ボストン読本

『ボストン読本』No.271:超訳『徒然草』


カテゴリー: 2014年07月20日
-----------------------------------------07/20/2014----------
     ボストン読本: <271号>



                               井筒周
----------------------------------------------------------------

            超訳 徒然草

「ヒマなもんで、一日中スマホにむかって、思いつくまま考えつくままを、
ツィッターでつぶやいてたら、なんか、アタマがおかしなってしもた」

(原文:つれづれなるまゝに、日ぐらし硯に向かひて、心にうつりゆくよ
しなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ)

 吉田兼好は京都の吉田神社の神職の三男坊で、若いときには結構ブイブ
イ言わせたらしいが、30歳のときに、なぜか出家して遁世。徒然草という、
のちに「枕草子」「方丈記」と並ぶ日本三大随筆となるエッセイ集「徒然草」
を書く。貧困の鴨長明とちがって、吉田兼好は、「遁世」のあとも、けっこ
うフリーランス的な仕事をしてはったらしく、書くものに、ちょっと余裕が
ありますな。

 今回は、受験生必読の「花はさかりに」の段(137段)を超訳してみる。

 花は満開のとき、月は雲がかかってないのがええ……て、言わんといてほ
しいな。雨降りの夜に、見えない月のことをあれこれ想像したり、春のさな
かに花見にも行かんと部屋で引きこもったり…ちうのも、なかなかシブイも
んじゃ。

 今から花が咲くところの梢とか、花が散ってしおれてる庭なんかこそ、見
てて、ええんやがな。…(中略)…
 なんでもそうやけど、「始め」と「終わり」が、ええんやね。男と女の関
係かて、ラブラブいうて、エッチしまくって……それが、なんぼのもんじゃ
い。

 好きな人と結ばれなくてウジウジ悩んだり、デートの約束がダメになった
のを悔しがったり、眠れない長い夜を独りで明かしたり、空のかなたの遠く
離れた人のことを考えたり、ぼろアパートでむかし一緒に過ごした夜のこと
を思いだしたり……、そういうのこそを、ラブの道って言うのよ。

 満月のかげりのないのが空いっぱいに輝きわたっているのを眺めるより、
明け方まで待ちわびて、やっと出てきた月のほうが、心にじーんと来る。青
い山奥の杉の木立の間からチラチラ見える月とか、ざあっとやってきた時雨
の雨雲に隠れた月とか、なんとも言えん情緒があるやろ。椎や樫の木の濡れ
たような葉の上に月の光がキラキラと反射してるのなんかを見たら、この美
しさを一緒に語れる友達がいたらなあ…て思て、田舎くらしのおれも、また
都会が懐かしくなったるするもんや。

 まあ、月でも花でもそうやけど、目だけで見るもんやないんやね。春は家
の中に閉じこりながら、秋の月夜は寝室にじっとしながら、花や月のことを
思っているのがオモロイと思うな。粋な人は、そんなに大騒ぎもせんと、大
袈裟なことも言わんと、さりげないね。

 田舎の人ほど、ひつこく、大袈裟にしはりますな。花見に行ったら、木の
根元に陣取って、脇目もせんと花を見て、それがすんだら、酒は飲むわ、大
声で歌うわ、しまいには、桜の枝をむだに折って、池や川があったら手や足
をつけたり、雪が積もったら、歩き回って足跡をつけんことにはいられん…
…ちゅうように、なんでも、距離をおいてものを見る、ゆうことをよおしは
りませんな。(-_-;)


----------------------------------------------------------------
『ボストン読本』著作・発行:井筒周(いづつ・めぐる)/ 不定期発行
ホームページ: http://www.geocities.jp/bostondokuhon/
問い合わせ先: bostondokuhon@yahoo.co.jp
『ボストン読本』の無断転載複写を禁じます。
  (c)2000-2014 Meguru Izutsu  
----------------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

ボストン読本

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2014/07/20
部数 1,930部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

ボストン読本

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2014/07/20
部数 1,930部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング