やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ

[やまのい和則メールマガジン 第209号]

    。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆

   やまのい和則の
     「軽老の国」から「敬老の国」へ

     - Yamanoi Kazunori Mail Magazine -

            第209号(2001/11/28)

    。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆

 メールマガジンの読者の皆さん、こんにちは。今は11月27日の
深夜(日付が変わっています)。

 まず、今日は20名以上の民主党議員が、衆議院本会議で、
「テロ対策法に基づく自衛隊派遣の国会承認の採決」に、反対、
または、棄権し、民主党は大揺れでした。

また、私は、ここ数日は、私が事務局長をつとめる「医療制度改革
チーム」での、医療制度改革の議論に動き回っています。

 それにしても、高速道路網の整備計画の見直しはいい加減です。
結局は、事実上ほとんど見直しなしです。
 
■さて、11月27日(火曜日)
・朝8時半から医療制度改革についての議論。
  特に、患者の自己負担を現状の2割負担から3割負担に引き上
  げることの是非について。
・9時から、金田誠一議員と今井澄議員、私の政策秘書と私で、
  民主党の医療制度改革案について議論。

 ◆しかし、議論の途中で、金田議員は鳩山代表から電話で呼び出
  しがかかる。
  「衆議院本会議で採決に反対しないでほしい」という内容。
   金田議員は、党議拘束に違反することになるので、厚生労働
   担当ネクスト大臣(民主党での厚生労働大臣にあたる)の
   辞表を鳩山代表に提出。

・10時から衆議院の厚生労働委員会。
  雇用対策関連法案についての質疑。そして、採決。
・12時半から民主党代議士会。
  鳩山代表や菅幹事長から、テロ対策法に基づく自衛隊派遣の国
  会承認の採決には、
  「党議拘束を守って欲しい。一致団結して賛成して欲しい」と
  の要望。
・13時から衆議院本会議。
  残念ながら、民主党議員の20数名が欠席、または反対。

 ◆私は、パキスタンの陸上で活動しないことはよいが、基本計画
  は不十分であると思う。そして、両院議員総会なども含め、
  もっとしっかり議論すべきだった。
   しかし、私たちが信任している鳩山代表、菅幹事長の決断で
  あるのだから、「賛成」の党議拘束に従い、私は採決の際に起
  立した。

・13時半からインターネットテレビの取材。
  介護保険について。
・14時半から15時半までは、私が主催する介護保険チームの会合。
  全国老人福祉施設協議会の方々にお越し願った。厚生労働省か
 らも担当の課長さんなどが5人来てくださった。
  内容は、
  ・特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養型病床の機能分担
   について。
  ・社会福祉法人の今後のあり方。
  ・全室個室のユニット型特別養護老人ホームについては、非常
   に前向きで、どんどん推進すべきとの考えであった。
  ・また、今後、特別養護老人ホームの整備をもっと拡大してほ
   しいという要望も出た。
  ・さらに、特別養護老人ホームでの介護の質は、介護職員の質
   にかかっているので、研修を充実したいという話もあった。

 ◆医療制度改革の議論が気になるので、走って、民主党のネクス
  トキャビネット(政策調査会)に参加。4時まで傍聴。

・その後、再び、医療制度改革の議論の党内での今後の進め方を、
 政策調査会の田鹿さん(厚生労働担当の素晴らしいスタッフ)と
 海野政策秘書と今井澄参議院議員秘書・佐瀬さんと私とで、相談。

・4時半から選挙対策委員会。

・夕方以降も、医療制度改革の打ち合わせ。
 夜の10時過ぎまで、知人の開業医や歯科医師の方々数人に電話
 し、医療制度改革について意見を聞く。

 ◆9月に出された、厚生労働省の医療制度改革試案に対する民主
  党の見解をまとめている。
  議論のポイントは3つ。

  1)まず、患者の自己負担を現状の2割から3割に引き上げ、
   70-74歳の自己負担を2割に引き上げる点について、民主党
   としてどう対応するか。

  2)次に、診療報酬について、全体の空気は、引き下げやむな
   しという世の中の空気であるが、これを民主党として、どう
   考えるか。

  3)最後に、老人医療費の伸び率の抑制に賛成か反対か。

  これらの点について、民主党の医療制度改革チーム座長の今井
  澄参議院議員、事務局長の私、金田誠一議員などで、党内の意
  見を集約している、非常に微妙な問題であり、慎重に議論をし
  ている最中だ。

  菅直人幹事長と、岡田克也政調会長からは、結論を急ぐように
  指示されている。

  読者の皆さんの、率直なご意見をお聞かせください。


 与党3党の医療制度改革チームは今週末までにこの3つのポイン
トに対して、考えを集約するようであるが、きっちりまとまるかど
うかは微妙。大騒動である。


  28日も朝8時からの民主党の厚生労働部会で、この医療制度
  改革の問題を議論することになっている。

◆介護保険の今後のゆくえにも、大きく影響するのが、この医療制
 度改革の議論、
 ・つまり、診療報酬の問題は、介護報酬の議論にも関係してくる。
 ・さらに、医療制度改革の中に入っている、6ヶ月以上の高齢長
  期入院患者(約15万人)の退院促進は、すぐに、介護保険で
  の受け皿の問題になってくる。
 ・さらに、医療保険の財政負担を軽くするために、医療保険適応
  の療養型病床を介護保険に移すという意見も出ている。

  その意味では、医療制度改革の焦点は、老人医療(費)問題であ
 り、医療制度改革と介護保険の見直しは車の両輪である。


■なお、話は少し戻るが、11月23〜25日の連休は、久しぶりに
 地元にゆっくりいて、各地域をまわった。地域のバザーやお祭り
 に行ったり、自治体議員さんと話をしたり、老人福祉施設を訪問
 したり。

■12月2日(日)
●京田辺市の大住ヶ丘にある北部住民センター(通称:とうちく)
 午後1:00〜2:30まで、「山井和則と語る会」、
 午後3:00〜4:30まで「福祉学習会」、

●また、山城町で、
 夜の7:00〜8:30まで、福祉学習会を行います。

●「語る会」では、
 医療制度改革や雇用対策、
 小泉改革などについて
 ざっくばらんに国会報告をし、皆さんと意見交換します。

●京田辺市での福祉学習会では、
 介護保険の課題、
 さまざまな介護サービス(ホームヘルプ、グループホーム、特別
 養護老人ホーム、老人保健施設、療養型病床、ケアマネージャー)
 などの現状と課題と今後の展望などについて
 話をし、意見交換します。

●山城町での福祉学習会では、
 簡単な介護保険の解説、今後の展望などについて話します。

 予約不要、入場無料です。

詳しい場所などは、ホームページをご覧ください。
http://www.yamanoi.net/kai/01/011202.htm


 以上、深夜1時半になりましたので終わります。
最後まで、お読みくださり有難うございました。合掌 
                やまのい和則 拝

■メルマガ送信先募集中!
一人でも多くの方に私のメルマガを読んで頂き、
      政治と福祉を変える輪を広げたいと願っています。
お知り合いをご紹介下さい。
メールアドレスを、「メルマガ福祉 希望」と書いて
 kyoto@yamanoi.net まで送って下されば、こちらで新規登録
させて頂きします。
●民主党メールマガジン
市民を主役とした政治への真の改革をめざす民主党の素顔をお伝
えします。ぜひご愛読ください!
☆配信申込ページ  http://www.dpj.or.jp/apply/dmail_form.php3
☆発行周期   毎週1回・水曜日発行  ☆購読料  無料
==================================================
なお、山井和則について詳しくは、下記ホームページをごらんく
ださい。ホームページは福祉・政治・グループホームに分かれ、
それぞれ本3冊分くらいの量があります。
のぞいてみてください。
    ☆やまのい和則のホームページ(こちらが入り口です)
      http://www.yamanoi.net/
    ☆個人メールアドレス
     yamanoi@yamanoi.net 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ☆
    (2001/11/28現在 読者数 1914)
ご意見・ご質問・ご感想はこちら: yamanoi@yamanoi.net
-------------------------------------------------
 メールマガジンの原稿を転載し、福祉を良くする運動の輪を広
げて頂くことは、大歓迎ですが、必要な場合はご一報頂ければ幸
いです。
Copyright(C)2000 Yamanoi Kazunori All rights reserved.
=================================================
このマガジンは 『 まぐまぐ(http://www.mag2.com/) 』
(ID 0000027832)を利用して発行しています。
☆当方での配信の登録,変更は行っておりません。
☆配信先の変更は,下記ページにて、現アドレスを削除後,
 新アドレスで再登録ください(中止も出来ます)。
  http://www.kaijo.com/
☆配信停止は、「福祉マガジン中止」と書いて、
  kyoto@yamanoi.net  までご返送ください。
=================================================

やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ

発行周期: 不定期 最新号:  2018/12/11 部数:  2,986部

ついでに読みたい

やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ

発行周期:  不定期 最新号:  2018/12/11 部数:  2,986部

他のメルマガを読む