メーリングリスト週刊情報誌『ML weekly』

【ML weekly vol.411】姿を消す純粋でコアなコンテンツ

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    ■   ■  ■    ☆               ☆
   ■■  ■■  ■   ☆  メーリングリスト週刊情報誌  ☆
  ■ ■ ■ ■  ■    ☆   ML weekly   ☆
 ■  ■■  ■  ■
■   ■   ■  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
          《 2018年10月29日発行 第411号 》

           ★ バックナンバーはこちら ★
       http://www.ml-info.com/weekly/back_number.html

〜<目 次>〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【よもやま話】 姿を消す純粋でコアなコンテンツ
【ML紹介!】 今週のメーリングリスト
【編集後記☆】 50歳になって五十肩に・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

-▽ メーリングリスト情報ならここ ▽--------------------------------
『メーリングリストインフォメーションストリート』 http://www.ml-info.com
--------------------------------------------------------------
-▽ メーリングリストを開設したい ▽--------------------------------
『メーリングリスト開設の手引き』 http://www.kt.rim.or.jp/~atsato/ml/
--------------------------------------------------------------
-▽ メーリングリスト管理人大集合 ▽--------------------------------
『メーリングリスト管理人クラブ』 http://www.ml-info.com/ml_club/
--------------------------------------------------------------
-▽ twitterでメーリングリスト情報を発信 ▽--------------------------------
『ML-info.com on twitter』 http://twitter.com/ml_info
--------------------------------------------------------------

======================================
【よもやま話】 姿を消す純粋でコアなコンテンツ
======================================
 最近、調べ物や情報収集でさまざまなサイトやブログを巡っていて感じることがあ
ります。自らの思いや専門知識を、純粋にそして熱く語るコアなコンテンツを見かけ
なくなったことです。

 トップページには情報サイトと銘打っておきながら肝心の中身は薄っぺらで、読む
価値がまったくないものが増えていくばかりです。こうしたサイトは、全体のあちこち
に広告の画像バナーがちりばめ、本文の途中で商品やサービスの購入を誘導する
リンクを貼り付けています。情報を提供するより広告収入を得たいという下心が丸
見えで、コンテンツの体をなしていません。目にしただけでうんざりします。

 昔はよかったのような語り口になりますが、ウェブサイトではなくホームページと呼
ばれていた時代のコンテンツを振り返りながら、昨今のネットコンテンツのあり方を
憂うとともに、純粋なコンテンツ作りの必要性を書き綴ります。

● ホームページを作っての情報発信は純粋だった
 1998年ごろから個人向けプロバイダが登場し、家庭でもインターネットが利用で
きるようになりました。同時にホームページが普及し、誰でも簡単に情報発信がで
きるようにもなりました。

 当時は今のようにウェブサイトを作るための専用ソフトはなく、HTMLの書式を独
学で習得して、ひとつひとつのページをエディタで作成するのが一般的でした。そ
れでも、今のようなHTML5やCSSといった複雑な書式はなかったため、少々勉強
すれば自己紹介や関心のあるテーマを盛り込んだホームページを作り上げること
ができました。

 独力で手間暇かけて完成させたホームページには、中身に力を入れたものが数
多くありました。日本人がめったに訪れないような海外の僻地を自ら旅して紹介す
るページや、秘蔵のお宝やコレクションを系統立てて紹介するページ、設計図を公
開して改造や自作の方法を伝授するページなど、コアな内容で永久保存版となる
情報が多く見られました。

 この頃のホームページは純粋に情報を発信したい思いがにじみ出ていて、作者
の熱い思いがひしひしと伝わってきました。現在の凝ったウェブサイトやCMSを使っ
たブログサイトのようにきれいなレイアウトはなかったものの、トップページを眺め
るだけで、「見てくれ」という意思表示を強く感じました。

● 純粋な情報発信を汚し始めたアフィリエイトとSEO
 ホームページでの純粋な情報発信を濁らせたのが広告掲載だったのではないで
しょうか。特に、さまざまな広告主と契約して報酬を得ることのできるアフィリエイト
サービスが大きな影響をもたらしたと考えます。

 2000年ごろにアフィリエイトによる広告サービスが登場すると、ホームページにバ
ナー広告を掲載するだけでお金が手に入るという触れ込みが広まりました。ホーム
ページを開設していた人は自分のページでお金儲けができるとばかりに、ページ
内のあちらこちらにバナー広告を貼り付けるようになりました。おかげで、本文よりも
広告を見せつけられるサイトが氾濫しました。

 さらに、検索結果の上位に表示されることがアクセス向上につながることがわかると、
検索サイトを攻略するSEOという手法が注目されるようになりました。検索され
やすいキーワードを盛り込むなどして、トップページを検索上位に表示させようと躍
起になり始めました。

 検索上位に表示されればホームページへのアクセスが増え、アフィリエイトによる
広告収入が増えるとわかると、ネットでは純粋な情報発信よりもお金稼ぎに力を注
ぐようになりました。それでも、2010年ごろまでは、純粋なホームページはまだず
いぶんと残っていた気がします。

● コンテンツの質を低下させたコンテンツマーケティングとコンテンツSEO
 2014年ごろになり、コンテンツ作りに大きな変化が見られました。コンテンツマー
ケティングと呼ばれるネットマーケティング戦略の浸透です。

 この頃になると、ホームページからウェブサイトという呼び方が一般的になりました。
サイト開設もHTMLで1から作るのではなくブログやWordpressといったCMSに
とって変わりました。そして、Googleの検索表示がトップページではなく、ページ
単位で順位をつけるように変更されました。そこで、個人も企業も有益な情報を提
供するサイトを開設して、アクセスの増加と収益につなげていくコンテンツを作るよ
うになりました。このようなコンテンツを主体としてマーケティングを行う手法をコン
テンツマーケティングと言います。

 コンテンツマーケティングの本質は、有益な情報を発信していくところにあります。
ところが、これを実践しているサイトはごくわずかしかありません。ほとんどのサイト
はクラウドソーシングやブログ記事作成会社を通じて素人が書いた中身の薄い記
事を掲載しているのが現状です。しだいにネットには、質の低い粗悪なコンテンツ
が氾濫する事態を招きました。「知らないと損する情報○選」と誇張したタイトルを
つけて、中身はありふれた内容しか書いていない焼き直しコンテンツはその典型
例です。

 コンテンツを掲載して広告収入を得ようとするサイトでは、ツールを使って各ペー
ジごとに検索されやすいキーワードを選定して盛り込むコンテンツSEOという細工を
施しています。粗悪なコンテンツであっても検索結果の上位に表示させようとして
いるため、検索をすると上位に表示されるのは広告まみれで中身は読む価値が低
いページばかりになってしまいました。コンテンツSEOの影響で、最近は新聞社が
公開している記事が上位に表示されません。

 純粋な情報がネットで埋もれる元凶が、コンテンツマーケティングを意識した粗悪
な情報サイトと考えます。

● ホームページ開設サービスの廃止で価値のあるコンテンツが次々と消滅
 ブログでの情報発信が主流となったこともあり、2015年ごろから大手プロバイダ
はホームページ開設サービスの提供を終了するようになりました。これまでプロバ
イダのサービスで公開してきた古いホームページの多くはすでに放置状態であっ
たため、サービス終了と同時に削除されました。

 また、最近になってGoogleは独自の分析手法で質の低いと判定したページは、
検索キーワードを含んでいても結果表示に反映されない「圏外」扱いをするように
なりました。古いホームページはSEO対策をしていない場合が多く、たとえ内容が
優れていても、Googleでは質が低いと判断されると、不本意にも検索対象から外
されてしまうようになったのです。

 こうして古くから存在していた永久保存版のような貴重な情報コンテンツはインタ
ーネットから葬られ、現在に至っています。

● 純粋なコンテンツが消えればインターネットは滅ぶ
 インターネット草創期は学術研究に活用されていたこともあり、ウェブやその前身
に当たるGoopherと呼ばれるシステムでの情報発信は、論文や技術史料など純
粋なものばかりでした。それがいつしか情報コンテンツとお金が結びつき、情報発
信する側の金銭収入へのあざとさが露骨に表れてきました。気がつけば、情報と
広告表示の優先順位が逆転し、コンテンツの中身は広告収入を得るための素材
に変貌しています。

 インターネットは情報の宝庫です。それが成り立っていればこそインターネットは利
用価値があるといってもよいでしょう。しかし、収益目当ての下心に染まったコンテ
ンツが支配的になれば、インターネットは斜陽化し、いつしか滅んでいくと危惧して
います。情報を発信する側は今一度、原点に戻ってコンテンツのあり方を見直し、
お金よりも中身を重視した純粋なコンテンツを充実させていくべきt強く訴えます。


★★ 感想をお聞かせください。(該当する項目をクリック) ★★
 とても共感した → http://clap.mag2.com/uotaewriat?181029y_a
 やや共感した → http://clap.mag2.com/uotaewriat?181029y_b
 あまり支持できなかった → http://clap.mag2.com/uotaewriat?181029y_c
 全く支持できなかった → http://clap.mag2.com/uotaewriat?181029y_d

※ クリックsはひとつのみでお願いします。システムの都合上、集計結果は見られません。

======================================
【ML紹介!】 今週のメーリングリスト
======================================
 今週寄せられたメーリングリストを紹介します。(3件)

==================================================================
 ◆ 娯 楽 ◆
==================================================================
『みんなのうたメーリングリスト』 [テレビ]
 NHKみんなのうたの思い出話で盛り上がっています
http://www.kt.rim.or.jp/~atsato/uta/
------------------------------------------------------------------
『短波ラジオクラブ』 [ラジオ]
 短波ラジオや国際放送の情報交換
http://www.kt.rim.or.jp/~atsato/bcl/ml/
------------------------------------------------------------------
『地球ラジオリスナーズクラブ』 [ラジオ]
 NHKラジオ第一で放送している地球ラジオの感想など
http://www.kt.rim.or.jp/~atsato/gr/
------------------------------------------------------------------

======================================
【編集後記☆】 50歳になって五十肩に・・・
======================================
 とうとう50歳になりました。半世紀も生きているのかとしみじみ感じます。

 50歳になった実感はありませんが、五十肩の兆候が出てきています。数ヶ月前か
ら右肩が動かなくなってきて気にはなっていました。今月に入り、右肩を回すと痛
みが走るようになり、病院へ行きました。医師から「油ぎれですね」と言われ、薬を
もらいました。これからは、テレビのCMで見かけるヒアルロン酸のサプリメントのお
世話になるのかなと思いふけっています。

 今年は病院のお世話になることばかり。50代に入ったのを機に、健康に気をつけ
なければなりません。


◆ ML weeklyからのお知らせ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【購読の申込み・解除】
http://www.ml-info.com/weekly/

【メーリングリストを掲載するには】
 ML weeklyでは、掲載メーリングリストを随時募集しています。掲載は
ML weeklyだけでなくWeb上でも1カ月間紹介いたします。詳細、申込みは
http://www.ml-info.com/top/misc/submit_info.html

【ご意見・ご要望・お問い合わせ】
 ML weeklyに関するご意見・ご感想・ご要望そしてメーリングリスト
関連の情報はこちらまでお寄せください。発行者の佐藤 厚へ届きます。
mailto:GGB03325@nifty.ne.jp

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

          〜 次号もどうぞお楽しみに! 〜

======================================
メーリングリスト週刊情報誌 ML weekly (毎月発行)
          《 2018年10月29日発行 第411号 》
--------------------------------------------------------------
編集・発行: 佐藤 厚(GGB03325@nifty.ne.jp)
まぐまぐID: 0000026807
関連サイト: 『メーリングリストインフォメーションストリート』
http://www.ml-info.com

本誌掲載内容の無断転載を禁じます。
Copyright 2018 by Atsushi Sato, all rights reserved.
--------------------------------------------------------------

メーリングリスト週刊情報誌『ML weekly』

発行周期: 毎月1回 最新号:  2019/02/28 部数:  307部

ついでに読みたい

メーリングリスト週刊情報誌『ML weekly』

発行周期:  毎月1回 最新号:  2019/02/28 部数:  307部

他のメルマガを読む