やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ

[やまのい和則メールマガジン第1378号]

。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆
      やまのい和則の
        「軽老の国」から「敬老の国」へ
             第1378号(2010/9/10)
    。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆

            
      ◆◆ 今日から自殺予防週間 ◆◆    
~ 大学を訪問し、学生さんやジョブサポ-ターと意見交換 ~
         
 
 メルマガの読者の皆さん こんにちは

 今日は朝は東京駅で自殺予防週間の街頭活動。
 キャンペーングッズを菅総理、長妻大臣と共に配布します。
 全国いくつかの駅で行います。

 また、今日は追加経済対策の発表。
 午後は新卒者支援策のメニューであるジョブサポーターの現地視察。
 長妻大臣と共に大学に行ます。 
 
 ツイッターでメルマガを発行します 


 9月9日(木)

  おはようございます
  昨日の雨の影響で、今日からは涼しくなりそうです。
 やっと秋でしょうか。
 
 今日は参議院経済産業委員会で
 エコポイントの雇用効果などについて答弁。
 明日発表する経済対策や新卒者支援策の詰めも行います。
 
  
  昨日の報告。
 成人T細胞白血病ATLなどの原因ウイルスHTLVー1について
 菅総理は患者の方々と面会しました。
 
 そして、特命チームを作り
 感染拡大防止や治療方法の開発に乗り出すことを決め
 厚生労働省の足立政務官がチームのメンバーになりました。
 
 現在感染者は約100万人。 


 このウイルスは、ATLや脊髄症〔HAM〕を発症させる恐れがあります。
 対策に力を入れます。

 
 9月10日(金)午前

 今朝は東京駅で自殺予防週間の街頭活動。
 キャンペーングッズを菅総理、長妻大臣と共に配布します。
 全国いくつかの駅で行います。
  
  荒井自殺対策担当大臣も参加されます。
  7月に荒井大臣、長妻大臣と共に菅総理を訪問した際
  菅総理から自殺対策に更に力を入れるようにと、強い指示があり
  今回の自殺対策チームがスタート 
  
  その後、世界自殺予防週間に合わせて
 日本でも取り組みを強めるために準備を重ねました。


 今日から自殺予防週間です。自殺対策には、広報も重要。
 生きづらい今の社会ですが
 苦しんでいる方々を国も全力で支える、守る
 というメッセージを出していきます。

 菅総理が先頭に立って、今日は街頭で訴えます 
 

 9月10日(金)午後 

 長妻大臣と共に大学を訪問。
 4年の大学生とジョブサポーター
 大学のキャリアカウンセラーの話を聞きます。


 この大学も就職は好調でしたが、来年から急に悪化したとのこと。
 過去6回ジョブサポーターがこの大学を訪問。
  ハローワークでジョブサポーターがこの大学の学生の相談に乗り
 2人の就職が決定 

 大学としては就職支援に力を入れていますが
 この大学でも想定外の不況で苦しんでいるとのこと。


 ハローワークから派遣されたジョブサポーターが
 学生の相談に乗っておられる場面も見ました。

 今日お目にかかったジョブサポーターは2人。
 企業を60歳で退職し、キャリアカウンセラーの資格を持ってる男性。 

 もう一人のジョブサポーターは、企業の人事部に十数年勤務し
 キャリアディべロップメントアドバイザーの資格を持つ40歳代の女性です。
 ジョブサポーターは、ハローワークの職員です。

 
 この大学では、就職ができなかった学生に研究生として残ってもらい
 引き続き、就職支援をしています。 
 

 今日の訪問や学生さんとの話し合いは
 マスコミフルオープンで行っています。

 ある女子学生は昨年11月から就職活動を週に3日しているが、
 まだ就職が見つかりません。
 先輩の苦労も見ていて、自分も50社以上、訪問。
 大学支援センターで相談にも乗ってもらっているが、
 最近、求人が減り、ますます不安 

 もう一人の男子学生もエントリーを多くの会社にしたが
 なかなか面接までも行き着かない。

 次の女子学生は昨年10月から急に数十社エントリーし、
 やっと先日、初めて最終面接までいったが
 結局ダメだったので、いま落ち込んでいる。
 いつか就職したいので、来週就職できなくても就職を探し続けたい。 

 最後の男子学生は春から就職活動をしたが、まだ見つからず。

 
 大卒ジョブサポーターは、昨年夏から配置が始まり
 大学を訪問し、就職実態の把握や
 出張就職ガイダンスで講師をしたり、個別の相談に乗ったり
 就職説明会の周知をしているとのこと。


 今日発表した経済対策で、ジョブサポーターは倍増。 

 今までジョブサポーターは、高校にはよく訪問していましたが
 今回は、大卒ジョブサポーターも4倍増で約700人に増やし
 いくつかの大学を担当制で一人のジョブサポーターが担当し
 今まで以上にきめ細かい支援を行います。 
 

 学生さんからのハローワークへの期待として
 インターネットに頼った就職活動なので相談相手になってもらえると有難い。
 より多くの就職口を探して欲しい。
 いくつも試験に落ちると落ち込むので
 アドバイスをして欲しいとの意見が出ました。 

 大学の担当者からは、大学で就職支援に力を入れていたので
 以前は、ハローワークを支援を求めるなんて考えたことはなかったが
 今では、ハローワークからもより多くの情報が欲しいと思っている。
 学生さんからも、ハローワークで少しでも就職面接会の情報など
 多くの情報が欲しいとの声がありました。 
 

 東京では、特に六本木ジョブパークが若者の就職支援に力を入れています。
 多くの情報があります。個別支援も行っています。
 政府も雇用を増やす責任を改めて痛感しました。 


 ついに、長妻大臣の指示により
 厚生労働省が下記のようなツイッターを始めました。
 “@MHLWitter: 厚生労働省です。
 
 自殺予防週間にあわせ
 心の不調に気付いたときの対処法などを紹介する
 「みんなのメンタルヘルス総合サイト」を開設。
 http://bit.ly/apgyY6” 

 さらにメールマガジン「ハロワーク新卒応援通信」が始まりました。
 受付アドレスは、jyakunen@mhlw.go.jp です
 

                      山井 和則

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ☆
   (2010/9/10 読者数 4221 [同内容のメルマガ合計 4724)

  ご意見・ご質問・ご感想はこちら:yamanoi@yamanoi.net
  ホームページもご覧ください:http://www.yamanoi.net
 -----------------------------------------------
  メールマガジンの原稿を転載し、福祉を良くする運動の輪を
  広げて頂くことは、大歓迎ですが、
  必要な場合はご一報頂ければ幸いです。
  Copyright(C)2000 Yamanoi Kazunori All rights reserved.
 ================================================= 

やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ

発行周期: 不定期 最新号:  2018/12/11 部数:  2,986部

ついでに読みたい

やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ

発行周期:  不定期 最新号:  2018/12/11 部数:  2,986部

他のメルマガを読む