんなと同じ」じゃないことが、連絡漏れを起こしてしまったようでした。さらに、
次に起きた弊害は、連絡漏れを恐れたチョコリンが、ちょっとの隙を見てはパソコンを
立ち上げてメールチェックをするようになったことです。

 パソコンを立ち上げると、メールチェックのみならず、ついつい大好きなジャニーズ
の情報を見たくなったり、ネットオークションを覗きたくなったりで、アッという間に
30分や1時間を費やしてしまうのです。

 私の携帯を登録させようか、それとも買い与えないのも限界か……かなり悩みまし
た。それでも悩んでいるだけで、行動を起こさないうちに、夏休みになりました。結
局、チョコリンは携帯電話を持たないまま1学期を過ごしました。

 そんな夏休み。次男・せいちゃんが留学に出発しました。チョコリンには、せいちゃ
んの留守中だけ携帯電話を使っていいという幸運が舞い込みました。チョコリンは大喜
び。早速アドレスを変更して、剣道部の先輩や仲間、中のいい友だちに連絡をしまくり
ました。

 端から見ていると、たしかに便利そうにも見えたので、「まあ、これはこれでよかっ
たのかな」と思っていました。チョコリン達の文化は、いや、多分、ある年齢以下の人
にとっては当然なのかもしれませんが、携帯電話はあくまでもメール用の道具であっ
て、話している姿などは見たことがありませんでした。

 やがて、使い方になれてきたチョコリンは、着信メロディをダウンロードしたり、イ
ンターネットでジャニーズ情報を読んだりするようになりました。さらに、我が家で初
めてのカメラ付きケイタイだったので、楽しく画像を送ったり、多分無駄を伴うフル活
用状態になったのでしょう。

 そして1ヶ月、2ヶ月……衝撃の事実が発覚しました。なんと学生割引になっている
回線なのに、チョコリンの利用料金が私の携帯電話の料金を上回っていたのです。私
は、仕事でも使いますし、プロバイダーからメールを転送していますから、かなり利用
は多い方だと思っていたのに、です。

 チョコリン達のメールは「今、なにしてる?」「別にぃ〜」「あのさぁ、きょう買い
物行ったんだ」「へぇ〜、なに買ったの?」「Tシャツぅ〜」「え? どんなの?」と
まあ、こんな感じのやりとりです。1回の文字数は少ないものの回数が激しいのです。
携帯電話の料金は、回数がかさめばに膨れあがりますから、大変です。

 そもそも料金の問題が起きるまでハッとしなかった親もいけないのですが、考えてみ
れば、チョコリンの年齢(あるいはもっと上でも)では、携帯電話の本当の使い方など
わかるはずもなく、おもしろおかしければそれにはまってしまうのも当然だったかも知
れません。

 秋になって、料金はいくらまでという制限をかけて、それを越えたらインターネット
回線はカットという約束をしました。しかし、1ヶ月目からまんまと失敗。どうやって
料金を縮小するかも理解していなかったようです。そこで、もう1ヶ月の猶予を与え、
何と何に気をつけるかを説明ました。

 その結果、見事にクリアしたので……と言いたいところでしたが、結局は玉砕。まっ
たく努力したとは思えない状態でした。約束なので、その日を機会にインターネット回
線の契約はカットしました。どんなに落ち込むのかと思ったのですが、これが意外とさ
らりとしたもので、私にしてみれば「やっぱりそんなに必要なかったのね」でありまし
た。

 その後、夏のせいちゃんの帰国までに問題の回線にどんなことが起きたと思います
か? 同じ携帯電話会社同士の簡易メールを使って、けっこう快適に過ごしてしまって
いました。なんと、月に1000回近いメールを送っていたというのが事実でした。料
金も、それなりに……。

 私はつくづく思いました。文明の利器を猿に持たせてはいけないと……。要は使い方
がわかっていない、なんのためにあるのかわかっていない。料金の問題だけではなく、
必要のない人に必要のないものを与えることの意味の無さを痛感した1年間でした。母
親が集まると「携帯電話持たせてますぅ?」とか「料金大変でしょう?」という会話も
当たり前を通り越しそうな昨今です。今では、うまく料金設定をしているという自慢を
する親も増えています。

 直接なにが悪いとは思わないのですが、考えなくてはならないことが山積みであるこ
とは意識した方がいいのではないかと思っています。たった10年前には、出掛けてい
る人には連絡が取れないのが普通だったのに、猫も杓子もどこでも連絡可能って……こ
んな風になったからには、親だけでなく、子だけでなくもっと熟考する時間が欲しいと
思います。

 それでも、携帯電話の進歩が早すぎて、親も子どもも忙しすぎて、誰も考えていない
ような現状に嘆きを感じるのは私だけでしょうか……

-------------------------------------------
                  彡彡ミ
    山本紫苑          .. b
  VEV02403@nifty.com  ...φヽ人 ー"人
--------------------------------------------2004/04/24

----------------------------------------------------------------------------

「山本紫苑です。大好きな人、育てましょ。」に、ご意見・御感想をお寄せ下さい。
また、こんな話が聞きたいというご要望や、ご質問もお寄せ下さい。内容によって
は、巻末でお返事を載せて参ります。

  →掲示板に。  http://homepage1.nifty.com/DAISUKI/
  →メールで。  VEV02403@nifty.com

============================================================================
★登録/解除の方法
http://homepage1.nifty.com/DAISUKI/
 「山本紫苑です。大好きな人、育てましょ」は、
 上記URLよりいつでも登録/解除可能です。
============================================================
★発行システム:インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
       http://www.mag2.com/
 マガジンID: 0000029115
============================================================

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む